就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > <重要>【インフルエンザA型(H1N1)】に関する注意喚起について

<重要>【インフルエンザA型(H1N1)】に関する注意喚起について [2009.08.20]

平成21年8月20日
本学学生、生徒、園児、教職員および全ての関係者 各位


新型インフルエンザ対策本部長


【インフルエンザA型(H1N1)】に関する注意喚起について

 新型インフルエンザについては、国内での死亡例や重症患者を含め、全国で集団感染数や入院患者が急増しています。

 厚生労働省では19日、感染の拡大が続き、死者が相次ぐ新型インフルエンザについて、「本格的な流行が既に始まったと考えていい」とし、子供たちが学校の集団生活に戻る夏休み明けの9月以降に懸念される大流行に備えた感染予防の徹底を呼びかけました。

 つきましては、本学の全ての関係者に対し、これまで以上の予防対策を励行され、感染に対する自己防衛に努められますよう、下記のとおり注意喚起および要請を行います。

1.予防対策の励行について
 これまでの留意事項に加え、下記事項について、より一層の励行をお願いします。
(1)不要不急な外出はできるだけ自粛し、外出する場合は、人混みを避け、うがいと手洗いを励行する等の感染予防対策の励行をお願いします。
(2)ウイルス感染の可能性があるドアノブやつり革などを触った後も手洗いをする習慣を家族ぐるみで身につけることが重要です。
(3)部屋が乾燥している場合は湿度を50から60%ぐらいに加湿すると感染しにくくなります。
(4)少しでも咳(せき)が出る人はマスクを着用し、咳エチケットを心がけ、マスクを着けていないときに咳が出はじめたら、人のいない方を向き、タオルやティッシュなどで口を覆って咳をするようにしてください。間に合わず、手で口を覆って咳をした場合は、すぐに手を洗うようにしてください。
(5)課外活動において競技会、集会に参加する者は、感染予防対策に留意するようお願いします。

2.学校への報告
 万一、新型インフルエンザと診断された場合は、各学校で準備されている「緊急連絡網」により、
  学生・生徒・園児→クラス担任(大学にあっては、ゼミ・演習担当教員)
  教職員      →学科長・学部長・課長    に報告してください。
 緊急連絡網が分からない場合は、以下のホットラインへ直接電話で報告してください。

新型インフルエンザ福原学園ホットライン
090-5932-2188

3.今後の対応について
 必要な情報は、新型インフルエンザ対策本部より、学園ホームページ、各設置校ホームページを通じて、随時発信しますので、適宜確認するよう心がけてください。

以上

カテゴリー

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.