本専攻は、博士前期課程の機械生産システム工学専攻と電子情報工学専攻の融合によって形成されており、その専門分野は多くの可能性を持っています。すなわちそれぞれの専門分野の特質を生かし、これからの高度技術・情報化社会、福祉社会および環境保全社会を見据え、「エネルギー」、「情報」、「生産」および「新材料」に関する先端技術に取り組み、特色ある教育研究を通して、課題解決のできる人材を育成します。また、研究成果を広く社会に還元するために公的研究機関、他大学、企業の研究所と広く緊密に連携して研究を進めていきます。さらに、広く世界に目を向け、急速に展開する最先端研究においては、科学技術をリードする諸外国の研究者と緻密な連携を通して共同研究を進めることによって研究展開の充実を図ります。


領域 職名 担当教員 専門分野
電子物性機能領域 教授 生地文也 講究担当
電子材料物性
教授 能智紀台 講究担当
電子材料・デバイス
生産システム領域 教授 山本普康 講究担当
固体力学・トライボロジ
教授 宇野美津夫 講究担当
流体エネルギー変換機器
教授 江口弘文 講究担当
制御工学
エネルギーシステム領域 教授 山口静夫 講究担当
エネルギーシステム
教授 久保田信久 講究担当
デジタル信号処理
教授 内冨昭三 講究担当
デジタル計測制御