就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > 屋久島で「キャンプ実習」を行いました

屋久島で「キャンプ実習」を行いました [2017.09.21]

平成29年8月28日(月)から9月1日(金)の4泊5日、鹿児島県屋久島青少年旅行村を拠点とし、公益社団法人日本キャンプ協会キャンプインストラクター認定校である九州共立大学の「キャンプ実習」が行われました。

   DSCN4976s.jpg

参加者は総勢20名で「屋久島の自然の中で、キャンプ体験を通じて、自分の生き方を学ぶ」という目的の下で行われました。

1日目、キャンプ場に到着してすぐにテント設営を行い、その後、野外調理法についてレクチャーを聞き、夕食の野外炊飯のための蒔き拾いを兼ねてキャンプ場付近のフィールド散策を行いました。1日目の夕食は『ハヤシライスとベーコンとたまねぎのスープ』でした。

   キャンプ実習(828~91)_170903_0675s.jpg

2日目は海辺での朝の集いを1班のレク係りを中心に運営してもらいました。アイスブレイクから始まり、午後からの登山に向けた『きつい時に掛けられたらうれしい言葉』を兼ねた自己紹介ゲームはとても面白い発想でした。午前中は海のプログラム(1班フィールド観察・2班スキンダイビング)でした。

   045s.jpg

午後からは、1泊2日の登山に向けた装備チェックを行い淀川登山口に向けてキャンプ場を出発しました。この日は淀川小屋まで明るいうちに到着し、流れている川の水を汲み夕食の準備を行い、早いうちに就寝しました。真っ暗な山の中で見る星空は宝石をちりばめたようでした。

   キャンプ実習(828~91)_170903_0725s.jpg

3日目は日が出る前に起きて朝食を食べ、朝日が山一面を赤く染める中を黒味岳山頂に向けて出発しました。途中、花之江河では親子の鹿に出会ったり、最高の天気に恵まれ周りの山々がとても美しく、心も澄み渡るようでした。黒味岳山頂では、昨年はガスと強風で短時間での下山となりましたが、今年はゆっくり山頂を味わうことができました。学生の感想の中で登山が一番人気のプログラムとなりました。

   キャンプ実習(828~91)_170903_0676s.jpg

山小屋でのルールや自然の強さを学び、そして何よりも日ごろの当たり前のように水が使え、当たり前のように電気があり、当たり前のように出来ている生活に感謝したいと言う気持ちにさせてくれました。このキャンプでの体験を是非、今後の大学生活に活かして欲しいと思います。

   DSCN5453s.jpg

(文責:花田道子)

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.