就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|樋口 行人

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 樋口 行人 (Higuchi Yukito)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :樋口 行人
ローマ字 :Higuchi Yukito
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :教授
研究室 :スポーツ学部A館4階
研究室電話番号 :093-693-3313
研究室FAX番号
メールアドレス :higuchi@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ スポーツ指導者と栄養士の相互理解に協力していきたいと思います。
取得学位 博士(学術)
学歴 東京農業大学農学部栄養学科卒業
東亜大学大学院総合学研究科応用生命科学専攻博士課程修了
専門分野 栄養学
所属学会名 日本栄養改善学会会員
日本スポーツ栄養学会会員
日本健康支援学会会員
教育研究社会活動の概要 やまぐちスポーツ医・科学サポートスタッフ
山口陸上競技協会医事委員
担当授業科目 スポーツ栄養学、スポーツ栄養指導演習、健康栄養指導演習、運動負荷試験、健康運動指導特論、福原学、スポーツ学演習T・U、卒業研究
学内における委員会活動等 教務委員会
社会貢献・国際連携等 健康運動指導士養成講習会【福岡会場】講師
サンリーアイ アーツ&スポーツカレッジ講師
北九州シニアネットワークアカデミー(穴生学舎)講師
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 栄養生化学 人体の構造と機能 共著 2012.3.31 講談社サイエンティフィク 2章 生体構成成分と栄養素
 7節 電解質と水 PP28〜31
著書 ..
学術論文 コーチング理解のための教育方法の開発とその実践 共著 2010.3. 下関短期大学紀要 第28号(P1〜10) 栄養指導に必要なコーチングの理解のための教育実践を行い、スポーツ経験レベルとコーチング理解度の間に有意な相関を認めた。
学術論文 コーチング理解のための教材を用いた教育実践報告〜スポーツコーチの手法をニュートリションコーチへ〜 単著 2008.3. 下関短期大学紀要 第26号(P89〜98) 栄養指導に必要なコーチングの概念を理解するには、スポーツトレーニングコーチの手法を理解させることが早道と考え、日本コーチ協会の考えに基づいた教材を作成し、実践を試みた。
学術論文 Prevention of Stroke by a Japanese Traditional Medicine, Shichimotsu-koka-to, in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats - a Histopathological Study 共著 2003.12. Natural Medicines第57巻第1号(P12〜17) 七物降下湯投与脳卒中易発症ラットの外観による脳卒中発症率は有意に低下し、任意の解剖例における脳組織障害は、病変の定量化により、出血巣、梗塞巣とも有意に低下することに加え、梗塞巣の重症度も改善することを明らかにした。
(Kageyoshi ONO, Hiroshi ONODERA, Kunitoshi MITSUMORI, Setsuko SEKITA, Motoyoshi SATAKE and Yukihiro OZAKI)
学術論文 高血圧性疾患に対する漢方方剤七物降下湯の予防効果に関する研究 単著 1998.9. 東亜大学博士学位論文 博甲第7号 漢方方剤七物降下湯は脳卒中易発症ラットの血圧には直接作用せずに、脳卒中や腎障害など高血圧性臓器障害の発症を軽減し、その結果として延命効果を発揮することを明らかにした。
学術論文 Preventive Effects of Shichimotsu-koka-to on Renal Lesions in Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats 共著 1998.7. Biological & Pharmaceutical Bulletin 第21巻第9号(P914〜918) 脳卒中易発症ラットの高血圧性腎障害に対する七物降下湯の作用を病理組織学的に検討したところ、本処方投与により、腎障害が抑制されることを明らかにした。
(Kageyoshi ONO, Setsuko SEKITA, Hiroshi ONODERA, Kunitoshi MITSUMORI, Yasuo NARA and Motoyoshi SATAKE)
学術論文 七物降下湯の脳卒中易発症性自然発症高血圧ラット(SHRSP)の脳卒中予防とフリーラジカル関連酵素活性に対する効果 共著 1996.7. 日本薬理学雑誌 第108巻第1号(P13〜22) 漢方方剤七物降下湯投与による脳卒中易発症ラットの延命効果には、フリーラジカル消去作用と産生抑制作用が関与している可能性を明らかにした。
(山下樹三裕、谷山紘太郎、佐竹元吉、尾崎正若)
学会発表 栄養士養成課程学生と体育系学部学生の「栄養指導におけるコーチング」理解度の比較 共著 2010.7. 第7回日本栄養改善学会中国支部学術総会 「スポーツ現場でのコーチング実践例」の教育を行ったところ、栄養士養成課程ではスポーツ経験レベルの高い群で、体育系学部では栄養系分野学力の高い群で理解度の上昇が顕著であるとの知見を得た。
学会発表 コーチング理解のための教育方法と教育効果の検討 共著 2009.7. 第6回日本栄養改善学会中国支部学術総会(於:中国学園大学) 栄養指導に必要なコーチングの概念を理解させるために、スポーツトレーニングコーチの手法を解説した教材によりコーチングの教育を行い、その教育効果(理解度の変化)を明らかにした。
(芳賀絵美子)
学会発表 管理栄養士国家試験合格を目指した栄養士養成課程の卒業後教育の方向性について 共著 2008.7. 第5回日本栄養改善学会中国支部学術総会(於:米子コンベンションセンター) 栄養士養成課程卒業生が管理栄養士国家試験を合格するためのもう一押しは、eラーニングと対面授業の両立と考え、実践事例を紹介した。
(塚原大樹)
学会発表 平成23年山口国体へ向けての栄養サポート活動−陸上競技− 単著 2007.7. 第4回日本栄養改善学会中国支部学術総会(於:三次まちづくりセンター) 平成23年山口国体へ向けて動き出したサポートチームの事例紹介と、問題点およびそれを解決するための教育方法を示唆した。
学会発表 インターネットを介した管理栄養士国家試験対策のコンテンツ開発について 共著 2006.7. 第3回日本栄養改善学会中国支部学術総会(於:島根県立女子短期大学) eラーニングのシステムフローを中心に、管理栄養士国家試験受験の問題点とその解決方法を踏まえながら、コンテンツ開発について述べた。
(品川汐夫)
学会発表 一般学生及び持久性運動選手のアミノ酸サプリメント摂取による効果自覚度の検討 単著 2004.10. 第51回日本栄養改善学会学術総会(於:石川県立音楽堂) アミノ酸サプリメント摂取による効果自覚度を、食習慣、運動習慣ごとに分析し、一般学生では、食習慣、運動習慣により効果自覚度が大きく異なることを明らかにした。
学会発表 Cytokines Accelerate Expression Cell Adhesion Molecules Cultured Astrocytes Stroke-Prone Spontaneously Hypertensive Rats (SHRSP/Izm) 共著 2001.5. 10th International Symposium on SHR and Molecular Medicine(於:Berlin, Germany) 脳卒中易発症ラットと正常血圧ラットでは、サイトカインであるICAMとVCAMの発現に違いがあることを明らかにし、これが若齢期の脳卒中発症に関わっている可能\性を示した。
(Yasuo NARA, Kazuo YAMAGATA, Seiji KATANO, Yukio YAMORI and Tomohiro MIKI)
学会発表 脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの脳組織障害に対する七物降下湯の作用 共著 1999.3. 日本薬学会第119年会(於:アスティとくしま) 七物降下湯投与脳卒中易発症ラットの脳組織障害は、病変の定量化により、出血巣、梗塞巣とも有意に低下したことを発表\した。
(小野影義、関田節子、小野寺博志、三森国敏、佐竹元吉)
学会発表 脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの高血圧性腎障害に対する麻黄湯の効果 共著 1998.4. 日本薬学会第118年会(於:国立京都国際会館) 漢方方剤麻黄湯を脳卒中易発症ラットに投与すると、形態学的に高血圧性腎病変を軽減することを発表\した。
(小野影義、関田節子、小野寺博志、三森国敏、佐竹元吉)
学会発表 七物降下湯の脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)に対する効果 共著 1997.9. 第41回日本薬学会関東支部大会(於:東邦大学) 腎臓の病理組織学的検索および生化学的検査により、七物降下湯が脳卒中易発症ラットの高血圧性腎病変を軽減することを発表\した。
(小野寺博志、三森国敏、小野影義、関田節子、佐竹元吉)
学会発表 漢方方剤七物降下湯投与による SHRSP の大脳皮質フリーラジカル関連酵素活性及び過酸化脂質量の変動 共著 1996.11. 第32回高血圧自然発症ラット(SHR)学会総会(於:千里ライフサイエンスセンター) 七物降下湯投与脳卒中易発症ラットの脳内過酸化脂質量は、若齢期より有意に低値を示し、本処方により脳の組織障害が抑えられることを発表\した。
(山下樹三裕、谷山紘太郎、尾崎正若)
学会発表 SHRSPのフリーラジカル関連酵素活性に対する七物降下湯の作用 共著 1996.9. 第13回和漢医薬学会大会(於:富山医科薬科大学) 七物降下湯投与脳卒中易発症ラットのフリーラジカル関連酵素活性は、正常血圧ラットの値に近づくことを発表\した。
(山下樹三裕、谷山紘太郎、尾崎正若)
学会発表 脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)に対する七物降下湯の効果 共著 1995.8. 第12回和漢医薬学会大会(於:シェーンバッハ砂防) 七物降下湯投与脳卒中易発症ラットは、有意な血圧下降を示さないにもかかわらず、生存率の延長が認められたことを発表した。
(山下樹三裕、谷山紘太郎、尾崎正若)

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.