就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

新着情報

トップページ > 新着情報 > イベント情報

スポーツ救急法講座「スポーツ現場で起こる頭や首のケガについて ‐脳しんとうを中心に‐ 」の開催について(ご案内) [2017.07.20]

10月21日(土)に、スポーツ救急法講座「スポーツ現場で起こる頭や首のケガについて ‐ 脳しんとうを中心に ‐ 」を開催いたします。

本講座のお申込は、九州共立大学地域連携推進センター(093-691-6550)にて受け付けております。

スポーツ指導者、競技者の方など、多くの方のご参加をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

スポーツ救急法講座「スポーツ現場での突然死‐心肺蘇生法と緊急対応計画‐」が無事終了しました [2017.07.15]

スポーツ救急法講座「スポーツ現場での突然死‐心肺蘇生法と緊急対応計画‐」が無事終了しました。
本学の学生も含め約50名の方々にご参加いただきました。

unnamed1.jpg   unnamed_(1) (2).jpg

次回は、10月21日(土)「スポーツ現場で起こる頭や首のケガについて ‐脳しんとうを中心に‐ 」となっております。

本講座のお申込は、九州共立大学地域連携推進センター(093-691-6550)にて受付けております。

よろしくお願いいたします。

http://f-longlife.jp/publics/index/1/detail=1/c_id=3/page3=1/type014_3_limit=5/#page1_3_3

平成29年度入学式のご案内 [2017.03.23]

九州共立大学 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
平成29年度入学式を下記の通り挙行いたします。

 
 日  時:平成29年4月3日(月)11時開式
 場  所:福原学園 鶴鳴記念館(九州共立大学内)
 受  付:鶴鳴記念館 エントランスホール
 受付時間:10時00分から10時45分

○注意事項○
 1.必ず10時45分までに受付を済ませて会場に入場してください。

 2.受付では、オリエンテーション資料を配布します。

 3.大学入試センター試験利用入試で合格された新入生の方は、大学入試センター発行
   の「大学入学者選抜大学入試センター試験受験票」を受付に提出してください。

   ※大学入学者選抜大学入試センター試験受験票を紛失した方は再発行の手続きを行ってください。      (大学入試センター試験受験案内P35参照)

 4.入学式当日、無断で欠席した場合は、入学を取り消すことがあります。

   必ず入試広報課または教務課へご連絡をお願い致します。
   ・入試広報課 093-693-3305
   ・教務課   093-693-3042

 5.入学式は50分程度で終了の予定です。
   詳細は当日配布される資料で確認してください。

 6.入学式当日は、学内駐車場の混雑が予想されます。
   車での来学は可能な限りご遠慮くださいますようお願い致します。

その他、ご不明な点などございましたら総務課までご連絡ください。
・総務課  093-693-3046

本学までのアクセスはこちら
本学のキャンパスマップはこちら

  

平成28年度学位授与式のご案内 [2017.03.09]

平成28年度学位授与式を下記のとおり挙行いたします。

              日 時:平成29年3月21日(火)午前11時開式

              場 所:福原学園鶴鳴記念館(九州共立大学内)

15.02.18gakuijyuyo2-1.jpg

*鶴鳴記念館*

              本学へのアクセスはこちら

              学内キャンパスマップはこちら

西日本生涯学習フォーラム2017 「学校と地域におけるスポーツの安全について考える」を開催しました [2017.02.15]

 九州共立大学にて、西日本生涯学習フォーラム2017 「学校と地域におけるスポーツの安全について考える」が開催されました。本フォーラムは、毎年、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学 生涯学習研究センター主催にて開催されており、当日は、地域の方々と本学の学生を合わせて約200名にご参加いただきました。

              無題.png

本フォーラムの概要及び具体的なプログラムは以下の通りです。

 近年の我が国におけるスポーツの発展は目覚ましく、2011年の「スポーツ基本法」の制定、2015年の「スポーツ庁」の新設、そして、2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」に向けた様々な取り組みなど、まさに国を挙げたスポーツ振興が行われています。また、人々のスポーツに関する関心も高まり、生涯にわたる健康づくりや介護予防への意識の高まりからもスポーツへのニーズは多様化しているといえます。このように、スポーツは私たちの生活に欠かすことのできないものになっている一方、スポーツ活動には事故や怪我が起こるリスクが含まれており、毎年、スポーツ活動中の重篤な怪我や死亡事故が発生しています。そこで、本フォーラムの目的は、学校や地域におけるスポーツ環境をより安全にするためにはどうすれば良いのかについて地域の方々と一緒に考えることを目的としました。

【第1部 基調講演】13:00から14:30

講演I 「勝つために何をすべきか考える スポーツ整形外科学」

     産業医科大学 若松病院 整形外科 スポーツ関節鏡センター 診療教授  内田 宗志 氏

講演II 「スポーツ現場からの119番通報と緊急搬送等について」

     八幡西消防署 警防課 警防第二係 黒崎担当係長  川路 恭弘 氏

講演III 「スポーツ活動における事故の防止と安全対策について」

     九州共立大学 スポーツ学部 講師 辰見 康剛 氏

 1.jpg  2.jpg

. 3.jpg

                  <第1部 講演の様子>

【第2部 シンポジウム】14:40から15:40

「安全なスポーツ環境の実現と安全対策について考える」

<シンポジスト>

 産業医科大学 若松病院 整形外科 助教 清水 勇樹 氏

 八幡西消防署 警防課 警防第二係 黒崎担当係長 川路 恭弘 氏

 九州共立大学 スポーツ学部 講師 辰見 康剛 氏

<コーディネーター>

 九州共立大学 スポーツ学部 准教授 生涯学習研究センター 所長 篠原 純司

             4.jpg

                 <第2部 シンポジウムの様子>

当日の参加者からは、以下のような感想をいただきました。一部ですが、紹介させていただきます。

・知識がそのままケガ予防につながることを知ることができた。

・幼年期の練習法の注意点が良く分かった。

・丁寧な説明でよく理解できた。

・救急車の呼び方や応急処置について再認識することができた。

・緊急事態に備え、講演や講習を今後も積極的に受けたいと思った。

・スポーツ活動だけでなく、日常生活でも大事なことだと思った。

・頭部外傷の対処法について詳しく知ることができた。

・安全なスポーツ環境の実現と安全対策について詳しく知る事ができた。

・現場の具体的なお話を聞けて良かった。

 フォーラムの運営面など、至らない点もありましたが、多くの方々のご協力のおかげで何とか無事にやり遂げることができました。お忙しい中、ご参加いただいた皆様、そして、ご講義下さいました講師の先生方に心から感謝を申し上げます。

第1回体育系クラブ活動報告発表会を開催しました。 [2017.02.13]

 2月6日(月)鶴鳴記念館において、「平成28年度体育系クラブ活動報告発表会」を開催しました。

 この発表会は、本学の体育系クラブの学生が一堂に会し、今年度の活動状況や公式試合の成績を報告するもので、本学では初めての試みとなるものです。

 当日は、福原理事長や奥田学長をはじめ教職員や後援会役員の方々、他のクラブ生など約800名が見守るなか、18のクラブが次々と登場し、各代表者がやや緊張した面持ちで自分たちのクラブの活動内容や戦績、常日頃応援して頂いている方々への感謝の気持ちなどを述べました。中には日頃の練習の成果をパフォーマンスとして披露するクラブもあり、会場は大いに盛り上がりました。参加したクラブ生達は、他のクラブの成績をお互い称え合うと共に次年度に向けた所信表明を行うことで、競技内容はそれぞれ違っていても、同じ「スポーツ」を通じた仲間としての一体感を味わっているようでした。

 九州共立大学は、これからもスポーツに頑張る学生を応援します。

  IMG_4345.JPG  IMG_4504.JPG

   <女子ソフトボールのパフォーマンス>        <体操競技部のパフォーマンス>

  IMG_4204.JPG  IMG_4368.JPG

       <サッカー部の活動報告>           <レスリング部の活動報告>

  IMG_4460.JPG  IMG_4179.JPG

       <準硬式野球部の活動報告>         <硬式野球部のパフォーマンス>

  IMG_4312.JPG  IMG_4314.JPG

     <男子バレーボール部の活動報告>          <ラグビー部の活動報告>

『平成28年度西日本生涯学習フォーラム2017』開催のお知らせ [2017.01.21]

平成29年1月28日(土)に九州共立大学深耕館1階にて『西日本生涯学習フォーラム2017』が開催されます。

☆ 詳細はこちらをご覧ください。

☆ お申込みはこちら⇒申込用紙

平成28年度第3回・第4回キャンパスミーティングを開催しました。 [2017.01.12]

平成28年度のキャンパスミーティングを12月21日(水)と1月11日(水)に開催しました。

 このキャンパスミーティングは、学生の代表者と学長をはじめとする教職員との定期的な意見交換を行い、学生のニーズを確認することによりサポート体制の充実を図ること、また、学生と教職員が一体となり、大学ブランドを創造し、本学の学生としての自覚、更に学生代表としての資質を培うことを目的として開催しています。また、多くの学生からの多様な意見等を聴取するため、年4回セグメント別に開催することとしています。

 今回のキャンパスミーティングでは、今年入学した1年生の男子学生を対象とし、12月21日は経済学部から、1月11日はスポーツ学部からそれぞれ5名が出席し、「九州共立大学の入学前のイメージ」や「大学生活において悩みや心配事はないか」、昼食を取りながら意見交換を行いました。

 出席した学生に入学前の大学のイメージについて聞いたところ、「教員免許が取得でき、さらにいろんな資格についても学べる大学である」、「スポーツが盛んな大学である」などの感想があり、また要望として「できれば学食をスムーズに利用できるよう座席を増やして欲しい」などの意見もありました。また、それぞれの将来について聞いたところ、経済学部の学生は「社会科の教員になりたので、勉強に力を入れたい。」、スポーツ学部の学生は、「大学院に進み研究者を目指したい。」と明確な目的を持っていました。

    IMG_1436.JPG IMG_1441.JPG 

                 <第3回キャンパスミーティングの様子>

    image3.JPG image2.JPG

                 <第4回キャンパスミーティングの様子>

【総合研究所】第4回アイデアチャレンジコンテストを開催いたしました [2016.12.05]

 12月3日(土)、本学総合研究所主催『第4回アイデアチャレンジコンテスト』を開催しました。

 このコンテストは、すべての学生に平等のチャンス(機会)を与え、チャレンジ(挑戦)してもらい、チェンジ(成長)するきっかけとしてもらうことを目的としています。

 当日は、「このアイデアはお金になるのではないか?」というテーマについて、「商品」や「仕組み」に関するアイデアを募集し、応募された19組の中から第1次審査を通過した7組の学生がプレゼンテーションを行いました。学生独自の多様な視点から観た「オリジナル(独創的)で自由な発想」のもと、実社会でも活用できそうなアイデアの共有ができました。

 審査は、株式会社ディーゼロ代表取締役 矢野 修作氏、株式会社ラインズマン代表取締役 森 泰人氏、株式会社アイズ・ビット・ワークス代表取締役 井上 直樹氏、牧角総合研究所所長、森部特別客員准教授の5名と来場者との合計点で入賞者を決定しました。

≪入賞者≫

優秀賞   「ナンバーリフティングボール」 桑本 悠生(九州共立大学 経済学部2年)

奨励賞   「アスリートサングラス」    森下 結以(九州共立大学 スポーツ学部2年)

審査員特別賞  「芦屋たこやき」      高橋 美咲・原口 昌子(九州女子大学 家政学部3年)

  1.jpg  2.jpg

                  <プレゼンテーションの様子>

  4.jpg  3.jpg 

                     <表彰式の様子>

           5.jpg

               <発表者と審査員、スタッフ全員で記念撮影>

平成28年度第1回・第2回キャンパスミーティングを開催しました。 [2016.11.14]

平成28年度のキャンパスミーティングを10月12日(水)と10月26日(水)に開催しました。

 このキャンパスミーティングは、学生の代表者と学長をはじめとする教職員との定期的な意見交換を行い、学生のニーズを確認することによりサポート体制の充実を図ること、また、学生と教職員が一体となり、大学ブランドを創造し、本学の学生としての自覚、更に学生代表としての資質を培うことを目的として開催しています。また、多くの学生からの多様な意見等を聴取するため、年4回セグメント別に開催することとしています。

 今回のキャンパスミーティングでは、今年入学した1年生の女子学生を対象とし、10月12日は経済学部から、10月26日はスポーツ学部からそれぞれ4名を招き、「授業や大学生活はイメージしていたものと比べてどうであったか」、「大学にサポートして欲しいことはないか」等について、昼食を取りながら意見交換を行いました。

 今回は女子学生を対象としたことから、さくらルーム(女子学生専用ルーム)について聞いたところ、「広くてきれいなのでよく利用している」「男子の目を気にせずに使えるので便利」などの感想があり、その一方で「できれば学生1人ひとりにロッカールームが欲しい」などの意見もありました。また、それぞれの将来について聞いたところ、経済学部の学生は「就職に有利なTOEIC等の勉強に力を入れたい。」、スポーツ学部の学生は、「AT(アスレティックトレーナー)や教職の免許取得に向けて頑張りたい。」と明確な目的を持っており、奥田学長から「皆さんの希望が叶えられるよう大学側もしっかりサポートしますので頑張って下さい。」と激励の言葉がありました。

 IMG_0243.JPG     IMG_0446.JPG

〈経済学部のキャンパスミーティングの様子〉      〈スポーツ学部のキャンパスミーティングの様子〉

【就職支援課】平成28年度の『ビューティー講座』を開催しました。 [2016.10.20]

 10月13日(木)・14日(金)の2日の日程で自由ケ丘会館にて資生堂美容部員の方を講師としてお招きし、『ビューティー講座』を開催しました。今年度は、昨年度まで女子学生を対象として開催しておりましたが、初めて男子学生にも受講する機会を設け、男女合わせて46名の学生が参加しました。

 この講座は、就職活動を控える学生に向けて『面接の時の第一印象の大切さ』を知ることを目的に毎年開催しております。当日は、男子学生の参加者も女子学生の参加者も全員が真剣に受講し、実際の就職活動でも活かせるテクニックを学ぶ良い機会となりました。

 特に、男子学生の参加者の中には初めての経験の学生も多く有意義な時間になったと思います。

☆男子学生☆

 2.jpg 1.jpg

《参加した男子学生の感想》

●パックは初めての経験でびっくりしました。

●髪の毛を上げるだけで印象が変わることがモデルで確認でき参考になりました。

●パックは2度目ですが、使用感が全く異なり、自分でも使用後の肌の状態が改善されたと感じました。

 整髪も参考になりました。

☆女子学生☆ 

 3.jpg 4.jpg

《参加した女子学生の感想》

●まゆげの書き方はとても新鮮で、これから就職活動をこのように進めていくということが勉強になりました。

●プライベートで化粧するのと違いがあったので、改めて化粧のやり方を学ぶことができました。 

 この機会に参加することができてとても良かったです。

●普段のメイクでしていたやり方の改善点やもっと綺麗に見える方法などを学ぶことができたので、

 この機会をとてもありがたく思いました。就職活動だけでなく普段のメイクにも生かせる楽しい実践的な

 講座だったので後輩にもオススメしようと思います。

●初めて化粧をしました。資生堂の先生がいろいろな化粧の知識を教えてくれてありがたく思いました。

●やり方1つで、こんなにも違うんだなと思いました。

【就職支援課】インターンシップフェア&LIVEに3年生を引率します。 [2016.10.19]

就職や進路を考える上でも最近では特に重要とされている「インターンシップ」の説明会に、3年生のキャリア支援の一環として大学から送迎バスで引率します。

(下記の2日間)

 『インターンシップフェア』

  ・日 時 : 11月3日(木) 12:00から17:00

  ・場 所 : 福岡国際会議場(福岡市)

  ・主 催 : マイナビ

  ・内 容 : 参加企業約60社。企業ブース、企業講演、マイナビスクール

  図3.png   

   ※ホームページは、こちらをご覧ください。

 『インターンシップLIVE』

  ・日 時 : 11月19日(土) 12:00から17:00

  ・場 所 : 福岡国際会議場(福岡市)

  ・主 催 : リクナビ

  ・内 容 : 参加企業約50社。企業ブース、企業講演、基礎セミナー

  図4.png

   ※ホームページは、こちらをご覧ください。

福岡では初めて開催の大規模なインターンシップ説明会です。

貴重なチャンスですので3年生は是非参加しましょう!

◆バスの申し込みは就職支援課まで(開催前日まで申し込み可)

【就職支援課】合同会社説明会及び面接会に就活中4年生を引率します。 [2016.10.19]

現在、就職活動を継続している4年生の支援として、大学から送迎バスで引率します。

(下記の2日間)

 『会社合同説明会』

  ・日 時 : 10月25日(火) 13:00から17:00

  ・場 所 : 福岡国際会議場(福岡市)

  ・主 催 : 福岡商工会議所

  ・内 容 : 地元福岡を中心とした130社が参加する会社説明会。

   図1.png

   ※ホームページはこちらをご覧ください。

 『大学等合同会社面接会』

  ・日 時 : 10月26日(水) 12:30から16:30

  ・場 所 : 九電記念体育館(福岡市)

  ・主 催 : 福岡新卒応援ハローワーク

  ・内 容 : 参加企業は100社、企業の担当者と直接面接ができる「面接会」。

   図2.png

   ※ホームページは、こちらをご覧ください。

毎年この時期に開催の両説明会には多くの就活生が参加し、内定に結びつけています。

まだ就活中の人は是非参加して内定を勝ち取ってください!

◆バスの申し込みは就職支援課まで(開催前日まで申し込み可)

【就職支援課】学内合同会社説明会を開催します。 [2016.09.05]

学内合同会社説明会を下記のとおり開催します。

まだ、就職が決まっていない学生は、ぜひご出席ください。

日 時:9月16日(金) 13:00から16:00

    9月20日(火) 13:00から16:00

場 所:自由ケ丘会館4階 多目的ホール

詳細はこちら

【総合研究所】親子ものづくり教室開催いたしました。 [2016.08.29]

 8月20日(土)・21日(日)に、本学総合研究所主催【太陽光と風力を利用した親子ものづくり教室】を開催しました。

 この工作教室は、地球環境に関心が集まる現在、将来を担う子供たちに太陽光や風力などの身近な自然エネルギーに親しむ機会を与えるとともに、ものづくりの面白さを体験させることが目的です。

 また、本年度で15回目を迎え、地域貢献の一環として本学と地域の子供たちとの交流には欠かせない行事の一つとなっています。

 今回のものづくり教室には、幼稚園年長や小学生の110名が参加し、スカイコプター、ソーラーオルゴール、ペットボトル形風車、ペンギンロボット、ペットボトルウインドカーの5つの工作テーマからそれぞれが希望したテーマの作品を保護者の方をはじめ、学生、教員と一緒に一生懸命作成しました。

 「学生さんや先生の熱心な態度がとても気持ち良く、楽しく子供と学べました」や「ハンダづけが初めてだったけど、丁寧に作り方を教えてもらえました」など、喜びの声もたくさんあり、夏休みのものづくりの自由研究ができる場として好評な二日間の工作教室でした。

  1.jpg  2.jpg

  3.jpg

           子供たちに工作指導をする先生や学生の様子

  4.jpg  5.jpg

     スカイコプターを飛ばす様子       ペットボトルウインドカーで遊ぶ様子

スポーツ事故の防止と緊急対応セミナーを開催しました。 [2016.05.17]

 5月10日、本学にて「第4回九州共立大学 スポーツ事故の防止と緊急対応セミナー」開催しました。本学体育会クラブ・サークルに所属する指導者および学生65名が参加しました。

 今年度も講義を本学スポーツ学部准教授 篠原純司先生、実技を学生トレーナー部CAREに担当していただきました。

    CPR.JPG 緊急対応セミナー_25.jpg

「第19回学生トレーナーの集い」が本学にて開催されました。 [2016.04.08]

 3月14、15日の2日間の日程で、「第19回学生トレーナーの集い」が、九州共立大学にて開催されました。「学生トレーナーの集い」は、1998年より学生トレーナー同士の情報交換や、同じ夢や目標を持つ仲間と喜びや悩みを共有することを目的に開催され学生主体の運営による学生トレーナーのための全国大会です。

 九州では初めての開催となる本大会は、全国から600名を超える方々にご参加いただきました。

 本集いの企画運営は、本学学生トレーナー部CAREが中心となり行い、約一年をかけて準備をしてきた学生達は、一回りも二回りも成長することが出来ました。また、大きな達成感と共に忘れる事のできない学生生活の思い出になりました。

 本集いでは、「初志貫徹 ~今、何しよ~と?~」をキーワードに、シンポジウム、グループディスカッション、懇親会などを企画しました。それぞれの企画には、「将来をしっかりと見据え、高い志を持ち、自分の夢や目標を達成できるよう毎日を大切に学生生活を送ろう!」というメッセージが込められています。

 参加された皆様にとって、本集いでの出会いや経験が今後の学生生活の活力に繋がっていれば幸いです。

 最後に、本集いの運営を温かく見守ってくださった参加者の皆様、引率教員の皆様、協賛企業の皆様、そして九州の大学・専門学校からボランティアとして共に運営をしてくれた学生の皆様に心から感謝します。

「第19回学生トレーナーの集い」ホームページはこちら⇒http://www.kyukyo-care.com/


  写真?.JPG 写真?.jpg 

  写真?.jpg 写真?.jpg

  写真?.jpg 写真?.jpg 

  写真?.jpg 写真?.jpg

平成28年度入学式のご案内 [2016.03.23]

九州共立大学 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
平成28年度入学式を下記の通り挙行いたします。

 
 日  時:平成28年4月2日(土)11時開式
 場  所:福原学園 鶴鳴記念館(九州共立大学内)
 受  付:鶴鳴記念館 エントランスホール
 受付時間:10時00分から10時45分

○注意事項○
 1.必ず10時45分までに受付を済ませて会場に入場してください。

 2.受付では、オリエンテーション資料を配布します。

 3.大学入試センター試験利用入試で合格された新入生の方は、大学入試センター発行
   の「大学入学者選抜大学入試センター試験受験票」を受付に提出してください。

   ※大学入学者選抜大学入試センター試験受験票を紛失した方は再発行の手続きを行ってください。
    大学入試センター試験受験案内? P35参照

 4.入学式当日、無断で欠席した場合は、入学を取り消すことがあります。
   必ず入試広報課または教務課へご連絡をお願い致します。
   ・入試広報課 093-693-3305
   ・教務課   093-693-3042

 5.入学式は50分程度で終了の予定です。
   詳細は当日配布される資料で確認してください。

 6.入学式当日は、学内駐車場の混雑が予想されます。
   車での来学は可能な限りご遠慮くださいますようお願い致します。

その他、ご不明な点などございましたら総務課までご連絡ください。
・総務課  093-693-3005

本学までのアクセスはこちら
本学のキャンパスマップはこちら

【お知らせ】第19回学生トレーナの集い [2016.02.05]

「学生トレーナーの集い」は、学生トレーナー同士の情報交換を目的として当番校制度により、学生主体の運営にて毎年開催されています。

第19回目の本大会は、九州では初の開催となり、全国から学生トレーナー、各大学・専門学校の引率指導者、協賛企業など、総勢約650名をお招きし、本学で行われます。


 日 時:2016年3月14・15日
 会 場:九州共立大学(北九州市八幡西区自由ケ丘1番8号
 主 催:九州共立大学(学生トレーナー部CARE)

詳細はこちら

平成27年度学位授与式のご案内 [2016.01.15]

平成27年度学位授与式を下記のとおり挙行いたします。


日時:平成28年3月19日(土) 午前11時開式
場所:福原学園 鶴鳴記念館(九州共立大学内)  


本学へのアクセスはこちら
学内キャンパスマップはこちら


   15.03.20gakuijyuyosiki1.jpg  15.02.18gakuijyuyo2-1.jpg 
      *平成26年度学位授与式の様子*            *鶴鳴記念館*

【総合研究所】第3回アイデアチャレンジコンテストを開催しました。 [2015.11.12]

 11月7日(土)、九州共立大学創立50周年記念事業の一環として、本学総合研究所主催『第3回アイデアチャレンジコンテスト』を開催しました。
 このコンテストは、すべての学生に平等のチャンス(機会)を与え、チャレンジ(挑戦)してもらい、チェンジ(成長)するきっかけとしてもらうことを目的としています。
 自由課題「このアイデアはお金になるのではないか?」と思う商品や仕組みについて応募されたアイデアの中から、第1次審査を通過した6組の学生がアイデアを発表しました。学生独自の多様な視点から観た「オリジナル(新規的)な自由な発想」で、実社会でも活用できるであろうアイデアの共有ができたプレゼンテーションとなりました。
 審査は、アイ・エム・ビー株式会社代表取締役専務 岩田 眞人氏、西日本新聞社勤務 中原 貴光氏、株式会社TVQ九州放送勤務 加地 良光氏、牧角総合研究所所長、小島総合研究所特別研究員5名と来場者との合計点で入賞者を決定しました。

≪入賞者≫
優秀賞     プロスポーツ球団に提案
        QRコードや電子パネルを使用した応援用手帳
        「システム手帳」 石原 誠也

奨励賞     偏見から理解への第一歩、まずは知るためのアプリケーション
        「LGBT」 宮本 大二郎

審査員特別賞  親子が生涯学べる野球のスイングを考案した理論
        「SAF野球理論」 大城 大


idea1.jpg idea2.jpg
プレゼンテーションの様子
 idea3.jpg
発表者と審査員で記念撮影

市民公開講座 『スポーツで介護ナンカ吹っ飛ばせ!』のご案内 [2015.10.22]

霜月祭特別学術講演会のご案内 [2015.10.21]

九州共立大学創立50周年記念式典・祝賀会を挙行しました。 [2015.10.20]

【総合研究所】親子ものづくり教室を開催いたしました. [2015.08.27]

 8月22日(土)・23日(日)に、本学総合研究所主催【九州共立大学創立50周年記念事業風力を利用した親子ものづくり教室】を開催しました。

 この工作教室は、地球環境に関心が集まる現在、将来を担う子供たちに風力などの身近な自然エネルギーに親しむ機会を与えるとともに、ものづくりの面白さを体験させることが目的です。また、この教室は今年で14回目を迎え、地域貢献の一環として本学と地域の子供たちとの交流には欠かせない行事の一つとなっており、特に今年は本学が50周年を迎えたことから、記念行事の一環として開催いたしました。
 
 今回のものづくり教室には幼稚園年長や小学生の99名が参加し、スカイコプター、ホバースピン、ペットボトル形風車、クワガタロボット、どきどきタッチゲームの5つの工作テーマからそれぞれが希望したテーマの作品を保護者の方をはじめ、学生、教員と一緒に一生懸命作成しました。

 「また、来年も来たいです」と喜びの声もたくさんあり、夏休みのものづくりの自由研究ができる場として好評な二日間の工作教室でした。

 ※参加した皆さんの感想※
  *本物の材料で作ることに子供がとても興味を持って取り組める内容でした。
  *思ったよりホバースピンのプロペラが長く回ったので、びっくりしました。
  *いろいろなおもちゃを自分で作ることができたら楽しいだろうなと感じました。
  *大変親切に優しく学生の皆さんが子供に接してくれたので、大変喜んでいました。
  *ハンダづけに苦労しましたが、先生方や学生さんたちの指導によりできました。
  *工作が終わった後に、外で飛ばす過程も、とても楽しめました。

☆工作風景☆
kousaku1.jpg kousaku2.jpg kousaku3.jpg


☆子供たちに工作指導をする学生の様子☆
sidou1.jpg sidou2.jpg


☆クワガタロボットで遊ぶ様子☆
kuwagata1.jpg


☆スカイコプターを飛ばす様子☆
sukai1.jpg


【スポーツ】九州共立大学 スポーツ救急法講座[スポQ] [2015.05.29]

九州共立大学 スポーツ救急法講座[スポQ](全4回)が始まります。

本講座は、市民公開講座となっております。参加費は無料(事前申し込み必要)です。
スポーツ現場での救急法の基礎知識について一緒に学びましょう!

【前期】
 講 座1(6月20日)
 「スポーツ現場での熱中症 -予防と救急処置- 」
 講 座2(7月11日)
 「スポーツ現場での突然死 ‐心肺蘇生法と緊急対応計画の重要性‐」


【後期】
 講 座1(11月7日)
 「スポーツ現場で起こる頭や首のケガについて ‐脳しんとうを中心に‐ 」
 講 座2(12月5日)
 「スポーツ現場での突然死 ‐心肺蘇生法と緊急対応計画の重要性‐」
  ※前期の講座?と同じ内容です


○お申込み用紙
http://www.kwuc.ac.jp/longlife/pdf/mousikomi%20H27sports.pdf

○インターネットでもお申し込み可能です。
http://www.kwuc.ac.jp/longlife/01_1.html#mousikomiyousi


皆様のご参加をお待ちしております!

           

九州共立大学後援会総会・創立50周年記念講演会のご案内 [2015.05.15]

 平成27年6月6日(土)、本学自由ケ丘会館において平成27年度九州共立大学後援会総会を開催いたします。今年度については、本学が創立50周年を迎えることから、後援会と大学の合同企画として「佐賀のがばいばあちゃん」や「もみじまんじゅう」でお馴染みの島田洋七さんを講師としてお迎えし、特別記念講演会を開催いたします。

shimada.png


日 時:平成27年6月6日(土)
    14:50から15:50 [開場14:30]
会 場:九州共立大学 自由ケ丘会館 4階 多目的ホール
テーマ:洋七流教育論(子育て論)

〈入場無料/事前予約が必要です〉
 但し、後援会総会に出席される保護者の方の事前予約は不要です。

【お問合せ先】
九州共立大学 総務課 (TEL)093-693-3005


本学教員がコミュニティラジオ天神の番組に出演いたします [2015.03.04]

 平成27年3月29日(日)本学スポーツ学部講師の永田 聡典氏がコミュニティラジオ天神「ダイミョウ Central Park」に出演いたします。
 「バレーボールコアファンのためのバレーボール事情最前線」 を中心にお話します! 
ぜひお聞きください!

【放送日時】平成27年3月29日(日)19時から19時55分

【放送局】コミュニティラジオ天神<Mkz77.7>

【番組名】「大名セントラルパーク」
      毎週日曜日 19:00-19:55

【吹奏楽部】リバティ・ヒル・ウィンズの定期演奏会がJCOMで放送されます [2015.03.04]

 昨年の12月13日(土)に開催された九州共立大学、九州女子大学、九州女子短期大学の合同吹奏楽部「リバティ・ヒル・ウインズ」第20回記念定期演奏会の演奏模様がケーブルテレビ「JCOM」で3月20日(金)から26日(木)の期間、放送されます。
授業や用事で聴きにいけなかった方は是非ご覧ください。

 15.03.04liberty1.jpg

【経済】公開講座「平成26年度九州共立大学寺子屋講座」のご案内 [2015.01.28]

平成26年度 九州共立大学 寺子屋講座
あなたにも迫る詐欺の魔の手!!
詐欺を知り被害にあわない自分をつくる

日 時:平成27年1 月31日(土)13:30から15:30( 開場13:00 )
場 所:九州共立大学 深耕館 S210 教室


15.01.31H26terakoya.jpg
 詐欺被害者救済の最前線で活躍する弁護士が、

専門家の立場から詐欺の手口と被害の実態を詳しく解説。

さらに、九州共立大学の教員が研究者の視点で、「騙される」プロセスとそのメカニズムを心理学的、解釈学的に分析。

詐欺を熟知した弁護士と研究者が、多角的なアプローチで問題に迫る画期的な講座です。

詐欺の手口を知れば、いざというときに冷静な思考と客観的な判断で、被害を未然に防ぐことができるはずです。

詐欺のターゲットに年齢制限はありません。

高校生から熟年の方まで、多くの皆様のご参加をお待ちしております。


講演とパネルディスカッション

<講 演>
「最近の詐欺のさまざまな手口とその対処法」
桑原義浩(弁護士 弁護士法人しらぬひ所属)

<パネルディスカッション>
【パネラー】
桑原義浩(弁護士)
山本洋一(九州共立大学 教授 ドイツ文学)
高橋佳代(九州共立大学 講師 臨床心理学)

※画像をクリックすると大きく表示されます。

総合研究所主催第2回アイデアチャレンジコンテストを開催しました [2015.01.07]

総合研究所主催『第2回アイデアチャレンジコンテスト』を12月20日(土)、深耕館2F(S206)で開催しました。
 
 自由課題「このアイデアはお金になるんじゃないのか?」と思う商品や仕組みについて応募されたアイデアの中から、第1次審査を通過した6組10名の学生がアイデアを発表しました。

 学生独自の多様な視点から観た実社会でも活用できるであろうアイデアの共有ができたプレゼーテンションとなりました。

優秀賞 「イベントスタッフ募集?学生版スタッフ募集アプリ?」
     佐々木 健斗   上米良 悠太
奨励賞 「まとめっちゃ+」
     工藤 蔵誉    泊 沙希
審査員特別賞 「簡単オーガニックゲット」
     児島 龍樹    宮園 知佳

 15.01.07idea1.jpg
プレゼンテーションの様子

 15.01.07idea2.jpg
「アイデアをお金に換える方法」の講演をされた北九州市出身プログラマー田中裕一郎氏と記念写真

第2回九州共立大学 アスレティックトレーニング シンポジウムを開催しました。 [2014.12.10]

 

14.12.10athletictrainingsymposium1 (182x256).jpg
平成26年12月4日(木)、第2回九州共立大学 アスレティックトレーニング シンポジウムを開催しました。


 今回は「アスレティックトレーナーの仕事と生活のバランス」にと題し、家族社会学的視点から同志社大学の篠原さやか先生、女性ATの立場から松岡紗也香先生、男性ATの立場から梶原健一先生にそれぞれご講演いただき、その後、パネルディスカッションを行いました。

 参加者の皆様とATの仕事と生活の問題を共有でき非常に有意義なシンポジウムとなりました。

 日本においてはATの仕事の在り方と生活のバランス(Work-life-balance)や仕事と家庭における役割り間で生じる葛藤 (Work-family conflict)について議論されることはまだ少ないのが現状ですが、多くの方が共通する問題を抱えており、今回のシンポジウムでは何が問題なのか、改善できることは何か、などについて参加者の皆様と一緒に考える素晴しい機会となりました。


  14.12.10athletictrainingsymposium2 (256x191).jpg 14.12.10athletictrainingsymposium3 (256x191).jpg

*ポスターの画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

【総合研究所】北九州学術研究都市第14回産学連携フェアに出展しました [2014.11.06]

本学総合研究所が10月30日(木)・31日(金)に北九州学術研究都市で開催された『北九州学術研究都市第14回産学連携フェア』に出展しました。

14.11.06[souken]sangakurenkei1.jpg  14.11.06[souken]sangakurenkei2.jpg
  

*出展内容*
・高機能な薄幕材料の創製に関する研究
・水質浄化技術の実用化研究開発
・3Dプリンタによる新たなものづくりや小型無人航空機の提案を中心に、各分野への応用事例を展示

【総合研究所】親子ものづくり教室を開催いたしました [2014.08.26]

  8月23日(土)から24日(日)に、本学総合研究所主催『太陽光と風力を用いた親子ものづくり教室』を開催しました。

 今回のものづくり教室には幼稚園年長や小学生1~6年の81名が参加し、ホバークラフト、ソーラープロペラ、プロペラ形風車、ペンギンロボットおよびハート形やじろべえモータの5つの工作テーマからそれぞれが希望したテーマの作品を保護者の方をはじめ、学生、教員に手伝ってもらいながら、一生懸命作成しました。

 この工作教室は今年で13年目を迎え、地域貢献の一環として本学と地域の小学生との交流には欠かせない行事の一つとなっています。

 *参加した小学生の皆さんの声* 
* 夏休みの自由研究になってよかった。(2年)
* ハンダづけはむずかしかったけど動くロボットが作れて楽しかった。 (3年)
* 量販店の工作キットよりおもしろくてよかった。(5年)

    14.08.23monodukuri1.jpg  14.08.23monodukuri2.jpg
        ホバークラフトの工作風景        プロペラ形風車のLEDのハンダづけ風景
 
   14.08.23monodukuri3.jpg  14.08.23monodukuri4.jpg
     ペンギンロボットの工作風景(その1)        ペンギンロボットの工作風景(その2)

【経済】経済学部1年生を対象とした講演会を開催いたしました [2014.07.24]

 経済学部1年生対象の外部講師による講演会を、7月9日(水)に開催しました。

 講師は、久留米ラーメン魁龍の創始者であり、現在、KBCラジオのパーソナリティでもある森山日出一氏です。

 会社を創業するまでのエピソードや、職人としてのこだわり、そして人間関係向上のためのコツ、さらにはプロ野球の秘話など、時間がいくらあっても足りないくらいのトークが披露されました。

 今回、300人以上を収容する大講義室において、マイクを一切使用しなかった森山氏の独特の語り口調は、すべての学生を魅了しました。

       IMG_0552 (256x171).jpg  IMG_0559 (256x171).jpg

ATシンポジウムを開催いたしました [2014.07.18]

 第1回九州共立大学アスレティックトレーニングシンポジウムが開催されました。
 
 (米)ケンタッキー大学 大学院 健康科学研究科 アスレティックトレーニング研究室にて博士研究
員をされている寺田昌史先生を講師にお招きし、「慢性足関節不安定症における中枢神経機
能/感覚運動システムの変化」についてお話しをしていただきました。

 脳・神経科学から慢性足関節不安定症(いわゆる捻挫ぐせ)のメカニズムを解明していくアプローチは斬新であり、アスレティックトレーナーを目指す学生にとって、本領域での最先端の研究にふれる貴重な機会となりました。

 14.07.18atsymposium1 (240x320).jpg 

14.07.18atsymposium2 (226x320).jpg

                                  

地域コミュニティーセミナーを開催しました [2014.07.03]

 6月28日(土)本学にて、地域コミュニティーセミナー「スポーツ現場での熱中症予防と救急処置」を開催しました。

 講義では、熱中症の予防対策、重症度・緊急度の見分け方と対応、119番通報の手順、緊急対応計画の重要性と作成法などを中心にお話しさせていただきました。
 
 また、本セミナーに協賛いただきました(株)明治様より、参加者の皆様にスポーツ飲料の提供、
及び説明もしていただきました。
 14.07.03nettyusyoseminar2 (256x192).jpg
 

 熱中症の発生率が高まる時期になりました。皆様も、水分補給などに気を付けながらお過ごしください。

 14.07.03nettyusyoseminar3 (256x192).jpg  14.07.03nettyusyoseminar4 (256x192).jpg
  

【経済】スポーツゴミ拾い大会ー折尾祭りを盛り上げようー [2014.06.09]

 5月30(金)、経済学部スポーツビジネスコース長野ゼミの三年生が企画運営を行い、折尾祭りの前日に町をきれいにしたいという思いから、「スポーツゴミ拾い大会―折尾祭りを盛り上げようー」を開催しました。

この大会は、ゴミ拾いにいくつかのルールを加えスポーツと融合させたものであり、昨年度3月に長野ゼミ主催でこの大会を実施し、今回はその第二回目の大会を開催しました。

前回と同様に北九州スポーツクラブACEにご協力をいただき、約60名の共立大生が参加しました。
前回の大会よりも参加者が多かった為、より多くのゴミを集めることができました。

IMG_8525 (256x171).jpg IMG_8556 (256x171).jpg
         開会式の様子           スポーツゴミ拾いのため、準備体操をしました!

DSC06642 (256x170).jpg IMG_8592 (256x171).jpg
    ゴミ拾いは・・・スポーツだ!!!             ゴミ拾いの様子

IMG_8636 (256x171).jpg IMG_8664 (256x171).jpg
       ゴミ集計の様子                  実施後の記念撮影

地域コミュニティーセミナーを開催いたします [2014.06.03]

九州共立大学
地域コミュニティーセミナー
「スポーツ現場での熱中症予防と救急処置」

14.06.03sportsseminar1 (229x320).jpg

内 容: 熱中症とはなにか、スポーツ現場における熱中症の予防対策、熱中
症が起きた時の救急処置などについて学びます。

【日 時】
平成26年6月28日(土) 午前9:30から11:15
(受付は9:00から)

【場 所】
九州共立大学 スポーツ学部 B館205号室
 
【参 加 費】
無料

【定 員】
30名(先着順)

【対 象】
スポーツ指導者、保護者、スポーツ現場での熱中症予防と救急処置について興味関心のある一般の方

【講 師】
九州共立大学 スポーツ学部 篠原 純司 先生
運動科学博士、オハイオ州立トレド大学 大学院 博士課程
運 動 科 学 研 究 科 修 了、ス ポ ー ツト レ ー ニ ン グ セン タ ー 所 長、
全米アスレティックトレーナー協会 公認アスレティックトレーナー

【協 賛】(株)明治

【お申込み/お問い合わせ】
九州共立大学 生涯学習研究センター
電話・FAX (093-691-6550)、Eメール (longlife*kwuc.ac.jp)
※電話とFAXの番号は同じです。
FAX、Eメールの場合は、 1.名前、2.住所、
3.電話番号を明記の上、お申し込み下さい。
*を@に変えて送信してください。

【お申込み締切】
6月26日(木)

【後援会】第二回「学生との座談会」を開催しました [2014.05.09]

 4月19日(土)深耕館3階(S349)にて、昨年から引き続き第二回目の「学生との座談会」を
開催しました。
 今回は、後援会理事10名と学生は14団体22名の参加があり、昨年に比べると若干低めの
参加率となりましたが、内容は昨年に勝るとも劣らず活発な座談会になりました。
 この座談会の主な目的は、
 ○学生の皆さんのニーズや要望を確認し今後の後援会活動の参考にすること
 ○後援会の活動内容を学生の皆さんに説明し後援会がどのように貢献できているかを
  理解していただくことですが、充分目的は果たせたと思います。

【参加団体】
 体操競技部、ラグビー部、陸上競技部、バレーボール部、柔道部、
 硬式庭球部、レスリング部、剣道部、バドミントン部、水泳部、
 ソフトボール部、ソフトテニス部、学生トレーナーCARE、総務委員会
14.05.09kouenkai1 (300x177).jpg 14.05.09kouenkai2 (245x228).jpg

≪学生からの主な要望や報告≫
・スポーツ施設・設備の充実に関すること
 (部活動における練習場や設備の充実など)
・学校所有のバス利用について
 (遠征時のバス利用ルールなどについて)
・昨年の座談会で要望していたことが解消した等の報告 
 (グランドの照明、練習場の確保など)
それぞれの部やサークルから多くのニーズ・要望を聞くことができました。
14.05.09kouenkai3 (256x179).jpg 14.05.09kouenkai4 (256x199).jpg


≪座談会を終えて≫
 今年の座談会でも、参加した学生の皆さんには、後援会活動について充分に理解
したと思いますし、学生の皆さんからは部活動の状況や要望などたくさんの生の声を
聞くことができました。
 非常に良いコミュニケーションが図れたと共に、大変有意義な座談会だったと思います。
 今後も後援会は、学生の皆さんが充実した学生生活を送ることができるよう努力して
いきたいと思います。
                                          後援会長 庄島教明

≪おじさん、おばさん達のつぶやきコーナー≫

 ・みなさんの声を聞いて、スポーツはとてもお金がかかるということを実感しました。
 ・どの部活も問題を抱えて活動していることが良くわかりました。学生・学校・後援会が
  協力し合いひとつひとつ改善出来るようにしたいですね。
 ・どの部も厳しい状況の中、頑張っていることを直接聞くことができ、とても有意義な時間
  だったと思います。
 ・学生がクラブ活動を一生懸命にしているからこそ、多くの指摘が出たのだと思いました。
 ・学生のクラブ活動の熱意をすごく感じました。
 ・座談会なのに、名指し意見を求めたので、上から目線になってしまいました。
  反省しています。
 ・めったにない機会ですので、来年はより多くのクラブの学生さんに参加して欲しいと
  思いました。
 ・準備と片付けを積極的に手伝ってくれる学生さんに共立大の明るい未来を感じました。

 等々・・・他にもたくさんの感想をいただきました。
 後援会理事のおじさん、おばさん達も学生さんの生の声を聞くことができ大変有意義
 な座談会であったと喜んでおりました。

スポーツ事故の防止と緊急対応セミナーを開催しました [2014.05.08]

DSC_0167 (256x170).jpg 4月30日に学生支援課主催「スポーツ事故の防止と緊急対応セミナー」を開催しました。

 このセミナーは、本学の体育系クラブ・サークル指導者と学生マネージャー等を対象とした
もので、約85名の方が参加されました。

 参加者は、119番通報の手順、AEDを用いた心肺蘇生法、脳震とうへの対応などについて学びました。

 トレーナー部(CARE)の学生も昨年度に引 き続き、セミナー準備や実技指導などで活躍してくれました。


DSC_0201 (256x170).jpg  DSC_0202 (256x170).jpg

【経済】新入生合宿を行いました [2014.05.02]

 毎年恒例の経済学部新入生宿泊研修が実施されました。

 新入生は、大学生活の第1歩となるこの研修を通して、大学における学びのコツや多くの友人を得ることができました。

 福原学園の学是である「自律処行」や大学生としてのマナー及び最新の就職状況を理解することにより、きっと有意義な学生生活を送るヒントを得たに違いありません。

 14.05.01[kei]sinyuseigassyuku1 (256x192).jpg 14.05.01[kei]sinyuseigassyuku2 (256x144).jpg

 14.05.01[kei]sinyuseigassyuku3 (256x144).jpg 14.05.01[kei]sinyuseigassyuku4 (256x144).jpg

【経済】留学生歓迎会を開催しました [2014.04.24]

 4月23日(水)、経済学部の中国・韓国・ベトナム・ベネチアからの留学生の歓迎会を経済学部教員、共通教育センター教員、在学生で行いました。

 およそ70名が参加し、たくさんの懇親がはかられ、あっという間に時間が過ぎました。

 この歓迎会が留学生と在学生との交流のきっかけとなることが期待されます!


 
 IMG_8367 (256x171).jpg IMG_8419 (256x171).jpg
 

【スポーツ】新入生宿泊研修を行いました [2014.04.07]

 日時:平成26年4月6日(日)から4月7日(月)
 場所:グローバルアリーナ

今年度も元気でやる気に満ちた新入生が入学しました。
九州共立大学の一員としての自覚と希望を持って4年間頑張って欲しいと思います。
 

  14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku1 (256x191).jpg 14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku2 (256x191).jpg

  14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku3 (256x191).jpg 14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku5 (256x191).jpg

  14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku6 (256x191).jpg 14.04.07[spo]sinnyuseigassyuku7 (256x191).jpg  
  

 

スポーツトレーニングセンター主催の地域コミュニティーセミナーを開催しました [2014.04.07]

 3月22日(土)に、九州共立大学スポーツトレーニングセンター主催 地域コミュニティーセミナー「スポーツの怪我と救急法の基礎知識」を開催しました。
 
 セミナーは、スポーツ活動中の頭部外傷(脳しんとう含む)とスポーツ活動中の突然死についてであり、受講された方々は、スポーツ活動中にいつ起きても不思議ではないこれらの怪我・事故への対応について熱心に耳を傾けておられました。

   14.04.07toresen1 (256x192).jpg  14.04.07toresen2 (256x192).jpg

【スポーツ】マリンスポーツ実習を行いました [2014.03.25]

 3月13日より、沖縄県の慶良間諸島(阿嘉島)で、マリンスポーツ実習(スクーバダイビング)を行いました。

 実習に先立つ約1週間前の3月5日(サンゴの日)、この海域は、「ケラマブルー」と呼ばれる世界に誇る海の美しさと多用な生物性から、国立公園に指定されました。(慶良間諸島国立公園)

 本学の実習は、キャンプ実習(8月)が世界遺産「屋久島」で、マリンスポーツ実習は国立公園「慶良間諸島」で行われ、「ホンモノを実感できる」ことが特徴の一つとなっています。

 約20名の学生が参加し、初日こそ海が荒れていましたが、天候には恵まれ、海況も日々良くなり、ケラマブルーの海で、ウミガメ、サメ、そしてクジラと共に実習が行われました。普段の生活とは違った、自然の近さを実感できたのではないでしょうか。

 最終日には、参加した学生全員が、PADIオープンウォーターダイバーの認定を受けることが出来、無事、実習を終えました。

  

  14.03.25marin1.jpg 14.03.25marin2.jpg

   14.03.25marin3.jpg  14.03.25marin4.jpg

  14.03.25marin5.jpg 14.03.25marin6.jpg

【経済】スポーツゴミ拾い大会in八幡西区を開催しました [2014.03.25]

14.03.25gomihiroi1.jpg 3月17日(月)、経済学部スポーツビジネスコース長野ゼミの二年生が企画運営を行った、「スポーツゴミ拾い大会in八幡西区」を開催しました。

 このイベントは、社会貢献をテーマにしたイベントを1から企画し運営したい!という思いから、北九州スポーツクラブACEのご協力のもと開催したものです。

「ゴミ拾いの制限時間は60分間」、「走らない」、「チーム員は10m以上離れない」などのルールを設定し、ゴミの種別ごとにポイントを付けその総得点で競い合う、ゴミ拾いとスポーツを合わせた大会となり、当日は18名の共立大生が参加しました。

 実際に活動したところ町の方々から感謝のお声を頂くことができました。
また、卒業式シーズンに折尾の町をきれいにすることができました。
次回は5月末にある折尾祭りの前日にゴミ拾い大会を行う予定です。


 14.03.25gomihiroi4.jpg 14.03.25gomihiroi3.jpg
 
 14.03.25gomihiroi2.jpg 14.03.25gomihiroi5.jpg

 


 

【経済】第3回スポーツビジネスコース合同活動報告会を開催しました [2014.02.26]

14.02.26[kei]sportbusiness1.JPG 外部講師による基調講演からスタートした報告会を2月7日(金)に行いました。

 経済学部スポーツビジネスコースは、スポーツとビジネスの関係をより深く研究するため、企業との共同イベントの企画・運営などを行っています。

 この日は、ゼミ活動の集大成として森部ゼミ・長野ゼミの学生、および企業関係者、保護者、ゼミOBなどおよそ150人が集まり、発表と情報交流を行いました。

「年々、発表の質的レベルが上がってきている」、「学生の普段の活動内容を具体的に知ることができて非常に有意義であった」などのご意見を頂戴しました。

 

スポーツトレーニングセンター主催「地域コミュニティーセミナー」開催のご案内 [2014.02.25]

 九州共立大学スポーツトレーニングセンター主催の地域コミュニティーセミナーを開催いたします。ぜひご参加ください! 

「スポーツの怪我と救急法の基礎知識」


   【内容】
    講義1:スポーツ活動中の頭部外傷についての基礎知識
   (脳しんとうの症状とはなにか、なにを気を付け、どのように対応すべきかについて学びます。)

    講義2:スポーツ活動中の突然死についての基礎知識
   (あらゆる年代で起こりうるスポーツ活動中の突然死について学びます。
    また、AEDを用いた心肺蘇生法の実技も行います。)

   【日時】
    平成26年3月22日(土)午前9:30から11:15(受付は9:00から)

   【場所】
    九州共立大学スポーツ学部B館205号室

   【参加費】
    無料

   【定員】
    30名(先着順)

   【対象】
    保護者、スポーツ指導者、スポーツの怪我と救急法について興味関心のある一般の方

   【講師】
    九州共立大学スポーツ学部
    篠原純司(助教、スポーツトレーニングセンター副所長)
    有吉晃平(講師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー)
    辰見康剛(講師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー)

   【申込】
   <締め切り>
    3月20日(木)
   <方法>
    ・Eメール(n-suematsu☆fains.jp) ※☆を@に変えて送信してください。
    ・FAX(093-693-3432)

   <記載事項>
    1.名前、2.住所、3.電話番号
    を明記の上、お申し込み下さい。

   【お問い合わせ】
    九州共立大学スポーツトレーニングセンター(担当末松)
    TEL093-693-3047

   九州共立大学の交通アクセスはこちら

   キャンパスマップはこちら
   ※スポーツ学部B館は11番です。

【経済】学外研修を実施しました [2014.02.25]

14.02.25[kei]gakugaikensyu1.jpg 経済学部では、企業を訪問する研修を毎年行っています。

 今年はゼミ別に実施しました。その一例として地元大手企業を中心に回られた国際・地域経済コース末永ゼミをご紹介します。

 今回の研修は、「地元の優良企業の経営戦略を学ぶ」をテーマに、地域の優良企業(アサヒビール工場、味のめんたい福太郎)による地域振興・産業振興や経営戦略について現地実習とゼミ報告を実施しました。

 この学外研修報告でのプレゼン活動を通じて、地域を見る眼を磨き、地域に役立つ「人材の育成」及び「人間力」「課題解決力」を養うことを目的としています。

 研修成果については、これからの演習活動を通じた研究報告の形で纏めていく予定です。

 また、今回の研修で特筆すべき成果は、味のめんたい福太郎の地域密着型の経営戦略とめんたいを材料とした新しい製品開発(明太カレー味かりんとうや面たいせんべい等々)に力を入れていたことです。

 主力製品の辛子めんたいに様々な魚介類を加えた新商品もたくさんの品ぞろえがあり、新たな市場拡大への意欲が感じられました。この研修で、競争が激化している明太子業界での消費者密着型の経営実態を見ることによって、多くのことを学べたように思われます。

 

 14.02.25[kei]gakugaikensyu2.jpg  14.02.25[kei]gakugaikensyu3.jpg

 

九州共立大学出身プロ野球選手後援会「選手との集い」のご案内 [2013.12.11]

13.12.11proyakyukouenkai.jpg 後援会も発足しまして早いもので10年目を迎えます。今年度は、各選手がそれぞれ故障・引退等で皆様の前で活躍できておりませんが、節目の年になる今こそ、後援会及び応援くださる皆様の力をお借りして活躍できますよう、併せて、今年も新たなプロ野球選手も誕生し、さらに飛躍していけますよう皆様のご声援をお願いいたします。


 今回の参加予定は、地元出身のOB柴原洋氏、各球団で活躍中の新垣渚選手、馬原孝浩選手、川満寛弥選手、さらには、本年広島東洋カープドラフト1位入団の大瀬良大地選手も参加予定です。

 皆様是非この機会に、選手と間近で触れ合える九州共立大学出身プロ野球選手との集いにご参加ください。

日時  :平成26年1月5日(日) 開演14:00 (13:00受付開始)

場所  :リーガロイヤルホテル小倉
      北九州市小倉北区浅野2-14-2(TEL 093-531-1121)

参加費 :1名様 10,000円

申込方法:ホームページにてのお申込     
申込締切:12月20日(金)12:00
     (先着300名様迄)
 
 
  DSCN1049.jpg  13.12.11oosera.jpg  

平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」社会的・職業的自律力育成シンポジウムを開催いたしました [2013.12.02]

 平成25年11月30日(土) 、産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業の取組の一環として、学生のキャリア支援をテーマに「社会的・職業的自律力育成シンポジウム」を開催いたしました。

 基調講演として順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科准教授水野基樹氏をお招きし、「大学生の社会的実践能力を育むキャリア支援」をテーマに、順天堂大学で実施した学生の意識改革における取組をご紹介していただきました。

 シンポジウムでは「学生の主体的な活動に配慮した大学のキャリア形成支援について」をテーマに講義・部活動・ボランティア活動等、学生の自主的活動に対し、大学としてどのような支援をおこない学生のキャリア形成に成果をあげているのか?

他大学の事例報告も交えて、学生の主体的活動を支援するべき大学のキャリア教育に対する王道を探ると共に、企業側からは、自社の企業スポーツ推進の主旨や社員のキャリア教育を踏まえて、大学におけるキャリア教育に対する提言をいただき、キャリア形成支援について活発な意見交換がなされました。

なお、シンポジストには以下の方々をお招きしました。

コーディネーター
九州国際大学 法学部 教授 山本 啓一 氏

シンポジスト
順天堂大学 スポーツ健康科学部 准教授
水野 基樹 氏

日本文理大学 工学部 准教授
日本文理大学 人間力育成センター長
吉村 充功 氏

コカ・コーラウエスト株式会社 執行役員 社長付
コカ・コーラウエストレッドスパークスラグビー部ゼネラルマネージャー
向井 昭吾 氏

九州共立大学 スポーツ学部 准教授
下園 博信

 IMG_8160.jpg  IMG_8251.jpg

【総合研究所】アイディアチャレンジコンテストのご案内<別サイトが開きます> [2013.11.19]

【経済学部】公開講座「平成25年度九州共立大学寺子屋講座」のご案内<終了しました> [2013.11.19]

平成25年度 九州共立大学 寺子屋講座
私たちはなぜだまされるのか?

詐欺を知りその魔の手から自分を守る

 webchirashi.jpg九州共立大学では、例年「寺子屋」と銘打った公開講座を実施しておりますが、今年は「詐欺」をテーマに、来たる11月30日(土)に開催いたします。

 ご存知の通り、警察、金融機関、行政、各種メディアによる啓発や報道にもかかわらず、詐欺被害はあとを絶ちません。自分が被害者にならないためにも、「詐欺」を知ることが必要です。

 当日は、現場の警察官が詐欺の手口と被害の実態を解説し、九州共立大学の教員が研究者の視点で「騙される」メカニズムを心理学的、文章解釈学的に分析。

 警察と研究者が問題に多角的に迫る画期的な当講座に、多数の皆様のご参加をお待ちしております。


 
講演とパネルディスカッション

 講 演:「投資詐欺の手口と被害の実態」 上村功一(福岡県折尾警察署 生活安全課長)
      パネラー:立石 彰(福岡県折尾警察署 生活安全課長 防犯係長)
             山本洋一(九州共立大学 教授 ドイツ文学)
             高橋佳代(九州共立大学 講師 臨床心理学)

日 時:平成25年11月30日(土) 13:30から15:30( 開場13:00 )
場 所:九州共立大学 深耕館 S201教室

申し込み不要(当日直接会場までお越し下さい)/ 駐車場完備(正門からお入り下さい)
連絡先 093-693-3005(総務課)

寺子屋のパンフレットはこちら

社会的・職業的自律力育成シンポジウムのご案内<終了しました> [2013.11.13]

13.11.13symposium.jpg
 平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」
社会的・職業的自律力育成シンポジウムを下記のとおり開催いたします。


【日時】平成25年11月30日(土)10:00から12:30
【会場】九州共立大学 自由ケ丘会館4階 多目的ホール

<入場無料/申込不要>

【問い合わせ先】
九州共立大学 共通教育センター (TEL)093-693-3205
 

【スポーツ】九州共立大学ラジオ体操講習会を行いました [2013.11.12]

【会期】平成25年10月8日
【講師】長野信一先生
     NHKテレビ体操に2010年まで約30年間出演されたラジオ体操の第一人者。現(株)日本体操研究所所長
    廣島忠士先生
     全国ラジオ体操連盟1級公認指導士。九州ラジオ体操連盟理事として、ラジオ体操の普及発展に努められている。
    小畑真理先生
     全国ラジオ体操連盟2級公認指導士。各ラジオ体操講習会のアシスタント及び普及発展に活躍中。

 今回で3回目となるラジオ体操講習会が本学記念館にて行われ、スポーツ学部の1年生300名以上が参加し心地よい汗を流しました。

 本講習を受講することで、「NPO法人全国ラジオ体操連盟公認指導者」の資格申請を行うことができます。
 約2時間の講習ではまず、ペアでふれ合いながら行うストレッチにはじまり、ラジオ体操第一、ラジオ体操第二、みんなの体操の動き方や指導法について細かい力の入れ方まで指導を受けました。

 準備運動として行われることが多いラジオ体操ですが、適格で分かりやすい講師の先生方の指導のもと、正しい動きで行うとかなりの運動量になり、息を切らす学生も少なくありませんでした。

 また、長年NHKラジオ体操に指導員として出演された長野先生のホンモノの掛け声を聞き歓声があがる場面もありました。

 ラジオ体操は全国各地あらゆる場所や場面で広く行われてます。スポーツを専門とする本学の卒業生がリーダーシップをとって活躍することを期待したいです。

   13.11.12DSCN2288.jpg  13.11.12DSCN2301.jpg

   13.11.12DSCN2324_(2).jpg  13.11.12DSCN2326_(2).jpg

   13.11.12DSCN2334_(2).jpg  13.11.12DSCN2338.jpg

【スポーツ】九州共立大学で九州体育・スポーツ学会 第62回大会が行われました [2013.10.15]

 第62回大会は、平成25(2013)年9月13日から15日の3日間、九州共立大学を会場に開催されました。

9月13日(金)

○プレセミナー
(1)九州地区大学体育連合合同企画:「テニス授業セミナー(効果的に!分かりやすく!早く上達!)」
(2)九州・沖縄地区メンタルトレーニング研究会企画:「チーム力アップセミナー」
(3)第3専門分科会企画:「コミュニティダンスの可能性を探る〜からだで関係性を感じるワークから〜」
(4)学生企画委員会企画:「スポーツ実技と指導法」

13.10.15sportsgakkai1.jpg
テニス
13.10.15sportsgakkai2.jpg
メンタルトレーニング
13.10.15sportsgakkai3.jpg
ダンス
13.10.15sportsgakkai4.jpg
スポーツ実技


9月14日(土)

○一般研究発表(口頭発表)20演題
13.10.15sportsgakkai5.jpg○特別講演
 プロ野球チームのマネジメントと地域戦略
 【演者】
 小林至氏
 (福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社取締役、      
  福岡ソフトバンクホークス海外兼中長期戦略担当部長、
  江戸川大学社会学部教授)
元プロ野球選手であり、且つスポーツビジネスの専門家でもある小林氏により、世界と地域、両者に目を向けた球団の経営戦略について講演が行なわれました。


13.10.15sportsgakkai6.jpg○全体シンポジウム
現場における体育/スポーツ学会からの知見や技術の活用
【シンポジスト】
 下野六太氏(福岡県春日市立春日南中学校主幹教諭)
 手島和人氏(公益財団法人福岡県スポーツ振興センター)
 小清水孝子氏(福岡大学スポーツ科学部)
【コーディネーター】
 池上寿伸氏(佐賀大学)

 池上氏の進行により3名のシンポジストが登壇し、それぞれの立場からテーマに関わる提案がなされました。

○総会
13.10.15sportsgakkai7.jpg

 橋本会長の挨拶の後、福原弘之大会会長(九州共立大学学長)および仲里清大会実行委員長が歓迎の挨拶を述べられました。今年度より、主管校に感謝状(盾)が贈られることとなり、会長から大会実行委員長に贈呈されました。また、若手優秀発表賞として、萩原悟一氏(九州工業大学大学院)および本学助教の大下和茂氏(九州共立大学)の2名が表彰されました。
 


    
9月15日(日)
○トピックセッション
13.10.15sportsgakkai8.jpg(1)大学体育授業の実践例〜種目「を」学ぶから,種目「で」学ぶへ〜
(2)車いすテニス選手の競技力向上支援プロジェクト

○スチューデントセッション
 大学院生として体育・スポーツの役割をどう捉えるか―「スポーツ基本法」から読み解く―

○研究推進委員会企画セッション(2012年度 研究助成対象発表)
 高齢者2次予防事業におけるソーシャルサポート介入が運動継続およびメンタルヘルスにおよぼす影響
   荒井久仁子(熊本健康・体力づくりセンター/九州大学大学院)
 過渡期を迎えた体育・スポーツ行政機構をめぐる「揺らぎ」の諸相
  ―知事部局への移管動向に関する社会学的考察―
   谷口 勇一(大分大学)
 2012年度、研究助成対象となった2名の演者による発表が行なわれました。

○専門分科会シンポジウム
 第1・3専門分科会合同:『運動会』を考える―学校体育活動としての存在意味と可能性
13.10.15sportsgakkai9.jpg 第2・4専門分科会合同:健康づくりのための身体活動基準2013
 第5専門分科会:スポーツ選手のセカンドキャリアについて


○ラウンドテーブル・ディスカッション
 チームパフォーマンスの新たな評価方法
○一般研究発表(口頭発表)14演題
○一般研究発表(ポスター発表)59演題

総 括
 2020年オリンピック開催都市が東京に決定された直後に、62回大会は開催されました。国民の健康の維持増進と活力ある社会の実現に向け、スポーツの果たす役割は増すばかりです。本大会も、九州地区の体育・スポーツ科学の発信源として積極的な活動をしてゆかなければなりません。今回は、過去最大の演題数を数えるなど成功裡に終了することが出来ました。
大会実行副委員長 得居雅人

【経済】オープンキャンパスを開催しました [2013.10.09]

 9月21日(土)、今年度最後のオープンキャンパスが行われました。
「就職に強い」経済学部にも多くの高校生と保護者がお越しになられ、経済学部の説明を熱心に聞かれました。

9コースを有する本学経済学部のうち、今回はスポーツビジネスコースと経済戦略コースの模擬授業と模擬ゼミが行われました。

質問コーナーでは、部活動との両立や特待生の基準などについて活発な質疑応答がなされました。

経済学と経営学が融合した本学の経済学部は、皆さんのご入学を心よりお待ちしています。

 DSC03139.jpg DSC03142.jpg

 DSC03145.jpg DSC03158.jpg

【スポーツ】第4回 教員養成セミナー [2013.10.08]

 9月5日・6日にアクシオン福岡で「第4回 教員養成セミナー」を開催しました。


 13.10.08kyoinyouseiseminar1.JPG1日目は、本学の野田先生に、「学校体育の事故防止」の講義を行って頂きました。受講生からは「安全な授業づくりについて、正しい知識をみにつけることができた。まずは、模擬授業で実践してみたい。」との声がありました。
次に、本学の木寺先生に「剣道」の実技指導をして頂きました。防具を付けず、竹刀のみで行う剣道に挑戦しました。ほとんどの学生が初めての体験で、いい勉強になりました。


13.10.08kyoinyouseiseminar2.JPG夜の部では、福岡市立花畑中学校の前田先生と福岡県立筑紫中央高等学校の水島先生に講義をして頂きました。保健体育科教員としての仕事内容や学生の時にしておくべきこと等を熱く語って頂き、あっという間の2時間でした。
受講生からは、沢山の質問が出て、先生方は全ての質問に対して熱心に答えて下さいました。

 


13.10.08kyoinyouseiseminar3.JPG2日目は、集団討論を行いました。難しい内容でしたが自分自身の考えを発表し、他の意見を聞き入れ、意見をまとめることができるようになりました。
その後、体操・バレーボールの模擬授業を行いました。
今後も授業だけでなく、教員養成セミナーや研究会を行い、本学からたくさんの「素晴らしい保健体育科教員」を輩出していきます。

海外研修2013 [2013.10.08]

 去る9月8日から20日までの13日間の行程で、2013年度の海外研修授業が実施されました。参加者8名(男子学生6、女子学生2名)は、仲村隆文教授・山本洋一教授(ともに経済学部)の引率のもと、中国・ドイツ・スイス・イタリアの4ヶ国を巡る貴重な体験をしてきました。

中国東方航空を利用した一行は、まず往路のトランジット時間を利用し、中国・上海とその近郊の都市を訪れ、歴史的な中国と経済発展著しい今の中国のコントラストを見学しました。

 1.Shanghai_night.jpg 5.yoen.jpg

 上海から約12時間のフライトを経て到着したドイツでは、ライン河畔の古代ローマ帝国植民都市であったケルンからバイエルン州のミュンヒェンへと南下しながら、歴史、政治、経済、文化にさまざまな角度から触れる体験をしました。
 ケルンでは、カトリックの巡礼地として発展した大聖堂を見学し、オー・デ・コロン発祥の店(会社)でその歴史と今後の発展戦略などについての説明を受け、ドイツの観光産業の要ともいうべきロマンチック街道沿いに点在する中世の街や、バイエルン王ルートヴィヒ2世が築いたノイシュヴァンシュタイン城、ドイツの負の遺産でもあるナチスドイツ時代のダッハウ強制収容所跡などを見学しながら、文字通り多角的にドイツを体験的に学びました。

s1-6.4711_Duftmuseum.jpg s1-10.Neuschwanstein.jpg s1-14.Rothenburg.jpg

 
 s1-8.Koelner_Dom.jpg 15.Rothenburg_Cafe.jpg

 スイスでは、マッターホルンの登山口として世界的に有名なツェルマットで、電気自動車しか乗り入れが許されないという徹底した環境対策の現状に触れ、雄大なアルプスの山々に囲まれながら、好天のもと長時間のトレッキングにも挑戦しました。

s1-7.Fruestuck.jpg s1-9.Matterhorn.jpg s1-11.Riffelsee.jpg

 イタリアでは、ヴェネツィアとローマを訪問しました。まずはヴェネツィアで、本学の留学生の出身校でもあるヴェネツィア大学の学生たちといっしょに、いにしえの街をサン・マルコ広場から運河と同様に複雑に入り組んだ露地の隅々まで探索し、往時の東方貿易による繁栄の名残を至るところに発見しました。

s1-2.Venezia_Kanal_Grande.jpg s1-3.Venezia_Ponte_Vecchio.jpg s1-4.Venezia_Uni.jpg


 また、最終訪問地ローマでは、コロッセオ、フォロ・ロマーノを初めとした古代ローマの遺跡に歴史を感じ、カトリックの総本山、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂やそれに連なるシスティーナ礼拝堂の壮麗さに圧倒されながら、宗教の持つ力の一端を垣間見ました。
 s1-12.Roma_Spagna.jpg 13.Roma_Tazza_D_Oro.jpg
 
 
 一度にアジアとヨーロッパの両方を体験できた今回の海外研修では、さまざまな顔を持つ4ヶ国を自らの足で巡りながら、各国の経済状況や社会情勢を肌で感じ、文化的歴史的背景に思いを馳せ、異なる世界で暮らす人々との出会いに感動しつつ、世界の広さと同時に世界と日本のつながりも学ぶことができました。単なる海外旅行とは異なる本研修への参加は、教室内では決して得られない数々の刺激的な体験を通して、参加者の視野を更に広げただけでなく、他者への寛容性、自己発展のためのモティベーションなど、大学生及び将来の社会人として必要不可欠な資質を育み、彼らの今後の人生に貴重な糧を与えたことでしょう。

【経済】堀川の清掃活動を行いました [2013.10.07]

13.10.07horikawaseisou5.jpg 10月6日(日)8時半より、堀川町おこし事業として年に1回行われる堀川清掃作業に九州共立大学から多くの学生が参加しました。

 この清掃には地域の大学、高校生、婦人会、役所、企業、町内会など総勢約360名が参加し、本学からは大学祭実行委員16名、ちょぼらサークル11名、末永・有村ゼミ30名、併設校の九州女子大学の大学祭実行委員・学友会44名が参加して駅前を中心とした堀川沿いの清掃作業を行いました。

 堀川は江戸時代に水害防止や米・石炭などを運搬するために作られた人工河川で、近年になってヘドロとゴミがたまっていましたが、10数年前から「堀川」の美化活動が開始され、初年度は60数台の自転車が引上げられたこともありましたが、ゴミも減少し、今ではたくさんの魚が住む川となっています。

 今回は小樽商科大学の教員・学生6名も参加し、どのようにして数十年以上にわたり地域の方々と学生たちが環境美化運動を行っているかを知るために参加したとのことでした。
清掃後、川の周りが更にきれいになっているのを見ると、身も心も洗われ、癒された1日になったような気がします。

 参加した学生も、地域住民の方と協力して清掃活動に参加したことで、ふるさとを愛する心、環境問題に対してどのように行動すべきかを学んだ1日となりました。


       13.10.07horikawaseisou1.JPG  13.10.07horikawaseisou2.jpg

       13.10.07horikawaseisou3.jpg  13.10.07horikawaseisou4.jpg

 

【スポーツ】オープンキャンパスを開催しました [2013.09.26]

日程:平成25年9月21日(土)

たくさんの高校生・保護者の方々にご来場いただきました。

トレーニングルームでは様々なマシンに実際に触れられ、また、筋肉量・体脂肪率測定のコーナーが特に人気でした。実験室では三次元動作解析システムの紹介や解析データをご覧いただきました。屋内に陸上トラックを併設した実験室は全国的にも希少であり、学術面においても優れた施設環境を備えていることに来場された方々も高い関心を持たれている様子でした。

リコンディショニングルームでは、さまざまなトレーニング器具を使ってのトレーニングを体験してもらいました。普段したことのないトレーニングに、最初は戸惑いながらも笑顔で楽しんでいました。中には、自身のトレーニングの課題などを熱心に学生トレーナーに相談する高校生もおり、非常に有意義な時間を過ごせたと思います。

今年度最後のオープンキャンパスが終了しました。
短い時間でしたが、大学の雰囲気を感じて頂けたのではないかと思います。
みなさんと学べる日を楽しみにしています。

【模擬講義】
9/21(土)「心理学入門」  准教授 伊藤 友記・准教授 下園 博信
9/21(土)「テーピング入門」 講師 有吉 晃平・講師 辰見 康剛・助教 篠原 純司
                   学生トレーナー

 DSCN2431.jpg DSCN2436.jpg

 
 DSCN2441.jpg DSCN2443.jpg

 DSCN2444.jpg DSCN2446.jpg

 DSCN2459.jpg DSCN2466.jpg

 DSCN2473.jpg DSCN2474.jpg

【総合研究所】親子ものづくり教室を開催いたしました [2013.08.23]

IMG_3995.jpg 8月17日(土)、18日(日)に、本学総合研究所主催『太陽光と風力を用いた親子ものづくり教室』を開催しました。

 今回のものづくり教室には小・中学生(62)名が参加し、ソーラプロペラ、ソーラ・ブラシロボット、プロペラ形風車、ペットボトル風車、いやし葉オルゴールおよびクリップモータの6つのテーマからそれぞれが希望したテーマの作品を保護者の方をはじめ、学生、教員に手伝ってもらいながら、一生懸命作成しました。

 この工作教室は今年で12年目を迎え、本学と地域の小学生との交流には欠かせない行事の一つとなっています。

 *参加した小学生の皆さんの声*
*夏休みの自由研究の作品展に出せるので良かったです (5年)

*中学生のための工作教室をお願いします           (6年)

*今度はロボットを作ってみたいです               (5年)

 *参加した小学生の保護者の方の声
*作り方もわかりやすくお兄さんの対応がとてもよかったです

*夏休みの自由研究と理科に興味がもててよかったです

*子供の興味が広げられた。また、年上のお兄さんや先生から学ぶ機会ができてよかった


   IMG_4030.jpg  IMG_4320.jpg
       うまくLEDがハンダづけできるかな?           ソーラープロペラが調子よく回るかな?

【スポーツ】オープンキャンパスを開催しました [2013.08.20]

 日程:平成25年8月17日(土)、18日(日)

 2日間に渡り、たくさんの高校生・保護者の方々にご来場いただきました。
トレーニングルームでは様々なマシンに実際に触れられ、また、筋肉量・体脂肪率測定のコーナーが特に人気でした。実験室では三次元動作解析システムの紹介や解析データをご覧いただきました。屋内に陸上トラックを併設した実験室は全国的にも希少であり、学術面においても優れた施設環境を備えていることに来場された方々も高い関心を持たれている様子でした。

 リコンディショニングルームでは、さまざまなトレーニング器具を使ってのトレーニングを体験してもらいました。普段したことのないトレーニングに、最初は戸惑いながらも笑顔で楽しんでいました。中には、自身のトレーニングの課題などを熱心に学生トレーナーに相談する高校生もおり、非常に有意義な時間を過ごせたと思います。

 DSCN2257.jpg DSCN2274.jpg

 DSCN2260.jpg DSCN2261.jpg

 DSCN2263.jpg DSCN2264.jpg

 DSCN2265.jpg DSCN2284.jpg

 DSCN2267.jpg DSCN2268.jpg

 DSCN2269.jpg DSCN2271.jpg

 DSCN2272.jpg DSCN2274-1.jpg

        DSCN2262.jpg DSCN2266.jpg

【経済】オープンキャンパスを開催しました [2013.08.20]

 オープンキャンパスを、8月17日(土)と18日(日)に開催し、経済学部にもたくさんの方々に参加していただきました。

 経済学部は前回に引き続き魅力的な授業を公開しました。

 大企業の経営学を専門とする石坂先生は、自然科学・社会科学・人文科学などの高等教育の基礎である学問体系の話から、経済と経営の関わりまで幅広くそして高度な講義を行いました。
 
 スポーツビジネスコースの森部先生によるスポーツイベントに関わる授業は、学生参加型のユニークな内容で多くの参加者を魅了しました。

 全体説明会では、イタリア・ヴェネツィア大学の留学生5人によるスピーチもあり、大学生活でのエピソードをたくさん語ってくれました。


 DSC02981.jpg DSC02984.jpg

 DSC02985.jpg DSC02988.jpg

 DSC02989.jpg DSC02992.jpg

 DSC02993.jpg DSC02994.jpg

 DSC02998.jpg DSC02999.jpg

 DSC03001.jpg DSC03003.jpg

総合研究所主催 太陽光と風力を用いた親子ものづくり教室のご案内 [2013.07.12]

【経済】総合教養ゼミにおいて、学外研修を行いました [2013.07.04]

13.07.04gakugaikensyu1.jpg 経済学部の環境をテーマとした総合教養ゼミでは、6月22日、福岡県八女市の地場産業の視察を行いました。

 日本の現在の竹林のほとんどは竹やぶで、環境に悪い状態となっています。

 即ち、動植物も共生できない自然の山の竹やぶ化です。
 その竹を八女市では行政、企業、大学機関と一体となって、研究し、竹林産業を地場産業として事業化しています。

 視察先は竹の子、竹炭、竹酢液、竹チップなどの製造工場と竹の子の商品を販売している道の駅立花でした。

 竹を原料とした商品の中には化粧水、クリーム、湿気取りグッズ、食器などもありました。

 また、水俣市では竹からエタノール製造も成功しているとのことで、将来車の燃料としても利用されそうです。

 今回の視察で学生たちは地域の人々が地元の資源をいかに商品化すべきか、日々努力していることを知ることができ、地場産業の大切さ、自然の環境の大切さをも知ることができました。
 13.07.04gakugaikensyu2.jpg  13.07.04gakugaikensyu3.jpg
         最新の竹の子工場                  廃校後の研究施設

 13.07.04gakugaikensyu4.jpg  13.07.04gakugaikensyu5.jpg
    竹炭の安全性と高品質化について             竹の保管と竹炭について 

【経済】卒業生による講演会を開催いたしました [2013.05.29]

DSC_0168.JPG 5月10日(金)「ゼミ生を対象とした就職活動のための合同ゼミ」を開催し、本学経済学部2001年度の卒業生である木村比呂志氏より就職活動についてご講演をいただきました。

 この合同ゼミは、2年生から4年生の各学年別に行われ、2年生には「これからの経験がどのように次のキャリアに結びついていくのか? どのような学生生活を送るべきか。どのようなことを想定してこれからを過ごしていくべきか。」、3年生・4年生には「就職活動の具体的な実施方法」をテーマに計4時間30分にわたり行われました。

 講演では、製薬会社でMRと人事を担当されている木村氏より、自己分析の重要性、そこから見えてくる自分に合った会社の選定、そして自己PRの方法など、就職活動に関わる具体的なスキルについて人事担当者の立場からこれから就職活動に臨む後輩たちへ熱く語っていただきました。

 参加した学生は真剣な表情で時折メモを取るなど熱心に耳を傾けており、有意義な講演会となりました。

【経済】東日本大震災復興ボランティアの報告会を行いました [2013.05.02]

 4月26日の経済学部ゼミで「東日本大震災復興ボランティア報告会」を行いました。

 昨年と今年の2回にわたり活動したのは菊池ゼミの長崎早織さんです。

 ボランティア活動に関心を持っている学生はたくさんいます。
 しかしほとんどが未体験のため、長崎さんの行動力には驚きと称賛の声が寄せられました。

 今回の報告によって、本学学生のボランティア活動が盛んになることが期待されます。

 IMG_0120.jpg IMG_0125.jpg

【スポーツ】課外活動中の事故防止と緊急対応セミナーを開催しました [2013.04.26]

 CIMG5534.jpg4月24日(水)「課外活動中の事故防止と緊急対応セミナー」を開催しました。
 
 クラブ指導者や学生マネージャー等、計55名に参加していただきました。
 事故防止や緊急対応に対しての意識の高さを改めて感じました。

 学生トレーナー部(CARE)も心肺蘇生法のデモンストレーションや実技指導など大活躍でした。

 

  
IMG_0959-1.JPGCIMG5532.jpg

  CIMG5562.jpg  IMG_0978.jpg

【経済】平成25年度 経済学部新入生宿泊研修を行いました [2013.04.23]

 4月6日(土)・7日(日)の2日間、宗像市のグローバルアリーナにおいて経済学部新入生宿泊研修を行いました。

 まず経済学部の卒業生である元ソフトバンクホークスの柴原洋氏による講演会が行われました。


 講演後には先生方からこれから始まる大学生活の心構えについてしっかりと説明がなされました。

 

 その後、ゼミの先生や先輩学生のアドバイスを受けながら、各人の時間割作成が行われました。

 たくさんの友人と思いでができた有意義な2日間となりました。

 

 DSC02645.jpg  DSC_0018.jpg

 DSC02635.jpg  DSC02642.jpg

【スポーツ】平成25年度 スポーツ学部新入生宿泊研修を行いました [2013.04.18]

日程:平成25年4月6日(土)から 4月7日(日)1泊2日
場所:グローバルアリーナ

 スポーツ学部新入生が、スポーツ学部の一員として新たなスタートを切りました。
あいにくのお天気でしたが、それを吹き飛ばすくらいの勢いでプログラムが進行して行きました。プログラムのメインとしている『集団行動』は、新入生全員が見事に揃った、とても気持ちの良い集団行動を披露してくれました。

 2日目の長縄・8の字跳びは、1分間で100回以上を目標にクラスが一丸となって挑戦しました。ぐっと、お互いの距離が近くなった様子でした。アスレテックトレーナーサポート学生たちのお陰で、安心してスポーツ活動が行えました。
ありがとう!

 今年も、サポート学生(上級生)たちが後輩たちにとても良い影響を与えてくれました。それと同時に素晴らしい指導力を発揮してくれました。
本当にありがとう!

  
  006.jpg  020.jpg

  DSCN1456.jpg  DSCN1471.jpg

  DSCN1535.jpg DSCN1627.jpg

  DSCN1629.jpg  DSCN1658.jpg

  DSCN1668.jpg  DSCN1703.jpg

  DSCN1717.jpg  DSCN1722.jpg

  DSCN1729.jpg  DSCN1744.jpg

  IMG_0442.jpg  IMG_0462.jpg

【スポーツ】マリンスポーツ(スクーバダイビング)の海洋実習を行いました [2013.03.28]

 平成25年3月13日から17日、沖縄県・阿嘉島において、マリンスポーツ(スクーバダイビング)の海洋実習を行いました。

 阿嘉島(慶良間)は、世界有数のダイビングスポットであり、透明度25m超の綺麗な海で実習を行えることは本授業の最も大きな魅力です。

 期間中は、晴天に恵まれ、海況も穏やかな状態で実習を行うことができ、11名がスクーバダイバー(NAUI)のライセンスを取得しました。

 普段見ている海との違いに感動を覚えると共に、綺麗な水域を守る重要性を肌で感じることが出来た5日間でした。

 
 DSCN0820.jpg DSCN0889.jpg

 IMG_0203.jpg IMG_0910.jpg

 M9276085.jpg P1030243.jpg

 P1030412.jpg P1030477.jpg 

【スポーツ】スノースポーツ実習を行いました [2013.03.26]

DSCN0233.jpg2月21日から4泊5日の日程で、北海道の星野リゾート トマムにてスノースポーツ実習(スノーボード)を行いました。

 インストラクターの先生方のもと、スノーボードが初体験の学生も、経験者の学生も楽しみながら実習に取り組みました。実習を通して、学生は今まで出来なかった身体動作が出来るようになる喜びや、安全に指導することの大切さを学ぶことが出来ました。

 天候にも恵まれ、素晴らしい実習になりました。


 

  DCIM0130_(1).jpg DSCN0249.jpg

    DSCN0256.jpg   DSCN0262.jpg

 

【スポーツ】平成24年度 第4回卒業研究発表会が開催されました [2013.03.26]

 スポーツ学部では4年生がこれまでの学修成果をまとめた卒業研究発表会をポスター形式により行い、テーマ数166件の237名による活発な質疑応答が行われました。

 日 時:平成25年1月26日(土)9時から16時
 場 所:自由ヶ丘会館 多目的ホール


 IMG_9071.jpg IMG_9072.jpg

 IMG_9075.jpg IMG_9076.jpg

【経済】学外研修を行いました [2013.02.22]

 経済学部主催・学外研修を行いました。
今年度は,リニューアルし,11月から1月にかけて数ゼミ合同などで実施し,場所も学生主体で選定しました。「理論的な勉強のみならず,実務を理解し,現場を知る」ことを重視して開催しました。研修場所とテーマは,以下の通りです。また,研修終了後には,教員とゼミ生で懇親会が開催され,ゼミ活動への取組みや学生生活について,熱い議論が展開され,盛り上がりのある研修になりました。      (経済学部ゼミ長会議事務局)

プログラム1「観光と地域振興を考える」
(長崎県観光振興課における国際交流と観光に関する研修と関連諸施設の視察)

プログラム2「ビール工場から製造とマーケティングの実態を知る」
(アサヒビール?博多工場における製造工程およびマーケティングの研修と現場視察)

プログラム3「税関の役割から国際経済の動きを知る」
(門司税関における税関の役割と現状に関する研修と現場視察)

プログラム4「外食産業の現状を知る」
(ロイヤルホールディングス?本社におけるホスピタリティと経営マインドに関する特別講義)

プログラム5「身近な自然と産業のつながりを知る」
(平尾台鉱業地域および自然の郷における研修と現地視察)

プログラム6「スポーツビジネスの現状と課題を知る」
(ヤフオク!ドームにおけるトークライブとプロ野球チーム経営に関する特別講義)

プログラム7「衣食住の安心・安全を知る」
(北九州市中央卸売市場およびシャボン玉石けん?本社における研修と現場視察)

プログラム8「身近なところから地域産業を考える」
(トヨタ自動車九州?宮若工場における研修と工場視察)

プログラム9「商業集積と流通を考える」
(キャナルシティ博多における施設経営に関する研修)


13.02.22gakugaikensyu1.jpg
「ヤフオク!ドームでの特別講義」
プロ野球経営の現状を知ることができました。


13.02.22gakugaikensyu2.jpg
「長崎県の国際交流と観光に関する特別講義」
地域活性化への貢献の現状を知ることができました。


13.02.22gakugaikensyu3.jpg
「キャナルシティの現地視察」
商業施設経営の現状を知ることができました。


13.02.22gakugaikensyu4.jpg
「ロイヤルホールディングス?CI(Corporate Identity)ルームの視察」
会社の歴史や経営理念の重要さを認識できました。


13.02.22gakugaikensyu5.jpg
「トヨタ自動車九州?宮若工場における研修と工場視察」
日本の基幹産業の一つである自動車の生産現場を視察しました。

あんぜんあんしん教室を行いました [2013.02.08]

 1月26日(土)に幼稚園児を対象とした「あんぜんあんしん教室」を本学自由ケ丘会館にて開催いたしました。

 福岡県警察折尾警察署と折尾周辺の5大学などで作る折尾地区大学安全安心連絡協議会の主催で行われたこの教室では、近郊の幼稚園児約50名が参加し、折尾警察署生活安全課による防犯教室と交通安全課による交通安全教室を行いました。


 教室の終了後には、大変寒い中ではありましたが、白バイとパトカーの見学・試乗も行われ、こどもたちは元気よくパトカーや白バイに試乗していました。

 IMG_1087.JPG  IMG_1213.jpg

 IMG_1397.jpg  IMG_1399.jpg


 *スタッフ集合写真*
 IMG_1416.jpg 

九州共立大学スポーツ学会記念講演 小久保裕紀講演会のご案内<終了しました> [2013.01.24]

 平成25年1月28日(月)元福岡ソフトバンクホークス 小久保裕紀氏をお迎えし、『九州共立大学スポーツ学会記念講演会』を下記の通り開催いたします。

「一瞬に生きる」をテーマにリーダーシップと責任感について、小久保氏に語っていただきます。

 本学スポーツ学部の学生だけでなく、広く一般の方々の参加もお待ちしています。

【日 時】 2013年1月28日(月) 16時30分(開場)17時00分(開演)

【場 所】 九州共立大学自由ヶ丘会館4階多目的ホール

【テーマ】 一瞬に生きる

【講演者】 小久保 裕紀氏(元福岡ソフトバンクホークス)

【対 象】 九州共立大学学生・教職員及び一般(高校生以上)

【入場料】 無料

【問合せ先】kku-sp○kyukyo-u.ac.jp  ※○を@に変えてお送りください。

詳しくは九州共立大学スポーツ学会のホームページをご参照ください。

『地域力を生む自立的職業人育成プロジェクト』講演会 ご案内 [2013.01.16]

平成24年度「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」選定記念
『地域力を生む自立的職業人育成プロジェクト』講演会を下記のとおり開催いたします。

13.01.16.jpg

【日時】平成25年2月2日(土)10:00から12:00
【会場】九州共立大学 自由ケ丘会館4階 多目的ホール

<入場無料/申込不要>

【問い合わせ先】
九州共立大学 共通教育センター (TEL)093-693-3205
 

【学内限定】九州共立大学創立50周年ロゴマークを募集いたします [2012.12.17]

 九州共立大学は、昭和40(1965)年4月に開学し、平成27(2015)年に創立50周年を迎えます。

 これに先駆け、学生、教職員はもとより、卒業生、学外の多くの方々へ周知していくことを目的とした九州共立大学創立50周年のロゴマークを以下のとおり募集いたします。


 募集内容
 
 □応募書類

 (1)作品(A4用紙1枚)
  ・A4サイズの白紙の用紙に表現してください。
  ・作品の上下が分かるようにしてください。
  ・カラーでの表現は構いませんが、単色でロゴマークを使用する場合もありますので、
   考慮し表現してください。

 (2)応募用紙(指定様式)
  ・作品1点につき応募用紙1枚を添付してください。
  ・提案の要旨について、100字程度にまとめてください。
  ・フォーマットを本学ホームページよりダウンロードできますので、ご利用ください。
   
   応募用紙はこちら

 (3)電子データ
  ・上記(1)、(2)のデータファイルをメールにて提出してください。
  ・Word、Excelで作成されたファイルは受付可能です。
  ・それ以外のソフトで作成されたものは、PDF形式に変換してください。
   PDF変換ができない場合は、ラスター形式(BMP、JPEG、TIFF、GIF等)に変換してください。
  ・電子データを作成する環境がない方は、(1)、(2)のみでも受付けます。

 □応募資格

 応募資格は、福原学園に在籍・在職(平成24年12月1日現在)している学生・生徒、教職員(嘱託・臨時・パート職員を含む)に限ります。

 □応募書類の提出

  ・応募作品は、未発表かつ自作の作品に限ります。
  ・応募書類は、提出期限内に一括し、締切日までに必着するよう提出してください。
  ・事務局へ持参する場合は、提出期間内の土日祝祭日を除く、
   午前9:00から12:00、午後13:00から17:00とします。
  ・提出された後の応募書類に対する応募者の閲覧、追加、修正はできません。

 □応募作品の取扱
  ・入選作品(優秀作品)の著作権等は、本学に無償で譲与するものとします。
  ・入選作品の採用にあたっては、必要な修正を行うことがあります。
  ・応募作品は返却しません。

 □スケジュール
 (1)応募作品提出期間:平成24年12月12日(水)から平成25年3月5日(火)

 (2)入選発表:平成25年3月14日(水)

 (3)表   彰:平成25年4月17日(水)

 □審査及び賞品
 (1)審査
   審査は、経営協議会で行います。
 (2)賞品
   優秀作品 3点


【 提出及び問い合わせ先 】
 九州共立大学 総務課
 TEL:093-693-3005
 内線:206
 メール:soumu%kyukyo-u.ac.jp
 [%を@に変えて送信してください。]

日本文化研修でシャボン玉石けん工場見学を行いました [2012.12.15]

12.12.14syabondama1.jpg 12月5日(水)に、九州共立大学および九州女子大学の短期留学生、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センターの短期研修生、および九州共立大学の留学生約70名は、日本文化研修で「シャボン玉石けん工場」の見学を行いました。

 学生は3班に分かれ、石けんを作っている機械の近くを歩いて見学しました。石けんの製造工程は映像での見学でしたが、とても丁寧にわかりやすく説明していただきました。中でも無添加石けんである証拠として製造工程において実際に舌で舐めて確認をしていることを聞き、また実際にその場で見せていただき、学生は皆、大変驚いていました。

 その後、一つの会場に集合し、全員で製造部の方から会社の概要説明を聞きました。DVDを見て、シャボン玉石けん工場で作られている石けんが環境や健康に良いこと、洗濯洗剤で全身を洗っても問題のないことなどを学びました。
 
 世界にたった一社しかない工場である「シャボン玉石けん工場」の見学は、学生にとって、とても良い刺激となり、充実した研修になりました。


   12.12.14syabondama2.jpg  12.12.14syabondama3.jpg
  

日本文化研修で茶道を体験しました [2012.12.14]

九州共立大学および九州女子大学に所属している短期留学生、国際交流・留学生センターに所属している短期研修生は、11月29日(木)、九州共立大学自由ケ丘会館3階のお茶室にて日本文化研修として「茶道体験」をしました。

 まず、福原学園キャンパス市民ボランティアの茶道ボランティアのみなさんから、ビデオを見ながら茶道の心得やお茶の歴史、お抹茶のいただき方などを教えていただき、その後、お茶会へ招かれた設定で、実際にお茶室に入り、秋の季節を映した和菓子と一緒にお抹茶をいただきました。学生たちはいただいたお抹茶の味に感動していました。

 お抹茶をいただいた後は、自分でお茶を点てる体験を行い、とても良い時間を過ごしました。
帰りには、慣れない正座で足が痺れ、立ち上がれない学生もいましたが、これも日本文化の貴重な体験の一つになったようです。

 学内での茶道体験と聞いただけでは畳の上でお抹茶をいただくだけ・・・と思っていたようですが、立派な施設に感動し、この体験を通じて茶道について少し詳しくなったようです。

   
  12.12.14sado1.jpg  12.12.14sado2.jpg

  12.12.14sado3.jpg  12.12.14sado4.jpg

 

【経済学部】公開市民講座「寺子屋」のご案内 [2012.08.28]

 

高齢化・年金減少時代に備える!
 賢い資産運用と会社の見方


 高齢化時代・年金減少時代を迎え、退職者や高齢者の皆様も資産運用や株式投資に真剣に向き合うようになってきました。
資産運用にはどんな手法があるのか知りたい!
株式といっても、どんな会社がよいのかわからない!

本セミナーでは、資産形成に役立つ金融商品についての解説のほか、株式投資にも役立つ「会社の見方」ついて、わかりやすく解説いたします。

10 月27 日(土) (12 時30 分開場)

【講座1】 13:00から14:00
「高齢者と現役世代のための資産形成?年金と保険について?」
内山 貴博 氏(内山FP 総合事務所 代表 ファイナンシャル・プランナー)

【講座2】 14:30から15:30
「会社の家計簿」
仲村 隆文 氏(九州共立大学 教授・税理士)

※ 60 分の講義の後、20 分ほど質疑応答・交流の時間を設けています。

会場:九州共立大学 深耕館S202 教室

JR 折尾駅下車から徒歩約15 分、バスなら約7 分(北九州市営バス「九州共立大学前」)
※ 当日は学園祭開催日のため、駐車場の利用はできませんので、公共交通機関でお越しください。

入場無料
事前申込の必要はありません。当日直接会場にお越しください。

※人気セミナーですので会場は満員になることも予想されます。あしからずご了承ください。

お問い合わせ先:九州共立大学総務課 093-693-3005

寺子屋のパンフレットはこちら

【総合研究所】ものづくり教室を開催いたしました [2012.08.24]

IMG_7470.jpg 8月18日(土)、19日(日)に、本学総合研究所主催『クリーンエネルギーとバイオメタルファイバーを用いた親子ものづくり教室』を開催しました。

 今回のものづくり教室には小学生 115 名が参加し、ソーラー回転塔、プロペラ形風車、いやし葉ホタル、ソーラーブラシロボット、ペットボトル水車、関節ロボットの6つのテーマからそれぞれが希望したテーマの作品を保護者の方や、学生、教員に手伝ってもらいながら、一生懸命作成しました。

 この工作教室は今年で11年目を迎え、本学と地域の小学生との交流には欠かせない行事の一つとなっています。

*参加した小学生の皆さんの声*
*ロボットのようなものを作ってみたい(6年生)
*太陽光発電の車を作りたい(5年生)
*また次も参加したいです(4年生)


     IMG_7464.jpg  IMG_7462.jpg  

九州共立大学人工芝グラウンド竣工記念イベント 『ミズノビクトリークリニックin九州共立大学』を開催いたしました [2012.07.27]

九州共立大学グラウンド(サッカー場、ラグビー場)の人工芝敷設工事竣工を記念し、『ミズノビクトリークリニックin九州共立大学』を7月22日(日)に開催いたしました。

 この日は、サッカー元日本代表の森島寛晃氏、ラグビーの近鉄ライナーズの選手4名をお迎えし、高校生を対象としたサッカークリニック、ラグビークリニックを行いました。

 大変暑い日となりましたが、実践形式での指導に参加した高校生はプロの技術を学ぼうと真剣な面持ちでアドバイスを受けていました。


 *開講式・閉講式*
IMG_6162.jpg  IMG_6700.jpg
      開校式で挨拶を行う奥田副学長               閉校式で挨拶を行う福原学長


*森島寛晃氏によるサッカークリニック*
IMG_6286.jpg  IMG_6537.jpg


*近鉄ライナーズ選手によるラグビークリニック*
IMG_6553.jpg  IMG_6623.jpg

【総合研究所】ものつくり教室のお知らせ [2012.07.17]

クリーンエネルギーとバイオメタルファイバーを用いた親子ものづくり教室


小学生しょうがくせいのみなさんへ
宇宙飛行士うちゅうひこうしをはじめ宇宙うちゅうかんする仕事しごとをされている(かたは,どものころ模型もけいづくり,理科りか実験じっけんきものの観察かんさつなどが大好だいすきだったようです。
将来しょうらい宇宙飛行士うちゅうひこうしをめざしてものづくり体験たいけんしませんか!
大学だいがくのおにいさんやおねえさんが,夏休なつやすみのおもいでづくりをお手伝てつだいします。
これは地球ちきゅうにやさしい太陽電池たいようでんち風車ふうしゃによるものづくりや簡単かんたんなロボットの自由研究じゆうけんきゅうにもなります。
当日予定とうじつよていしている A, B, C, D, E, F の工作こうさくテーマの説明せつめい対象学年たいしょうがくねん参考さんこうにして,つくりたい工作こうさくテーマに「○」をしてFAX,手紙,Eファックス てがみ イー-メール<電話でんわ>ではやめにもうんでください。
親子おやこもしくは保護者同伴ほごしゃどうはんでのご参加さんか歓迎かんげいいたします。 
なお,後日参加者ごじつさんかしゃ)/rp>には案内状あんないじょうをおおくりいたします。

12.07.13souken1.JPG


12.07.13souken4.JPG
12.07.13souken5.JPG


12.07.13souken3.JPG

申込用紙はこちらから(PDFで開きます)

九州共立大学人工芝グラウンド竣工記念イベント 『ミズノビクトリークリニックin九州共立大学』を開催いたします [2012.07.13]

 6月28日(木)に九州共立大学グラウンド(サッカー場、ラグビー場)の人工芝敷設工事が竣工いたしました。
 つきましては竣工記念イベントとして、『ミズノビクトリークリニックin九州共立大学』を下記の内容で開催いたします。

 【日時】 平成24年7月22日(日)13時から16時

 【場所】 九州共立大学人工芝グラウンド(サッカー場、ラグビー場)

 【開催競技及び講師名】  サッカークリニック:サッカー元日本代表 森島寛晃氏
                   ラグビークリニック:ラグビー近鉄ライナーズ
                   ミニゲーム
 
 【指導対象】 高校生

日本文化研修 「上津役小学校での国際交流会」 [2012.07.04]

 福原学園の短期留学生5 名と短期研修生5 名が、2012 年6 月22 日(金)に、北九州市立上津役小学校の国際交流授業に招待され、小学生と交流しました。

10 時50 分、小学校に到着すると、玄関には各クラス代表の小学生が、招待した学生の名前と国旗を描いたポスターを持って熱烈なお出迎えをしてくれました。

殷さん、崔さん、沈さん、ナルモンさんの4 名は、3 年生クラスに入り、4 クラス合同で、体育館で、日本の遊びと留学生の遊びの交流を行いました。数人ずつが留学生を囲んで、折り紙や「おちゃらか ホイ」を一緒にして、にぎやかに交流しました。

4 年生以上の学年では、クラスごとに趣向を凝らした歓迎メニューが用意されていました。
李さんが招待された4 年1 組では、韓国での挨拶と韓国流じゃんけんの仕方を教えてもらって、クラス全員で大じゃんけん大会。

 クラウディアさんが招待された4 年2 組では、彼女も入れて全員が2 つの列に分かれ、先頭がじゃんけんして教室中をぐるぐる動き回る活発な遊びで熱狂の渦。帰りには「イタリアに留学したい!」と叫んでクラウディアさんから離れない男の子もいました。

 エリーザさんの4 年3 組では、皆で一生懸命考えた彼女への質問に湧きました。
 アニタさんの5 年1 組では、上級生らしく「お笑い オリジナル 桃太郎劇場」を演出上演してくれ、なかなかのギャグと演出に担任の先生を初め、教室は爆笑の渦。ヴァレンティーナさんの5 年2 組でも、日本とイタリアの文化事情について質問ゲーム。カティアさんの5 年3 組では、一人ずつイタリア文化について調べたことを研究発表してくれました。

 給食をそれぞれのクラスで一緒に食べ、13 時15 分には、クラッカーを飛ばしての熱烈なお見送りをしていただき、上津役小学校を後にしました。
上津役小学校の子どもたちが、将来、日本と留学生たちの国々との架け橋になってくれることを期待し、学園が地域にささやかな貢献をさせていただいたことを嬉しく思いました。

12.07.04syougakouhoumon1.jpg 12.07.04syougakouhoumon2.jpg 12.07.04syougakouhoumon3.jpg

報告者 共通教育支援室長 中島久代

日本文化研修で「芦屋釜の里、芦屋歴史の里資料館」へ行きました [2012.06.15]

 ヴェネツィア大学から来日した九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センター所属の短期研修生5 名は、6 月5 日(火)午後2時から「芦屋釜の里」と「芦屋歴史の里資料館」へ日本文化研修に出かけました。

     1.IMG_5757.jpg  2.IMG_5748.jpg
     3.IMG_5763.jpg  4.IMG_57701.jpg

 「芦屋釜の里」では、茶室や日本庭園を見学した後、毛氈に正座し、お辞儀の仕方やお抹茶のいただき方を習い、季節を映した和菓子と一緒にお抹茶をいただきました。実際に、自分達でもお抹茶を点ててもみました。初めての茶筅振りに戸惑いながらも、上手に泡立ったお抹茶の味は、やはり茶道経験のある方に点てていただいた方が、粉が残らず美味しかったようです。

 また、「芦屋歴史の里資料館」では、400 年前に途絶えた茶の湯の釜「芦屋釜」作りの伝統の技や釜の高価さ、芦屋周辺の海で発掘された品々や中国・韓国との関係についてなどを説明で学び、大変重厚な歴史を実感しつつ帰校しました。
今回の研修では、日本の代表的な伝統文化を体験する事ができ、とても良い時間が過ごせました。

     5.IMG_5775.jpg  6.IMG_5778.jpg

日本文化研修でシャボン玉石けん工場見学へ行ってきました [2012.06.15]

 5 月25 日(金)に、九州共立大学および九州女子大学所属の短期留学生、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センター所属の短期研修生の計10 名は、日本文化研修で「シャボン玉石けん工場」見学へ出かけました。

 まず、製造部の方からの会社の概要説明を受けた後にDVD を見て、シャボン玉石けん工場で作られている石けんが、環境や健康に良いこと、洗濯洗剤で全身を洗っても問題はなく国の規定により用途別に詰められていること、スーパーなどで多く売られている石けんや洗剤との違いなどを学びました。

 また、無添加石けんである証拠に、造る行程の中で、実際に舌で舐めて確認作業をしていることを知り、学生はみな、大変驚いていました。

     1.12.05.25shabon.jpg  2.12.05.25shabon.jpg


 次に、実際に石けんを造っている機械の近くまで行き、工場内を歩きながら見学しました。石けんの製造は機械の中で行われているため、映像での確認しか出来ませんでしたが、他のところは、行程ごとにとても丁寧に、わかりやすく説明してくださり、学生はみな、とても真剣に聞いていました。

     3.12.05.25shabon.jpg  4.12.05.25shabon.jpg

 最後に、販売されている商品を手に取り、サンプルで良さを実感した後、留学生活が終わって自国に帰る時のお土産を購入した学生もいました。

 世界にたった一社しかない工場である「シャボン玉石けん工場」の見学は、学生にとって、とても良い刺激となり、充実した研修になりました。

折尾まつりに参加しました [2012.06.12]

 6月2日(土)・3日(日)、八幡西区にある折尾西公園において折尾まつりが開催され、本学学生、教職員が参加しました。
 この折尾まつりは「"まちじゅうがキャンパス・世界のトモダチ"学研都市ORIO」をキャッチフレーズに毎年この時期に開催されており、本学からは沖縄県人会のエイサー披露やリバティーヒルウィンズによる演奏、留学生や大学祭実行委員会による屋台を出店しました。
 また、まつりの運営や司会などにも挑戦し、2日間地域の方々や子ども達との交流を深めました。

 *参加した学生の感想*
「司会や大きなまつりの運営など、なかなか体験することができないことができ、有意義な時間を過ごす事ができました。」

   CIMG1235.jpg  CIMG1236.jpg

   CIMG1226.jpg  CIMG1239.jpg

ちびっ子レスリング教室のお知らせ [2012.05.30]

 6月10日AM10:00より九州共立大学レスリング道場にてちびっ子レスリング教室「福原キッズレスリングクラブ」が開校いたします!

ちびっ子レスリングを通してスポーツの楽しさ、困難を乗り越える力、運動能力の向上など日常生活では体験できない能力の向上を養いませんか?未経験者でも大丈夫!レスリングは安全なスポーツです!安心してご参加ください!
九州共立大学 レスリング部員も指導に参加いたします!

練習時間:毎月 第1・第3・第5土曜日 14:00から16:00
練習場所:九州共立大学レスリング部道場
参加対象:幼稚園児・小学生・中学生 男女問わず、未経験者も大歓迎

画像をクリックするとパンフレットのPDFが開きます。
>

s1-tibikko.jpg

【スポーツ】新入生宿泊研修を行いました [2012.04.17]

スポーツ学部新入生宿泊研修が平成24年4月6日(金)・7日(土)1泊2日にて
宗像のグローバルアリーナで行われました。
今年もフレッシュな学生287名がスポーツ学部に入学しました。



12.04.06spokensyu1.jpgスポーツ学部宿泊研修に際して、福原弘之学長先生より激励を頂きました。
12.04.06spokensyu2.jpg今年も上級生のサポート学生23名が後輩たちの指導にあたってくれました。
12.04.06spokensyu3.jpg【1】集団行動
全員が気持ちを一つにして取り組みました。 今年の1年生集中力がありました。 今後が期待できます!
12.04.06spokensyu4.jpg
12.04.06spokensyu5.jpg
12.04.06spokensyu6.jpg
12.04.06spokensyu7.jpg
12.04.06spokensyu8.jpgレストランにて食事風景。 おもわずニッコリ!
12.04.06spokensyu9.jpg
12.04.06spokensyu10.jpg【2】学歌を歌おう!
仲里新学部長による「そうだ!!」。

伊藤准教授のリードにより
全員でとても気持ちの良い歌声でした。

12.04.06spokensyu11.jpg
12.04.06spokensyu12.jpg【3】One for all ,all for one<新入生の挑戦>
(1)長縄・8の字飛び
1分間で100回以上を目標にクラスが一丸となって挑戦しました。
12.04.06spokensyu13.jpg
12.04.06spokensyu14.jpg
12.04.06spokensyu15.jpg(2)集団走
新入生全員で、足並みを揃え走りました。
各クラスが1周毎の掛け声を担当し、400Mトラックを合計8周走る。
12.04.06spokensyu16.jpg
12.04.06spokensyu17.jpg
12.04.06spokensyu18.jpg閉講式

新入生代表挨拶。

スポーツ学部の一員として新たなスタートを切りました。

12.04.06spokensyu19.jpg先輩方大活躍でした。
新入生宿泊研修の特色の一つに先輩たちの参加があります。毎年グループに1から2名付いてもらい後輩たちの支援をしてもらっています。
集団行動から始まり後輩たちにとても良い影響を与えてくれました。
本当にありがとう!

アスレテックトレーナーサポート学生たちのお陰で、安心してスポーツ活動が行えました。
ありがとう!

12.04.06spokensyu20.jpg

 

 

学友会体育文化会主催の新入生歓迎講演会を開催しました [2012.04.16]

 s1-IMG_4680.jpg4月9日(月)、学友会体育文化会主催の新入生歓迎講演会を開催し、講師に元ソフトバンク・ホークスで現九州共立大学・特別客員講師の柴原洋氏をお迎えしました。

 今年の講演会は柴原先生の意向もあり、トークイベント方式で開催致しました。

 学友会部活動新入生約500名の学生が参加し、柴原氏の学生時代やプロ生活の話に真剣に耳を傾けていました。

s1-IMG_4662.jpg  s1-IMG_4670.jpg

【経済】新入生宿泊研修を行いました [2012.04.13]

s1-o0800060011901611710.jpg 新入生宿泊研修を4月6日(金)・7日(土)の2日間にわたり行いました。

 就職の話、そして学是「自律処行」に関する講演、学生スタッフによる先輩たちの話などを聞き、大変有意義な時間を過ごしました。

そのようなお話に加え、寝食をともにしたことにより、新しい友人の輪も広がりました。


s1-o0800060011901611711.jpg  s1-o0800060011901685305.jpg 

  

【スポーツ学部】特別講演「夢を実現するNo.1脳の作り方」を開催しました [2012.04.12]

 日時:平成24年4月6日(金)10:30から12:00
場所:自由ヶ丘会館4階多目的ホール

スポーツ学部新入生宿泊研修の特別講演として、講師に西田一見氏(株式会社サンリ 代表取締役社長)をお迎えし「夢を実現するNo.1脳の作り方」について講演頂きました。
学生たちは西田氏の講演を真剣な眼差しで聴き、その後の宿泊研修では例年にも増し自己啓発に努めていました。

MISSION
夢は実現するもの!
願望はつかみ取るもの!
目標は達成するもの!
誰にでも内面に秘める"潜在能力"があります。
眠らせているあなたの能力を引き出すことが、
私達サンリの喜びであり、幸せなのです。
              株式会社サンリ代表取締役社長 西田一見

平成23年度 スポーツビジネスコース活動報告会及び懇親会を行いました [2012.02.23]

 1月20日(金)、学生が企画、運営を行った経済学部スポーツビジネスコース初の活動報告会及び懇親会を開催いたしました。

 この報告会は2部構成となっており、1部では報告会を、2部では懇親会を行いました。

 1部ではゼミの10グループがスライドを使い、1年間の活動報告を行いました。日頃の活動を保護者の方や協力いただいている企業・団体の方、また非常勤講師の先生に活動の報告など発表を行う機会は少ないため、貴重な体験となったようです。

 また、2部では、親睦を目的とした懇親会を開催し、年度を通して活躍した学生の表彰などを行いました。
 この懇親会にも保護者、来賓もお招きし、活動へのアドバイスをいただくなど大変貴重な機会となりました。

 *当日の様子*
    s1-IMG_7441.jpg  s1-IMG_7459.jpg

    s1-IMG_7479.jpg  s1-IMG_7531.jpg


 *学生の報告*
 スポーツビジネスコース3年
 永尾 悟

このイベントは、九州共立大学スポーツビジネスコース初の取り組みであり、コース所属学生全員で挑んだイベントです。新年早々で、しかも平日という忙しい時期にも関わらず、本学学生はもちろんのこと、保護者や来賓の方々をお招きして参加者が計100名を超えました。学生のみでイベントを企画、運営することや自分たちで外部の方をお呼びすることなど、初めての事ばかりで不安がとても大きかったです。しかし、学生同士が協力、刺激し合いながら、高い意識で当日を迎えられたと感じています。
1部ではゼミ内の代表者数人が1年間の活動報告を行いました。上級生の発表を観覧した後輩たちは、刺激を受けた印象を持った様子でした。学生同士が緊張した場での発表を行ったり、観覧するなどの機会は少なく、どのような活動をしているかやスライドを使った発表方法を学べる時間になったと思います。
2部では参加者の親睦を深める懇親会を行いました。学生たちが保護者や来賓の方に、ゼミ内で取り組んだ活動について話をし、アドバイスを頂くなどしていました。単に楽しい場にするのではなく、自分の事を話したり、相手に気を配るなどコミュニケーション力の向上にも繋げることが出来たのではないかと感じました。またこの懇親会には、年度を通して最も活躍した学生を称える表彰式も取り入れました。この表彰は来年度も継続し、学生たちにはこれを目標にして、今後のイベント等に進んで参加して欲しいと思いました。
 反省点は多く挙げられましたが、このイベントの質を向上して行くことが出来れば、スポーツビジネスコースのブランディングに繋げられると感じています。今後、企画・運営の主体は2,3年生となっていきます。今回は準備や打ち合わせ不足などが目立ったため、来年は「テーマ」をしっかりと決定し、スタッフ全員が高い意識を持って取り組んで、より質の高いものにしてもらいたいと思いました。

平成23年度スポーツ学部第3回卒業研究発表会を開催しました。 [2012.02.02]

 スポーツ学部では4年生がこれまでの学修成果をまとめた卒業研究発表会をポスター形式により行い、テーマ数159件の237名による活発な質疑応答が行われました。

 日 時:平成24年1月28日(土)9時から16時
 場 所:自由ヶ丘会館 多目的ホール

 *卒業研究発表会の様子*
 s1-P1280840.jpg  s1-P1280850.jpg

 s1-P1280859.jpg  s1-P1280861.jpg

 s1-P1280890.jpg  s1-P1280925.jpg

s1-P1280832.jpg  s1-P1280868.jpg

s1-P1280879.jpg  s1-P1280888.jpg

s1-P1280894.jpg  s1-P1280904.jpg

s1-P1280909.jpg  s1-P1280911.jpg

s1-P1280912.jpg  s1-P1280920.jpg 

CPS講座 講演会を開催いたしました [2012.01.31]

九州共立大学同窓会「自由ケ丘」少年野球教室を開催しました [2012.01.20]

  1月7日(土)、本学野球場において、元福岡ソフトバンクホークス柴原洋氏をお迎えし、九州共立大学同窓会「自由ケ丘」主催<少年野球教室>を開催いたしました。

 九州共立大学周辺の少年野球チーム8チームが参加し、柴原氏から熱血指導を受けました。
 この日は風も冷たく寒い日となりましたが、柴原氏の熱い指導に負けることなく元気に応えていました。柴原氏の模範バッティングでは、子供達から大きな歓声が上がっていました。
 
 教室終了後には参加者全員が計測したスイングスピードと塁間走の結果が発表され、それぞれ上位3名が、柴原氏より賞品を受け取りました。
 
 最後にチームごとに写真撮影が行われ、憧れの選手との写真撮影に楽しそうな声が上がるなど、思い出に残る1日となったようです。

   s1-IMG_2488.jpg  s1-IMG_2599.jpg


 また午後からは、第8回九州共立大学出身プロ野球選手後援会<選手との集い>が行われ、元福岡ソフトバンクホークス柴原洋氏、福岡ソフトバンクホークス田上秀則選手、新垣渚選手、高橋秀聡選手、横浜DeNAベイスターズ大原淳也選手が出席しました。
 
 トークショーや豪華賞品があたる抽選会などが行われ、大変楽しい集いになりました。

   s1-IMG_5564.jpg  s1-IMG_5729.jpg

秋季学生大会を開催しました [2011.12.12]

 12月15日(木)16:30から約1時間にわたって、秋季学生大会を開催しました。

 当日は、学思館141教室に約560名の学生が集まり、活発な意見が出されました。

 今後の学生生活を有意義に過ごすための学内改善等について様々な提案があり、この意見をもとに総務委員会が中心となって、大学と話し合いを行うことになりました。

        s1-IMG_1973.jpg s1-IMG_1975.jpg

日本文化研修で佐賀県を探訪しました [2011.11.17]

 九州共立大学及び九州女子大学所属の短期留学生、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センター所属の短期研修生、および九州共立大学の学部留学生の計12名は、11月12日(土)に日本文化研修で「佐賀県探訪」へ出かけました。

 まず唐津城では、城下町のジオラマで築城当時の町並みを知ることができ、天守閣の展望室からは、唐津城の別名「舞鶴城」のゆえんとなった左右の翼のように広がる砂浜や、名勝「虹の松原」を望むことができました。

天気に恵まれ、遠方まで見渡せる眺望の素晴らしさには、学生たちから歓声が上がるほどでした。日本独自の文化である城を見学するとても良い時間が過ごせました。

s1-IMG_5419.jpg


 また伊万里・有田焼伝統産業会館では、約300年の歴史を誇る伊万里焼の焼物見学と、皿への絵付け体験をしました。

見本の絵皿を参考にしながら、学生たちは思い思いの絵を描き、普段は見せない画才を発揮する学生の姿も見られました。

 絵皿は窯で焼いた後、1ヶ月ほど後で送られてくるのですが、どの学生も届くのが待ち遠しいほど上手に絵付けができていました。

 日本での学生生活を懐かしく思い出してもらえる絵皿となりそうです。

s1-IMG_5430.jpg


【経済】本学学生が黒崎一夜城を制作しました [2011.11.16]

 本学学生が10月に行われた「筑前黒崎宿場まつり」(2012:開通400年祭)のイベントの一環として黒崎一夜城を制作し、10月6日(木)から11日(月)6日間八幡西区城山緑地に復元しました。 
 縦15メートル、横18メートル、ベニヤ板120枚を使用して製作した一夜城は、制作期間約3週間、60名の学生とご協力いただいたボランティアの方と問題を1つ1つ乗り越え完成することが出来ました。

*制作に携わった学生リーダーの経済学部3年の向村敦士さんの感想*

今回、この企画を受けた際は制作期間が3週間程度しかない状況で、本当に縦15メートル、横18メートルのお城を作ることなんて出来るのかと不安に思いましたが、多くの学生、ボランティアで参加していただいた方の支えもあり、完成することができました。
 最も制作上で大変だったのは、上下左右のズレを修正していった事と、納品2日前の塗装の段階で全ての板の修正があった事でした。しかし制作に携わる全員が暗くなることなく、楽しく作業をしよう!!という姿勢で1つ1つ問題を乗り越え、(納品を1日遅らせていただいた事もありましたが)、2日間で仕上げることが出来ました。

 黒崎駅の井筒屋前で行われた点灯式は多くの人達の中で完成したお城をライトアップする事ができ、中高校生からご年配まで多くの方々が「綺麗、すごい」と言いながら写真を撮る光景を見た際は、この企画に携われて本当に良かったと思いました。

 参加して頂いた学生、先生、社会人の方、八幡西区役所の方、業者の方まで多くの方々のお力添えがあってこそ完成することが出来た黒崎「一夜城」だと思います。多くの方々と協力して1つのものを作ったという喜びは本当に素晴らしいもので、私の大切な財産になりました。

学生にとっても大変貴重な体験となりました。

      IMG_9453.jpg  IMG_9936.jpg

      IMG_0059.jpg  2011-10-05_00.36.51.jpg

      IMG_0097.jpg  DSC07234.jpg

      IMG_0132.jpg  IMG_0133.jpg
  

日本文化研修「長崎研修」を行いました [2011.11.10]

 10月31日(月)、日本文化研修の一環として「長崎研修」を行いました。

 この研修には、九州共立大学及び九州女子大学所属の短期留学生、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センター所属の短期研修生と九州共立大学の学部留学生が合計約80名参加しました。

 平和公園内の「平和記念像」や「原爆資料館」では、原爆投下時の様子や歴史を学び、ありのままに展示された核兵器の惨禍に学生たちは衝撃を受け、平和について学んだことが多い様子でした。
 「新地港公園」周辺の中華街で昼食を取り、中華街の様子に故郷を思い出して喜ぶ学生の姿も見られました。

「グラバー園」や「大浦天主堂」では、居留地時代の名残を見ることができ、異文化融合を感じることができました。

 長時間をともに過ごしたため、今まで交流のなかった学生同士が友達となる光景も見かけられ、留学中の一日研修としてとても充実した研修になりました。

          s1-DSCF7072.jpg

日本文化研修で「芦屋釜の里、芦屋歴史の里資料館」に行きました [2011.11.02]

s1-20111012144121.jpg 九州共立大学及び九州女子大学所属の短期留学生8名と九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センター所属の短期研修生6名は、九州共立大学の留学生たちと一緒に10月12日(水)午後1時から「芦屋釜の里」と「芦屋歴史の里資料館」へ日本文化研修に出かけました。

 「芦屋釜の里」では、毛氈に正座し、お辞儀の仕方やお抹茶のいただき方を習い、秋の季節を映した和菓子と一緒にお抹茶をいただきました。初めてのお抹茶の味は学生それぞれでしたが、日本の代表的な伝統文化を体験するとても良い時間が過ごせました。

 また「芦屋歴史の里資料館」では、400年前に途絶えた茶の湯の釜「芦屋釜」作りの伝統の技や時価数億円という高価さ、中国や韓国との関係などを係の方の説明で学び、山鹿貝塚から発見された巫女と思われる女性の人骨の展示もあり、重厚な歴史を実感しつつ帰校しました。

   s1-20111012133830.jpg  s1-20111012161325.jpg

【スポーツ】ラジオ体操指導者講習会を開催しました [2011.10.27]

s1-11.10.17 radio4.jpg  10月17日(月)、ラジオ体操指導者講習会を開催しました。

 元NHKテレビ・ラジオ体操指導員の長野信一先生、田村恵美先生、三森早苗先生をお招きし、本学スポーツ学部の1年生を対象にラジオ体操第1・第2、みんなの体操の実技講習を行っていただきました。講習では1つ1つの運動の正しい行い方や実施のポイントをわかりやすく指導していただき、学生も正しい動きを身につけようと真剣に取り組んでいました。

全国ラジオ体操連盟が大学に出向いて指導を行うのは初の試みだったそうですが、「学生の反応がよく、一般の講習会の時よりもスムーズに講習を進めることができた」とお褒めの言葉をいただきました。

 今回の講習で多くの学生が全国ラジオ体操連盟公認のラジオ体操指導員資格を取得します。

    s1-11.10.17 radio3.jpg   s1-11.10.17 radio1.jpg

    s1-11.10.17 radio2.jpg   s1-11.10.17 radio5.jpg
   

【経済】卒業生による講演会を開催しました [2011.10.26]

s1-IMG_0891.jpg 10月19日(水)1時限目、経済学部キャリア基礎演習B・早起きゼミの時間に「先輩と語ろう」という催しを行いました。

第1部では、本学・経済学部OB、長尾修志さんに講演をお願いしました。タイトルは「人力車を通しての出逢い」。

 長尾さんは10年前、本学経済学部経済学科に所属し、柔道部副キャプテンを勤めました。卒業後アメリカ留学、帰国後は門司港で4年間、人力車を引きました。そのときの経験は『魂の人力車』として1冊の本にまとめられ、最近刊行されました。
 現在は、歌手で作曲家のちひろさんのマネージャーです。

 第1部では、そんな数々の経験を経てきた長尾修志先輩の実感こもるお話でした。「九州共立大学へ来て、今でもよかったと思っている」という最後のお話は実に印象的でした。
 現在、長尾修志先輩はちひろさんのマネージャー。その御縁で、第2部では「ちひろコンサート-金子みすゞのまなざし-」を企画していただきました。

 歌手「ちひろ」さんと長尾マネージャーとから、歌手とマネージャー、お互いの協力関係などについてお話いただき、ちひろさんの歌に入りました。
 ちひろさんには6曲、ご披露いただきました。ピアノの弾き語りもありました。金子みすゞの深い言葉の世界に聴衆の学生ともども、共鳴しました。
  
  s1-IMG_0864.jpg  s1-IMG_0917.jpg

【スポーツ】キャンプ実習を行いました [2011.10.11]

 9月5日(月)から9月9日(金)、4泊5日で鹿児島<屋久島>でキャンプ実習を行いました。

 スポーツ学部では毎年、屋久島の自然という多様で予測できない時間と空間の中で、自己・他者・班・組織・自然・生活・活動に対する姿勢、体験の仕方を実践的に学ぶことを目的とし実習を行っています。


*キャンプ実習の様子*

s1-1.jpgs1-2.jpgs1-3.jpg
s1-4.jpgs1-5.jpgs1-6.jpg
s1-7.jpgs1-8.jpgs1-9.jpg
s1-10.jpgs1-11.jpgs1-12.jpg
s1-13.jpgs1-14.jpgs1-15.jpg
s1-16.jpgs1-17.jpgs1-18.jpg
s1-19.jpgs1-20.jpgs1-21.jpg
s1-22.jpgs1-23.jpgs1-24.jpg
s1-25.jpgs1-26.jpgs1-27.jpg
s1-28.jpgs1-29.jpgs1-30.jpg
s1-31.jpgs1-32.jpgs1-33.jpg
s1-34.jpgs1-35.jpgs1-36.jpg
s1-37.jpgs1-38.jpgs1-39.jpg
s1-40.jpgs1-41.jpgs1-42.jpg
s1-43.jpgs1-44.jpg

黒崎「一夜城」完成イベントのお知らせ<終了しました> [2011.10.07]

九州共立大学 経済学部             
<平成23年度 社会貢献・地域経済活性化事業>
黒崎「一夜城」完成イベントのお知らせ
      
【1】一夜城の設置場所 福岡県北九州市八幡西区屋敷一丁目「城山緑地公園 」

【2】イベント
【黒崎「一夜城」点灯式】
 1.開催日 平成23年10月7日(金) 18:30
 2.場 所 黒崎駅前「井筒屋特設ステージ」
  *九州共立大学経済学部の制作スタッフの紹介等
 
【テレビ報道】
 *10月10日(月) RKB毎日「今日感テレビ」 
 午後6:15から7:00時頃(予定:変更があった場合は翌日放送されます。)

【筑前黒崎宿場まつり】
 1.開催日 平成23年10月7日(金)から8日(土)
 2.場 所 黒崎熊手エルザ駐車場(トポス跡地)

【長崎街道サミット(3県サミット)イン黒崎】    
1.開催日 平成23年10月22日(土)
2.場 所 クラウンホテル北九州
4.テーマ 長崎街道を生かした街づくり
 (1)基調講演  (2)パネルディスカッション(3県サミット)

堀川の清掃活動を行いました [2011.10.03]

11.10.02horikawaseisou2.JPG 10月2日(日)、8時半より、堀川町おこし事業としての年1回の堀川清掃作業に九州共立大学から多くの学生が参加しました。

 当大学からは末永ゼミ、有村ゼミ、大学祭実行委員、ちょボラサークル、九州女子大大学祭実行委員、自由ヶ丘高校生の他、折尾の役所、企業、町内会住民など総勢約331名が参加して、駅前を中心とした堀川沿いの清掃作業を行いました。

 堀川は江戸時代に作られた遠賀川から洞海湾へ通じる人工河川で、水害防止や米・石炭などを運搬するために作られました。

 ゼミ生は主に折尾高校前の切通し付近の流域を清掃し、一部一枚岩をノミで工事して貫通させた切通しについて、その歴史の跡を学びながら、住民の方と協力して、ふるさとを愛する心、環境問題に対する地域住民の心も学びながら、清掃活動に参加しました。

         11.10.02horikawaseisou.JPG     11.10.02horikawaseisou3.JPG

9月オープンキャンパスを開催いたしました [2011.09.30]

平成23年度 第一回目のFD・SD研修会を開催いたしました [2011.09.29]

マリンスポーツ実習を行いました [2011.09.28]

s1-marine 003.jpg 2011年8月22日より、事前授業を含め4日間の日程で、マリンスポーツ実習、ウィンドサーフィンが行われました。

参加者は21名、本年度から学年指定制度が廃止されたため、1年生から4年生まで全学年の受講が可能となりました。

実施場所は、福岡県福津市の福間海岸で、隣接した場所にある、サーフショップ「CROSS ON」の講師の皆様にご指導頂きました。

 初日、二日目とあいにくの空模様となりましたが、風は穏やかで、初心者向きの良いコンディションでした。浜辺での実習を行った後、身長に合わせてグループを組み、いよいよ海に挑戦です。
最初は、ボードの上に立つことも難しいそうですが、さすがはスポーツ学部。
全員簡単にクリアし、次の段階である操縦方法の指導を受けました。

ここからは、風に流されたり、くらげに刺されたりと、慣れない課題と格闘しながらの練習となりましたが、講師の方の熱心なご指導のおかげで、最終日には全員、目標に向かって進み、戻ってくるというテストに合格。

ウィンドサーフィンの魅力も実感できるレベルまで上達しました。
3日間の、実習を終え、学生同士の交流も十分に出来、良い経験と、思い出となりました。
参加者からは、今後もウィンドサーフィンに挑戦したいという声も聞かれ、充実した時間を過ごすことが出来たようです。

こうした、実習型集中講義は、実技以外でも多くの体験が出来る授業であり、学生の皆さんには是非受講してほしい授業の一つだと改めて感じました。

s1-marine 015.jpg  s1-marine 076.jpg

s1-marine 110.jpg  s1-marine 188.jpg

s1-marine 221.jpg     s1-marine 062-1.jpg  

s1-marine 228.jpg  s1-marine 156.jpg

平成23年度前期修了スピーチ発表会を行いました [2011.08.30]

 平成23年8月3日(水)に耕雲館6階ラウンジにおいて、九州共立大学・九州女子大学・九州女子短期大学国際交流・留学生センターと九州共立大学・九州女子大学共通教育機構 主催の「第32回修了スピーチ発表会」が行いました。

今回の発表者は、8月で一年間の短期留学を終えた九州共立大学所属の短期留学生2名及び九州女子大学所属の短期留学生4名の計6名でした。

韓国、台湾、モンゴル、タイ、中国の学生たちが、「『すみません』は始まりの言葉」「自転車旅行が教えてくれたもの」「また帰って来ます」「『日本』フォルダを開けてみましょう」「日本人はみんな私の先生です」「違う国 同じ空」という演題で、来日当初の不安や留学中に出会った他の留学生との触れ合い、またそれぞれが体験した出来事や感じたこと、日本の印象などを、流暢な日本語で様々な表現を使って発表しました。

 スピーチ発表会には、お世話になった日本語教員、所属大学のゼミ担当教員、福原学園国際交流ボランティアの方々、二大学共通教育機構で一緒に日本語を学んだ留学生など多数のご参加をいただき、一つ一つのスピーチに感想や質問をしていただきました。


スピーチ発表会終了後には、日本語教員やボランティアの方々と楽しく語りあう姿が見られました。
 s1-HP-A.jpg  s1-HP-B.jpg

 s1-HP-C.jpg  s1-HP-D.jpg

平成23年度スポーツ学部キャンプ実習(集中講義)が始まりました。 [2011.08.23]

s1-P7300411.jpg九州共立大学は社団法人日本キャンプ協会の認定校となっており、この実習を受講することで(社)日本キャンプ協会認定「キャンプインストラクター」資格を取得することができます。

実習は世界自然遺産にも指定されている自然豊かな鹿児島県≪屋久島≫の「海」「山」「川」全てのプログラムを体験します。

スポーツ学部では屋久島の自然という多様で予測できない時間と空間の中で、自己・他者・班・組織・自然・生活・活動に対する姿勢、体験の仕方を実践的に学ぶことを目的とし実習を行います。

≪世界自然遺産屋久島とは≫
1993年に世界自然遺産に登録された屋久島は、樹齢1000年以上の屋久杉の森でも有名な自然遺産の島です。九州最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ1000メートルを超す山々が46座もあり、「洋上のアルプス」とも呼ばれています。この地形がおりなす気候には、実に亜熱帯から亜寒帯までが含まれ、九州から北海道の気候が一つの島で見られるということになり、「東洋のガラパゴス」とも呼ばれています。

≪講習内容≫
野外教育の基礎(指導技術と知識・安全教育・安全管理)を学ぶ。
野外教育の可能性(学校・家庭・環境・社会・福祉との関連)について総合的に学ぶ。
自然体験活動(冒険系・環境系)のアクティビティ&指導法を学ぶ。

≪講習日程≫
○ 理論編      7月16日(土)1・2限 A301
○ 安全管理・・折尾消防署による普通救命講習1受講。 7月30日(土)1・2限 B204
○ テント設営法 他 9月 2日(金)1・2限 B204
○ 屋久島実習    9月 5日(月)から9月9日(金)4泊5日
○ 実習備品片付け  9月12日(月)
○ ふりかえり    10月15日(土)1・2限 B204

s1-P7300401.jpg  s1-P7300405.jpg

スポーツ学部1年生を対象とした「薬物乱用防止」講演会を開催いたしました [2011.08.02]

s1-sportskouenkai.jpg ここ数年、若年層の薬物乱用についての事件が増加しており、深刻な問題となっています。

そこで、スポーツ学部1年の必修科目「キャリア基礎演習」の時間に福岡県折尾警察署刑事第2課長 警部 高宮孝志氏※をお招きし、「薬物乱用のない社会を」をテーマに講話をしていただきました。

薬物の売買、全国や福岡県内の現状、依存性や再犯性等について学びました。
またその後のDVD上映では薬物の恐ろしさを再度感じさせる内容でした。

大学生2000人を対象にしたアンケートで、薬物乱用が増えている理由について約8割の学生が「薬物が簡単に手に入る」と回答し、全体の4%は「他人に迷惑をかけないのであれば使うかどうかは個人の自由である」という結果があります。
また、約45000人の高校生のうち約0.5%が何かしらの薬物を乱用した経験があるという報告もあります。

「みんなやっているから?」、「1回だけなら?」・・・未来をつくるのはいま生きている私たちの役目です。

学生がここで学んだことをこれからに活かしてほしいと願っています。

※高宮氏の高の字ははしごだかです。

今年度第5回目のCPS講座講演会を開催いたしました [2011.08.02]

s1-RIMG0120.jpg 7月25日・26日、2年生対象にキャリアデザイン2・CPS講座で、陸上自衛隊小倉駐屯地第40普通科連隊長 中村 裕亮氏からご講演をいただきました。

 自衛隊の核心任務は「我が国の防衛」であるが、災害派遣も重要な任務であり、今回の東日本大震災復旧支援を通して得た経験をもとに、「部隊指揮官の役割とは?」、「危機に際しての指揮官のリーダーシップとは?」をテーマに、社会人として必要なリーダーシップのあり方を伺うことができ、学生にとってはこれからの大学生活・部活動や社会でとても役に立つアドバイスをいただきました。

 

オープンキャンパスを開催いたしました [2011.07.29]

九州共立大学後援会総会と大学ガイダンスを開催しました [2011.06.14]

s-IMG_7602.jpg 平成23年6月4日(土) 九州共立大学後援会総会と大学ガイダンスが、本学深耕館にて開催され、約130名の保護者と学生が参加しました。

大学ガイダンス第一部では、熊本ルーテル学院大学の大畑先生による講演会が行われました。テンポのよい熊本弁とパワフルな口調に引き込まれ、90分の講演があっという間に感じられました。

『挨拶』『早起き』『朝食』、どれも当たり前の事のようだが基本がとても大切だと改めて感じました。参加していない学生達にも是非とも聞かせたいと思うと同時に、今回参加した私達も、また何度でもお話を聞きたいと思うとても良い講演会でした。

大学ガイダンス第二部では、1・2年生は、教務部長の松田先生より、大学の年間行事や履修単位数、成績通知書の見方などについて説明がありました。

 保護者の方々からも、「今まで成績通知書の見方がよく分からなかったが、とても分かりやすく説明していただき、今後成績通知書をもらうのが楽しみです」との感想をいただきました。

 3・4年生は学部ごとに分かれ、内定をもらった学生の体験談等が聞けて、とても参考になりました。

 「私はこうやって内定を獲得した」、「就職活動で困ったこと」、「親にこんなサポートをしてもらった(してほしかった)」等、学生達の体験談を聞くことができました。

 親子で就職について話す良いきっかけになった、等の声をいただきました。

   s-IMG_7504.jpg  s-IMG_7530.jpg
            *上田後援会長挨拶*                    *福原学長挨拶*
 
   s-IMG_7591.jpg  s-IMG_7568.jpg  
            *大畑先生講演*                       *講演の様子*


   s-IMG_7681.jpg  s-IMG_7668.jpg
        *経済学部パネルディスカッション*         *スポーツ学部パネルディスカッション*


日本文化研修「ふくや・福岡ドーム見学及び櫛田神社周辺散策」 [2011.05.26]

s-IMG_5287.jpg 5月20日(金)に日本語能力向上室主催の日本文化研修の一環として、「ふくや・福岡ドーム見学及び櫛田神社周辺散策」へ行きました。この研修には九州共立大学・九州女子大学の短期留学生計7名が参加しました。

 まず向かった『ふくやファクトリー』では、博多名物として親しまれている明太子の製造工程を見学し、明太子のレプリカを使って10秒以内でのパック詰め体験をして楽しんだ後に、できたての明太子を試食しました。工場の見学中は熱心に説明を聞き、明太子の試食時には大変おいしくいただきました。その後『福岡ヤフージャパンドーム』へ移動してドームの見学ツアーに参加しました。選手達が実際に使用しているロッカールームやベンチなど、日ごろ見たり触れたりできないドームの裏側や観戦シートに座っての説明を聞き、貴重な経験をすることができました。

最後に、博多の名所の一つでありパワースポットの日本最大の木彫り座像のある『東長寺』や、博多祇園山笠でも有名な『櫛田神社』及び『博多ふるさと館』周辺を歩いて散策しました。


この研修では地元福岡の有名なものを見て体験し、留学中の一日研修としてとても充実した研修になりました。

s-IMG_5270.jpg  

経済学部スポーツビジネス論の特別講義を行いました [2011.05.25]

s-IMG_7254.jpg 5月19日(木)、経済学部スポーツビジネス論の講義において、パシフィックリーグマーケティング株式会社執行役員の前沢賢氏をお迎えし、特別講義を行いました。

 今回の講義は、講義を選択している学生だけでなく、興味のある学生が参加できるオープン講義ということもあり、空席がないほどの学生が参加し、前沢氏が大学卒業から現在の仕事であるスポーツビジネスにかかわるまでのいきさつや、現在携わっているプロ野球というスポーツビジネスに関することなど、スポーツビジネスを学ぶ学生にとって大変興味深い内容とあり、学生は真剣なまなざしで講義に耳を傾けていました。

 講義の最後には、質疑応答の時間が設けられ、学生たちは講義の内容などについて次々と質問をしていました。当初30分を予定していた質疑応答時間では足りなく、講義終了後も次の授業が始まるぎりぎりまで質問をする学生が相次ぎ、白熱した講義となりました。

s-IMG_7260.jpg  s-IMG_7229.jpg

学友会主催の講演会を開催しました [2011.04.11]

s-IMG_6970.jpg 4月4日(月)、学友会体育会 学術文化会主催の新入生歓迎講演会を開催し、講師にアテネ・北京オリンピック バレーボール全日本女子チーム監督の柳本晶一氏をお迎えしました。
 
 講演会開催にあたり、北九州市スポーツ文化局スポーツ振興担当部長 佐野正勝氏よりご挨拶をいただき、講演会がスタートしました。 

 「伸びる瞬間を見逃すな!」と題し行われたこの講演会には、新入生、在学生約500名の学生が参加し、全日本女子バレー復活請負人と呼ばれる柳本氏の講演に真剣に耳を傾けていました。


s-IMG_6944.jpg  s-IMG_6969.jpg

s-IMG_7010.jpg  s-IMG_7000.jpg

平成23年度 オープンキャンパスの日程が決定しました! [2011.04.06]

tirasi.JPG  平成23年度のオープンキャンパスの日程が決定しました!!

 

*オープンキャンパス日程*
  7月23日(土)・24日(日)
  8月20日(土)・21日(日)
  9月23日(祝・金)


 チラシはこちら 

イベントなど決まり次第ホームページに随時公開します。

九州共立大学「キャリア教育推進会議」座談会を開催いたしました。 [2011.03.23]

s-IMG_6219.jpg 平成23年3月17日(木)、「就業力GP」の取組みのひとつとして、九州共立大学「キャリア教育推進会議」座談会を開催いたしました。

 この「キャリア教育推進会議」は、就業力GPの取組みに対する外部評価機関として位置づけるもので、第一回目となる今回は、「学校教育におけるキャリア教育と社会へと繋がる就業力育成について」をテーマに、産・官・学の有識者を招き、本学のキャリア教育の取組み内容について紹介するとともに、「就業力」について座談会の形式で意見交換を行いました。

 本学の「就業力GP」の取組みを成功させるためには、「課題解決型への教育改革」と「目標達成へ照準を合わせる教職員の意識改革」が必要であるとの結論を得ました。座談会の出席者は以下の通りです。


TOTO株式会社 人財開発本部人財開発センター部長       梅田 弘人  氏
北九州市産業経済局総務政策部 学術振興課長           田島 裕美 氏
福岡県立中間高等学校 校長                       中村 潤  氏
自由ケ丘高等学校 教頭                          福原 悟  氏
九州共立大学 副学長                            奥田 俊博 
九州共立大学共通教育センター 所長                  田中 邦博

s-IMG_6140.jpg s-IMG_6168.jpg

経済学部入学前サポート・スクーリングを開催しました [2011.03.23]

 経済学部主催の入学前サポート・スクーリングを3月12日(土)に開催しました。

 今年で4回目を迎え,「新入生が大学生活に『慣れ,親しみ,楽しむ』きっかけをえる場,「企画・運営について,学生が実践から学ぶ場」として欠かせない経済学部の主要行事になっています。

s-IMG_5809.jpg  s-IMG_5831.jpg

s-IMG_5838.jpg  s-IMG_5868.jpg

<第4回 経済学部 入学前サポート・スクーリング>

日時:2011年3月12日(土)9:00から14:30,会場:学思館,自由が丘会館
主催:経済学部,協力:簿記・会計研究会,公務員サークル,就職サークル,スポーツイベント・メディア研究会

1.コンセプト:

 「慣れる・親しむ・楽しむ」,新入生が大学生活スムーズに始めるために,入学式前に,大学に「慣れる」,同級生や先輩,先生方と「親しむ」,新しい仲間で「楽しむ」ための場を設ける。新生活は,慣れない環境で,友人知人を作りながら,多くの手続きをこなしていくという,大変ストレスの多い行事である。前もって大学を知り,声をかけ合う友人知人がいることは,ストレスを軽減し,生活をスムーズにし,充実した大学生活を送ることにつながる。

2.企画・運営のねらい:

 教員が中心となるなかで,学生に主体性をもたせ,企画・運営を体験することによって,社会人に必要なコミュニケーション能力やリーダーシップを養成する。

3.実施効果:
 
 半年前から企画し,準備をおこなった。十分な時間があるとはいえないなかで,2年生をリーダーとして,各自の責任感のある行動とお互いのサポートによりチーム力を十分に発揮することができた。一方,参加した新入生は,開会当初は緊張感がみられたが,時間がたつにつれ,スタッフとのコミュニケーションが増え,表情も和らいだ。懇親会の際には,スタッフと話がはずむ姿もみられ,九共大学生の顔になっていた。

4.概要
(1) 9:00-10:00 受付,
(2) 10:00-10:15 開会式,
(3) 10:30-12:15 模擬ゼミ,4つの大学生活に関するテーマから2つ選択し受講,
(4) 12:30-14:30 懇親会・じゃんけん大会・ビンゴゲーム・個別相談,
(5) 14:30-14:45 閉会式,

<模擬ゼミの内容>
(1)グループ1:資格取得について(簿記・会計,FP,公務員,教職免許等),
(2)グループ2:商店街活性化について(黒崎商店における活動報告),
(3)グループ3:スポーツビジネスについて(スポーツビジネスの現場活動報告),
(4)グループ4:地域活性化について(折尾における活動報告)

本学短期留学生の履修証書授与を挙行しました [2011.03.16]

s-IMG_6047.jpg 3月9日(水)14:45から短期留学生1名の履修証書授与を挙行いたしました。

本短期留学生は2010年10月末に来日し当初は日本語をあまり話す事ができませんでしたが、今では人前で簡単なスピーチが出来るほど、日本語が上達していました。

履修証書授与には、福原学長をはじめ山本洋一先生、中島先生も出席をされました。

福原学長より履修証書を授与された修了生1名はスピーチを行い、留学期間の思い出、日本での体験や感想等を話しました。

最後に修了生を囲んで記念撮影を行い、短期留学生には留学生活の締めくくりとしていい思い出になったようです。

日本へ来てから、悩み・不安・心配事が色々あったかと思います、でもそれ以上うれしかった事、楽しかった事、日本に来て新しい友達がたくさん出来た事等あったと思います。日本での留学生活が今後の人生の転換になれればと心から思っています。

*短期留学生* タ イ  チェンマイ大学   タンジー チャツラパット

s-IMG_6034.jpg  s-IMG_6050.jpg

日本語能力向上室 奈良・京都研修旅行「短期留学生 早春の古都を巡る」 [2011.03.10]

s-ryugakuseikyoto1.jpg 2011年2月21日(月)から23日(水)の2泊3日、日本語能力向上室で学んでいる短期留学生8名(韓国、タイ、中国、モンゴル)が、日本文化研修で奈良・京都を訪れました。

 行程は、門司よりフェリーで大阪南港に行き、その後、バスに乗り換え奈良に向かいました。奈良では、法隆寺、東大寺を巡り、一路京都へ。京都では清水寺、二条城、金閣寺、龍安寺を巡った後に、新幹線で帰りました。

大仏の大きさに驚き、「清水の舞台」から京都市内を見渡し、また、金閣寺の美しさに触れ、日本庭園を回りながら、日本の伝統文化を肌で感じることができました。

晴天に恵まれ、奈良公園の鹿と戯れたり、旅先でさまざまな交流もでき、留学中の楽しい思い出作りができました。


s-ryugakuseikyoto2.jpg  s-ryugakuseikyoto3.jpg

「工学部お別れ会」を開催しました [2011.03.10]

 「工学部お別れ会」を,平成23年2月19日に九州共立大学自由ケ丘会館にて開催しました。

この会は、工学部卒業生と旧教職員に対して、工学部の状況を説明することを第一の目的として行われました。会には、年度末の忙しい時期にもかかわらず卒業生161名、旧教職員25名、現職教職員80名(工学部43名、他学部37名)、学生約45名、計約310名が参加しました。

「工学部お別れ会」は、環境土木工学科の牧角教授が総合司会を務め、式次第(資料はこちらから)に沿って行われました。まず、福原学長の挨拶で始められ(写真-1参照)、続いて小島工学部長より本会の趣旨説明が行われました(写真-2参照)。

 本学土木工学科2回生の原裕氏による「工学会特別講演会」が「環境と建設技術の融合で挑戦し続けるー夢を持ち継続することの大切さー」と題して行われました(写真-3参照)。
(パワーポイントの資料はこちらから。)続いて,小島工学部長より工学部の歩んできた道を振り返りながら、工学部学生募集停止に至る経緯とその後の動向などについて説明を行いました(写真-4参照)。(パワーポイントの資料はこちらから。)

 本会の第二の目的である卒業生と在学生、現旧教職員との懇親を深めるための懇親会が、1階食堂で工学部長と学長の挨拶および同窓会「自由ケ丘」会長執行様の献杯をもって始められました。学科ごとのテーブルに先輩、同輩、後輩、現旧教職員が集い、大学時代の話や仕事の話などに花が咲きました。最後に、生地工学研究科長による閉会の挨拶が行われ、別れを惜しみながら「工学部お別れ会」が閉幕しました。

 
s-IMG_5893.jpg  s-IMG_5907.jpg
        写真−1 福原学長の挨拶             写真−2 小島工学部長の趣旨説明

s-IMG_5918.jpg  s-IMG_5949.jpg
        写真−3 原裕氏の講演              写真−4 小島工学部長による説明

写真−5 懇親会での献杯や歓談、閉会の挨拶などの写真
s-IMG_5976.jpg  s-IMG_5984.jpg
s-IMG_6003.jpg  s-IMG_6007.jpg
s-IMG_6012.jpg  s-IMG_6020.jpg

<就業力GP」選定記念、第2弾企画>生涯キャリア支援による就業力育成講演会を開催いたしました [2011.03.02]

s-IMG_5843.jpg 平成23年2月19日(土)、「就業力GP」選定記念、第2弾企画として「講演会」を行いました。

 講師は九州ルーテル学院大学客員教授 大畑 誠也氏。

 「21世紀の能力ー悪戦苦闘能力を身に付けよう」と題し、熊本県内の高等学校長時代に取り組んだ学校活性化の実績を中心に講演がなされました。21世紀に求められる能力を「悪戦苦闘能力」と称し、五つの重点項目(挨拶・体力・感性・集中・思考)の実践を通した人間教育を核とした「学校づくり」を熱く説かれました。

一般市民を含め約150名の方の参加を得て、大満足の講演会となりました。


講演会の様子は就業力育成支援事業のサイトをご覧ください
サイトはこちら

s-IMG_5821.jpg  s-IMG_5860.jpg

経済学部マネジメントコースの授業「環境経営特講」において講演が開催されました [2011.02.14]

 講師: 三村聡 氏(ISOコンサルタント/福岡市博多区博多駅前・有限会社アイムス代表)

経済学部環境産業マネジメントコースの授業「環境経営特講」において、食品安全マネジメントシステムや、HACCP、ISO22000,PAS220などの食品安全の国際基準に関する講演が開催されました。

「環境経営特講」では安全性確保と環境保全のために農業者が実践することを推奨されているGAP(適正農業規範)について学んで来たので、製造業者・加工業者・食品取扱者等に推奨されているHACCP,ISOについて講演で学ぶことによって、フードチェーンを通した安全性と安心確保のシステム全体を学ぶことができるものと期待されました。

PAS220の規格要求事項の解説まで含んだ 高度な内容であったにも関わらず、三村氏によるコンサルト経験に裏付けられた明快な原理と実際の説明に、学生たちも熱心に聴講していました。この講演によって、GAP,HACCP,ISOに共通するリスクマネジメントの理論と実際の両方について理解できたものと思われます。

s-P1000566.jpg  s-P1000564.jpg

<工学部卒業生・旧教職員の皆様へ>「工学部お別れ会」のお知らせ<終了しました> [2011.02.07]

「工学部お別れ会」 を下記の要領で行います.多数のご参加をお待ちしております.
申し込みをされていない方でも,当日都合がつきましたら,是非ともご参加ください.


日時:平成23年2月19日(土) 15:00から19:30
会場:九州共立大学 自由ケ丘会館


会の次第とスケジュールはこちら

講演会のチラシはこちら


*問い合わせ先*
九州共立大学総務課
TEL:093-693-3005

第7回九州共立大学出身プロ野球選手後援会「選手との集い」開催のご案内<終了しました> [2010.12.22]

 九州共立大学出身プロ野球選手後援会が主催する第7回九州共立大学出身プロ野球選手後援会「選手との集い」が平成23年1月8日(土)、リーガロイヤルホテル小倉において開催されます。
 この「選手との集い」は、福岡ソフトバンクホークスで活躍している九州共立大学出身の柴原選手、田上選手、新垣選手、馬原選手、高橋選手を招いて参加者との親睦を深めるイベントです。
 関係者一同、皆さんのご来場を心よりお待ちしております。
 参加申込方法については、下記URLよりお申し込みフォームの注意事項等をご参照の上、お申し込みをお願いいたします。
<概要>

開催日時・場所平成23年1月8日(土) 開始16:00(受付開始15:00)
リーガロイヤルホテル小倉
福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-2 (TEL:093-531-1121)
出席選手

柴原 洋、田上 秀則、新垣 渚、馬原 孝浩、高橋 秀聡 (予定)

参加費1名様 10,000円

 

<申込等>

申込方法九州共立大学出身プロ野球選手後援会ホームページ(下記URL)からお申し込み下さい。
URL: http://kkupb.com/
申込締切平成22年12月20日(月)
※現在追加申込を受付中です。追加申込のチケットのお渡しは、当日受付にてのお渡しとなりますので、入金確認できるものをお持ち下さい。また、当日の現金でのお支払いも可能です。
連絡先

九州共立大学出身プロ野球選手後援会事務局 担当 ( 杉野)

TEL・FAX:093-693-3197

<過去の「選手との集い」の模様>
bassball01.jpg  bassball02.jpg

bassball03.jpg  bassball04.jpg

生涯キャリア支援による就業力育成シンポジウムを開催いたしました。 [2010.12.15]

 平成22月12月4日(土)本学自由ケ丘会館4階多目的ホールにて、文部科学省「大学生の就業力育成支援事業」選定記念企画である「生涯キャリア支援による就業力育成シンポジウム」を行いました。
 およそ200名の方が参加していただき、北九州市長北橋健治様より「多様な人材が輝き、活力あふれる元気な町づくり」- 特色ある大学活動と地域活力化 - をテーマとする基調講演をしていただき、本学の大学生の就業力育成支援事業プログラムの内容を紹介するとともに、今後の就業力育成について有識者の方々と意見交換を行い、有意義なシンポジウムとなりました。

今後も、講演会や座談会を予定しております。
      s1-IMG_4540.jpg  s1-IMG_4665.jpg

北九州イノベーションギャラリーで行われている特別展に本学教員が出展しています [2010.12.09]

 12月8日(水)から開催されている特別展『北九州発!イノベーションのたまご展』に本学工学部メカエレクトロニクス学科の山口静夫教授が小型電気自動車と太陽電池で動作する近未来遊園地模型を展示しています。

 ぜひご覧ください。

 特別展『北九州発!イノベーションのたまご展』
 【期間】平成22年12月8日(水)から12月19日(日)
 【場所】北九州イノベーションギャラリー「企画展示ギャラリー」
 【観覧時間】平日:9時から19時
       土日祝日:9時から17時(入場は閉館30分前まで)
       ※休館日は毎週月曜日(対象日:12月13日(月))

経済学部の学外研修を行いました。 [2010.11.30]

 経済学部では、毎年恒例の「学外研修」(バス研修)を、11月13日(土)に行い、277名の学生が参加ました。

研修内容は、以下の通りです。

<平成22年度 経済学部在外研修内容>

1.研修内容:九州経済の過去・現在・未来を学び、その実態について理解を深める。
2.対  象: 経済学部の2?4年生(専門演習)
3.研修目的:学外研修(ワークショップ)を通じて「地域経済・地域文化」を学ぶ。
及び「学生と教員」との交流。

4.【研修内容】
  経済学部カリキュラムでは、授業にゼミナール型研修授業(実習)を積極的に導入し、学生の現実経済に対する視野を広め、「課題発見」「課題解決」型の人材を育成していくことを謳っている。具体的には、1年次のキャリア基礎演習や2年次からの専門演習における「学外研修」(体験型学習)の実施である。
このような学外研修の実施により、学生の「学習領域」を広めるとともに、「現実経済の実態や動向」についての理解、及び「生きた経済・企業経営の実態等への洞察力」を深めることを目的としている。

研修実施概要:下記の3つのテーマで研修を実施。

【研修コース1】 研修テーマ:「地域の歴史・文化と経済について学ぶ」
(コース1?1)*キリンビール工場、九州国立博物館、大宰府天満宮コース
(コース1?2)*アサヒビール工場、九州国立博物館、大宰府天満宮コース
【研修コース2】 研修テーマ:「原子力発電と地域経済・歴史との共存」
  *佐賀県玄海エネルギーパーク、玄海原子力発電所、地元玄海町の地域活性化事業、名護屋城跡・博物館見学コース
【研修コース3】 研修テーマ:「自然と環境について学ぶ」
*北九州平尾台自然の郷(平尾台カルスト台地、鍾乳洞、etc)、いのちの旅博物館コース
s-2010gakugai_148.jpg  s-2010gakugai_171.jpg

「生涯キャリア支援による就業力育成シンポジウム」開催のお知らせ [2010.11.24]

本学におけるキャリア支援教育の取組が、平成22年度文部科学省「大学生の就業力育成支援事業」に選定されました。
これを記念して、「生涯キャリア支援による就業力育成シンポジウム」を開催いたします。
入場無料・申込不要です。多数のご参加お待ちしております。

日時:平成22年12月4日(土) 10:00から12:30
会場:九州共立大学 自由ケ丘会館4F 多目的ホール

詳細はこちらをご覧ください。


オープンキャンパスを開催いたしました [2010.10.13]

就職活動体験報告会を開催しました。 [2010.10.12]

s-P1020097.jpg 10月8日 キャリアデザイン?の授業で内定した4年生6名による「就職活動体験報告会」を行いました。

就職活動の現状、内定に到る経緯、就職活動で苦しかったこと、採用試験の内容、後輩に伝えたいこと等々をパネルディスカッション形式で開催しました。

今後、就職活動を開始する3年生からも活発な質問が飛び出し有意義な報告会になりました。
また、突発的に面接を再現した模擬面接を行い司会者が面接官になり4年生が質問に答えるという場面を再現しました。

4年生の完璧な対応に3年生から盛大な拍手がおこり1年後には自分たちが採用試験の現場で答えなければいけないという自覚と驚きが見られ今後の就職活動意識向上に役に立った報告会でした。


s-P1020095.jpg s-P1020100.jpg

s-P1020109.jpg s-P1020112.jpg

s-P1020114.jpg

第46回霜月祭のご案内 [2010.10.07]

s-P1000549.jpg第46回霜月祭を下記の日程で開催いたします。

 【日 時】10月30日(土)
      10月31日(日)
      11月1日(月)
 【テーマ】JET―brand new story―
【場 所】九州共立大学内<メインステージ:自由ケ丘会館前>
      〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8
      アクセスはこちら  キャンパスマップはこちら  

大学コンソーシアム関門--「関門の自然環境とそのエネルギー」--が開催されました [2010.10.06]

期間:平成22年8月30日(月)から9月3日(金)
場所:西日本工業大学小倉キャンパス,北九州港広報船「みらい」
受講生:西日本工業大学11名,下関市立大学4名,北九州市立大学3名,梅光学院大学3名,九州共立大学1名,一般1名
担当教員:成富 勝,宇野 美津夫,小島 治幸
内容:関門地域の自然環境,潮流や各種の海岸,自然景観,自然エネルギー

 今年度も8月最終週の5日間に関門学「関門の自然環境とそのエネルギー」が開講された。本学の工学部と大学院工学研究科の教授3名により、関門海峡やその周辺地域における自然環境や自然エネルギーに関する講義が行われた。

 受講者は、北九州市と下関市にある大学から22名、一般の方が1名の計23名であった。昨年度は32名(大学生23名、一般者9名)が受講しており、大学生はほぼ同じ人数であったが、一般の方の受講者が減少した。受講者は、工学系の学生だけではなく文系の学生も受講しており、真剣な眼差しで講義に聞き入ったり、ノート取りをしたりして、自分たちが住んでいる関門地域の自然環境などを学んだ。(写真−1、2)。

 今年度は、関門海峡や北九州港、下関港、洞海湾などを実際に見てもらおうと、北九州港振興協会所有の海事広報船「みらい」に乗船し、野外授業を行った。船は、門司港を出港し、関門海峡を西に向かい北九州港を左手に、下関港を右手に見ながら両港の概要をマリンメイトさんから説明いただいた(写真−3)。

 その後、かつては「死の海」と言われた洞海湾に入り、現在進められているマイロープ運動や浅場・藻場造成などの環境修復事業および絶滅危惧種であるシバナの保護活動に関して講義が行われた(写真−4)。

 学生からは、「先生、こうゆう授業が一番いいですね。」や「海峡で初めて船に乗ったが、街の風景が違って見え、驚いた。」などの意見が出され、大変好評であった。また、数名の学生が門司駅で電車を下車してしまい、そこから真夏の朝日を浴びながら門司港まで走ってきて、汗びっしょりの身体で無事乗船することができたというハプニングもありました。ともかく、真夏の空の下、有意義な見学会を終えることがでましたのは、船を出していただいた北九州港振興協会をはじめとして多くの方の協力の賜です。

 この場をお借りして感謝申し上げます。

s-10.08.30kanmonphoto1.jpg  s-10.08.30kanmonphoto2.jpg
               写真1                           写真2


  s-10.08.30kanmonphoto3.jpg    s-10.08.30kanmonphoto4.jpg
               写真3                           写真4

九州共立大学経済学部公開市民講座「寺子屋」のご案内 [2010.09.30]

九州共立大学経済学部公開市民講座「寺子屋」

賢い消費者のための経済学


浜の真砂は尽きるとも、世に盗人の種は尽きまじ。
盗人とは言えないまでも正当な取引とは言い難い商行為が増えており、私たち消費者をとりまく生活環境は厳しくなってきました。こんな時代に私たちが採り得る対策は、自らが賢明な消費者であるために知識を増やしていくことです。今回の講座は、経済学部4名の教員がそれぞれの専門や体験を通して消費者としての賢い選択法を示し、参加者とともに考えていきます。皆様の消費生活にお役に立つ内容となることでしょう。


10月30日(土)
 講義1 10:40から11:40
   「悪徳商法に騙されない!」 水本正人教授
        
 講義2 13:00から14:00
   「金融商品の常識・非常識」 権 純珍教授

10月31日(日)
 講義3 10:40から11:40
   「ブランド―『あこがれの』消費」磯野 誠准教授
 
 講義4 13:00から14:00
   「環境行政とエコライフ」  中山 伸介准教授


60分の講義の後、20分ほど質疑応答・交流の時間を設けています。    
   
会場:九州共立大学深耕館2階s209教室

入場無料

10時30分開場です。

事前の申し込みはいりません。当日直接会場にお越しください。


お問い合わせ先:九州共立大学総務課 093-693-3005


科学研究費補助金説明会を行いました [2010.09.24]

s-IMG_3644.jpg 平成23年度科学研究費補助金説明会を、平成22年9月22日(水)本学深耕館にて、九州大学大学院 経済研究院 教授 山本健兒氏を講師に迎え「科学研究費補助金の申請について」というテーマで実施いたしました。

 本学教員77名、九州女子大学教員3名、計80名の出席のもと科学研究費申請の意義、申請のために必要な準備、計画調書記載の勘所等細やかな説明と、研究者にとって一番知りたい情報がもりだくさんの講演であり、大変充実した時間となりました。

 平成23年度科学研究費補助金の更なる申請、獲得に研究機関(事務局)もバックアップ体制を整えて行きたいと考えます。

平成22年度保護者懇談会を行っています。 [2010.09.04]

s-IMG_2304.jpg 平成22年度保護者懇談会が8月28日(土)福岡(本学)をかわ切りに愛媛、広島、大分、宮崎、熊本、沖縄、鹿児島の8会場にて9月12日(日)まで、土曜日、日曜日を中心に開催いたします。

 8月28日(土)に開催した本学での保護者懇談会では、全体会にて就職状況の報告を行った後、地元企業の人事部責任者をお招きし、【(1)近年の企業の採用動向について、(2)企業が求めている人材とは、(3)最近の新入社員気質について】をテーマに講演が行われました。


 今回も学年を問わず多くの保護者の方に参加していただいており、参加された保護者は真剣な面持ちで、就職状況や講演内容についてメモを取っていました。

 全体会終了後には学食にて昼食をとり、午後から個別面談が行われ、担当の先生より、学生一人一人の状況が保護者に伝えられました。

 毎年行われているこの懇談会には学生本人も参加できるため、親子での参加も多く見られました。現在の状況、就職などについて話す1つのきっかけとなったようです。

今後の保護者懇談会日程はこちら

s-IMG_2491.jpg s-IMG_2542.jpg s-IMG_2562.jpg

9月オープンキャンパスの詳細を掲載いたしました [2010.08.25]

硬式野球部のセレクションを行います [2010.08.06]

 本学硬式野球部22年度セレクションを下記の通り実施いたしますので、ご案内申し上げます。

 日付:8月13日(金)から31日(火)
 場所:九州共立大学野球場

 必ず事前に連絡をお願い致します。
 
 *お問い合わせ先*
  九州共立大学硬式野球部(クラブハウス内)
  093-603-0307 

「第21回折尾まつり」に本学園の学生及び教職員が参加しました。 [2010.06.17]

平成22年6月5日(土)から6月6日(日)の2日間にわたり、「第21回折尾まつり」が開催されました。
 折尾まつりは、毎年行われている折尾地区最大のイベントであり、九州共立大学、九州女子大学・九州女子短期大学の学生や教職員が実行委員として参加するなど、本学園との関わりが深い行事のひとつです。
 今年もメイン会場である折尾西公園では、郷土芸能である折尾神楽(おりおかぐら)、ダンスコンテスト、太鼓演奏、お楽しみ抽選会等のプログラムが繰り広げられました。

 本学園の学生は、まつりのオープニングを飾る吹奏楽部の演奏を始め、大学祭実行委員会の学生がプログラムの司会・進行を行ったり、露店を出したりと積極的に運営に携わりました。また、留学生による国際屋台村では、中国、韓国、タイ、モンゴル、メキシコ、ニュージーランド、イタリアの各国の料理が振舞われ、行列が出来るほどの盛況ぶりでした。さらに、沖縄県人会の学生による沖縄エイサーは、毎年折尾まつりを盛り上げるメインプログラムの1つで、今年もたくさんの観客の方々が学生たちの踊りに加わり、盛大な盛り上がりを見せていました。

 2日間にわたって行われた折尾まつりは、両日共に天候に恵まれたことから、たくさんの人で賑わい、本学園の学生にとって、地域の方々とふれあう貴重な時間を過ごすことができました。


*折尾まつりの様子*

IMG_4152.jpg
学生たちによる吹奏楽演奏
orio03.jpg
九州共立大学の露店
orio04.jpg
九州女子大学・九州女子短期大学
の露店
orio05.jpg
国際屋台村
orio14.jpg
留学生の演技
orio06.jpg
神洲太鼓
orio07.jpg
折尾神楽
orio08.jpg
沖縄エイサー1日目
orio09.jpg
実行委員の学生たち
orio10.jpg
ダンスコンテストで演技を披露する学生たち
orio11.jpg
学生たちによるイベント運営
orio12.jpg
沖縄エイサー2日目


オープンキャンパス2010の日程が決定いたしました [2010.04.20]

平成22年度進学相談会日程を掲載しました [2010.04.15]

 

学友会新入生歓迎会を行いました [2010.04.13]

 IMG_0418.jpg4月5日(月)、学友会「体育会」「学術文化会」新入生歓迎を行い、来賓に本学園特別講師の山本華世氏をお迎えし、福原弘之学長をはじめとする教職員、各クラブ活動の監督、コーチ、21の部活動の新入部員と主将、主務、約200名が出席しました。

 この歓迎会は、新入生の歓迎とともに他部活との連携強化、また昨今、増加している大学生の事件・事故及び問題行動等の防止を目的としており、福原学長、来賓の山本華世氏の挨拶では、九州共立大学及び部活動の代表としての意識をしっかりと持ち、行動するようにと語られました。


 各クラブ・サークルが、本学の代表である自覚をしっかりと持ち、それぞれの分野で活躍することが期待されています。


IMG_0406.jpg  IMG_0410.jpg

IMG_0477.jpg  IMG_0480.jpg

<在学生の方へ>売店名公募について<終了しました> [2010.03.23]

IMG_3380.JPG 大学内に設置されていたローソンに代わり、九州共立大学売店が平成22年3月15日(月)よりリニューアルオープン致しました。そこで、学生の皆様から下記要領にて名称を公募いたします。
公募用紙には要望欄も設けておりますので、置いてほしい商品の希望など、何でも自由に要望を書込んで下さい。「○○社の○○という商品の○○味をおいてほしい」「FAXが送信できるカラーコピー機を設置してほしい」等何でも構いまいません。もしかすると貴方の願いが叶い、便利に利用できるかもしれないチャンスです。

自分の考えた名称が売店名になるかもしれません。受賞者には記念品の贈呈も行いますので、奮って応募下さい。皆様のアイデアをお待ちしております。

【応募要領】
■募集内容 九州共立大学内で営業を行う売店の名称
※未発表作品に限ります。

■応募規定 売店内で配布する公募用紙にて各項目を記入後、売店内の受付箱又は提案箱に投稿
※全項目記入済みの規定公募用紙のみ受付とみなします。

■応募資格 九州共立大学在学生
※1名又はグループでの応募が可能です

■賞  品 最優秀賞(1名)、特別賞(2名)を選考し、記念品を贈呈します。 
※グループで受賞の際も1名分とします。

■締め切り 平成22年4月30日(金)

■結果発表 平成22年5月10日(月) 九州共立大学ホームページにて掲載

■諸権利  入賞作品の著作権は学校法人 福原学園に帰属します。


以上

<在学生の方へ>自由ヶ丘会館1階の食堂名公募について<終了しました> [2010.03.05]

 自由ケ丘会館1階の学生食堂が平成22年4月1日(木)よりリニューアルオープン致します。
九州共立大学の新しい学生食堂としてご利用していただくため、学生の皆様から下記要領にて名称を公募いたします。

 公募用紙には要望欄も設けておりますので、メニューの追加や変更希望など、何でも自由に書込んで下さい。「ケーキやパフェが食べたい」、「昼食時にクラシック音楽の演奏を行いたい」など、もしかすると貴方の願いが叶うかもしれないチャンスです。
 
 自分の考えた名称が食堂名になるかもしれません。受賞者には記念品の贈呈も行いますので、奮って応募下さい。皆様のアイデアをお待ちしております。

【応募要領】
■募集内容 九州共立大学 自由ケ丘会館 1階で営業を行う食堂の名称
         ※未発表作品に限ります。

■応募規定 食堂内で配布する公募用紙にて各項目を記入後、食堂内の受付箱又は提案箱に投稿
         ※全項目記入済みの規定公募用紙のみ受付とみなします。

■応募資格 九州共立大学在学生
         ※1名又はグループでの応募が可能です

■賞  品  最優秀賞(1名)、特別賞(2名)を選考し、記念品を贈呈します。 
         ※グループで受賞の際も1名分とします。

■締め切り 平成22年4月30日(金)

■結果発表 平成22年5月10日(月) 九州共立大学ホームページにて掲載

■諸権利   入賞作品の著作権は学校法人 福原学園に帰属します。


以上


【この件に関する問い合わせ先】
九州共立大学 総務課
担当者 高橋
連絡先093-693-3000

2010年 日本語能力向上室 スプリング・スクールが終了しました [2010.03.04]

IMG_4227.JPG 1月28日(木)から2月10日(水)までの2週間、日本語能力向上室においてスプリング・スクールが開催されました。

 今回は、韓国大邱大学校より5名の学生が参加のために来日し、また、九州共立大学と九州女子大学の短期留学生及び外部聴講生がスプリング・スクールに参加しました。

 IMG_4226.JPG午前中は、日本語の授業を受講し、午後は日替りで市民ボランティアとの交流会、スポーツ吹き矢、日本の伝統音楽(大正琴)、学外研修(小倉城周辺散策)、学生ボランティアとの交流活動、茶道・浴衣体験、折り紙等の日本文化研修を行ないました。参加した留学生は直接日本文化を体験することができました。

 スプリング・スクールに参加した留学生は、日本人と接するだけではなく、色々な国の留学生とも交流を深め、毎日楽しく受講しておりました。

 2月10日(水)スプリング・スクール最終日に、大邱大学5名の学生に対し修了証書が授与され、その後、学生たちによる韓国と母校の紹介が日本語で行われ、短期間の研修でしたが、勉強の成果を見せてくれました。

 市民ボランティア・チューターの方や学生ボランティアとの協力をえて、無事にすべてのプログラムを終了しました。

IMG_4220.JPG
折り紙に苦戦中
IMG_3860.JPG
スポーツ吹き矢に挑戦
IMG_3951.JPG
学外研修(八坂神社)
IMG_4105.JPG
足がしびれた茶道体験
IMG_3922.JPG
大正琴の体験

日本語能力向上室で「2009年度後期修了スピーチ発表会」が行われました。 [2010.02.08]

IMG_3694_2.JPG 2010年1月18日(月)に耕雲館6階ラウンジにおいて、国際交流・留学生センター 日本語能力向上室主催の「2009年度後期修了スピーチ発表会」が行われました。今回の発表者は韓国より現地学期制により九州共立大学へ留学した3名の留学生、朴星熹さん、文榮善さん、南宮蘭さん。また、2009年12月20日(日)に北九州国際交流協会主催の「第17回留学生日本語弁論大会」において好成績(審査員特別賞)を収めた九州女子大学所属の短期留学生張傑さんを含めて計4名の留学生がスピーチを行いました。
 朴星熹さんは「思い出が詰まった4ヶ月」、文榮善さんは「日本での思い出の旅行」、南宮蘭さんは「過ぎた日々の思い出」、張傑さんは「小さなやさしさ 大きな愛」という演題で、5ヶ月間という短い期間で体験した日本のイメージについて語り、思い思いに表現していました。中には、感極まって涙する場面も見られました。スピーチ発表会にはお世話になった日本語の先生方、所属大学のゼミの先生、お世話になった市民ボランティア・チューターの方、他の留学生が多数参加し、留学生のスピーチを一人ひとりが熱心に聞き入り、一つのスピーチが終わる毎に感想や質問を述べていました。
 発表会終了後には、お世話になった日本語教員や市民ボランティア・チューターの方たちと楽しく語りあう姿が見られました。

学位(博士)申請論文公聴会開催のお知らせ [2010.02.04]

 工学研究科環境・都市システム工学専攻では,下記の要領で学位(博士)申請論文の公聴会を開催いたします。
 年度末のお忙しい時期とは思いますが、本論文に関する忌憚のないご質問およびご意見を頂き,議論を深める機会と致したく、是非ともご参加頂きただきますようお願い申し上げます。

□日     時: 平成22年2月24日(水) 14:00より
□場     所: 北九州市八幡西区自由が丘1-8
            九州共立大学工学部深耕館2F S204教室
□論文提出者: 博士後期課程 環境・都市システム工学専攻
            原 喜則 氏
□論文 題名 : 沿岸域における自然環境のデータベース構築と総合的評価手法に関する研究


【問合せ先】小島治幸
住所:北九州市八幡西区自由ヶ丘1-8
九州共立大学大学院工学研究科
環境・都市システム工学専攻
電話:093-693-3227 Fax:093-693-3225
E-mail:kojima@kyukyo-u.ac.jp

生涯キャリアシンポジウムのご案内 [2010.02.03]

ライジング福岡 VS 大分ヒートデビルズの試合が本学にて開催されます! [2010.02.02]

rizing_banner001.jpg

bjリーグ2009‐2010 シーズン公式戦

ライジング福岡VS大分ヒートデビルズ


 3月6日()19:00から(開始)17:00から(開場)

 3月7日()14:00から(開始)12:00から(開場)


福原学園の学生・生徒は2F席を1000円で
九共大 総務課にて販売しています。

お問い合わせ  093-693-3193


<本学までのアクセス>
● 東口から市営バス高須方面に乗り大学前で下車。(100円)
● 徒歩15分ほどです。(を参考にお越しください)
● 学内に駐車スペースがあります。

10.02.02map.JPG

九州共立大学同窓会「自由ヶ丘」設立40周年事業、少年野球教室を開催しました。 [2010.01.21]

平成22年1月9日(土)に本学野球場にて、柴原 洋選手・田上 秀則選手・新垣 渚選手・馬原 孝浩選手・高橋 秀聡選手の5選手(福岡ソフトバンクホークス)と深谷 亮司氏(元オリックスブルーウェーブ)による4回目の少年野球教室を開催しました。

 当日は、天候の心配もありましたが、晴れ間が見える絶好の野球日和となり、九州共立大学周辺の少年野球チーム10チームから総勢141名が参加し、憧れのプロ野球選手から、熱血指導を受けました。

 野球教室では田上選手による模範バッティングが行われ、力強いバッティングに参加者からは歓声があがっていました。

 野球教室終了後にはサイン色紙などのプレゼントが当たるお楽しみ抽選会、選手全員とチーム毎の記念撮影などが行われ、有意義で楽しい一日となりました。

*当日の様子*

10.01.21yakyu1.JPG
本当に丁寧な指導!!バットの芯を捉えるには...
10.01.21yakyu2.JPG
体重移動の仕方・身体の軸についての実演指導。
10.01.21yakyu3.JPG
笑顔の少年達...楽しそう (●^-^●)
10.01.21yakyu4.JPG
少しずつ緊張もとけ、いつもどおりにプレー
10.01.21yakyu5.JPG
投げ方の指導。少年の目が輝いています(☆0☆)
10.01.21yakyu6.JPG
声だししながらの、ゴロ捕球!頑張れぇー♪
10.01.21yakyu7.JPG
緊張して少年の顔が...( ̄□ ̄;)!!
10.01.21yakyu8.JPG
新垣選手の視線を感じながら...
女の子も頑張って投球練習(0>ω<0)
10.01.21yakyu9.JPG
実際に捕り方をレクチャー!!
高橋選手を真剣に見つめる少年達。
頑張ってボールに向かっていました。
10.01.21yakyu10.JPG
キャッチャーならではの目線で、個人指導中!!
少年も真剣に練習!!
構え形...◎
10.01.21yakyu11.JPG
馬原選手の指導に顔も、ほころぶ野球少年♪♪
10.01.21yakyu12.JPG
新垣選手も??一緒に勉強中0(^▽^0)(0^▽^)0
10.01.21yakyu13.JPG
馬原選手の話しを真剣に聞いている少年達^o^!!
10.01.21yakyu14.JPG
バックスクリーン目掛けて.........(^3^)/
10.01.21yakyu15.JPG
色紙が当たった少年達は...
緊張しているみたい(;_;)
10.01.21yakyu16.JPG
今日使用したバッティンググローブをプレゼント☆
10.01.21yakyu17.JPG
最後に、各チームで記念撮影。
今日の事を、忘れず練習を頑張ってください。
10.01.21yakyu18.JPG
サイン色紙を貰ったチームは、嬉しそうに...
「ハイ、チーズ!!」(。≧▽≦。)
10.01.21yakyu19.JPG
少年達と選手の握手で締め括りました!!
10.01.21yakyu20.JPG
選手の皆さん、ありがとうございました。
今期の活躍楽しみにしています(*^□^*)
本当にお疲れ様でした。

学内合同企業セミナー2010を開催します [2009.12.10]

 毎年恒例の3年生、院1年生を対象にした学内合同企業セミナーを平成22年1月22日(金)に参加企業様約110社をお招きして学内の鶴鳴記念館で開催します。

 本セミナーに参加いただく企業様には本学卒業生も多く在籍しており毎年多くの学生が本セミナー参加企業様から内定をいただいております。

 昨今の就職環境悪化の中で学生にとっては内定を得るまたとないチャンスが学内合同企業セミナーです。

ま た近隣大学の中でも最大規模のセミナーであり多くの企業様と出会い自分の進路選定・就業の機会を得る場でもあります。
 
 早期活動、早期内定確保のためにも学生諸君!!奮って参加しましょう!!


*昨年度の様子*
P1010201.JPG  P1010222.JPG

P1010223.JPG  P1010233.JPG

吹奏楽部 第15回定期演奏会のお知らせ【ご案内】 [2009.12.09]

 九州共立大学、九州女子大学、九州女子短期大学の合同吹奏楽団「リバティ・ヒルウィンズ」の第15回定期演奏会を開催いたします。詳細は以下のとおりです。

開催日時平成21年12月20日(日)
16:30開場 17:00開演
開催場所 ウェルとばた内大ホール(JR戸畑駅南口より徒歩1分)
入 場 料前売り300円 当日400円(小学生以下及び60歳以上無料)
曲  名 I部:吹奏楽のための音詩「輝きの海へ」(八木澤 教司)
   エル・カミーノ・レアル(リード)
II部:マンマ・ミーア!


precam_vol[1].5.jpg 九州女子大学・九州女子短期大学、九州共立大学が高校生に対して年6回発行しているフリーペーパー「プレキャン!」vol.5 2009.12月号を当日券売り場へお持ちいただくと、同伴者3名様まで無料でご入場いただけます。

 なお、「プレキャン!」は、PDFを出力してお持ちいただいても無料でご入場いただけます

PDFはこちらからダウンロードできます

経済学部主催「第11回 学生研究・在外研修報告会」を行いました。 [2009.12.05]

09.12.04keizai2.jpg
09.12.04keizai1.jpg

   経済学部の学生が、ゼミでの研究成果や海外研修の成果を発表する「経済学部主催学生研究・在外研修報告会」が、11月25日(水)に行われました。
 毎年行われているこの研究報告会は、今年で11回目を迎えました。毎回、内容も充実していき学生の学習・研究の発表の場として欠かせない、経済学部の主要行事になっています。
報告の内容は、以下のとおりです。

<第11回 学生研究・在外研修報告会>

日時:2009年11月25日(水)9:00 ? 10:30
会場:九州共立大学 学思館・深耕館
主催:九州共立大学 経済学部
協賛:九州共立大学 経済学会


学生研究・在外研修報告会プログラム

第一会場 S202(112人) 企業経営   〔座長 磯野先生〕

 1 中野晶仁(李ゼミ) 国内メーカー3社のハイブリッド・EV技術の現状と今後の戦略  
 2 藤中健太(李ゼミ) 小売業のIT戦略  
 3 白鳥孝行(佐々木ゼミ)広告の役割  
 4 福島孝城(佐々木ゼミ) おもちゃの需要について
 5 郭 帥、永尾 卓稔、 山川 智之(増田ゼミ)
ソニーのエンターテイメント部門のポジショニングと課題

第二会場 S209(117人) 地域経済の現状  〔座長 仁部先生〕

 1 小方 大貴、仲新城 長広(菊池ゼミ)市町村合併の研究―長崎県佐世保市のケース
 2 孫 雋、趙 娜、趙 冬紅(菊池ゼミ)ふるさと大連の紹介
 3 大谷 斉(水本ゼミ)山口県の地域格差 
 4 高尾 広樹(末永ゼミ)鳥取県境港商店街の活性化について
 5 平山 亮太(末永ゼミ)九州新幹線と地域経済―鹿児島県を中心に―

第三会場 S210(200人) スポーツと経済  〔座長 長野先生〕

 1 石川萌、竹田睦(森部ゼミ) TVQシニアオープンゴルフについて〔仮題〕
 2 向村 敦士(佐々木ゼミ)スポーツ経済の研究
 3 山村 洋子(菊池ゼミ)プロ野球業界と経済の関わり

第四会場 S211(50人) 在外研修とアジア 〔座長 井上孝先生〕

 1 原口 翔太(佐々木・有村)在外研修報告―マレーシア・タイの旅
 2 成清 佳史(佐々木・有村)マレーシアの経済・日系の企業について
 3 中道 優太(佐々木・有村)在外研修を通して?広がる世界?
 4 藤野英太、二木邦彦、リュウ(増田ゼミ)アジアの健康料理
 5 孫誠(末永ゼミ)日中貿易の発展と提携

第五会場 124教室(161人) 現代社会  〔座長 遠藤先生〕

 1 前津 祥吾(三原ゼミ ) ITパスポート検定における経済学部学生の有利性
 2 奥田 一平(水本ゼミ) 折尾地区の放置自転車の現状
 3 末岡 聡(末永ゼミ)日本のエネルギー発電について
 4 山脇 武人(末永ゼミ)都市機能について―首都と経済都市の機能分散について―

第六会場 133教室(182人) 現代経済  〔座長 甲斐先生〕

 1 江藤 早希(水本ゼミ) デフレ下の日本経済?失われた10年から何を学ぶか
 2 本田 宗大(末永ゼミ)サブプライムローン(優遇金利)について
 3 酒井侑哉(仁部ゼミ) 地球環境問題について―温暖化を中心に―
 4 戸田 敬佑、黒田 大悟、片本 翔太(増田ゼミ) 農家レストラン
 5 南 佳宏(遠藤ゼミ) 民主党の農業政策にかける期待と不安

3年生の就職活動がいよいよ本格的にスタートしました。 [2009.12.03]

 12月1日(火)、2日(水)の2日間、福岡Yahoo!JAPANドームにて大手就職支援サイトを運営している企業主催の合同企業説明会が開催され、本学からも多数の3年生、大学院1年生、留学生が参加しました。

 今回も大学が無料バスを4台運行し、学生支援課職員3名が同行して会場での相談や支援を行いました。
 
 今後、各地で会社説明会が開始され、本学でも1月22日に約110社の企業を招いての合同企業セミナーを開催します。
 就職環境が悪化する中、努力すれば結果は必ずついて来ます。学生の今後の奮闘を期待します。

P1010661.JPG  P1010662.JPG  P1010675.JPG

P1010737.JPG  P1010735.JPG  P1010741.JPG 
 

日本語能力向上室ー学外研修(柳川川下りと八女和紙作り体験)に行きました。ー [2009.11.21]

 11月13日(金)に日本語能力向上室主催の学外研修で「柳川川下りと八女和紙作り体験」へ行きました。九州共立大学・九州女子大学の短期留学生や聴講生が15名参加しました。

 「八女伝統工芸館」では、和紙作りを体験。講師の指導のもと、真剣な面持ちで4種類のハガキ作りをしました。作品の乾燥時間を使い、ボランティアさんの案内で八女の町並みを見学しました。学生たちはカメラを片手に、白壁の家や100年以上前に建てられ今もなおそのままに現存している家の中を見学し、風情ある町並みに感心しながら説明に耳を傾けていました。

 「八女伝統工芸館」に戻り、出来上がった個性豊かな作品を受け取り、感激もひとしおでした。
また柳川では、川沿いを散策し、名物「鰻のせいろ蒸し」に舌鼓しました。その後、船でお堀の川下り。船頭さんの説明やのびやかな歌声を聞きながら、情緒あふれる川下りを楽しみました。

yanagawa_1.jpg  yanagawa_2.jpg

yanagawa_3.jpg  yanagawa_4.jpg

市民ボランティア・チューター交流会を開催しました [2009.11.21]

 10月28日(水)に、日本語能力向上室において市民ボランティア・チューター交流会を開催しました。
 
 今回は日本語能力向上室で日本語の勉強をしている、九州共立大学及び九州女子大学所属の短期留学生や聴講生(韓国、中国、モンゴル、タイ、メキシコ、ニュージーランド、)、日本語能力向上室所属の短期研修生(フランス)、市民ボランティア・チューターの方々と九州共立大学及び九州女子大学のボランティア学生が参加し開催されました。

 交流会内容は、まず留学生一人一人が名前、出身国、出身大学、好きなこと、なぜ日本語を勉強しているか等の自己紹介を行なった後に、参加者全員で活発な交流を行ないました。
短い時間でしたが、留学生にとっては市民とふれあう良い機会となり、市民の皆さんにとっては様々な国の文化にふれる有意義なひとときとなりました。

kouryukai_1.JPG  kouryukai_2.JPG  kouryukai_3.JPG

日本語能力向上室で日本文化研修を行いましたー芦屋釜の里と芦屋歴史の里資料館ー [2009.11.21]

 日本語能力向上室で学習している留学生17名は、10月20日(火)午後1時から「芦屋釜の里」と「芦屋歴史の里資料館」へ学外研修に出かけました。

 「芦屋釜の里」では、毛氈に正座し、お点前を見学。その後、お抹茶のいただき方を習い、秋の季節を映した和菓子と一緒にお抹茶をいただきました。初めてのお抹茶の味を、美味しいと思う学生とそうではない学生がいましたが、お抹茶をいただいた後に自分でも点てる体験が出来、とても良い時間が過ごせました。帰りには、慣れない正座で足が痺れ、立ち上がれない学生が続出しましたが、これも日本文化の体験の一つになりました。

 また「芦屋歴史の里資料館」では、400年前に途絶えた釜作りの伝統の技や時価数億円という高価さをめぐる中国や韓国との関係などを学び、伝統復活にかける職人の方の情熱とアジアの国々の近さを感じました。山鹿貝塚から発見された巫女と思われる女性二人の人骨の展示もあり、重厚な歴史を実感しつつ帰校しました。


 ashiyagama_1.JPG  ashiyagama_2.JPG  ashiyagama_3.JPG

CPScafeイベントのご案内 [2009.10.29]

 

本学留学生がいけばなを体験しました。 [2009.10.24]

 10月14日(水)、小倉井筒屋新館パステルホール(小倉北区)で開催された留学生対象のいけばな体験に本学留学生が参加し、日本のいけばなを楽しみました。

 このいけばな体験は、10月14日から19日にかけて開催された新池坊創流100周年記念「花展」でのイベントであり、本学からは6名の短期留学生が実際にいけばなを体験しました。

 なかなか体験することのない、いけばな体験に少し緊張気味の留学生でしたが、実際に体験して「いい体験になった。もう一度してみたい。」、「趣味にしたい」との声が聞かれ、大変有意義な時間となったようです。

 生けた花は持ち帰ることができ、留学生は自分たちが生けた花をうれしそうに持ち帰っていました。

ikebana1.jpg  ikebana2.JPG

<ご案内>同窓会設立40周年記念イベント「義家弘介氏講演会」を開催いたします [2009.10.21]

yosiie1.jpg九州共立大学同窓会『自由ケ丘』
 同窓会設立40周年記念イベントを開催いたします。
 
 第3部には義家弘介氏の記念講演会を行います。

 日時:11月1日13:30分から
 場所:福原学園鶴鳴記念館<学内マップはこちら

 


※お車でのご来場は駐車場に限りがありますので、ご遠慮ください。
   ご来場の際は公共交通機関をご利用いただきます様、よろしくお願い申し上げます。

 詳しくはこちらをご覧ください

工学会主催「取材旅行」の発表会を開催しました [2009.10.21]

工学部の教員と学生で運営される工学会の主要行事として、学生による取材旅行の発表会を10月7日(水)に行いました。

 毎年行われているこの発表会は、長期休暇中におこなった取材旅行についての成果をパワーポイントにまとめ、発表します。

今回は、9名の学生が7か所での取材旅行を行い、発表しました。

この取材旅行では学生が社会人への一歩として日程決め等すべての企画を立案し、実行するとあり、学生にとっても貴重な体験となるようです。

 これらの取材旅行記は、今年度末に九州共立大学工学会誌として発行され、配布されます。

 IMG_7430.JPG  IMG_7454.JPG


なお、取材テーマ・取材学生は以下のとおりです。
1.北部九州における「はまぼう」の生息調査(福岡)/環境サイエンス学科 久保田春海
2.菜の花による循環型社会への試みに関する調査(滋賀)/環境サイエンス学科 隈倉有童
3.隅田川の周辺、勝鬨橋ついて(東京)/環境土木工学科 宇野伸志
4.沈下橋の紹介と地域との関わり(高知)/環境土木工学科弘田 玄
5.ソニー家電製品の今と昔(東京)/情報学科 岩下達也
6.建物の造りの違いを学ぶ(京都・大阪・神戸)/情報学科 熊谷ひとみ
7.玄海原子力発電所の工場見学(佐賀)/メカエレクトロニクス学科 合田明徳・川副健太郎・廣永貴美

経済学部 第11回 学生研究・在外研修報告会のご案内<学内向け> [2009.10.15]

 演習等で行われている個人研究の発表の他、在外研修について報告会を下記の日程で開催いたします。


日時:平成21年11月25日(水)1限(9:00?10:30)
 場所:学思館、深耕館

2009オープンキャンパスで、学生スタッフが頑張りました!! [2009.10.08]

 7月25日、26日、8月22日、23日、9月20日の5日間、オープンキャンパスが行われ、学生スタッフ15名が受付・案内、キャンパスツアーなどで活躍しました!

 受付での資料配布をはじめ、キャンパス案内や大学生活の相談などを積極的に行いました。
 
*学生スタッフ写真*
P1010598.JPG


 P1010583.JPG  P1010590.JPG

九州共立大学発ビジネスプランコンテスト開催について(募集) [2009.10.07]

本年度もビジネスプランコンテストを開催いたします。

1.目  的
 九州共立大学では将来起業家を志す学生(高校生、大学生、大学院生)を対象に、新規性のあるビジネスアイデアを募集し、ビジネスプランの発表の場を提供します。これを機会に、学生に企業家精神を醸成し、大学発ベンチャー企業を生み出す機運を盛り上げます。

2.日時・場所
 平成21年11月2日(月)10:00から15:00
 九州共立大学にてプランのプレゼンテーションを行っていただきます  
        
3.公募の対象 : 高校生、大学生、大学院生等
注)ビジネスプラン作成についての講習会を10月10日(土)13:00から15:00に行います。

4.審査方法等
 「ビジネスプラン提案書」の審査にあたっては、書類審査等を通じて「新規性」、「創造性」、「実現性」、「計画性」、「収益性」、「成長性」等の観点に照らして決定します。

 賞金:1等・2等・3等(東京ベンチャー留学参加費・旅費)、参加賞(クオカード)

5.採択件数
応募が多い場合は、採択件数は10件程度にいたします。

6.応募方法
(1) 提出期限
 2009年10月5日(月)?10月16日(金)17時までにビジネスプラン提案書を、九州共立大学総合研究所事務局宛 E-mailの添付ファイルにて送信下さい。郵送及び直接の提出も認めています。        
 ビジネスプラン提案書のワープロファイル(ワード形式)は、下記URLより入手可能です
【URL】http://www3.kyukyo-u.ac.jp/K0001/index.htm

(2) 公募に関する問い合わせ及び提出先
  九州共立大学総合研究所(担当: 石丸、増田)
  E?MAIL ishimaru@kyukyo-u.ac.jp
  
 応募様式等の請求、お問い合わせについては、E?MAILでお願いいたします。

『シニアサマーカレッジ』無事、修了!! [2009.10.06]

7月17日にスタートした、北九州市立年長者研修大学校穴生学舎との共催事業、『シニアサマーカレッジ』も、9月25日、いよいよ最終日を迎えました。

 午前中は、九州共立大学中島教授による「西洋文化からみた俳句・川柳」についての講義があり、午後には茶話会として、グループごとに盛んな交流が行われました。

 アトラクションでは、この日のために練習を重ねてきた「沖田ハーモニカクラブ」の皆さんによる演奏もあり、哀愁を帯びたハーモニカの調べに一同、うっとり。「里の秋」や「旅愁」などおなじみの曲が流れると、多目的ホールいっぱいに歌声が響き渡りました。

 閉校式では、穴生学舎の田中所長より代表者に修了証書が授与され、本生涯学習研究センターの牧角所長がお祝いの言葉を述べました。その中で牧角所長は、「開講式に比べ、皆さんのお顔が生き生きと輝いている気がします。本日は、文字通りの修了式ではなく、ここで学んだことを次に生かして、さらなる挑戦をしてください」と激励しました。80名のシニアの皆さんからは、逆に溢れんばかりのエネルギーをいただいたこの2ケ月間でした。

どうぞ、皆さん「健康寿命」を大いに延ばし、人生をenjoyしてください。来年また、このキャンパスでお会いしましょう!!

sinia9[1][1].25(14).JPG
牧角所長より修了の挨拶
sinia9[1][1].25(9).JPG
沖田ハーモニカクラブの演奏にうっとり。
sinia9[1][1].25(20).JPG
修了式のあと、参加者全員で集合写真の撮影。おつかれさまでした。


まだまだ熱い!!九州共立大学のオープンキャンパスは
9月20日開催です!!<終了しました>
[2009.09.18]

『シニアサマーカレッジ』いよいよスタート!! [2009.07.22]

09.07.22summer.jpg 平成21年7月17日、北九州市立年長者研修大学校穴生学舎との共催事業、『シニアサマーカレッジ』が始まりました。

 受講生は、男性、女性ともに41名の合計82名で、88歳が最高齢となっております。
 開講式では、穴生学舎の田中所長よりご挨拶があり、引き続き本生涯学習研究センターの牧角所長が歓迎の言葉を述べました。

 シニアとはいえ、皆さん年齢を感じさせない程、エネルギッシュで、1日目の講座終了後にはまるで嵐が去った後のような静けさが残りました。

 講座は全10回の予定で、毎週金曜日、本学の教員16名が、それぞれのジャンルで講義を行います。学外研修として、9月4日には、下関・長府歴史散策も予定されております。

 もし、キャンパス内で出会った際には、シニアの皆さんに負けないよう、大きな声で挨拶をしてください。

 この猛暑を乗り切り、そろそろ秋の気配も漂う9月下旬の閉講式には、82名全員が無事修了証書を手にされることを祈るばかりです。

<小学生対象>太陽電池で動作する近未来遊園地模型の工作教室のご案内 [2009.07.10]

<小学生のみなさんへ>
おとうさん,おかあさんが子供のとき,ごはんを食べるのを忘れるくらい夢中になった『ものづくり』を体験しませんか! 大学のおにいさんやおねえさんが,夏休みの思い出づくりをお手伝いします。これは地球にやさしい太陽電池によるものづくりや簡単なロボットの自由研究にもなります!
申込用紙にある5つテーマの中から自分の作りたいものを選んでくださいね!

<保護者の方へ>
申込用紙は以下の『申し込み用紙はこちら』からダウンロードできます。
申し込み用紙の上にある5つのテーマの中からご希望のテーマを選択し、FAX,手紙,E-メール(電話も可)でお申し込みください。親子等でのご参加も歓迎いたします。
なお後日、参加者には案内状をお送りします。
E-メール・FAXにてお申し込みの方で8月7日(金)までに案内状が届かない場合はお手数をおかけいたしますが、下記問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。 
                     

☆開 催 日: H21年8月22日(土)・23日(日)
☆開催時間:13時から16時45分
☆場 所: 九州共立大学スポーツ学部B館2F
☆募集しめきり日:7月31日(金)
☆定 員: 70名/日(先着順)
☆参加費 : 無料
☆送付先/問い合わせ先 :
 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ヶ丘1-8 
九州共立大学総合研究所 事務局  石丸宛
TEL・FAX : 093-693-3222
E-メール : souken○kyukyo-u.ac.jp
※○を@に変えて送信してください。

申し込み用紙はこちら

<昨年の様子>
IMG_4754.JPGのサムネール画像  IMG_4771.JPGのサムネール画像

日本語能力向上室 トヨタ自動車工場見学研修を行いました [2009.06.22]

 6月9日(火)に日本語能力向上室では、トヨタ自動車工場見学の学外研修を行いました。
研修には、九州共立大学・九州女子大学の短留生と聴講生13名と市民ボランティア・チューター5名の計18名が参加しました。

 バスでまず自動車の展示ブースへ到着し、数台の新車に乗っての記念撮影や、先に到着していた他団体との交流などをして楽しみました。その後、団体ごとにシアタールームで「車ができるまで」の工程の映像を見て、実際に自動車を作っている工場内へ移動しました。工場の敷地の広さや作業している方の真剣さや品質の高さに驚き、大変有意義な時間を過ごすことができました。

nihongotoyota6.22.JPG

「親と子のための大学ガイダンス」が開催されました。 [2009.06.22]

 平成21年6月13日(土)九州共立大学後援会総会の後、九州共立大学後援会主催「親と子のための大学ガイダンス」が本学自由ヶ丘会館で開催されました。 約120名の保護者、学生が参加しました。中には親子で参加されている方もいらっしゃいました。

 第一部は、教務部長の宇野先生より、大学の年間行事や履修単位数、成績通知書の見方などについて説明がありました。
 保護者の方々からも、「今まで成績通知書の見方がよく分からなかったが、とても分かりやすく説明していただき、今後成績通知書をもらうのが楽しみです」との感想をいただきました。

 第2部は、内定をもらった学生7名と学生支援部長、コーディネーター(毎日コミュニケーションズ)の土山勇氏をお迎えしてパネルディスカッション形式で行なわれました。
 「私はこうやって内定を獲得した」、「就職活動で困ったこと」、「親にこんなサポートをしてもらった(してほしかった)」等、学生達の体験談を聞くことができました。
 親子で就職について話す良いきっかけになった、等の声をいただきました。

 第3部は各学部別に分かれて質疑応答がありました。学部特有の質問等にきめ細かく対応していただきました。

kaityo.jpg   rijityou.jpg

kyoumu.jpg   gakuseisien.jpg

日本語能力向上室 奈良・京都旅行「留学生 新緑の古都を巡る」 [2009.06.16]


 5月15日(金)から17日(日)の2泊3日、日本語能力向上室で学んでいる留学生8名(中国、韓国、イタリア、ハンガリー、モンゴル)が、日本文化研修で奈良・京都を訪れました。

 行程は、門司よりフェリーで大阪南港に行き、その後、バスに乗り換え奈良に向かいました。奈良では、法隆寺、薬師寺及び東大寺巡り、一路京都へ、京都では清水寺、二条城、金閣寺、龍安寺を巡った後に、新幹線で大学へ戻りました。

 大仏の大きさに驚き、「清水の舞台」から京都市内を見渡し、また、金閣寺の美しさに触れ、日本庭園を回りながら、日本の伝統文化を肌で感じることができました。

 また、奈良公園の鹿と戯れたり、修学旅行で来ている中高生に囲まれて英語で話しかけられるなど、旅先でさまざまな交流も楽しんでおり、留学中の楽しい思い出作りができま
した。


 nihonngo-kyouto6[1].16.JPG

日本語能力向上室において、市民ボランティアチューターとの交流会を行いました。 [2009.06.16]

nihongo6[1].16-7.JPG4月27日(月)に、日本語能力向上室において、向上室で日本語の勉強をしている九州共立大学や九州女子大学に所属している短期留学生及び聴講生と市民ボランティアチューターとの交流会が開催されました。

 交流会は第1部と第2部で構成され、第1部では短期留学生の出身地の紹介(ハンガリー、中国、イタリア、モンゴル、韓国)をそれぞれ作成したパネルやパワーポイントを用いて、母国の生活や文化・歴史、おすすめの観光ポイントなどを自分の体験談を交えながら日本語で紹介していました。また、参加した人がそれぞれの紹介した国について、質問を投げかけ、発表者は的確な日本語で答えていていました。発表終了後には、会場からたくさんの拍手を受け、無事に発表を終えた安堵の表情もうかがえました。

 第2部では各国の展示コーナーの前で、第1部での発表した内容やそれ以外の母国ことについての質問に答えたり、展示物の説明をしたりと、参加者との活発な交流が見られました。留学生にとっては市民とふれあう良い機会となり、市民にとっては色々な国の文化にふれる有意義なひとときとなりました。

nihonngo6[1].16-4.JPG nihonngo6[1].16-5.JPG


<在学生の方へ>CPSカフェイベント「座談会」を開催いたします [2009.06.05]

現代GP企画 CPSカフェイベント「座談会」を下記日程で開催いたします。

開催場所:CPS Cafe (西第一学舎1F 学生支援課内)

開催日時間内容
第1回5月27日(水)2限目自分を知る
6月3日(水)3限目
第2回6月10日(水)2限目資格とは?
6月17日(水)3限目
第3回6月24日(水)2限目卒業までのスケジュールについて(1)
7月1日(水)3限目
第4回7月8日(水)2限目卒業までのスケジュールについて(2)
7月15日(水)3限目
第5回7月22日(水)2限目社会人になるため の準備



詳しくはこちら

ピア・サポーター主催「清掃ボランティア」を行いました [2009.05.19]

 5月16日(土)に、ピア・サポーター主催によるキャンパス清掃活動が行われました。

 「キャンパスを気持ちよく使ってもらいたい」「ボランティア活動を通じて、学生間の交流に参加したい」という留学生、学生スタッフ、一般学生、非常勤講師、ピア・サポーター等合計25名が、自由ケ丘会館前、学思館1F休憩所、正門周辺等の清掃を行いました。

 途中からあいにく雨となったため、1時間ほどの活動となりましたが、参加者からは「気持ちのいい汗を流した」「ボランティア活動ではなくても、今後は自らゴミを拾いたい」等の声が聞かれました。

 今後のピア・サポーターの活動は、「折尾まつり参加(6/6-6/7)」「バス・ツアー(6/21)」「清掃活動」等を予定しています。学内掲示板やホームページ等をご参照ください。

 また活動に参加してくれる学生さんも随時募集していますので、保健センターまでおこしください。

seiso1.JPG  seiso2.JPG

硬式野球部 春季リーグ情報ー勝ち点4で首位ー [2009.05.12]

 IMG_0446.JPG

4月8日に開幕しました福岡六大学春季リーグ戦において、本学硬式野球部が第5週を勝ち点4で首位となっております。

最終週の九州産業大学戦に向け選手一丸となり優勝めざして頑張っております。
2年連続全日本大学野球選手権大会出場へ向け九共大野球部の応援をよろしくお願いいたします。
<写真:今期4勝目の山内投手>




*試合結果&予定*


周目月日会場対戦相手結果時間コメント
第1週4月8日(福岡ヤフードーム)福教大○1×-017:30永田選手のサヨナラスクイズで勝利
第1週4月11日(桧原球場)福教大○5-09:00投手陣完封リレー
第2週4月18日(九共大野球場)九工大○6-010:00山内投手2度目のノーヒットノーラン
第2週4月19日(九共大野球場)九工大○12-112:30猛打爆発!
第4週5月2日(九産大野球場)福工大○3-110:00山内投手1失点完投勝利
第4週5月3日(九産大野球場)福工大○7-512:30前半圧勝ムードが・・・
第5週5月9日(九共大野球場)福経大●0-1(10回)10:00山内投手9回ノーヒットながら援護なく敗戦
第5週5月10日(九共大野球場)福経大○18-512:30新人宮平選手初出場いきなり3安打3打点
第5週5月11日(九共大野球場)福経大○2×-1(10回)10:00松薗選手9回値千金の同点タイムリー
第7週5月23日(筑豊緑地野球場)九産大     10:00     
第7週5月24日(筑豊緑地野球場)九産大     12:30    

※第6週の福経大対九産大戦において福経大が勝ち点をとれば本学の通産34度目の優勝となります!

大学見学を実施しましたー大分南高等学校ー [2009.05.12]

IMG_2571.JPG5月1日(金)に大分県大分市にある大分県立大分南高等学校の生徒35名と教員2名が訪れ、大学見学を行いました。


 この大学見学では、松田入試部長による本学の大学紹介、森部特任客員准教授による模擬授業が行われ、真剣な面持ちで大学の授業を体験していました。


その後、グラウンドや図書館、各学舎などの施設見学を行い、高校とは違った施設の大きさや設備に感嘆の声が上がっていました。 

 昼食は本学自由ケ丘会館1階にある「ロイヤルカフェテリア」にて学食を体験し、その後本学を出発しました。

この大学見学は、本学を知っていただく大変貴重な機会となりました。
IMG_2578.JPG  IMG_2583.JPG
 

*本学では、模擬講義や施設見学などを行う大学見学を随時行っております。
詳細はこちら

*お問い合わせ先*
九州共立大学 入試課
093-693-3305

ライジング福岡 VS 埼玉ブロンコスの試合が本学にて開催されます!<終了しました> [2009.03.12]

―終了いたしました。―

090312-6.jpg

3月14日(土) 17:00(開場)   19:00(試合開始)
3月15日(日) 12:00
(開場)   14:00(試合開始)



会場 福原学園 九州共立大学 記念館(→アクセス
チケット購入 大学ではS自由席と回数券の販売となります。
※九共大・九女大・自由ケ丘高校生は、福原学園限定割引!!      
 1FS自由席3,000円 ⇒ 2,400円
 2F自由席2,000円 ⇒ 1,000円
で購入できます。
その他のチケット購入はライジング福岡ホームページをご覧ください
お問い合わせ先 九州共立大学 総務課
093-693-3193
注意事項 駐車スペースに限りがあります。

翌日に放送されるプロバスケットボールの中継番組で九州共立大学の紹介とスポットCMが放送されます!!

ISO9001内部監査員養成講座の修了式が行われました [2009.03.12]

平成21年度ISO9001(品質マネジメントシステム)内部監査員養成講座の修了式が3月4日(水)に開催されました。



続きを読む: ISO9001内部監査員養成講座の修了式が行われました

本学で中学生が職場体験を行いました [2009.02.23]

本城中学校2年生が授業の一環として、2月3日(火)?5日(木)の3日間、本学園5校(九州共立大学、九州女子大学、九州女子短期大学、自由ヶ丘幼稚園、折尾幼稚園)にて職場体験を行いました。

 本学では5名の中学生が学生支援課、生涯学習研究センター・資格取得支援室、図書館の3箇所を回り、大学事務の体験を行いました。

 学生の就職支援や寮・課外活動といった大学生活全般の支援を行う学生支援課では、資料室にある膨大な資料やパソコンの情報から企業を調べたり、現在の就職の実態について調査するなど、パソコン業務を中心に体験しました。

 また、在学生や地域の方々への公開講座や資格取得支援を行う生涯学習研究センター・資格取得支援室では、2月4日に留学生を対象としたお茶会が行われており、その準備のための和室や茶室の掃除などを行いました。
留学生と共に参加した初めてのお茶会では、事前にセンター職員に教えてもらったお茶の作法を緊張の面持ちで実践していました。

 最終日には図書館において、カウンターの対応や返却された本を戻すなど、図書の整理や、パソコンで図書を調べるなどの作業を体験しました。中学校と違う大きな図書館に最初は緊張していたようですが、図書館の仕事を一生懸命、楽しそうに体験していました。

 初めての職場体験に緊張していた中学生ですが、職員とのコミュニケーションや様々な体験を通し、笑顔で体験を終えていました。

090223-2.jpg 090223-3.jpg
090223-4.jpg 090223-5.jpg

ISO9001 内部監査員養成講座を開催 [2009.02.16]

090216-1.jpg  ISO9001(品質マネジメントシステム)内部監査員養成講座が2月12日(木)?15日(日)の4日間(各9:00 ? 16:00)、集中講義の形式で開催されました。

 ISO9001は、あらゆる製品・サービスの品質確保・向上をめざして、組織を指揮し管理(より良い状態を作り出すこと)するためのマネジメント システムに関する'世界標準'の規格です。そして、その「内部監査員」とは、ISO9001の仕組みを十分に理解するとともに組織の中心となってシステム を運用できる人材を意味します。

 こうしたISO9001に関する講座が大学で実施されているケースは非常に少なく、今回はその貴重な機会に経済学部/工学部から11名の学生が資 格取得をめざして参加しました。4日間という短い期間ではありましたが、受講した学生諸君は品質管理についての高度かつ豊富な知識を学んだだけでなく、講 師の先生方や学生間での白熱した討議、チーム編成でのプレゼンテーションなどの機会を通じて、個人としての大きな成長につながる密度の濃い有意義な時間を 過ごしました。
090216-2.jpg 090216-3.jpg

「西日本生涯学習フォーラム2009」を開催をいたしました [2009.02.13]

090213-3.jpg

 「西日本生涯学習フォーラム2009」を1月31日に、184名の参加者を得て、終了いたしましたことをお知らせいたします。

 「働き方を変えよう!!?ワーク・ライフ・バランスを考える?」
と題して、北九州市副市長の麻田千穂子さんより記念の基調講演を頂きました。政令指定都市北九州市での初の女性副市長です。本腰で、この問題に取り組んで おられ本庁の中の機構改革にも積極的に立ち向かっておられる方です。だからこそ、現場的な事実を踏まえた論理的な説明においても迫力があり、わかりやす かったとの感想をいただきました。

 視界ゼロの社会情勢の中で、できる努力を毎日の生活の中に積み上げていくことに惜しみないエネルギーを燃やしておられる高原要次さんと加藤信夫さんをシンポジストに加えて、後半は、身近なところからこの問題をほぐしていこうということで進められました。

 お二人の男性のみならず麻田さんも過労死寸前の状況で、仕事に熱中した若い時代を体験しておられました。過労死しなかったのは、仕事からストレス をもらうよりもやりがいや面白さをもらっていたからだというくだりがありますが、健康を維持し、幸せを感じる人生は、多様であると思いました。

 国際的にみて、「特異な日本人の働き方・暮らし方」が指摘されて、さらにもっと驚いたのは、週50時間以上の労働時間の労働者割合が30%近くあり経済先進国の中でダントツに悪い状況であるということです。

労働時間短縮がまずあって、働き方が選べる社会に成長していくならば、高齢社会になっても少子現象は、今よりは解消される望みが持てるのではないかと思いました。
ワーク・ライフ・バランスが実現した生活とは、次の6か条が当たり前に考えられるということです。

1)命にかかわるような長時間労働がない。
2)家事や育児を含め、普通の生活ができる。
3)何かあったとき、休める。
4)育児・介護期に、休める/働き方を変えられる。
5)家族、趣味、健康、学習、地域活動など豊かな暮らしができる。
6)働き方が選べる。どんな働き方をしても、公正な待遇。
 
 企業にとっては生産性が向上し、労働者にとっても希望の叶う社会になるのに、なぜこんなに先行き不透明なのか。もっともっと意識改革をしていかねばと切実に思ったフォーラムでした。コーディネーターは、当所長の平田トシ子でした。   (文責:平田)

学校法人福原学園教育フォーラム2009「乙武洋匡」トークライブを開催致しました [2009.02.12]

090212-1.jpg
 『学校法人福原学園教育フォーラム2009「乙武洋匡」トークライブ』を1月24日(土)、天神イムズ9F イムズホールにて開催しました。

 当日は大雪という悪天候にも関わらず、福岡市近郊の高等学校関係者を始め430名以上の方に参加していただき、会場は立見がでるほどの大盛況となりました。

 福原弘之理事長の挨拶の後、本学と併設校である九州女子大学・九州女子短期大学の紹介も行われ、本学の紹介では、経済学部経済学科スポーツビジネスコースの学生2名がステージに登場し、ゼミの活動で企画・運営などに携わったスポーツイベントでの体験談を披露しました。

 その後、ステージにメインゲストの小学校教諭であり、本学サポーターの乙武洋匡氏、タレントで本学園の特別講師である山本華世氏が登場。本学経済 学部森部特任講師のコーディネートのもと、「夢」、「転機」、「挑戦」をキーワードに約1時間、熱いトークが繰り広げられました。

 トークの中で乙武氏は、自身の「転機」について、大学在学中に執筆された著書「五体不満足」がベストセラーになったこと、そして子ども達が関わる 様々な事件を通じて教育に深く関心を持ち、小学校教諭に転身されたことをあげ、この2度の大きな転機により体験したことや感じたことを真剣に、時にユーモ アを交えて語られていました。

 また、タレントとして活躍されている山本氏も、プロバスケットボールチーム「ライジング福岡」の球団代表に就任したことを一つの「転機」とお話さ れ、これまで以上に多忙な日々を送る中、様々な人と関わりを持つことで、「自分自身の視野が広がった。」と転機を通じて感じた事を現在の心境を交えながら 語られていました。


 最後に乙武氏から、「夢を実現させるために言い訳をしたくない。障害を言い訳に夢を避けていれば全ての困難から逃げ出すことになる。皆さんも、困難なこ とに対して言い訳をせず、どんなことにもチャレンジして欲しい。」と熱いメッセージが贈られ、トークライブは大成功のうちに幕を閉じました。

090212-2.jpg 090212-3.jpg 090212-4.jpg

2009年学内合同企業セミナーを開催しました [2009.02.03]

 「2009年学内合同企業セミナー」を1月29日(木)13:00?参加企業128社をお招きして鶴鳴記念館で開催しました。

 本セミナーは就職活動を開始した3年次生と院生1年次生に対して企業情報や求人情報を提供する会社説明会形式で行なうものです。

 今回の参加企業は求人企業だけでなく宮崎県や各自治体からの地元企業情報の提供や体育会系学生を採用希望する企業情報の提供をするコーナーも設けました。

 参加学生数も約600名を超え、それぞれの企業ブースを意欲的の回る学生の姿が、いよいよ就職活動本番到来を思わせる光景でした。

 セミナー終了後 は学内のロイヤルカフェテリアで懇親会が開催され参加企業と教職員との交流が行なわれました。


090203-1.jpg 090203-2.jpg
090203-3.jpg 090203-4.jpg

ライジング福岡 VS 大分ヒートデビルズの試合が開催されます [2009.01.20]

1月31日(土)、2月1日(日)に『ライジング福岡 VS 大分ヒートデビルズ』の試合が本学鶴鳴記念館で開催されます。

  詳しくは詳細ページをご覧ください。

2009年学内合同企業セミナーを開催します [2009.01.07]

日    時:平成21年1月29日(木)13:00?17:00
場    所:九州共立大学 鶴鳴記念館
対    象:全学部3年次生、院生1年次生
参加企業数:約131社

 本合同企業セミナーは毎年1回、学内に企業をお招きし説明会方式で学生に企業情報や採用情報を提供するものです。
本合同企業セミナーに参加し内定を獲得する学生の確立は高く企業、学生からも好評です。また、近隣大学の中で最も早く開催し参加企業数も最多規模となっています。
このセミナーに参加し早期の内定をゲットしましょう。

詳細は下記のように説明会を開催いたしますので参加してください。

*学内合同企業セミナー事前説明会*
日時:1月14日(水)、15日(木) 12:30?
場所:自由ケ丘会館4階 多目的ホール
内容:学内企業セミナー資料配布など

*昨年の合同企業セミナーの様子*
学内合同企業セミナー 学内合同企業セミナー
学内合同企業セミナー 学内合同企業セミナー

第14回定期演奏会のお知らせ [2008.12.04]

第14回定期演奏会
九州共立大学、九州女子大学、九州女子短期大学の合同吹奏楽団「リバティ・ヒルウィンズ」の第14回定期演奏会を開催いたします。
詳細は以下のとおりです。 開催日時:平成20年12月7日(日) 15:30開場 16:00開演
開催場所:八幡市民会館(JR八幡駅より徒歩4分)
入場料  :前売り300円 当日400円(小学生及び60歳以上無料)






曲 目   :1部:シンフォニックステージ
        [ノーマン・ロックウェル組曲(広瀬勇人)、地図のない果てしなき旅(清水大輔)他]
        2部:オリジナルステージ
        [Present from Santa-音楽で創る世界でただひとつの"笑"time-]
        3部:ポップステージ
        [ディズニープリンセスメドレー、インディージョーンズ 他]
 
また、九州共立大学が毎月発行している「プレキャンvol6 2008.11月号」を当日券売り場へ持っていただくと、同伴者3名様まで無料でご入場いただけます。

本学硬式野球部が明治神宮大会出場をかけて10/31決戦!! [2008.11.20]

 本学硬式野球部は、今秋の福岡六大学秋季リーグ戦において3期連続優勝を目指しましたが、8勝1敗1分で惜しくも2位という結果となりました。

 全国大会へ出場するためには福岡六大学連盟、九州六大学連盟、九州地区連盟で行われた各連盟秋季リーグ戦における上位3大学(全9大学)が全国大 会への切符をかけて戦う『ユニバーシアード大会記念 第15回九州大学野球選手権<明治神宮野球大会九州代表決定戦>』において予選を勝ち上がり優勝しなければなりません。

 10月19日に県営八代運動公園野球場(熊本県)で行われた予選では、日本文理大学と対戦し、延長10回6-5のサヨナラゲームで勝利をおさめました!
 続いて行われた決勝戦では、宮崎産業経営大学と対戦し、2-1で勝利をおさめ、福岡ヤフードームで行われる決勝トーナメントへの進出を決めました!

 下記の日程で決勝トーナメントが行われます。

 2期連続の全国大会出場に向けチーム一丸となり、精一杯頑張りますので応援をよろしくお願い致します。


 <ユニバーシアード大会記念 第15回九州大学野球選手権大会>
 場所:福岡YAHOO!ドーム
 日時:10月31日(金)
  準決勝:対 九州産業大学 (10:00開始)
  決 勝:【九州共立大学―九州産業大学の勝者】対【福岡大学―西日本工業大学の勝者】(15:00開始)

【在学生の方へ】スポーツ学部生と体育会系の学生を対象の合同企業セミナーのご案内。 [2008.10.21]

下記の日程でスポーツ学部生と体育会系の学生を対象とした合同企業セミナーを開催します。

日時:11月6日(木)13時-17時
場所:自由ヶ丘会館4F多目的ホール
対象:スポーツ学部3年生、体育会系の3年生
参加企業数:10社

※セミナー参加学生はリクルートスーツを着用して参加してください。

企業情報の詳細は後日、学内にポスター掲示します。

-昨年度の様子-

合同企業セミナー 合同企業セミナー 合同企業セミナー

3年生対象の後期就職ガイダンスを開始しました。 [2008.10.03]

3年生対象の後期就職ガイダンス
後期は就職活動の実践編が開催され、エントリー用紙や履歴書の記入要領、身だしなみ・マナー講座、さらには面接対策練習会などといった採用試験対策が行な われます。 近年の採用試験の傾向は自己流の就職活動で内定を獲得できるほど甘くはないことから基礎を身につける就職ガイダンスは重要な位置を占めていると言えます。

皆さん真剣な顔つきでガイダンスを受けていました。今まで参加していない学生もこれから積極的に参加してください。




3年生対象の後期就職ガイダンスを開始 3年生対象の後期就職ガイダンスを開始
続きを読む: 3年生対象の後期就職ガイダンスを開始しました。

「九州共立大学発ビジネスプランコンテスト」が開催されます。 [2008.10.02]

九州共立大学発ビジネスプランコンテスト
九州共立大学では将来起業家を志す学生(高校生、大学生、大学院生)を対象に、新規性のあるビジネスアイデアを募集し、ビジネスプランの発表の場を提供します。これを機会に、学生に企業家精神を醸成し、大学発ベンチャー企業を生み出す機運を盛り上げます。
 

日    時 :平成20年11月3日(祝)10:00?15:00

 
場    所 :深耕館 1階 S132教室
         ※当日は、プランのプレゼンテーションを行っていただきます.

審 査 方 法 等:「ビジネスプラン提案書」の審査にあたっては、書類審査等
           を通じて「新規性」、 「創造性」、 「実現性」、「計画性」、
           「収益性」、「成長性」等の観点に照らして決定します。

採 択 件 数: 応募が多い場合は、採択件数は10件程度にいたします。


応 募 方 法:

(1)提出期限
   平成20年9月22日(月)?10月17日(金)17時までにビジネスプラン提案書を、九州共立大学総合研究所事務
   局宛e-mailの添付ファイルにて送信下さい。
   郵送及び持参での提出も可能です。
   ビジネスプラン提案書については、下記e-mailよりお問い合わせください。

(2)公募に関する問い合わせ及び提出先
  
九州共立大学 総合研究所(担当:石丸、増田)
  e-mail: souken@kyukyo-u.ac.jp
  ※応募様式等の請求、お問い合わせについては、e-mailでお願いいたします

カテゴリー

月別アーカイブ

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.