新着情報

トップページ > 新着情報 > ドラフト指名選手(島内投手・久保投手)が北九州市長を表敬訪問しました。

ドラフト指名選手(島内投手・久保投手)が北九州市長を表敬訪問しました。 [2018.12.17]

 12月14日、プロ野球 広島東洋カープから2位指名を受けた島内颯太郎投手(4年)と東京ヤクルトスワローズから7位指名を受けた久保拓眞投手(4年)が、北九州市役所で北橋健治市長と井上秀作市議会議長を表敬訪問しました。

 北橋北九州市長からプロ1年目の抱負を聞かれた両名は、「新人王を目指します」(島内投手)、「開幕一軍を目指します」(久保投手)と緊張気味に答えていました。

 井上議長からは「是非、日本シリーズで活躍するような選手になって下さい。その時はホークスではなく、あなた方のチームを応援します!」とエールを受けました。

 市役所や議会場など行く先々で議員や職員の皆さんから祝福や激励を受けた二人は、「こんなに多くの市民の皆さんから期待されているんだとあらためて実感しました。プロに行ったら全力で頑張って市民の皆さんに恩返しがしたいです。」と心新たにしていました。

     IMG_0769.JPG

                北九州市 北橋健治市長(中央)と

     IMG_0089.jpg

          北九州市議会 井上秀作議長(右)、成重正丈議員(左)と

カテゴリー

月別アーカイブ