就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

地域連携推進センター活動紹介

トップページ > 地域連携推進センター活動紹介

北九州市と本学はスポーツ振興等に関する包括連携協定を締結しました。 [2017.01.18]

このたび、北九州市と本学は「スポーツの振興等に関する包括連携協定」を締結することとなり、平成29年1月18日(水)、北九州市役所本庁舎において北橋健治北九州市長と本学奥田学長出席のもと、締結調印式が行われました。

今回の協定は、日本での開催が決定している2019年のラグビーワールドカップ並びに2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機として、スポーツに関する人材育成・研究、スポーツの振興及びスポーツによるまちのにぎわいづくり等により、相互の発展を目指して、将来に亘り連携・協力することを目的として締結するものです。

北橋市長はあいさつの中で、「本市で唯一スポーツ学部を設置している九州共立大学と、スポーツを通じた連携協定を締結することができて大変うれしく思います。これを機会に、例えば各国ナショナルチームが本市で合宿を行う際の大学施設の利用やそれに伴う大学とトップアスリートとの交流、あるいは各国のスポーツ指導者との人材交流を進めるなど連携していくことで、本市の更なるスポーツ振興に繋げたいと思います。」と述べ、奥田学長は、「この連携協定の締結を契機とした人材交流や外国のスポーツ系学部を有する大学との国際交流を通じて、本学の学生の教育研究の幅が大きく広がるものと期待しています。北九州市のスポーツ振興のために本学ができることを積極的にさせて頂きたいと思います。」と述べました。

この協定に基づき、早速2月には、ミクニワールドスタジアム北九州のオープニングイベントとして開催されるスーパーラグビーのヒト・コミュニケーションズ サンウルブズと、対戦するジャパンラグビートップリーグオールスターズの選手が本学の施設を利用した練習を行うことになっています。

第2回地域連携協議会を開催しました! [2016.11.25]

 第1回地域連携協議会(平成28年8月23日(火)開催)に引き続き、平成28年11月25日(金)、本学と連携協定を締結している自治体や各団体及び八幡西区役所の方々ならびに本学の地域連携推進に携わる教員が一同に会し、「第2回地域連携協議会」を開催いたしました。「地域連携協議会」は、九州共立大学が各自治体や各団体と地域活性化や学生のボランティア活動及び人材育成の取組み等の地域連携事業について、意見交換や情報交換をして、地域連携事業のプログラムを策定する会です。今回は、平成29年度の地域連携事業に対する意見交換を行いました。

○岡垣町役場 企画政策室 室長 門司 晋氏 

○北九州商工会議所 総務企画部 企画広報課 課長 實松 秀男氏

○北九州商工会議所 若松サービスセンター長 坂元 龍児氏

○北九州市体育協会 事務局長 島田 清氏

○北九州市教育委員会 指導第二課 指導主事 田中 彰一氏 

○北九州市八幡西区役所 総務企画課 課長 堤 晴幸氏

岡垣町の「歴史新聞」を発刊いたしました! [2016.11.21]

 本学スポーツ学部の山田明准教授の指導のもとグェン・ティ・ゴック・アインさん(経済学部3年)、中西寿明さん(スポーツ学部1年)、川宿田和未さん(スポーツ学部3年)の学生3名が「岡垣歴史新聞」を発刊しました。

 本学と岡垣町は「包括的地域連携に関する協定書」を調印していることから、地域の活性化を目指す取り組みの一つとして「岡垣歴史新聞」の発刊を企画しました。

 山田准教授は、『岡垣町は自然と歴史をうたっているので、テーマを歴史に、それもあまり知られていない部分にスポットを当て、目に触れやすいことや教材としても利用できることから新聞を思い立った』ということです。

 学生は今回の企画を通じて、歴史と文化のあふれる岡垣町がより身近になったのではないかと思います。