就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > 2011年2月

2011年2月の新着情報一覧

本学学生の逮捕を受けて [2011.02.28]

 先日、2月11日(金)に本学の学生が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕されました。
 これまで本学では、不正薬物(大麻・覚せい剤等)使用防止に努めてまいりました。
そのような中で、今回のような事態となったことは誠に痛恨の極みであり、関係各位に多大なご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

 今後、本事件の推移を見ながら、本学としてできる限りの措置を講じることは勿論のこと、在学生に対しては、薬物乱用の恐ろしさと学生としての本分を自覚し、遵法意識や行動規範を持ち、大学生にふさわしい良識ある行動をとるよう、全学をあげて指導を徹底してまいります。

 関係各位には多大なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを重ねて深くお詫び申し上げますとともに、事情ご賢察いただき、今後とも変わらぬご高配を賜りますようお願い申し上げます。

2011年2月28日
九州共立大学長
福原 弘之

経済学部マネジメントコースの授業「環境経営特講」において講演が開催されました [2011.02.14]

 講師: 三村聡 氏(ISOコンサルタント/福岡市博多区博多駅前・有限会社アイムス代表)

経済学部環境産業マネジメントコースの授業「環境経営特講」において、食品安全マネジメントシステムや、HACCP、ISO22000,PAS220などの食品安全の国際基準に関する講演が開催されました。

「環境経営特講」では安全性確保と環境保全のために農業者が実践することを推奨されているGAP(適正農業規範)について学んで来たので、製造業者・加工業者・食品取扱者等に推奨されているHACCP,ISOについて講演で学ぶことによって、フードチェーンを通した安全性と安心確保のシステム全体を学ぶことができるものと期待されました。

PAS220の規格要求事項の解説まで含んだ 高度な内容であったにも関わらず、三村氏によるコンサルト経験に裏付けられた明快な原理と実際の説明に、学生たちも熱心に聴講していました。この講演によって、GAP,HACCP,ISOに共通するリスクマネジメントの理論と実際の両方について理解できたものと思われます。

s-P1000566.jpg  s-P1000564.jpg

22年度後期修了スピーチ発表会が行われました [2011.02.08]

s-speech_020.jpg 平成23年1月31日(月)に耕雲館6階ラウンジにおいて、国際交流・留学生センター 日本語能力向上室主催の「平成22年度後期修了スピーチ発表会」が行われました。今回の発表者は、半年間の短期留学を終えた九州共立大学留学生3名及び九州女子大学留学生1名の、合わせて4名と、昨年、北九州国際交流協会主催の「第18回留学生日本語弁論大会」において好成績(審査員特別賞)を収めた九州女子大学留学生1名を含めて計5名がスピーチを行いました。

韓国、タイ、モンゴル、中国の学生たちが、「忘れられない5か月間」、「半年間で学んだこと・楽しかったこと」、「Lovely Japan. I'll be back.」、「日本での生活」、「北九州市の印象」という演題で、短い留学期間で体験したこと、感じたこと、日本の印象などを、流暢な日本語で思い思いに表現していました。

スピーチ発表会には、お世話になった日本語教員、所属大学のゼミ担当教員、市民ボランティア・チューターの方々、日本語能力向上室で一緒に日本語を学んだ留学生などが多数参加し、留学生のスピーチを一人ひとりが熱心に聞き入り、一つのスピーチが終わる毎に感想や質問を述べていました。

発表会終了後には、懇親会が催され、日本語教員や市民ボランティア・チューターの方々と楽しく語りあう姿が見られました。

<工学部卒業生・旧教職員の皆様へ>「工学部お別れ会」のお知らせ<終了しました> [2011.02.07]

「工学部お別れ会」 を下記の要領で行います.多数のご参加をお待ちしております.
申し込みをされていない方でも,当日都合がつきましたら,是非ともご参加ください.


日時:平成23年2月19日(土) 15:00から19:30
会場:九州共立大学 自由ケ丘会館


会の次第とスケジュールはこちら

講演会のチラシはこちら


*問い合わせ先*
九州共立大学総務課
TEL:093-693-3005

平成22年度スポーツ学部第2回卒業研究発表会が開催されました [2011.02.07]

s-P1290550.jpg スポーツ学部4年生がこれまでの学修成果をまとめた卒業研究発表会を1月29日(土)福原記念館にて行いました。
 この卒業研究発表会はポスター形式で行われ、テーマ数199件、258名の学生による活発な質疑応答が行われました。

【開催日時】
日 時:平成23年1月29日(土)13時から17時
場 所:福原記念館

s-P1290547.jpg s-P1290566.jpg


<学生の感想:卒業研究を終えて>
○大坪ゼミ○  川原 崇央
『剣道のスポーツ化―相撲及び柔道との比較?』
 今回の卒業論文制作にあたってとても大変でした。私のゼミは、文献研究なので多くの本、参考文献を読む事によって一つの論文が出来るからです。また、担当教員の大坪先生には、厳しく指導して頂きました。また、中村先生には忙しい中、親身になって指導して頂きました。そのかいあって大学での集大成である卒業論文を書き終えることができ、私自身の大きな財産にもなりました。今後卒業したら、論文を書く事はないと思いますが、一生忘れる事のない思い出になりました。
 最後に大坪先生・中村先生、ご指導して頂き本当にありがとうございました。

○坂井ゼミ○ 大熊 亜希
『体幹トレーニングがジャンプ力に与える影響』
卒論発表会ではいろいろな人の発表を聞き、まとめ方には様々な方法があり、その中でも同じような研究でも目の付け所によって色んな考え方があることに驚かせられました。坂井ゼミは、みんな仲良く団結力がありました。いい人たちばかりで楽しく過ごすことができました。

○八板ゼミ○ 河津 聡
『バスケットボールのゲームにおけるシュートとシュート前動作の関係』
今回卒業論文の発表を終えてほっとしているのが今の気持ちです。三年時から研究テーマを決
め実験をしたり調査したりしました。私はバスケットボールのゲーム分析を行ったのですが試合
をビデオカメラで録画しそれを解析したりとすることが多くて、ほんとに大変でした。
でもいま卒業論文の発表会を終えて充実感があり卒業論文をやってよかったなって思っていま
す。担当教員である八板先生にはいろいろとアドバイスを頂き感謝しています。卒業論文は大変
ですが学生時代の集大成として取り組むことができ良い経験になったと思います。
○長谷川ゼミ○ 西島 和矢
『大学生スプリンターとロングスプリンターの筋厚と皮下脂肪厚からみた種目特性』
約1年間の研究内容を10分足らずの発表で伝える難しさを痛感しました。
また、研究を通して多くの方々にご協力していただき、改めて仲間の大切さを感じました。
協力者の方々、本当にありがとうございました。

○古市ゼミ○ 中山 麻衣
『生涯スポーツの振興が医療費に与える影響に関する研究?健康増進対策から?』
私はいつも、人の前に立つと、頭が真っ白になり、言葉を噛んでしまいます。しかし、卒業研
究文発表会では、いつもより、言葉を噛まずに話すことができ、時には笑顔をだすことができました。また、自分の卒業研究を自信を持って発表ができ、発表後は、とても気持ちのよい達成感を味わうことができました。ここまで達成感が味わえたのも、いつでも、何度でも卒業研究を添削してくださった古市先生やゼミ発表のときに厳しく指摘してくれたゼミのみんなのおかげです。ありがとうございました。

○野田ゼミ○ 中林 士
『体育専攻学生における教育実習前の不安の実態』
私の論文では、プレテストの結果を本番のアンケートに反映し、分析を行いました。
アンケートの作成や集計を2回行うのは大変でしたが、回答者に分かりやすく、必要な情報が得られるアンケートを作成することができたと思います。
自分の興味のあることを研究していたので、新たな発見や興味深い結果ばかりで、楽しみながら研究をすることができました。
最後に、私一人の力では卒業論文は完成しませんでした。アンケートに協力して下さった学生の皆さんや様々な角度から意見を言ってくれたゼミの仲間達、そして忙しい中、アンケート作成から発表会まで、たくさんの助言や指導をして下さった先生方にとても感謝しています。
ありがとうございました。

和田翔吾さんが中間市長を表敬訪問しました [2011.02.04]

本学スポーツ学部3年の和田翔吾さん(自由ケ丘高校)が、2月2日(水)松下俊男中間市長を表敬訪問し、平成22年11月12日(金)から中華人民共和国広州市にて開催された『第16回アジア競技大会』ボウリング競技での銀メダル獲得と平成23年1月16日(金)からアラブ首長国連邦・アブダビで開催された『第21回アジアボウリング選手権大会』4位を報告しました。

 松下市長より「中間市民が活躍されるのは、とてもうれしい。これからも活躍を期待しています!」と激励を受けました。

 和田さんは、2月に京都府で行われる『第42回全日本大学個人選手権大会』と3月に愛知県で行われる『文部科学大臣杯争奪 第49回全日本選手権大会』に出場します。

 応援をどうぞよろしくお願い致します。

 s-IMG_5645.jpg 

平成22年度第4回キャンパスミーティングを開催しました [2011.02.01]

s-IMG_5612.jpg 平成22年度 第4回キャンパスミーティングを1月29日(土)に開催しました。

 このキャンパスミーティングは、学生の代表者と学長をはじめとする教職員との意見交換を行い、学生のニーズを把握することによりサポート体制の充実を図ること。また、学生と教職員が一体となり、大学ブランドを創造し、本学の学生としての自覚、更に学生代表としての資質を培うことを目的としています。また、多くの学生からの多様な意見等を聴取するため、本年度よりキャンパスミーティングを年1回の開催から年4回の開催(学友会・霜月祭・技能特待生・学力特待生)のセグメント別に開催することとしています。

 第4回キャンパスミーティングには、学力特待生を代表して、興梠一誠さん(経済学部2年)、中村奈菜さん(スポーツ学部2年)、武藤貢平さん(スポーツ学部1年)、計3名の学生と福原弘之学長、奥田俊博副学長、田中邦博学生支援部長等が参加し、学力特待生として日々意識していることや、授業で気づいた点や取り入れて欲しい点などについて約1時間意見の交換を行いました。

 キャンパスミーティングを終えた学生からは、「このような機会があってよかった、直接意見が出来ることは、学生にとっても教員にとっても利点だと感じた。」、「一緒に参加した学生の意識が高いことが分かり、刺激を受けた」、「次はもっと準備をして参加したいと思いました」などの声が聞かれました。

 今回、提案された、学生からの貴重な意見については、担当教員・担当部署を中心として検討され、九州共立大学をより良い大学にするために役立てられます。

    s-IMG_5609.jpg  s-IMG_5621.jpg

本学短期留学生2名の履修証書授与式を挙行いたしました [2011.02.01]

s-IMG_5322.jpg 1月26日(水)韓国 大邱大学校からの短期留学生2名の履修証書授与式を挙行いたしました。

式には、福原弘之学長をはじめ担当教員、2人の日本での友人である白川ゼミのゼミ生2名も出席し、門出を祝いました。

福原学長より履修証書を授与された修了生2名は引き続きスピーチをおこない、半年間に日本で体験したことやこれからの目標について緊張した面持ちで話しました。

 2010年9月に来日当初は日本語をあまり話せなかった2人も、人前でスピーチが出来るほど、日本語が上達していました。

最後に修了生を囲んで記念撮影を行い、2人にとって留学生活の締めくくりとしていい思い出になったようです。

日本へ来てから、悩み・不安・心配事が色々あったかと思います、でもそれ以上にうれしかった事、楽しかった事、日本に来て新しい友達がたくさん出来た事等、たくさんの思い出ができたと思います。
2人にとって、日本での留学生活が今後の人生の転換になることを教職員一同願っています。

s-IMG_5328.jpg s-IMG_5333.jpg

s-IMG_5338.jpg *短期留学生 2名*
 韓国  大邱大学校
 キム ミンジ
  リ  キョンヒ

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.