就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > リオデジャネイロオリンピック参加報告会を開催しました[2016.9.15]

リオデジャネイロオリンピック参加報告会を開催しました[2016.9.15] [2016.09.23]

  9月15日(木)本学自由ケ丘会館多目的ホールにて、リオデジャネイロオリンピック参加報告会を開催しました。

 7人制ラグビーがリオオリンピックで初の競技種目となり、男子日本代表チームはニュージーランド、フランス等の強豪国を倒して4位入賞を果たしました。この男子7人制ラグビー日本代表チームの帯同トレーナーとして参加したスポーツ学部 辰見康剛講師が、リオオリンピックの選手村等の紹介、本大会に向けた準備、2020年に向けた思いを本学学生、教職員に報告しました。

 リオオリンピックでは、3日間で6試合を戦うという過酷なスケジュールであるにも拘らず、唯一故障者が出なかったのが日本代表チーム。本大会前、7月のオーストラリア合宿では、開催時間を本番と同様のスケジュールで実施し、リオデジャネイロ入り直前のブラジル サンパウロでの合宿では、オリンピック選手村から試合会場までの移動距離を想定し、わざわざ練習会場から離れたホテルを利用したそうです。本番に近い環境に慣れることで本番でのストレスが排除されるように工夫されたことも勝因となったようです。

 そして、本大会でも、トレーナーとして選手がリラックスできるよう体調管理に貢献されたそうです。

 本学には、選手として課外活動に励む学生もいますが、支援する側のアスレティックトレーナーを目指す学生もいます。

 これらの学生に対して、辰見講師から「世界を目指してがんばってください。日本人は控えめなので図太さを持つこと、併せて語学も勉強してください。そして、2020年東京オリンピックでは選手、トレーナー、ボランティアなど何らかの形で関わって盛り上げていきましょう。」との声援が送られました。

   k1.jpg K2.jpg

       堀内学長特別補佐があいさつ           辰見講師が試合後の選手の様子を紹介

     過去のオリンピック参加者も紹介された

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.