就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > 2017年2月

2017年2月の新着情報一覧

本学学生が北九州マラソン2017に救護ボランティアとしてサポート活動を行いました! [2017.02.24]

 平成29年2月19日(日)に開催された北九州マラソン2017に今年度も救護ボランティア活動(AED隊)として参加し無事に終えることができました。このボランティア活動には、本学から学生トレーナー部CARE、レスリング部、ラグビー部の部員と教員、合わせて約80名が参加しました。

     1.jpg

               <担当場所に移動する前の全体ミーティングにて>

 第4回目となる本大会ですが、本学からは、第1回大会より救護ボランティアのみならず、多数の学生及び教職員がボランティアとして1万人のランナーをサポートしています。

      2.jpg 3.jpg

      4.jpg 5.jpg

                    <AED隊のサポート活動の様子>

 九州共立大学と北九州市はスポーツ振興に関する包括協定を結んでいます。今後とも北九州市と共にスポーツによる街のにぎわいづくり並びに人材育成に力を注ぎたいと思います。

本学ラグビー部が日本トップチームから指導を受けました [2017.02.17]

 先日、北九州市と本学が締結した「スポーツの振興等に関する包括連携協定」に基づき、スーパーラグビーのヒト・コミュニケーションズサンウルブスとジャパンラグビートップリーグオールスターズの選手が本学のグラウンドやトレーニングセンターを利用した練習を行っています。両チームは、2月18日(土)に開催されるミクニワールドスタジアム北九州のオープニングイベント「JAPAN RUGBY DREAM MATCH」の試合ため、来福されています。

 サンウルブズ1.JPG サンウルブズ4.JPG

              <本学のトレーニング室を利用する選手たち>

 2月16日(木)には、本城陸上競技場にて社会貢献活動と地域連携の一環としてサンウルブスの監督フィロ・ティアティアさんとスクラムコーチ長谷川慎さんに、本学学生はコーチングセッションを受けました。世界トップレベルのコーチングを生で体験し、夢のような時間を過ごし、分かりやすく丁寧で、細かいコーチングは彼らを一回りも、二回りも成長させたと思います。

 017.JPG 024.JPG 037.JPG

            <スクラムコーチ長谷川慎さんから指導を受ける選手たち>

  074.JPG  106.JPG

         <フィロ・ティアティア監督からタックルの指導を受ける選手たち>

 最後にはミーティングルームにも案内されサンウルブスがどのようにミーティング行っているか疑似体験までさせて頂き学生達の意識も格段に向上しました。

              001.JPG

               <フィロ・ティアティア監督のミーティング>

     サンウルブズ5.JPG

                    <憧れの選手との記念撮影>

 このような体験を経験させてくださったサンウルブスのスタッフのみなさま、北九州市のみなさまありがとうございました。

西日本生涯学習フォーラム2017 「学校と地域におけるスポーツの安全について考える」を開催しました [2017.02.15]

 九州共立大学にて、西日本生涯学習フォーラム2017 「学校と地域におけるスポーツの安全について考える」が開催されました。本フォーラムは、毎年、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学 生涯学習研究センター主催にて開催されており、当日は、地域の方々と本学の学生を合わせて約200名にご参加いただきました。

              無題.png

本フォーラムの概要及び具体的なプログラムは以下の通りです。

 近年の我が国におけるスポーツの発展は目覚ましく、2011年の「スポーツ基本法」の制定、2015年の「スポーツ庁」の新設、そして、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けた様々な取り組みなど、まさに国を挙げたスポーツ振興が行われています。また、人々のスポーツに関する関心も高まり、生涯にわたる健康づくりや介護予防への意識の高まりからもスポーツへのニーズは多様化しているといえます。このように、スポーツは私たちの生活に欠かすことのできないものになっている一方、スポーツ活動には事故や怪我が起こるリスクが含まれており、毎年、スポーツ活動中の重篤な怪我や死亡事故が発生しています。そこで、本フォーラムの目的は、学校や地域におけるスポーツ環境をより安全にするためにはどうすれば良いのかについて地域の方々と一緒に考えることを目的としました。

【第1部 基調講演】13:00から14:30

講演I 「勝つために何をすべきか考える スポーツ整形外科学」

     産業医科大学 若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター 診療教授  内田 宗志 氏

講演II 「スポーツ現場からの119番通報と緊急搬送等について」

     八幡西消防署 警防課 警防第二係 黒崎担当係長  川路 恭弘 氏

講演III 「スポーツ活動における事故の防止と安全対策について」

     九州共立大学 スポーツ学部 講師 辰見 康剛 氏

 1.jpg  2.jpg

. 3.jpg

                  <第1部 講演の様子>

【第2部 シンポジウム】14:40から15:40

「安全なスポーツ環境の実現と安全対策について考える」

<シンポジスト>

 産業医科大学 若松病院 整形外科 助教 清水 勇樹 氏

 八幡西消防署 警防課 警防第二係 黒崎担当係長 川路 恭弘 氏

 九州共立大学 スポーツ学部 講師 辰見 康剛 氏

<コーディネーター>

 九州共立大学 スポーツ学部 准教授 生涯学習研究センター 所長 篠原 純司

             4.jpg

                 <第2部 シンポジウムの様子>

当日の参加者からは、以下のような感想をいただきました。一部ですが、紹介させていただきます。

・知識がそのままケガ予防につながることを知ることができた。

・幼年期の練習法の注意点が良く分かった。

・丁寧な説明でよく理解できた。

・救急車の呼び方や応急処置について再認識することができた。

・緊急事態に備え、講演や講習を今後も積極的に受けたいと思った。

・スポーツ活動だけでなく、日常生活でも大事なことだと思った。

・頭部外傷の対処法について詳しく知ることができた。

・安全なスポーツ環境の実現と安全対策について詳しく知る事ができた。

・現場の具体的なお話を聞けて良かった。

 フォーラムの運営面など、至らない点もありましたが、多くの方々のご協力のおかげで何とか無事にやり遂げることができました。お忙しい中、ご参加いただいた皆様、そして、ご講義下さいました講師の先生方に心から感謝を申し上げます。

ウィスコンシン大学 ラクロス校との国際アスレティックトレーニング学生交流会を開催しました。 [2017.02.14]

 本学スポーツ学部の学生と、アメリカ・ウィスコンシス大学ラクロス校(UW)でアスレティックトレーニング(AT)を学ぶ学生が、インターネット会議システムを使った「国際AT学生交流会」を開催しました。

 この交流会は、スポーツ学部の篠原准教授と、同准教授の大学院時代の同僚で現在UWでAssistant Professorを勤めるAminaka先生が企画し実現したもので、本学ではATの専門知識や技術を学ぶ「学生トレーナー部CARE」に所属する学生らが参加しました。

 本交流会を開催するにあたっては、まず、両校の学生が、交流会を行う前の事前準備として、自分達の活動を紹介する動画を作成しました。この動画は、英語を用いて制作しなければならないため、慣れない英語での撮影・編集は、学生にとって大変な作業となりましたが、スピーキングの練習も重ねなんとか完成しました。

          IMG_1244.jpg

 交流会の事前勉強会では、UWの学生が作成した活動紹介の動画を見ました。UWでのATプログラムの概要や授業風景が紹介されており、とても興味深い内容でした。また、本学の学生にとってはあまり馴染みのない州であるウィスコンシン州がアメリカのどこにあるのか?、日本との時差はどのくらいあるのか?、アメリカの大学はどんな感じなのか?、トランプ大統領はなぜ当選したのか?など、アメリカ自体についても学びも深めました。

    IMG_1193.JPG                     <事前勉強会の様子>

 交流会当日は、まず、お互いの大学の簡単な紹介と挨拶から始まりました。本学の学生たちは慣れない英語に悪戦苦闘しながらも何とかコミュニケーションを取っていました。また、UWの学生さんはたどたどしい本学の学生の英語を一生懸命理解しようとしており、『Good!Good!』とジェスチャーを返し、終始笑いが絶えない雰囲気で進行しました。

IMG_1249 (1).JPG IMG_1200.JPG                     <交流会当日の様子>

 今回の交流会を通し皆それぞれに何らかの学びがあったかと思います。また、学生の中には留学する気持ちが新たに芽生えた学生もおり、今後の勉強の励みになっくれれば嬉しく思います。

平成29年度学生定期健康診断のお知らせ [2017.02.13]

平成29年度 学生定期健康診断を下記の日程で実施いたします。

健康診断は年1回実施していますので、必ず受診してください。

【日  時】※時間は受付時間

平成29年4月5日(水)

 12:30から14:00  スポーツ学部1年生

 14:00から15:30  スポーツ学部2年生

平成29年4月10日(月)

  9:00から10:30  経済学部1年生

 10:30から12:00  経済学部4年生

 13:30から15:00  経済学部3年生

平成29年4月11日(火)

  9:00から10:30  経済学部 2年生・編入生・短留生

 10:30から12:00  スポーツ学部4年生

 13:30から15:00  スポーツ学部3年生

   

【検査項目】 1年生・4年生  身長、体重、視力、血圧、尿検査、胸部X線

       2年生・3年生  身長、体重、尿検査、胸部X線

       編入生・短留生  身長、体重、胸部X線 

【場  所】 深耕館1F、2F、深耕館前通路

※指定日時で受診できない場合は、他の時間帯で必ず受診してください。
※健康診断未受診の場合は、就職、進学、実習等で提出する健康診断証明書の発行はできませんのでご注意ください。

《参考》

平成28年度の健康診断の受診率は下記の通りでした。

  1年 2年 3年 4年
経済学部 99.1% 88.7% 73.1% 88.6%
スポーツ学部 99.0% 95.9% 95.0% 94.2%

平成29年度は、受診率100%をめざしましょう!

第1回体育系クラブ活動報告発表会を開催しました。 [2017.02.13]

 2月6日(月)鶴鳴記念館において、「平成28年度体育系クラブ活動報告発表会」を開催しました。

 この発表会は、本学の体育系クラブの学生が一堂に会し、今年度の活動状況や公式試合の成績を報告するもので、本学では初めての試みとなるものです。

 当日は、福原理事長や奥田学長をはじめ教職員や後援会役員の方々、他のクラブ生など約800名が見守るなか、18のクラブが次々と登場し、各代表者がやや緊張した面持ちで自分たちのクラブの活動内容や戦績、常日頃応援して頂いている方々への感謝の気持ちなどを述べました。中には日頃の練習の成果をパフォーマンスとして披露するクラブもあり、会場は大いに盛り上がりました。参加したクラブ生達は、他のクラブの成績をお互い称え合うと共に次年度に向けた所信表明を行うことで、競技内容はそれぞれ違っていても、同じ「スポーツ」を通じた仲間としての一体感を味わっているようでした。

 九州共立大学は、これからもスポーツに頑張る学生を応援します。

  IMG_4345.JPG  IMG_4504.JPG

   <女子ソフトボールのパフォーマンス>        <体操競技部のパフォーマンス>

  IMG_4204.JPG  IMG_4368.JPG

       <サッカー部の活動報告>           <レスリング部の活動報告>

  IMG_4460.JPG  IMG_4179.JPG

       <準硬式野球部の活動報告>         <硬式野球部のパフォーマンス>

  IMG_4312.JPG  IMG_4314.JPG

     <男子バレーボール部の活動報告>          <ラグビー部の活動報告>

平成28年度学長表彰受賞式を行いました。 [2017.02.13]

平成29年2月1日(水)に学長表彰を行いました。 

 この表彰は、自学自習(資格取得)、生活全般(ボランティア活動、社会事業)および課外活動で優秀な成績を残した学生を表彰するものです。

 今回の学長表彰では個人146名と団体13団体が受賞し、代表で7名の学生に奥田俊博学長より賞状と副賞が手渡されました。

 受賞者のみなさんおめでとうございます。学生みなさんの益々のご活躍を祈念いたします。

  IMG_1396.JPG IMG_1388.JPG 

                     <当日の様子>  

   IMG_1401.JPG

                  <表彰式での集合写真>

※ 表彰者一覧は、こちら

【就職支援課】学内合同セミナー2018を開催しました。 [2017.02.02]

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.