平成19年度 現代的教育ニーズ取組支援プログラム 実践的総合キャリア教育の推進 生涯キャリア開発型教育システムの構築 〜人的ネットワークを活用したCPS navigationによる生涯キャリア支援〜
九州共立大学

TOP PAGE > これまでの取組み > 現代GP 第一回学生キャリアナビゲーター研修会

現代GP 第一回学生キャリアナビゲーター研修会

平成19年度選定された文部科学省現代GPにおける学生キャリアナビゲーターの第一回研修会が2日間に分けて行われました。

研修会の様子1

日時:平成20年3月27日・28日
場所:本学自由ヶ丘会館 和室
主催:九州共立大学 Job Cafe
講師:NPO法人「九州大学こころとそだちの相談室」より
   九州大学大学院生
時間:9:30〜12:15 受信力を身に付ける練習
   12:15〜13:15 昼食
   13:15〜16:00 発信力を身に付ける練習

この研修は、学生の皆さんに呼びかけ、自分が歩んできた道・キャリア・経験を後に続く後輩学生に伝え、 希望する進路へと誘導し助言する道先案内人=『キャリアナビゲーター』の力をつけることを目的として行われました。

1日かけて行われた研修では、小グループに分かれ「話す人」「聞く人」「観察する人」の役割を交代で担当し、相手の話を熱心に聞く傾聴トレーニングや自分・相手を尊重した上で、自分の意見や気持ちをその場の適切な言い方で表現出来るようにするアサーショントレーニングなどを行いました。

研修会の様子2

□■□■ 研修の様子 □■□■

研修会の様子3研修会の様子4

― 自分の位置をきちんと理解した上で相手を気遣う練習 −

一つの輪から無造作に絡み合い、また手がほどけないように

一つの輪に戻る作業をしています。・・・

自分のことだけを考えていては輪がほどけてしまいます。

さぁ、何秒で綺麗にもどれるかな??

研修会の様子5

― 昼食 ―

昼食も参加した学生全員で輪になり、お弁当を食べました。
昼食時間にもコミュニケーションを図り、午後の研修もよりスムーズに進みました。

研修会の様子6

― 修了証授与式 ―

研修終了後、一人一人に修了証が手渡されました。

この研修を参観した教員は、
『どの学生も熱心に楽しそうに取り組み、また休憩中や終了後の学生の会話などからコミュニケーションスキルも開始時と終了時では向上していることが顕著に現れていました。』
と話しており、学生一人一人が研修から学び、目に見えるほど成長していました。

また、参加した学生からも・・・
「最初はどんな研修なのか、何をするのかも分からず来た時から早く帰ることを考えたけど、参加して他学部の友達とも話すことができてよかった。」
「どんな研修なのか少し不安もありましたが、終わってみると一つ一つの研修が自分のためになったと感じる」と話してくれました。

ページトップに戻る