就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|宇野 美津夫

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 宇野 美津夫 (Uno Mitsuo)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :宇野 美津夫
ローマ字 :Uno Mitsuo
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :教授
研究室 :深耕館 S428
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス :mitsuo@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ “Read the Flow”, “Catch the Flow”,” Ride the Flow”
スポーツ競技でちょっとした事がきっかけになり、試合の流れが大きく変化し、これまでの展開とまったく異なった方向に進みだす経験をした人も多くいると思います。これに対処し、事態を乗り切るには、「流れ(波)を読み」、「流れ(波)を捉え」、「流れ(波)に乗る」ことが必要です。そのため、日ごろから多くの練習を重ね、また数多くの試合の中での体験を、自分の知識や技術として取り込み、事態に対処する準備と体制を整えてきたことと思います。
大学から実社会に出るために、社会の荒波を乗り越える技術を兼ね備えるのも、同じことで、大学で多くの知識を修得し、授業以外の活動や友人関係から人生勉強をし、多くの先生から指導を受けて、社会の荒波を乗り切る航海技術を身に付けてください。
取得学位 博士(工学)(九州工業大学 工博乙第52号)
学歴 昭和47年03月 福岡県立嘉穂工業高等学校 機械科 卒業
専門分野 流体工学
所属学会名 日本機械学会 会員
ターボ機械協会 会員
ターボ機械協会 ターボポンプ分科会委員
日本機械学会九州地区流体工学研究会流体機械研究担当幹事
ターボ機械協会 水力エネルギー分科会委員
教育研究社会活動の概要 マイクロ水力エネルギー市民フォーラム
担当授業科目 スポーツ流体力学
スポーツ統計学
スポーツ学概論
キャリア基礎演習A、B
スポーツ学演習入門A、B
スポーツ学演習T、U
卒業研究
関門の自然環境とそのエネルギー
学内における委員会活動等 経営企画本部 大学改革プランナー(IR担当)
社会貢献・国際連携等 日本機械学会表彰,昭和60年度日本機械学会論文賞受賞
ターボ機械協会表彰,平成9年度ターボ機械協会賞論文賞受賞
Best Poster Award Renewable Energy 2010
JSME基準S008 水車及びポンプ水車性能換算法改訂検討委員会(社団法人 電気学会)
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 ターボポンプ 共著 2007.7. 日本工業出版 ターボポンプの研究・開発・設計あるいは計画、運転、保守などに関係する技術者やターボポンプを勉学しようとする学生の教科書および技術書
[第2章のターボポンプの理論を担当]
著書 新エネルギー大辞典 共著 2002.2. 工業調査会 新エネルギーの現状,装置,語句などについて詳しく説明を加えた事典である.[茅陽一ほか103名,水力エネルギー部門を担当]
学術論文 DEVELOPMENT OF UNIQUE PUMPING UNIT WITH FLOATING TYPE CENTRIFUGAL IMPELLER 共著 2010.10. Proceedings of 2010 International Conference on Pumps and Fans, Paper No.E006 これまで開発してきた軸無しで浮遊羽根車を有するユニーク遠心ポンプについて、その安定性と回転姿勢について検討した。(川嶋竜之介、金元敏明、原田俊輔、日高啓介、宇野美津夫)
学術論文 HYDROPOWER RECOVERY WITH OSCILLATING CIRCULAR CYLINDER 共著 2010.9. Proceedings of 3rd Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, pp.250-254 環境に優しいエネルギー利用の一環として、流体の流れエネルギーに着目し、カルマン渦誘起による物体振動を利用する新しいマイクロ水力発電の実用試験を行い、その有効性を示した.(宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学術論文 PROPOSAL OF OSCILLATING TYPE HYDRAULIC POWER GENERATION 共著 2010.7. Proceedings of Renewable Energy 2010 - Joint Conference with International Solar Energy Society, Paper No. P-Sh-7 . 地球温暖化防止のための自然エネルギー利用に関して、回転方式ではない流体関連振動を利用した新しいマイクロ水力発電を提案し、河川や海洋での利用の可能性について実験によって明らかにした。(宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学術論文 河川の流れを想定した渦励振型マイクロ水力発電 共著 2010.2. ターボ機械38巻2号(P 121〜125) 近年のエネルギー問題、地球温暖化問題を解決するため、流体の流れエネルギーに着目し、カルマン渦誘起を利用する環境フレンドリー、フィッシュフレンドリーな新しいマイクロ水力発電の実用試験を行い、その有効性を検討した.(宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学術論文 PROPOSAL OF UNIQUE PROCESS PUMP WITH FLOATING TYPE CENTRIFUGAL IMPELLER 共著 2009.10. Proceedings of the 10th Asian International Conference on Fluid Machinery, Paper ID 157 シャフトレス遠心ポンプの浮遊羽根車の安定性に関して、そのメカニズム、安定のためのそれぞれの因子に関して検討した。(川嶋 竜之介、金元 敏明、坂本 健吾、宇野 美津夫)
学術論文 THE MICRO HYDRAULIC POWER GENERATION BY OSCILLATING CIRCULAR CYLINDERS 共著 2009.9. Proceedings of International Symposum on Low Carbon Technology, No. JP19 低炭素社会を目指し、基本となる環境に優しいエネルギー利用の一環として、流体の流れエネルギーに着目し、カルマン渦誘起による物体振動を利用する新しいマイクロ水力発電の実用試験を行い、その有効性を示した.(宇野 美津夫、川嶋 竜之介、中山伸介)
学術論文 HYDRAULIC FORCES ACT ON A CENTRIFUGAL IMPELLER 共著 2009.7. Proceedings of 20th Internal Symposium on Transport Phenomena シャフトレス遠心ポンプの安定性に関して、周方向の均一性および軸方向スラストの低減に影響されることから、舌部の形状の寄与について検討した。
(川嶋 竜之介、坂本 健吾、金元 敏明、宇野 美津夫)
学術論文 APPROACHES TO STABLE OPERATION OF SHAFTLESS CENTRIFUGAL PUMP 共著 2009.3. Journal of Thermal Science,Vol. 18. No.1 浮遊インペラーを安定させるため、複数の方法を示し、ポンプ性能\とインペラー浮遊状態、及び圧力場の状態の関連性について明確にした。(川嶋竜之介、宇野美津夫、金元敏明)

学術論文 A FUNDAMENTAL STUDY ON THE MICRO HYDRAULIC POWER GENERATION BY USE OF OSCILLATING CIRCULAR CYLINDERS IN FLOW 共著 2008.10. Proceedings of 24th IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Cavitation, IAHR-61 低炭素社会を目指し、流れが物体に作用する流体力の有効活用に着目し、カルマン渦誘起による物体振動を利用するマイクロ水力発電の新しいアイデアを提案し、その可能性を示した. (宇野 美津夫、川嶋 竜之介、中山伸介)
学術論文 APPROACHES TO STABLE OPERATION OF SHAFT-LESS CENTRIFUGAL PUMP 共著 2008.5. Proceedings of 2nd Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science 2008 この論文は浮遊インペラーの安定した回転実現するため、複数の方法を示し、ポンプ性能とインペラー浮遊状態、及び圧力場の状態の関連性について記述した。(川嶋竜之介、宇野美津夫、金元敏明)
学術論文 入口バリアを付加した斜流ターボ機械の内部流れ計測 共著 2008.5. ターボ機械36巻5号(P 309-314) 動翼先端の流れ場制御に対し,構造が極めて単純であることを特徴とする入口壁面バリアを斜流ターボ機械に設置し,その右上がり不安定性能に及ぼす効果および内部流れの変化について報告する
(川嶋竜之介、宇野美津夫、宮入嘉夫)
学術論文 STABILITY ENHANCEMENT OF A MIXED-FLOW PUMP CHARACTERISTICS BY USE OF THE INLET WALL BARRIER 共著 2007.10. Proceedings of 9th Asian International Conference on Fluid Machinery 斜流ターボポンプの不安定性能を回避する目的で吸い込みリングを用い、内部流れと不安定特性改善の効果を実験的に調べた.(川嶋竜之介、竹原睦、宮入嘉夫、宇野美津夫)
学術論文 THE STABILITY CONTROL OF THE FLOATING IMPELLER IN A SHAFT-LESS CENTRIFUGAL PUMP BY J-GROOVE SURFACE TREATMENT 共著 2006.11. Proceedings of 23rd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and Cavitation, Vol. B, B2-3-1, (P 1〜9) シャフトレス遠心ポンプのケーシング底面に放射線状にJグルーブを設け、ポンプ性能\、内部圧力変動および羽根車の回転姿勢に及ぼす影響について報告した.(宇野美津夫,宮入嘉夫、川嶋竜之介、米倉大輔)
学術論文 シャフトレス遠心ポンプにおける浮遊羽根車の安定性(Jグルーブ設置による状態変化 共著 2006.5. ターボ機械34巻5号(P 294〜300) ターボ機械の不安定性能改善に利用されているJグルーブがポンプ内部の圧力分布に及ぼす影響に着目し、シャフトレス遠心ポンプへの適用を試みた.本報ではケーシング底面に放射線状にJグルーブを設け、ポンプ性能、内部圧力変動および羽根車の回転姿勢に及ぼす影響について報告する.(川嶋竜之介、宇野美津夫,宮入嘉夫)
学術論文 EFFECTS OF SURFACE TREATMENT ON THE OSCILLATION PATTERN AND VORTEX SHEDDING WITH A CANTILEVER CIRCULAR CYLINDER 共著 2005.11. Proceedings of the 3rd International Conference onVortex Flows and Vortex Models(P 229〜232) 一様水流中に置かれた円柱構\造物の表\面に種々の加工や表\面処理を施すことにより境界層を変化させ、円柱振動、円柱より発生する渦の規模、はく離点を可視化法により観察し、振動低減効果および渦発生に及ぼす影響について考察を行った.(宇野美津夫,中西裕二、川嶋竜之介)
学術論文 AERODYNAMIC DRIVING SYSTEM FOR FRONT FAN OF TURBOFAN ENGIN 共著 2005.8. Proceedings of the 1st International Conference on Innovation and Integration in Aerospace Sciences CEIAT 2005-0011 (P 1〜8) ターボファンエンジンの小型高速化が望まれている中,新しい形式,ドライバ翼車とタービン翼車からなる軸流形式トルクコンバータを考案した。この論文では,その設計思想と定常性能\,非定常運転状態への応用について検討した.(金元敏明,関成太,Ahmed Mohamed Galal,宇野美津夫)
学術論文 THE OBSERVATION OF THE FLOW-INDUCED VIBRATION AND THE VORTEX SHEDDING AROUND A CANTILEVER CIRCULAR CYLINDER WITH SURFACE TREATMENT 共著 2005.3. Proceedings of 6th KSME-JSME Thermal &Fluids Engineering ConferenceEB02(P 1〜4) 境界層制御による流体力低減の考え方に基づき、一様水流中に置かれた円柱構造物の表面に種々の加工を施すことにより境界層を変化させ、円柱振動の低減を試みた.同時に、円柱より発生する渦の規模、はく離点を可視化法により観察、測定し、振動状態および渦発生に及ぼす表面形状の影響について考察を行った.(川嶋竜之介,宇野美津夫)
学術論文 シャフトレス浮遊羽根車の回転姿勢検出法 共著 2005.2. ターボ機械33巻2号(P 78〜84) 非接触式変位センサを使って,浮遊羽根車の3次元回転姿勢を検知,計算する手法を幾何学的な検討し,表示のためのソフトウエアを開発した.さらに,その手法やプログラムの妥当性を実験的に確認した.(宇野美津夫,川嶋竜之介,石原太一郎)
学術論文 THE STABILITY OF A NEW TYPE CENTRIFUGAL PUMP WITH SHAFT-LESS FLOATING IMPELLER 共著 2004.6. Proceedings of 22nd IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and CavitationVol. B, B12-3,(P 1〜9) 縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの浮遊状態の計測法を確立し,ケーシング内圧力変動との関連性を明らかにした.(宇野美津夫,川嶋竜之介,石原太一郎,根本光正)
学術論文 RELATIONSHIP BETWEEN PRESSURE FLUCTUATION AND FLOATING CONDITION OF A SHAFTLESS CENTRIFUGAL PUMP IMPELLER 共著 2003.10. Proceedings of 7th Asian International Conference on Fluid Machinery OS17-4,No.1, (P 1〜6) 縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの流量変化に対する浮遊状態とケーシング内圧力変動を計測し,データ処理結果から,運転状態による羽根車の浮上距離と内部圧力変動の関連性を明らかにした.(宇野美津夫,川嶋竜之介,石原太一郎,青谷勇)
学術論文 縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの圧力変動と浮遊状態に関する研究 共著 2003.8. ターボ機械31巻8号(P 474〜481) 既に開発した縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの安定性の確立を目指して,流量変化に対する浮遊状態とケーシング内圧力変動を計測し,データ処理結果から,運転状態による羽根車回転姿勢(羽根車の傾斜状態)と内部圧力変動の関連性を明らかにした.(宇野美津夫,石原太一郎,舛添尊亮)
学術論文 相反転式水力発電に関する基礎研究(第2報,相反転ランナの水力特性とポテンシャル干渉) 共著 2002.12. 日本機械学会論文集(B編)68巻676号(P 188〜195) 海洋での海流,潮流のエネルギを有効利用する目的で,新たに開発した小型,高出力の相反転軸流ランナを有する水力発電システムの概念と構造を説明するとともに,水車の性能に大きく影響する水車内部の流れの計測を行い,エネルギ変換効率について論じた.(金元敏明,富永圭一,田中大輔,佐藤将,柏原俊規,宇野美津夫)
学術論文 VISUALIZATION OF PRESSURE DISTRIBUTION IN A TURBO-PUMP BY USE OF DEVELOPED  LIQUID CRYSTAL FILM SENSOR 共著 2002.11. Proceedings of 5th KSME-JSME Fluids Engineering ConferenceOS17-4, No.1, (P 1751〜1756) 複雑なターボ機械内部流動状態を把握し,問題解決するには圧力分布の測定が有効である。そこで,コレステリック液晶を用いた圧力フィルムセンサーを開発し,その構造と有効性について論じた.(宇野美津夫,濱徳志,かく明暉)
学術論文 DEVELOPMENT OF NEW TYPE HYDRAULIC TURBINE SUITABLE FOR SHALLOW STREAM 共著 2002.9. Proceedings of 21st IAHR Symposium on Hydraulic Machinery and CavitationVol.2(P 165〜170) 河川や急流のエネルギーを有効利用する目的で,新たに開発した水深が浅い状態で利用できる小型プロペラ形の水力発電システムの概念と構造を説明すると共に,水車の性能に影響する流れの計測を行い,エネルギー変換効率について論じた.(金元敏明,三角春樹,柏原俊規,宇野美津夫)
学術論文 FLOATING BUOY TYPE ENERGY COLLECTOR FOR TIDAL CURRENT POWER GENERATION 共著 2002.5. Proceedings of the 12th International Offshore and Polar Engineering Conference No.2002-TS-05(P 1〜6) 波力,潮流の自然エネルギーを利用した小電力発電に相反転軸流ランナが利用されている.この発電システムに重要な役目を果たすエネルギコレクターの性能を実験および理論計算,流れの可視化によって明らかにした.(柏原俊規,中西祐二,宇野美津夫,金元敏明)
学術論文 DEVELOPMENT OF THE FLOATING CENTRIFUGAL PUMP BY USE OF NON-CONTACT MAGNETIC- DRIVE AND ITS PERFORMANCE 共著 2002.2. Proceedings of the 9th International Symposium of Transport Phenomena and Dynamics of Rotating MachineryDD-ABS-053(P 1〜7) 回転部と静止部が接触しない非接触磁気駆動式浮遊羽根車ポンプを開発したので,その経緯,駆動原理を示すとともに,運転状態とその試験結果を示し,浮遊羽根車を有する非接触駆動式ポンプの可能性について検討した.(宇野美津夫,舛添尊亮,青谷勇,大場慎,金元敏明)
学術論文 DISCUSION OF NUMERICAL FLOW SIMULATION FOR COUNTER-ROTATING CASCADES 共著 2001.9. Proceedings of the 5th International Symposium of Experimental and Computational Aerothermodynamics of Internal Flow Vol.1 (P 265〜274) カウンタートルクを相殺できる二重反転羽根車は水力発電ランナやポンプ羽根車として利用され,能動的制御が可能な流体機械として注目をあびている.本研究では,相反転する翼列モデルに対し,特異点法を用いた準三次元流れ解析などによる理論解析を行い,翼列作用や負荷分布に対する検討を行った.(金元敏明,服部祐司,大場慎,富永圭一,宇野美津夫)
学術論文 翼面上特異点法によるディフューザポンプ羽根車下流の圧力脈動 共著 2001.8. ターボ機械29巻8号(P 464〜471) ディフューザポンプを対象にして羽根車と翼付きディフューザの翼面上に渦を分布させる特異点法を用いた二次元非粘性流れ計算を行い.実験結果との比較から動静翼干渉に伴う圧力変動をどの程度再現できるか調査し,計算法の有効性を確認した.(中川貴博,古川明徳,塚本寛,宇野美津夫)
学術論文 非接触駆動式浮遊羽根車ポンプの開発とその性能 共著 2001.6. ターボ機械29巻6号(P 363〜370) 回転部と静止部が接触しない非接触磁気駆動式浮遊羽根車ポンプを開発したので,その経緯,駆動原理を示すとともに,運転状態とその試験結果を示し,浮遊羽根車を有する非接触駆動式ポンプの可能性について検討した.(宇野美津夫,矢野芳雄,青谷勇)
雑誌 温室効果ガス排出量の算定方法の現状とその利用法 単著 2010.3. 九州共立大学総合研究所紀要、第3号 近年,二酸化炭素排出量を抑えるために,持続可能社会を目指した低炭素社会づくりが提唱されている.ここでは,温室効果ガスの排出量算定方法ガイドラインの要約を示し,ガイドラインの主旨と算定方法を理解し易くするため,その例を示した.(宇野 美津夫)
雑誌 翻弄されるエンジニアの想いと未来への貢献 単著 2009.6. 電業社機械 33巻1号(P 1〜2) 最近の機器は,エンジニアの想いとは裏腹に、環境や持続可能\社会への貢献より、経済効果優先の状況にある。ここでは、技術報の巻頭言として、エンジニア気質の重要性と未来への貢献について提案をした。
雑誌 椎茸栽培用マイクロ水力発電(リニューアブル・エネルギー活用への個人的挑戦) 共著 2008.6. ターボ機械36巻6号(P 332〜337) 本報告では、農業生産(椎茸栽培)におけるリニューアブル・エネルギー(マイクロ水力エネルギー)利用についての個人的挑戦の実例を紹介する。(宇野 美津夫、縄田 洋春)
雑誌 浮遊羽根車の回転姿勢を計る 共著 2007.5. ターボ機械35巻5号(P 289〜294) 刻々と変化する浮遊羽根車の回転姿勢を計るための検出方法、算出方法、処理方法を紹介し、姿勢検出のノウハウを解説した。(川嶋竜之介,宇野美津夫)
雑誌 浮遊式インペラ(無摺動遠心ポンプ) 単著 2006.7. ターボ機械34巻7号 (P 385〜388) ターボ機械協会誌の「夢から現実を伺う新生ターボ機械」特集号において、浮遊式インペラ(無摺動遠心ポンプ)に関する開発研究の経験から開発経緯と最新動向と今後の展望を紹介した.(宇野美津夫)
雑誌 未利用水力資源による地球にやさしいクリーンエネルギー開発の促進 共著 2003.4. ターボ機械31巻4号(P 199〜205) かけがえのない地球で,人類と自然の生態系が共有できるための具体例を示しながら,未利用の水力資源による自然破壊を伴わないクリーンエネルギー開発,自然の生態系と共生できる環境機械としての水力発電装置の開発の促進を提案した.(森下英明,塚本直史,金元敏明,大西裕文,宇野美津夫)
学会発表 Review of Cavitation in a Shaft-less Double Suction Centrifugal Miniature Pump 単著 2012.4.8 第7回ポンプセミナー,ターボ機械協会ターボポンプ分科会 ミニチュアポンプは、血液ポンプや燃料電池などの重要な機器に使用されているにも関わらず,そこで発生するキャビテーションに関してCFDを実施した例は少ない.そこで、3種類の羽根車に対してCFDを実施した論文のレビューをした.
学会発表 遠心ポンプの非定常軸スラストに及ぼす羽根車姿勢の影響 共著 2009.9. 第62回ターボ機械協会総会講演会 これまでのシャフトレス遠心ポンプの研究成果を踏ま えつつ,原点に立ち返り,羽根車回転姿勢の変化ケーシン グ内の圧力に及ぼす影響を把握した.(坂本 健悟、川嶋 竜之介、原田 俊介、畠田 朋彦、金元 敏明、宇野 美津夫)
学会発表 遠心羽根車に作用する非定常軸スラスト(浮遊羽根車の安定回転に向けて) 共著 2009.5. 第61回ターボ機械協会総会講演会 これまで提案してきたシャフトレス浮遊羽根車ポンプに関連して、ケーシング内の圧力と軸スラストに及ぼす羽根車軸方向位置の影響について調べた。
(川嶋 竜之介、坂本 健吾、金元 敏明、宇野 美津夫)
学会発表 河川の流れを想定した渦励振型マイクロ水力発電 共著 2009.5. 第61回ターボ機械協会総会講演会 河川のような低流速の流れ場からエネルギーを回収する渦励振を用いたマイクロ水力発電の実用化に関する実験を行ない、その実用性について検討した。
(宇野 美津夫、牟田 尚史、中山 伸介、川嶋 竜之介)
学会発表 円柱の渦励振現象を活用したマイクロ水力発電の提案 共著 2008.5. 第59回ターボ機械協会総会講演会 川の流れエネルギーの有効利用を念頭におき、その基礎研究として、流れに誘起され。水流中で振動するペアの片持ち円柱を使った発電の可能\性とそのアイデアを提案した。(宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学会発表 水力エネルギーによって振動する2本の片持ち円柱の最大振幅発生条件 共著 2007.11. 第85期日本機械学会流体工学部門講演会 水力エネルギー活用技術への関心の深さを考慮し,流れが物体に作用する流体力の有効活用に着目し、カルマン渦誘起による物体振動を利用する水流エネルギー回収の可能\性を考えた.(宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学会発表 シャフトレス遠心ポンプの羽根車姿勢に及ぼすケーシング形状の影響 共著 2007.9. 第58回ターボ機械協会佐賀講演会 シャフトレス遠心ポンプのケーシンング形状を変更し、姿勢の安定化に及ぼす影響について報告した。(川嶋 竜之介、 宇野 美津夫、 金元 敏明、米倉 大輔)
学会発表 斜流ターボ機械の不安定性能\改善における内部流れの解明及び新型バリアの考案 共著 2007.8. 第8回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 不安定性能\を改善するため斜流ターボ機械に入口バリアを設置し、ポンプ性能\、内部流れに及ぼす影響について検討した。また、新型バリアについても提案した。(竹原睦、 宇野 美津夫、川嶋 竜之介)
学会発表 入口バリアを付加した斜流ターボ機械の内部流れ計測 共著 2007.5. 第57回ターボ機械協会総会講演会 不安定性能\を改善するため斜流ターボ機械に入口バリアを設置し、ポンプ性能\、内部流れに及ぼす影響について検討した。(川嶋 竜之介、竹原睦、 宇野 美津夫)
学会発表 シャフトレス遠心ポンプの内部流動状態に及ぼすJグルーブの影響 共著 2006.9. 日本機械学会 2006年度年次大会講演会 Jグルーブと呼ばれるケーシングトリートメントを本ポンプに適用し、回転姿勢及ぼす影響について明らかにするとともに内部の圧力場特性や姿勢変動、圧力変動波数特性の変化について検討を行った。(川嶋 竜之介、 宇野 美津夫、 米倉 大輔)
学会発表 シャフトレス遠心ポンプにおける浮遊羽根車の安定性(Jグルーブ設置による状態変化について) 共著 2005.5. 第53回ターボ機械協会総会講演会 ターボ機械の不安定性能\改善に利用されているJグルーブがポンプ内部の圧力分布に及ぼす影響に着目し、シャフトレス遠心ポンプへの適用を試みた.(川嶋竜之介,宇野美津夫)
学会発表 表\面加工した円柱の振動と放出される渦に関する実験的研究 共著 2004.11. 日本機械学会流体工学部門講演会 一様水流中に置かれた円柱構\造物の表\面に種々の加工や表\面処理を施すことにより境界層を変化させ、振動低減効果および渦発生に及ぼす影響について考察を行った.(川嶋竜之介,濱徳志,宇野美津夫)
学会発表 吸込壁面バリアによる斜流形ターボ機械の不安定性能\の改善 共著 2004.8. 第5回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 斜流ターボポンプの不安定性能\の原因である羽根車入口シュラウド側で起こる不安定性流れを取り除く目的で吸込壁面バリアを用いた。(杉山恵雄,宇野美津夫,川嶋竜之介)
学会発表 吸込みリングによる斜流形ターボ機械不安定性能\の改善 共著 2004.5. 第51回ターボ機械協会総会講演会 斜流ターボポンプの不安定性能\を回避する目的で吸い込みリングを用い、その効果を実験的に調べた.(杉山恵雄,宇野美津夫,川嶋竜之介)
学会発表 浮遊羽根車を有するシャフトレス遠心ポンプに関する研究 共著 2004.3. 日本機械学会九州支部第57期総会講演会 縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの流量変化に対する浮上距離と内部圧力変動の関連性を明らかにした.(石原太一郎,宇野美津夫,川嶋竜之介)
学会発表 流れによって振動する円柱と放出される渦に関する研究 共著 2003.8. 第4回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 一様水流中に置かれた円柱構\造物の表\面に種々の加工を施すことにより境界層を変化させ、円柱振動の低減を試みた.(宇野美津夫,濱徳志,杉山恵雄)
学会発表 ポンプ浮遊羽根車の回転姿勢検出に関する研究 共著 2003.8. 第4回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 非接触式変位センサを使って,浮遊羽根車の3次元回転姿勢を検知,計算する手法を幾何学的な検討し,その手法やプログラムの妥当性を実験的に確認した.(川嶋竜之介,宇野美津夫,石原太一郎)
学会発表 シャフトレス浮遊羽根車の回転姿勢検出法と視覚化システム 共著 2003.5. 第50回ターボ機械協会総会講演会 非接触式変位センサを使って,浮遊羽根車の3次元回転姿勢を検知,計算する手法を幾何学的な検討し,表\示のためのソ\フトウエアを開発した.(宇野美津夫,舛添尊亮,石原太一郎,カク明暉)
学会発表 流れによって振動する円柱と放出される渦に関する研究 共著 2003.3. 日本機械学会九州支部第56期総会講演会 一様水流中に置かれた円柱構\造物の表\面に種々の加工を施すことにより境界層を変化させ、円柱振動の低減を試みた.(宇野美津夫,濱徳志,杉山恵雄,鈴木泰之)
学会発表 縦型シャフトレス浮遊羽根車ポンプの圧力変動と浮遊状態 共著 2002.10. 第49回ターボ機械協会地方講演会 回転部と静止部が接触しない非接触磁気駆動式浮遊羽根車ポンプを開発したので,その経緯,駆動原理を示すとともに,運転状態とその試験結果を示した.(宇野美津夫,舛添尊亮)
学会発表 河川でのマイクロ水力エネルギーの有効利用 単著 2002.10. 北九州学園都市産学連携フェア・シンポジウム 北九州市の紫川でのマイクロ水力発電の可能\性の調査し、最適水車の形式について検討した(宇野美津夫)
学会発表 教育用パーソナル流体工学実験装置の開発 共著 2002.8. 第3回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 学生実験用として、教育用パーソ\ナル流体工学実験装置を開発したので、その構\造や教育有効性について述べた.(宇野美津夫,松永成徳,舛添尊亮,濱徳志)
学会発表 河川でのマイクロ水力エネルギーの有効利用(My Town, My River, My Energy 北九州紫川水系) 共著 2002.6. 日本機械学会第8回動力・エネルギー技術シンポジウム 北九州市の紫川でのマイクロ水力発電の可能\性の調査し、最適水車の形式について検討した.(稲月道子,福田耕三,宇野美津夫,金元敏明)
学会発表 教育用パーソ\ナル流体工学実験装置の開発 共著 2002.5. 第48回ターボ機械協会総会講演会 学生実験用として、教育用パーソ\ナル流体工学実験装置を開発したので、その構\造や教育有効性について述べた.(宇野美津夫,松永成徳,岡本実,梅谷拓郎,舛添尊亮)
学会発表 液晶フィルムセンサによるターボ形ポンプ内変動圧力場のビジュアル化 単著 2001.11. 中小企業産学官技術交流会 ターボ形ポンプ内変動圧力場の測定方法として液晶フィルムセンサを考案したので、その原理・特性などを解説した.(宇野美津夫)
学会発表 潮流発電機用フロートの水力特性 共著 2001.10. 日本機械学会流体工学部門講演会 潮流発電用ランナに流入するエネルギーを有効活用するフロートの特性を調べた.(柏原俊規,小崎祐平,中西祐二,金元敏明,宇野美津夫)
学会発表 非接触磁気駆動式浮遊羽根車ポンプの開発とその性能\ 共著 2001.8. 第2回日本機械学会九州支部流体工学研究会トークイン 回転部と静止部が接触しない非接触磁気駆動式浮遊羽根車ポンプを開発したので,その経緯,駆動原理を示すとともに,運転状態とその試験結果を示した.(宇野美津夫,舛添尊亮,矢野芳雄,青谷勇)
学会発表 液晶フィルムによるターボ機械内部圧力場のビジュアル化 共著 2001.5. 第46回ターボ機械協会総会講演会 液晶ペイントを用いた圧力分布フィルムセンサを考案し、ターボ機械内部圧力場の可視化を試みた。(宇野美津夫,金元敏明,木村繁、かく明暉)

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.