就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > 【経済】本学学生が実務技能検定協会より表彰を受けました

【経済】本学学生が実務技能検定協会より表彰を受けました [2014.04.18]

14.04.18service.jpg 実務技能検定協会主催のサービス接遇検定の準1級に合格した本学経済学部3年吉武浩史さんが、実務技能検定協会優秀賞(個人賞)を受賞し、表彰されました。

 この検定は接客・サービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格であり、ホテルなどのサービス業に就く社会人も多く受験しています。

 実務技能検定協会優秀賞は各会場の合格者の中から成績優秀者が選ばれるものであり、吉武さんは福岡会場の成績優秀者として表彰されました。

*吉武さんインタビュー*
Q.サービス接遇検定準1級を受検しようと思ったきっかけは?
 経済学部の徳永彩子先生の講義「ビジネス特講A」を受講したのが、1つのきっかけでした。講義内容は、ビジネス系検定試験において上級資格の合格を目指すことを目的としていて、私はこの時期になにかの資格を取りたいと思っていたのですが、なかなか行動に移せずにいたので、いい機会だと思い、受講しました。
 また、アルバイトで接客業をしているので、この資格を取得することでなにかプラスになればいいなと思ったこともきっかけでした。

Q.サービス接遇検定を受けるうえで不安なことなどはありましたか?
 アルバイトで慣れていた部分もあるとは思いますが、果たして今まで自分がしてきたことをそのままさらけ出して良いのか、ビジネスパーソンとしてまちがっていた部分があるのではないか、など不安な気持ちも持ちながら受検しました。
無事に取得できたことで、これまでの自分を再確認するよい経験にもなりました。
ですが、現状に満足することなく、これまで以上に努力し、結果を出していきたいと思っています。

Q.この合格でどのような変化がありましたか?
 今回、サービス接遇検定を受検し、合格したことで自分の中で変化があったように思います。それは、サービス接遇検定の2級と準1級のダブル受検でどちらとも合格できたという自信、そして準1級で福岡県を代表して優秀賞をいただけたことで、更なる向上心がわきあがり、さまざまなことに積極的に取り組むことができるようになりました。
 
 
Q.今後の目標を教えてください。
 今後の目標としては、1級を取得すること。さらにビジネス系検定は、サービス接遇検定だけではないので、将来に向けての多くの資格を取得し、それを自分自身のキャリアアップにつなげていきながら最高の状態で就職活動ができるようにしたいと考えています。

カテゴリー

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.