就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

九州共立大学で学ぶ期待のトップアスリート 野瀬瞳(経済学部)インタビュー

トップページ > 在学生・OBインタビュー一覧 > 在学生インタビュー「野瀬 瞳」
野瀬 瞳
のせ・ひとみ 1988年12月17日生まれ。福岡県福岡市出身。九州女子高卒業後、2009年に九州共立大学経済学部に入学。08年2月、九州カップで平泳ぎ100M、同200Mの短水路高校新記録、3月のJOCジュニア五輪では3冠を達成。今年4月に開催された日本選手権では、50M平泳ぎ優勝31秒41(日本新記録更新)。7月26日〜8月2日にイタリア・ローマで開催される第13回世界水泳選手権の50M、100M女子平泳ぎ出場決定、大会での好成績はもちろん、今後の活躍が期待される。
大野城SC所属。168cm、53kg。好きな言葉…一期一会。好きな花…ひまわり。

水泳で得たもの、 たくさんの仲間と負けない心

Q:女子50M、100M平泳ぎでの世界選手権大会出場、おめでとうございます。いずれも、自慢のスピードを活かし、1位で代表権を獲得されましたね。高校時代の九州カップでも、100M、200M平泳ぎの2種目で短水路高校新記録を出されているわけですが、水泳を始めたのは何歳からですか? また、きっかけは?

野瀬:ありがとうございます。スイミングスクールに通い始めたのは2歳からです。体が弱かったので健康づくりのためです。私は4人姉妹の3番目なんですけど、姉妹全員で福岡市内のスイミングスクールに通っていました。でも、今まで続けているのは私だけなんですけどね(笑)。


中学2年の時から苦楽を共にしてきた花村吉裕コーチと。「非常に高い身体能力と子どもの頃に器械体操で培った柔軟性が彼女の何よりの武器です」と花村コーチ

Q:今まで続けてこられた理由は何ですか?

野瀬:いろんな友だちができることかな。小学校の頃にスイミングスクールで仲良くなった友だちがいたんですが、中学でバラバラになって会えなくなってしまったんですね。そうしたら、高校で同じ水泳部の部員として再会したんです。水泳を続けていてよかった!と思いました。それに、高校時代は全員が何らかのスポーツをしているクラスだったので、競技はそれぞれ違いますが、みんなが“勝つ”という同じ目標に向かって頑張っていたので、私自身もずいぶん励まされました。何においても、友だちの存在は大きいです。


大学生活は気分転換、 練習への集中力アップに

Q:九州共立大学に進学した理由には、そういうことも含まれますか?

野瀬:そうですね。とにかく今は水泳しかないので、大学生活や大学の友人と過ごす時間は、何よりの気分転換になりますね。経済を専攻しているんですが、将来の役に立つことも多いかなと思って勉強してます。

Q:7月26日からローマで開催される世界選手権を控えている今、なかなか大学生活を楽しむ時間的な余裕はなさそうですね。

野瀬:そうですね。東京、セルビア、ローマと、休みなしで合宿が続きます。練習はきついですが、頑張ります!

Q:大学生活や友だちとの時間が楽しめるようになるのは、世界選手権が終わってからってことですね。まず、何をしたいですか?

野瀬:友だちとカラオケに行きたいです。EXILEと遊助が好きで、試合前に調子を上げるために聞くのはもちろんですが、自分でもカラオケで歌ったりします。あと、倖田來未も好きでよく歌いますよ。(笑)。

20歳の美女スイマー、大物の風格

Q:アスリートで憧れの人はいますか?

野瀬:イチロー選手が大好きです! 全部、かっこいい!(笑) 3月にWBCが開催されていた時には、朝の練習を急いですませてテレビの前にかじりついて応援してました。スポーツ中継は何でも好きですが、世界レベルの大会はとくに興奮するし、勇気がもらえますね。

Q:世界選手権では野瀬さんも多くの人に興奮と、勇気を与える立場になるわけですよね。野瀬さんにとって水泳の魅力は何ですか?

野瀬:無になれることです。もともと水の中が好きだったみたいで、初めてプールに入った時から全然水を恐がらず、温泉気分で歌いながら泳いでたそうです。(笑)今も、泳いでいる時は嫌なことを忘れられます。

Q:大物ですねぇ。試合前でもあまり緊張はしないタイプですか?

野瀬:飛び込む前まで、ひたすらしゃべってます。(笑)逆に、しゃべらないと緊張するんですよ。でも、中には静かに集中したい人もいるので、まわりの空気を壊さない程度に一人でしゃべってます。(笑)あと、観客席に母親の姿を探してますね。母は国内の大会には必ず応援に来てくれるんですが、姿を見つけて手を振るとホッと緊張がほぐれますね。お守りみたいなものです。


多くの期待を受け、世界の強豪と闘う

Q:日々、心がけていることはありますか?

野瀬:まわりの人に感謝すること。これは野瀬家の教えでもあるんですが、今の自分があるのはまわりで支えてくれる人がいるお陰だということを忘れるなと…。実際、いいタイムが出せたら自分もうれしいけど、まわりの人に喜んでもらえるともっとうれしい!試合前に名前を呼ばれて、ウォーッと歓声が聞こえてくるとうれしくなって力がみなぎってくる感じがしてきます。私を応援してくださる機会があったら、できるだけ大きな声で声援を送ってもらえるとうれしいです。

Q:そういう気分になれたのはいつ頃からですか?

野瀬:4月の日本選手権頃からですかね。それまでは“タイムを出さなきゃ”って自分を苦しめてきた部分もあったんですが、何かがふっきれたのかな…。

今は試合会場やライバル選手などまわりを見渡せる心のゆとりもできたし、泳ぐことそのものを楽しめるようになりました。今まで水泳をやってきた中で、いちばんいい状態です。

Q:これからの目標を聞かせてください。

野瀬:やっと世界に挑戦できるスタートラインに立ったので、ここまできたら世界の強豪と闘ってトップに立ちたいですね。

Q:野瀬さんを応援しているファンにメッセージをお願いします。

野瀬:スタートから浮き上がりは誰にも負けない自信があるので、前半から積極的に飛ばしていきたいです。必ずみなさんの期待に応え、喜んでもらえるレースをしますので、応援よろしくお願いします。

在学生・OBインタビューの一覧はこちら

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.