エレクトロニクスとコンピュータは、高度情報社会の進展する現代社会の中枢を構成し、これに関連する先端科学技術の発展は社会の繁栄を維持するために不可欠です。本専攻は、電子物性系、電気電子システム系、および情報系より構成され、エレクトロニクスとコンピュータに関連する先端科学技術の基礎となる材料、エネルギー、情報とそれらの計測・制御を素に、各要素を有機的に結合させ総合的機能を発揮するシステムの開発について、その利用技術を含め高度な教育と研究を行います。

系 の 名 称 系 の 概 要
電子物性系 新しい機能素子および電子デバイスとしての応用システムの開発、利用法の向上に寄与するため、その基礎となる新しい電気・電子材料の創製と物質中の電子挙動とその制御方式を明らかにする電子物性に関する教育と研究を行います。
電気電子システム系 ユビキタスおよびパワーエレクトロニクス技術の発展に寄与し、新しいデジタル計測・制御技術の開発とIT・電子・電力機器の効率の良い制御システムを構成するため、計測と信号処理およびその制御をはじめ、電気エネルギーの変換と制御に関する教育と研究を行います。
情報系 社会の進展に伴って、量・価値がともに急速に増大する情報を迅速・的確に処理する情報処理システム技術の開発をはじめ、最適制御などの情報利用技術の開発を行います。これに基づき、情報通信システム、システムプログラミング、情報ネットワークおよび最適化手法などの教育と研究を系統的に行います。



電子物性系  教 授 工学博士 生地 文也(特別研究担当)
・イオン・電子による半導体表面・界面制御
・プラズマ反応法による新規の機能性薄膜創製・ナノコーテング
 准教授 博士(理学) 真田 瑞穂(特別研究担当)
・光散乱による相転移の研究
・高分子ゲルとメソスコピック構造物質の研究
電気電子システム系  教 授 博士(工学) 久保田 信久(特別研究担当))
・デジタル信号処理の応用に関する研究
・シミュレーション型教育支援システムの開発
 教 授 工学博士 内冨 昭三(特別研究担当)
・人間にやさしい介護機器に関する研究
・RFID技術の計測・制御への応用
 教 授 博士(工学) 山口 静夫(特別研究担当)
・燃料電池駆動の小形電気自動車の開発
・燃料電池の福祉支援機器への応用に関する研究
情報系  教授 工学博士 三原 徹治(特別研究担当)
・メタヒューリスティック最適化手法の開発に関する研究
・遺伝的アルゴリズムGAによる各種ネットワークの最適化に関する研究
 准教授 博士(情報工学) 鄭 俊如(特別研究担当)
・誤り訂正符号の性能評価と復号法に関する研究
・代数符号の代表的な評価法の比較に関する研究