就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

大学紹介 ー共立リズムー

トップページ > 大学紹介 ー共立リズムー > 平成20年度 現代GPシンポジウムが開かれました。

平成20年度 現代GPシンポジウムが開かれました。 [2008.12.22]

12月13日(土)に、平成20年度「現代GP」企画 九州共立大学「生涯キャリア開発シンポジウム」が、本学自由ヶ丘会館にて開催されました。

35_1.jpgこのシンポジウムは、平成19年度に文部科学省「現代的教育ニーズ取組支援プログラム」(現代GP)として採択された「生涯キャリア開発型教育システムの構築〜人的ネットワークを活用したCPS navigationによる生涯キャリア支援〜」の一環として企画されたものです。

  この日のシンポジウムは、基調講演とパネルディスカッションから成っており、基調講演では、瀬尾健悟氏(毎日新聞社 西部支社 代表室 総務担当部長)から『社会・企業が求めるキャリアとは』という題目でご講演をいただきました。




1時間があっという間に過ぎてしまうと感じるほどに魅力的なご講演の内容でした。

35_2.jpgコミュニケーション、友人作り、読書、文章表現の大切さを具体的事例を交えながらお話くださいました。最も印象に残ったのは、最後は、自己判断が重要であることを強調なさっていた点でした。

 パネルディスカッションは、土山勇氏(株式会社 毎日コミュニケーションズ 就職情報事業本部 企画広報部 部長)、瀬尾健悟氏、小島正久氏(西日本旅客鉄道株式会社 福岡支社 新幹線管理本部 総務企画課)、弘中修司氏(キャリアナビゲーター登録保護者)、進路先が決定している本学学生と職員(堂中美里さん、濱本尚史君、荒木郷士君、そして私)によって行われました。コーディネーターの土山氏の巧みなリードのもと、活発なディスカッションが行われました。

パネリストの皆さんのお話を聞きながら、啓発されるところがたくさんありました。キャリア支援と言ってしまうとそれまでですが、その内容の捉え方次第で、支援のあり方が全く違ってきます。大学としてどのような支援が可能なのか、を考えながら、参加させていただきました。

by オク

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.