就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

大学紹介 ー共立リズムー

トップページ > 大学紹介 ー共立リズムー > 自分たちにできること

自分たちにできること [2011.04.14]

 3月22日から31日にかけて、東北地方太平洋沖地震の義援金の募金活動を行った学生有志33名を代表して、経済学部4年生の根岸翔太さんに今回の募金活動の趣旨やきっかけなどについて話を聞きました。

 根岸さんたちがどのようなことを考え、この行動を行ったのか、またこの活動から何を学んだのか聞きました。
 
○今回の活動について、教えてください

九州共立大学で募金活動メンバーを集め、3月22日(火)から3月31日(木)の期間JR折尾駅・東口・西口・サンリブ折尾店にて募金活動を行いました。JR折尾駅での活動は、朝・夕方の二回に分けて行い、少しでも多くの義援金を集めることができるようにしました。10日間の活動を終え、総額495,880円を日本赤十字社 東北関東大震災義援金として寄付させて頂きました。


○この活動をしようと思ったきっかけを教えてください

東北関東大震災により、かなりの被害がでており、現在も余震などが続いています。今後の復興作業に多額の費用がかかることが予想され、九州にいる私たちに何かできることはないかと考えた結果、義援金による支援活動を行うことにしました。

○この活動で学んだことを教えてください

ボランティアの在り方について考えさせられました。今回のような災害などが起きた時に何かしたいという気持ちは大切なのですが、その善し悪しに関わらず、それが「本当に必要なもの・こと」なのかということのほうがとても大切なことだと感じることができました。


○この活動に関して、今後の予定があれば、教えてください

今はまだ具体的にどのような活動を行っていくかなどは決まっていませんが、何か自分たちができることがあれば、積極的にしていきたいと思っています。

*募金活動メンバー*
<経済学部>
荒木康佑、根岸翔太、美濃健太、猪口大貴、古藤遼、向村敦士、永尾悟、藤津和駿、横田智子
魚形柊太、興梠一誠、田中航平

<スポーツ学部>
落合理奈、金谷綾太、志賀令基、中野耕次、福田沢子、前田愛、増田駿一、益田悠太、
宮原基裕、保岡由佳、山口舞子、山田彩香、横田まどか、吉浦亜沙美、松原早希、
渡邊絵里奈、向井大、鈴木晃平、竹内宏子、橋口善成、渡部剛

募金にご協力いただきました皆様に厚くお礼申し上げます。

byまっきー

ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.