就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > 平成22年度 環境土木工学科卒業研究発表会

平成22年度 環境土木工学科卒業研究発表会 [2011.03.07]

 平成23年2月18日(金)に深耕館S208教室で環境土木工学科の卒業研究発表会が開催されました.発表者氏名と卒業研究論文題目は下記の通りです.

 発表者は22名で,環境土木工学科として,最初で最後の卒業研究発表者となります.卒業研究のテーマに関しては,軟弱地盤問題やコンクリート材料,コンクリートの新たな活用法,海岸浸食問題,高度の下水処理問題などの土木工学に関するテーマから,高齢化社会と都市生活の問題や絶滅危惧種の保護,キャンパス内のビオトープの変遷,地球環境問題などの環境や高齢化社会などのテーマまで,幅広い研究内容の発表が行われました.

 4年間の集大成ということで,どの発表者もほぼ時間通りに発表を終え,練習の成果がにじみ出ていました.先生からの厳しい質問に対しても,的確に答えていた学生が多く,例年以上の活発な討論が行われました(写真参照).特に,同級生の発表を聞いている学生の真剣な眼差しが印象的でした.

s-kando1.jpg  s-kando2.jpg

s-kando3.jpg  s-kando4.jpg

s-kando5.jpg  s-kando6.jpg

s-kando7.jpg  s-kando8.jpg

氏名卒業論文題目
立橋 沙也香高齢化社会と福祉の取り組み
久保田 哲高齢化社会に対応する街づくりの現状について
宇野 伸志GISおよびGPSを用いたハザードマップの作成とその利用について
野 正則/羽田野 勝登軟弱粘土地盤における側方流動特性
北崎嵩之/河野浩樹発熱コンクリートブロックの接続方法に関する実験
桑尾 学ゼオライトを混合したコンクリートの諸性質
吉田 竜太付着性骨材を使用したコンクリートの乾燥収縮ひずみの抑制
古谷 貴紀/中村 雄樹竹・樹皮短繊維を混合したマグネシウムモルタルの吹付け材としての性能
弘田 玄/山野 光貴三里松原海岸における海浜変形と沿岸漂砂に関する研究
石田 祐士/古郷 太規DRIM工法における岸沖方向の長さによる特性に関する水理模型実験
板橋 臣悟/上田  洸窒素除去プロセス化のための既存下水処理場の機能評価
小野田 久美瀬戸内における塩生植物の調査及び自生する絶滅危惧植物の保護に関する研究
萩尾 優希ビオトープ自由ヶ丘の変遷と絶滅危惧塩生植物の保護に関する研究
中島 達也/山福真人九州共立大学における酸性雨とCO2濃度の実態調査
中西勇太斜面日射量の簡易推定と分布

カテゴリー

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.