新着情報

トップページ > 新着情報

第102回日本陸上競技選手権大会混成競技で本学OGが優勝しました。 [2018.06.19]

 第102回日本選手権混成競技は6月16日〜17日、8月にジャカルタで開催されるアジア大会の代表選考会を兼ねて、長野市営陸上競技場において競技が行われました。

 女子七種競技は、1日目に3364点で折り返した本学陸上競技部OGの山崎有紀選手(スズキ浜松AC)が、日本歴代3位の5836点で念願の日本選手権初優勝を果たし、クイーン・オブ・アスリートの称号を獲得しました。

 山崎選手は長崎県立長崎南高等学校出身。九州共立大学経済学部に進学後、めきめきと頭角を現し、高校時4551点の自己記録から現在5836点(+1285点)まで自己記録を更新している選手です。現在、山崎さんはスズキ浜松ACに所属して、スズキ自販福岡八幡中古車センターで毎日仕事をしながら夕方から九州共立大学で練習をしています。

 また練習パートナーの一人である酒見美咲(スポーツ学部3年)も5166点をマークし、入賞こそ逃しましたが自己記録を大幅に更新して第9位と健闘しました。酒見選手は福岡県三池高等学校出身。高校時4166点の自己記録から5166点(+1000点)まで自己記録を更新している選手です。

 本学で混成ブロックは、投擲・混成ブロックとして日々の活動を行なっています。混成競技を本気で強くなりたい高校生の皆さんは是非本学陸上競技部に門扉を叩いてみてください。

九州共立大学陸上競技部公式HP: ⇒こちら

九州共立大学陸上競技部公式twitter: ⇒こちら

   山?有紀(スズキ浜松AC)本学OG 1枚目.jpg 山?有紀(スズキ浜松AC)本学OG 2枚目.jpg

   酒見美咲.jpg

   写真左:酒見美咲(スポーツ学部3年)

   写真右:山崎有紀(スズキ浜松AC)本学OG

JRウォーキング [2018.06.05]

 6月3日(日) JRウォーキング「九州共立大学学生による折尾の町並みを楽しむコース」で、ちょボラ部、アダプテッドスポーツ研究部、留学生がレクレーションを企画しました。

約1200名の方が参加し、本学の施設を見学されながらウォーキングを楽しんでいました。

【ちょボラ部によるクイズ】

20180605a.jpg

【留学生によるお茶のサービス】

20180605b.jpg

【アダプテッドスポーツ研究部による体力測定やボーリング等】

20180605c.jpg

【卒業生 ラグビーセブンズ日本代表 中野将宏さんの握手会】

20180605d.jpg

【アンケート回収】

20180605e.jpg

第1回キャンパスミーティングを実施しました [2018.05.14]

このキャンパスミーティングは、学生の代表者と学長をはじめとする教職員との定期的な意見交換をとおして、学生のニーズを確認し、サポート体制の充実を図ること、また、意見交換を行うことで学生と教職員が一体となり、大学ブランドを創造し、本学の学生としての自覚、更に学生代表としての資質を培うことを目的として開催しています。

 20180514-1.jpg

本年度第1回目のキャンパスミーティングでは、昨年度学長表彰を受賞した学生の中から資格を取得し自己啓発に精励した皆さんと、「資格を取得しようと思った動機」や「大学に対する要望」、など昼食を交えながら意見交換を行いました。
出席した学生に資格を取得しようと思ったきっかけについて聞いたところ、「入学した時に4年間のうちで1つは資格を取得しようと目標を持っていたから」、「ゼミの先生からコミュニケーションスキルの1つとして資格取得を勧められたから」など話してくれました。

また、4年生から授業に対する要望として「社長講演を授業に取り入れて欲しい」との要望がありました。その理由を聞いたところ、「社長になった経緯や生き方、人生哲学などをお聞きすることで、自分自身の生き方やこれからの目標設定に活かしたい」と話してくれました。

 20180514-2.jpg

今回、資格を取得した学生と行ったキャンパスミーティングでは、各々が明確な目標を持ち、合格までのプロセスを自分自身で考え、実践できている様子が伺えました。
今回、提案された貴重な意見については、担当教員・担当部署を中心として検討され、九州共立大学をより良い大学にするために役立てられます。

レスリングの全国大会で本学学生が好成績を残しました [2018.04.21]

4月14・15日(横浜・横浜文化体育館)に開催されたJOCジュニアオリンピックカップ大会2018年度全日本ジュニアオリンピックカップ選手権に本学から20名の選手が出場しました。

結果
男子:57kg級 フリースタイル 下田 龍晴  ベスト8
   65kg級 フリースタイル 鶴田 紳一郎 ベスト8
   60kg級 グレコローマンスタイル  松崎 公裕  ベスト8
   77kg級 グレコローマンスタイル  山崎 翔馬  準優勝 アジア選手権日本代表決定
   97kg級 グレコローマンスタイル  饒波 正眞  ベスト8

経済学部2年生の山崎 翔馬選手(愛媛県八幡浜工業高校出身)が準優勝という結果を残しました。

また、山崎選手は、7月17日 - 22日にインド・ニューデリーで行われるアジアジュニア選手権日本代表に選出されました。
 20180421-1.jpg

山崎選手のコメント
「この大会では、優勝を目指していたので準優勝という結果は、残念でしたが決勝の相手は、大学チャンピオンの選手で少し気持ちで負けていたのが結果に出ました。次の大会では、勝てるようにさらに練習してリベンジしたいです。また、アジア選手権では、日本代表として恥ずかしくない戦いで優勝を目指します! 東京オリンピックまで時間が限られているのでさらに練習して東京オリンピックに出場したいです。 みなさん応援よろしくお願いします」

 20180421-2.JPG

 20180421-3.JPG

 20180421-4.JPG

平成30年度 資格取得支援プログラム講座ガイダンスのお知らせ [2018.04.06]

資格取得支援プログラム講座ガイダンスを下記のとおり実施いたします。

現在、参加希望者の事前受付を自由ヶ丘会館3階窓口で実施中です!奮ってご参加ください。

             記

<日時> 4月13日(金) 18:30 -

      全体ガイダンス後、個別ガイダンスもおこないます。

<場所> 自由ヶ丘会館3階 J302教室

H30資格講座ガイダンス(チラシ).jpg

カテゴリー

月別アーカイブ