就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

在学生インタビュー「入江 ゆき」

トップページ > 在学生・OBインタビュー一覧 > 在学生インタビュー「入江 ゆき」
2012年のロンドンオリンピックで、見事に3つの金メダルを獲得した「女子レスリング」。会場に、日の丸の旗が高々と掲げられるのを見て、未来のオリンピック選手を目指すようになった子どもたちも多いのではないでしょうか。九州共立大学経済学部2年(※取材時)の入江 ゆきさんは、女子レスリングが現在ほど注目されていなかった頃から、まっしぐらにオリンピック出場を目指してきたアスリート。2016年開催のリオデジャネイロオリンピックに照準を定め、過酷なトレーニングの日々を過ごしている入江さんに、レスリングにかける想いや大学生活について尋ねてみました。

淡い夢だった「オリンピック」が現実の目標に変わった瞬間

Q:入江さんがレスリングを始めたきっかけは。

入江:私には2歳上の兄がいるのですが、私も兄も子どもの頃、とてもやせてる細い子だったんです。健康面を心配した両親が、少しは体力がつくだろう…と、近所にあったレスリング教室に兄を通わせるようになり、まだ5歳だった私も兄にくっついて、何となく遊びに行く感覚で教室に通い始めたのがきっかけです。
最初の頃は基礎体力をつけるために、同級生の男の子たちとダッシュやジャンプの競争をしたり、鬼ごっこをして走り回ったりと、本当に遊びの延長線上だったので、教室に通うのが楽しかったですね。
小学校4年生頃から、少しずつですが「技」を教わり始めました。でも、当時はまだ女子でレスリングをやっている子が少なくて、練習相手は自分より体がひと回り大きな男の子たちばかりです。もともと負けず嫌いな性格なので、頑張って男の子相手に立ち向かうんですが、やっぱり体力差はあるしスピードも速いんです。男の子に負けると本当にヘコんで、泣いてばかりいるような子でした。

Q:『自分の将来に関わるスポーツ』と自覚するようになったのは、いつ頃からですか。

入江:小学校を卒業する時、中学に入学したら普通の部活動に入ろうと思っていたんです。でも、一緒にレスリング教室に通っていた仲間が、中学に入っても地元のクラブチームで頑張ろうと誘ってくれて、もう少し続けてみようかな…と。
もちろん、その時はまだ、オリンピックなんて考えもしていませんでしたが、クラブチームの監督が「将来、オリンピック出場を目標にしよう」と話しているのを聞いて、テレビでしか見ることのなかった「オリンピック」が、少しずつ“具体的な夢”として膨らんできました。

Q:学校の友人たちとの付き合いは。

入江:中学に入学したタイミングで、クラブチームでは本格的に「技」を教えてもらえるようになり、他の小学校区にあるレスリング教室に通っていた友だちもできて、レスリングが本格的に面白くなってきたんです。だから、中学の授業が終わったら、すぐにクラブへ駆けつける毎日でした。
中学を卒業する頃も、九州ではまだ「女子レスリング」の知名度は低く、地元の高校には女子レスリング部がありませんでした。それでもクラブチーム監督の指導のおかげで、高校1年で全国大会に出場することができました。全国に行くと、関東エリアの学校のトップレベルの選手とも対戦しますから、やはり技術面での自分の弱さを痛感させられます。ただ、体力面や精神面では、誰にも負けていないと強く思えるようになり、2年、3年では、ついに全国大会で優勝することができました。本気でオリンピックを目指すようになったのは、その頃からですね。


時間がある分、オーバーワークに「自己管理」の大切さを痛感

Q:共立大学への進学を選んだ理由は何でしょう。

入江:まず、北九州にある大学であることが、進路選択の条件の1つでした。これまで自分を支えてくれた、クラブチームの監督や学校の先生方、両親への感謝の気持が大きかったので、遠方に行く気にはなれなかったんです。
特に両親には、練習の参考にするために試合中のビデオ撮影をしてもらったり、食事など健康面や精神的な面で、今でもたくさんのサポートをしてもらっているので、感謝しっぱなしです。共立大には女子レスリング部もありますし、『この大学しかない』という感じでしたね。

Q:「スポーツ学部」ではなく「経済学部」を選んだのは。

入江:卒業した高校が商業高校だったので、経済学部の方が、講義内容もスムーズに理解できるだろうと思ったからです。
また、試合や合宿に参加するため、どうしても講義を休まなければならないこともあります。その点でも、経済学部の方が講義の選択の幅もあって、レスリングの練習に集中できると考えました。

Q:高校までと、大学でのトレーニングの違いは。

入江:中学・高校と違って、大学では講義が無い時間帯など、日中でも自由な時間があるでしょ。大学入学当初、その空き時間を自主トレに充てていたんですが、ちょっとがむしゃらに練習しすぎて、合同練習の時にはすでにバテてしまっている…という失敗がありました。オーバーワークにならない範囲で練習する、自己管理の大切さを痛感しました。
現在、異なる部位の筋肉をバランス良く強化するため、腕立て、腹筋、背筋を4種類ずつ50回×2セットのトレーニングメニューを立てています。大学に入ってからは、他の地域から来た部員も一緒に練習するようになり、自分が知らない練習法などを知っていたりして、とても参考になりますね。
自分では、まだまだ「技」の技術が不足していると感じているので、他の部員の技を見たり、どうやってスピードが出る動きをしているか、などを研究しています。


絶対にリオデジャネイロへ「除外報道」で、逆に闘志が沸いた

Q:大学入学後の試合成績と、普段の学生生活について教えて下さい。

入江:インカレでは1年、2年とも全国優勝し、2012年の「天皇杯」では準優勝でした。その他、「世界ジュニア」と「世界学生大会」優勝です。
『学生生活』とは言っても、今はオリンピック目指して、時間さえあればトレーニングばかりなので、アルバイトをしたり友人とカラオケに行ったりお酒を飲みに行ったり…など、大学生らしいことは全くやってないですね。時間の余裕があれば、ぐっすり寝たいです(笑)。
あ、ただ、レスリング以外に趣味とかも、そろそろ見つけたいとは思っているんですよ。現在の趣味は映画観賞で、本当は映画館で見たいんですけど時間がないので、DVDを借りて見ています。最近では、「リアルスティール」が面白かったですね。それから、商業やマーケティングの講義も楽しいです。

Q:世界トップレベルの選手たちとの試合で感じることは。

入江:普段は、精神的に強い方だと自負しているんですが、世界大会で1度だけ、相手の迫力に気持ちが負けたことがあります。北京オリンピックの優勝選手で、体が大きいということもありましたが、試合開始直後に捕まってしまいました。
私はかなり小柄なので、試合ではその部分を活かし、相手の懐に飛び込む「ハイクラッチ」を得意技にしています。インカレでも、ハイクラッチを決めて優勝しました。ただ、その技が、海外のどの選手にでも決められるほどは完成してはいません。今後はもっと技を身に付けて、ひとつの技だけでなく「技の連携」がスムーズに行くよう、磨いていきたいと考えています。

Q:レスリングが、オリンピック種目から除外される可能性もあるようですが

入江:その報道を耳にした時には、本当にビックリしました。ただ、私が目指しているのは、まず2016年のリオデジャネイロなので、逆に闘志が湧いています。
クラブチームの監督から教わったことの1つに、『あのイチロー選手でも、バッティング練習をする時には、必ず相手チームのピッチャーを想定して練習している』というものがあります。世界で活躍するアスリートがやっている練習法なら、自分もやってみない理由はないと考え、リオで対戦するかもしれない、自分にとって苦手なタイプの選手などを想定して練習するようにしています。

Q:最後に、進路選択中の高校生に向けてメッセージを。

入江:高校と比べて大学では、自分の自由な時間がたくさん作れます。共立大では最近、グラウンドが整備されるなどでトレーニング環境がさらに良好になっていますから、自由時間を有効に使って勉強したり、スポーツのトレーニングをしたりと、存分に自分を高められることができると思います。
特にスポーツをやっている人にとっては、基礎から応用まで幅広いトレーニングが可能です。共立大で、一緒に学びましょう。

在学生・OBインタビューの一覧はこちら

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.