就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

在学生インタビュー「中村 千香」

トップページ > 在学生・OBインタビュー一覧 > 在学生インタビュー「中村 千香」
時代が変わっても、大学生の人気職種ランキングで常に上位に名を連ねる「金融業」。特に、経営基盤が強固で遠方転勤の可能性も低い地場銀行は、ここ数年間連続で競争率が上昇し続けている就職難関企業の一つです。そんな就活環境の中、九州共立大学経済学部4年の中村 千香さんは、東九州エリア最大の地場銀である大分銀行からの採用内定を獲得されました。就活で苦労した点、これから就活を始める後輩たちへのアドバイスなどを、中村さんに聞きました。

全てが新発見になった経済学部での講義

Q:“就職氷河期”などと言われる現在、あえて競争率が高い地場銀行を狙った理由は。

中村:高校時代に簿記を習い、「経理」「勘定」の奥の深さに興味を持ち始めた頃から、将来は金融業か、高校の商業科目の教職かのいずれかに就きたいと意識するようになりました。九州共立大の経済学部に進学したのも、その選択肢の両方を目指せたからです。
実際に経済学部の講義を受け始め、それまで知らなかった経済・経営の用語や投資用語の意味が判るようになると、ますます金融業を目指す意識が高まってきました。

Q:就職活動において、特に役立った講義はありますか。

中村:1・2年次の必修科目だった「経営学総論」が、『銀行への就職を目指そう』という目標を明確にさせてくれた科目です。経済用語などの大半をこの講義で学ぶわけですが、難しいなりに楽しかったですね。学んでいることの全てが新しい発見でした。
私は近場の飲食店でアルバイトをしていたんですが、バイト先の店頭に置いてあった日本経済新聞を何気なく眺めていて、難しい経済用語が並んでいる記事の内容が全部理解できている自分に気付いたんです。やっぱり嬉しいものですよ、そういう瞬間って。
ビジネスコミュニケーションコースで学ぶビジネスマナーも、面接時にとても役立ちました。ドアを開けて入り、椅子まで歩いて礼をするという、ごくごく当たり前の動きも、やっぱり事前に習っていた分、自信を持てました。


信頼され、役に立つそんな社会人を目指して

Q:実際に就職活動を始めて、大変だったことや印象深かったことはありますか。

中村:3年次の終わり頃、福岡Yahoo!ドームで開催された合同企業説明会に参加したのですが、あまりの人の多さに圧倒されました。人気企業のブースでは、椅子に座ることさえできない状態で、こんなに沢山の大学生と競い合って内定を獲得しなきゃいけないのか…と、かなりブルーになっちゃって(笑)。
もちろん、企業説明会には極力参加しましたが、それぞれの会社の採用担当者のお話しを聞いたり、一緒に参加している他の学生とお喋りする中で、「自分にはどんな仕事が向いているのか」ということも客観的に見れるようになったと思います。
就活を始めた当初、金融以外に情報系企業にも興味がわいていたんですが、会社側の事業目標や参加していた学生の質問などを聞いているうちに、『あ、これは自分のカラーじゃない』『興味はあるけど、自分がやりたいこととは違う』と判断できるようになりました。

Q:何社くらいの銀行にチャレンジされましたか。

中村:だいたい5行ほどです。銀行同士を比較するというのはおこがましいかもしれませんけど、5行の企業説明会に参加し、試験を受けてみて、大分銀行だけが他の銀行とはちょっと違っていたんですよね。会社の業績を淡々と説明するのではなく、ブルーベリー農家から融資の申し込みがあった際の事例を、雑談っぽく判りやすく説明して下さったり、筆記試験だけで判断するのではなく、最初からグループ・ディスカッションをやったり…といった具合に。
私は大分県出身なので、もともと大分県内の企業には興味がありましたが、会社説明会や試験を通じて、ますます大分銀行に受かりたいという気持ちが強まりました。

入行後は、どんな社会人を目指したいですか。

中村:グループ・ディスカッションでも発言したことなんですが、「信頼を大事にする社会人」でありたいと思います。同じ職場の人たちから信頼されるのはもちろんのこと、誇りを持って仕事に取り組めば、家族や友人からも信頼され、地域の人たちからも信頼されるようになるはずですから。 誰からでも、『中村さんなら大丈夫』と言われるような人になりたいですね。そのためには、仕事もプライベートもきちんとしてなきゃいけないし、仕事では相手の表面的なことだけを見るのではなく、お互いのことを理解し合える関係を築ける社会人を目指します。


いつでも笑顔で前を向いてこれが就活成功の秘訣

Q:これから就職活動を始める後輩たちに、就活のアドバイスを。

中村:基本中の基本ですが、やっぱり新聞にはきちんと目を通すようにした方が良いですね。記事を読むだけではなく、それに対する自分なりの意見も言えるようにしたいものです。それからSPI(※)対策も、甘く見ない方が良いと思います。これで落とされるのは一番口惜しいですから。
面接を受ける会社がどんな会社なのか、事前に調べておくことも大切です。私は、ある信用金庫の面接で「うちの信用金庫と他の銀行とでは、どんな点が違うかご存知ですか」と尋ねられ、真っ青になった経験があります。案の定、そこは不採用でした(笑)。
あと、私が内定を獲得できたのは、元気な笑顔を忘れなかったからだと思います。うまく喋れなくても、とにかく元気に笑顔で。特に銀行は、笑顔が大事でしょ。実は、大分銀行の最終面接の際、失敗しちゃったんですよ。『新聞は読んでますか?』と尋ねられ、はい、読んでますと答えたら、『今日の新聞で印象に残っている記事は?』と切り替えされ、本当はその日、新聞を読んでいなかったので何も答えられなかったんですよね。あっ、これで落とされる、終わった…と、頭の中が真っ白になりましたけど、それでもとにかく笑顔で通しました(笑)。

Q:なるほど。元気な笑顔を絶やさないためには、日頃の自己管理も大切ですね。

中村:そうですね、やっぱり不採用が続くと、どうしても心が折れそうになっちゃうじゃないですか。でも、陰気な表情のままで面接を受けたら、絶対に採用してもらえないと思うんです。志望していた企業がダメだったとしても、気持ちを切り換えて次を目指してほしいですね。
そういう意味では、就活中のプライベートの過ごし方も気をつけた方が良いかもしれません。面接日時の通知って、突然来ることが多いでしょ。そんな時、柔軟に対応できないアルバイトの予定を入れていたり、融通の効かないスケジュールを組んでいると大変です。私は就活を始める際、アルバイト先の責任者と充分にお話しして、就活最優先でバイトに入れるスケジュールを組ませていただきました。その前にバイトしていたスポーツクラブでは、クラブ会員さんに自ら話しかけ、人間関係を築く練習をさせていただけたと思います。
就職難の時代ですが、基本をきちんとこなし、元気な笑顔を絶やさず、体調管理やスケジュール管理を心がけていれば、きっと道は拓けるはずです。後輩の皆さん、頑張って下さい!

(※ SPI=Synthetic(総合的な)Personality(個性・性格)Inventory(評価))

在学生・OBインタビューの一覧はこちら

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.