大学紹介 ー共立リズムー

トップページ > 大学紹介 ー共立リズムー > 2018年5月

2018年5月の記事一覧

雑誌「週刊ベースボール」に本学硬式野球部の島内颯太郎投手が紹介されています [2018.05.23]

皆さん、こんにちは。

ベースボールマガジン社の野球雑誌「週刊ベースボール24号(5月28日号)」に、本学硬式野球部の島内颯太郎投手(経済学部4年・光陵高校出身)の記事が掲載されています。
「2018ドラフト候補 CLOSE UP」と題した2ページに渡る記事です。

内容は、高校野球では目立った実績を残せなかった島内くんが九州共立大に入学することになった経緯、本学入学後の硬式野球部での練習と取り組み、試合での実績、島内くんのこれからの思い等が紹介されています。
記事中の島内くんの言葉「ここまで成長させていただけるとは思ってもいなかった。共立の指導者、両親には感謝しかない」が印象的です。

次号の25号(6月4日号)の発売が5月23日なので、この24号(5月28日号)は、まだ本屋さん等で入手可能かもしれません。興味をもたれた方はぜひ。

 島内君ssss.png
 《 T.N 》

託される思い [2018.05.22]

皆さん、こんにちは。

九州共立大学は大学野球の強豪校として知られています。
本学の硬式野球部は、福岡六大学リーグ戦、全国大学野球選手権大会等で幾多の輝かしい戦績を残しています。また、多くの選手がプロ野球球団への入団を果たしています。

大学の野球場の東側には打撃練習場があります。

IMG_0992.JPG
打撃練習場の傍に掲げられたプレートには、寄贈者の名前が記されています。
プレートに刻まれた名前は、大瀬良大地さん(広島東洋カープ)、竹下真吾さん(東京ヤクルトスワローズ)、福地元春さん(横浜DeNAベイスターズ)の三人。

 IMG_0996.JPG

この打撃練習場はプロ入りした先輩たちから硬式野球部へ贈られたものなのです。
本学を巣立った選手が卒業後もこのように大学のことを思ってくれている。本当にありがたいことですよね。
こうして先輩から託された思いは、しっかりと後輩が受け止め、硬式野球部の強さと伝統を守っていってくれるはずです。

皆様方におかれましても、九州共立大学と本学硬式野球部をはじめとする部・サークルへ、変わらぬご支援をいただけますようお願いいたします。

《 T.N 》

幼稚園軽トラック in 九共大キャンパス [2018.05.08]

皆さん、こんにちは。今回は九共大の学内に駐まっていた幼稚園の軽トラックを紹介します。

九州共立大学を経営している学校法人「福原学園」は幼稚園も経営しています。「九州女子大学附属折尾幼稚園」「九州女子大学附属自由ケ丘幼稚園」「九州女子大学附属鞍手幼稚園」の三幼稚園です。
うち、折尾幼稚園と自由ケ丘幼稚園は九州共立大学の近くにあるため、本学の施設を催しに用いることがあります。
先日、自由ケ丘幼稚園の軽トラックが本学自由ケ丘会館前に駐まっていました。

  IMG_7518.JPG

かわいいデザインで和みますよね。
  《 T.N 》

今日から5月です [2018.05.01]

こんにちは。今日から5月、皐月(さつき)です。

5月の別名「皐月」は、5月は稲を植える月なので「さなえ月」、それを略して「さつき」となったという説。耕作を意味する古語「さ」から、稲作の月として「さつき」になったという説などがあります。

 IMG_0465.JPG

5月は。気候が穏やかで過ごしやすい時期です。年度替わりのあわただしさも少し落ち着いてくる月かと思います。
5月を有意義な月にできるよう、共に意識して過ごしていきましょう。
 《 T.N 》