地域連携推進センター活動紹介

トップページ > 地域連携推進センター活動紹介 > 2016年11月

2016年11月の記事一覧

第2回地域連携協議会を開催しました! [2016.11.25]

 第1回地域連携協議会(平成28年8月23日(火)開催)に引き続き、平成28年11月25日(金)、本学と連携協定を締結している自治体や各団体及び八幡西区役所の方々ならびに本学の地域連携推進に携わる教員が一同に会し、「第2回地域連携協議会」を開催いたしました。「地域連携協議会」は、九州共立大学が各自治体や各団体と地域活性化や学生のボランティア活動及び人材育成の取組み等の地域連携事業について、意見交換や情報交換をして、地域連携事業のプログラムを策定する会です。今回は、平成29年度の地域連携事業に対する意見交換を行いました。

○岡垣町役場 企画政策室 室長 門司 晋氏 

○北九州商工会議所 総務企画部 企画広報課 課長 實松 秀男氏

○北九州商工会議所 若松サービスセンター長 坂元 龍児氏

○北九州市体育協会 事務局長 島田 清氏

○北九州市教育委員会 指導第二課 指導主事 田中 彰一氏 

○北九州市八幡西区役所 総務企画課 課長 堤 晴幸氏

岡垣町の「歴史新聞」を発刊いたしました! [2016.11.21]

 本学スポーツ学部の山田明准教授の指導のもとグェン・ティ・ゴック・アインさん(経済学部3年)、中西寿明さん(スポーツ学部1年)、川宿田和未さん(スポーツ学部3年)の学生3名が「岡垣歴史新聞」を発刊しました。

 本学と岡垣町は「包括的地域連携に関する協定書」を調印していることから、地域の活性化を目指す取り組みの一つとして「岡垣歴史新聞」の発刊を企画しました。

 山田准教授は、『岡垣町は自然と歴史をうたっているので、テーマを歴史に、それもあまり知られていない部分にスポットを当て、目に触れやすいことや教材としても利用できることから新聞を思い立った』ということです。

 学生は今回の企画を通じて、歴史と文化のあふれる岡垣町がより身近になったのではないかと思います。