就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|梨羽 茂

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 梨羽 茂 (Nashiba Shigeru)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :梨羽 茂
ローマ字 :Nashiba Shigeru
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :准教授
研究室
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス :nashiba@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ 学生生活をとおし、将来、社会に貢献しうる様々な能力を蓄えてゆくと思われますが、その能力を十分に発揮するためには、やはり「健康」が不可欠です。諸君には健康的なライフスタイルを自らデザインできる能力を養うとともに、その指導者としての資質を高める努力をしていただきたいと思っています。
取得学位 昭和61年3月 体育学士の学位授与(筑波大学体第1974号)
平成02年3月 体育学修士の学位授与(筑波大学修甲第5033号)
学歴 昭和61年3月 筑波大学体育専門学群卒業
昭和63年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科入学
平成02年3月 筑波大学大学院修士課程体育研究科修了
専門分野
所属学会名 昭和61年4月 日本体育学会会員(現在に至る)
昭和63年4月 日本体力医学会会員(現在に至る)
平成02年4月 九州体育学会(現九州体育・スポーツ学会)会員(現在に至る)
平成03年4月 大学スキー研究会会員(現在に至る)
平成06年4月 日本運動生理学会会員(現在に至る)
平成16年4月 日本野外教育学会会員(現在に至る)
教育研究社会活動の概要
担当授業科目 【九州共立大学】
経済学部経営学科 演習U
経済学部経営学科 演習V
経済学部・工学部 健康科学
経済学部・工学部 スポーツA
経済学部・工学部 スポーツB
【福岡教育大学】
教育学部 生涯スポーツ実習T
学内における委員会活動等
社会貢献・国際連携等 平成02年9月 日本体力医学会第45回大会実行委員
平成07年8月 第18回ユニバーシアード大会‘95福岡 大学スポーツ研究会議実行委員
平成07年9月 九州体育・スポーツ学会第44回大会実行委員
平成12年10月 大学スキー研究会幹事(現在に至る)
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 高校生の最大酸素摂取量と安静時血圧、血中脂質の関係 共著 1995.3. 体育科学23(P81〜P86) 高校生(男子86名、女子98名)を対象に、最大酸素摂取量と安静時血圧、血中脂質の関係について検討した。最大酸素摂取量と収縮期血圧、拡張期血圧および動脈硬化指数に有意な有相関を認め、日本人高校生にも成人に認められるような有酸素性体力と動脈硬化性疾患の危険因子との関連がある可能性が示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(田中宏暁、梨羽茂、進藤宗洋、森丘、半田耕一、松永彰、佐々木淳、荒川規矩男)
著書 女子スポーツ競技者の左室機能と最大酸素摂取量 共著 1989.3. 筑波大学体育科学系紀要12(P185〜P193) 我が国の一流女子競技者と大学運動部に所属する女子競技者の全身持久性について、超音波心エコー図法による左室の形態・機能と有酸素的作業能としての最大酸素摂取量の関連性を中心に検討した。研究対象は、年齢18〜25歳(平均20歳)の実業団女子競技者20名、及び年齢19〜22歳(平均20歳)の大学女子競技者13名であった。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(芳賀脩光、松田光夫、小関迪、小島龍平、植屋悦男、鵤木秀夫、富樫健二、中谷敏昭、折笠敏、梨羽茂)
著書 男子スポーツ競技者の左室内腔と最大酸素摂取量 共著 1988.3. 筑波大学体育科学系紀要11(P229〜P238) 我が国の一流男子競技者の全身持久性について、超音波心エコー図法による左室内腔の形態・機能及び有酸素的作業能としての最大酸素摂取量から検討した。研究対象は、年齢18〜28歳(平均22歳)の実業団陸上中・長距離選手、同サッカ−選手及び同野球選手計50名であった。陸上選手の心筋収縮力が大きく、心機能の効率が優れていることが示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(芳賀脩光、松田光生、植屋悦男、小島龍平、鵤木秀夫、梨羽茂、冨樫健二、中谷敏昭、城所邦昌)
雑誌 健康の維持・増進のためのプログラミング 共著 1991.3. 筑波大学体育科学系紀要14(P255〜P263) 筑波大学では、1988年度に「スポ−ツクリニック」が開設された。この一部門として同年度「健康の維持・増進のための運動プログラミング」プロジェクトが試験的に開始された。これは運動処方を作成する際の目標と手順、作成した処方のフィ−ドバック、効果の評価について実践しながら検討し、適切なシステムの確立を目標としたものであった。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(松田光生、芳賀脩光、河野一郎、三輪泰子、下條仁士、宮永豊、杤掘申二、江田昌佑、野坂俊弥、西山智子、折笠敏、境広志、鈴木尚美、冨樫健二、梨羽茂、深瀬陽子、山本啓之、遠藤誠、藤井輝明、水上春美、和久貴洋、飯田要、鯵坂隆一、杉下靖郎、林浩一郎)
学会発表 青少年の最大酸素摂取量と安静時血圧・血中脂質について ‐高校生に関する検討‐ 共著 1993.9. 日本体力医学会第48回大会(徳島郷土文化会館) 青少年期における有酸素的体力と血圧・血中脂質の関係について検討した結果、最大酸素摂取量は、男子の収縮期血圧、拡張期血圧と有意な負の相関、HDL コレステロールと有意な正の相関、女子の収縮期血圧と有意な負の相関を示し、青少年期においても、有酸素体力と血圧・血中脂質には、成人に認められるような関係があることが示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、田中宏暁、進藤宗洋、森丘、半田耕一、松永彰、佐々木淳、荒川規矩男)
学会発表 体育学部運動選手における心室遅延電位と運動特性,左心形態および有酸素作業能の検討 共著 1992.9. 日本体力医学会第47回大会(山形県県民会館) 体育学部運動選手282名(男性219名、女性63名、19〜20歳)を対象とし、12誘導心電図による不整脈、加算平均心電図法による心室遅延電位(LP)の検出を実施した。LP陽性例は、瞬間的に高い筋出力を求められるような種目(陸上投擲・重量挙げ等)に高頻度に存在する傾向がみられた。左室心筋重量は、LP陽性例で有意に小さかった。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、四ケ所美紀、清永明、向野義人、進藤宗洋)
学会発表 若年運動選手における心室遅延電位の検討 −心臓超音波検査及び長期経過観察− 共著 1992.3. 第2回体表心臓微小電位研究会(福岡大学) 若年運動選手における運動種目と心室遅延電位(LP)の関係について検討した。若年運動選手の約10%がLP陽性であった。LPの指標であるRMS40 値と左室重量との間に負の相関が認められた。さらに、運動種目との関係も示唆されたが、不整脈源性の有無については更に長期的観察が必要と考えられた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(諸江一男、木本和之、井上燈爾、小野美雪、奥慶子、荒川規矩男、梨羽茂、清永明、向野義人、進藤宗洋)
学会発表 喘息児の運動療法がExercise-induced bronchospasm(EIB)の改善に及ぼす影響 共著 1991.10. 日本学校保健学会第38回大会(鹿児島大学) 喘息児の水泳トレ−ニングが運動誘発性気管支収縮(EIB )の発現にどのような影響を及ぼすかについて検討した。入院治療中の喘息児童14名をトレ−ニング群7名と対照群7名に分け、トレ−ニングの前後においてEIB の改善の程度を比較した結果、トレ−ニング群の気道過敏性が有意に改善した。これは、何らかの病理的因子の改善によると考えられた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(大神賢一、進藤宗洋、田中宏暁、田中守、梨羽茂、西間三馨、轟孝史)
学会発表 肥満児治療教室における運動療法について 共著 1991.10. 日本学校保健学会第38回大会(鹿児島大学) 発育期の肥満児童に乳酸第一変移点強度での運動療法を中心とした肥満児治療教室の効果について検討した結果、約12ケ月の治療の前後で、身長は正常な発育に伴う増加、体脂肪率・体脂肪量は有意な減少を示した。除脂肪体重及び最大酸素摂取量は正常な発育を上回る有意な増大を示し、発育の阻害は認められなかった。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、田中守、田中宏暁、進藤宗洋)
学会発表 競泳選手の乳酸閾値(OBLA)を指標としたトレーニング効果 共著 1991.10. 日本体育学会第42回大会(富山大学) 競泳選手の乳酸閾値(OBLA)強度を指標としたトレ−ニングの効果を、1)間欠式速度漸増多段階泳試験における血中乳酸濃度の立ち上がり、2)固定速度負荷泳試験時の血中乳酸濃度、3) 25m、100mおよび400mタイムトライアル記録の3点について、トレ−ニングの前後に検討した結果、400mタイムトライアル記録の有意な向上が認められた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(高原和子、唐津時江、桧垣靖樹、梨羽茂、洲雅明、田口正公、田中宏暁、進藤宗洋、冨樫健二)
学会発表 各種スポーツを定期的に実施している地域住民の最大酸素摂取量について 共著 1991.10. 日本体育学会第42回大会(富山大学) 定期的にスポ−ツ活動を楽しんでいる者たちの運動実施方法が、健康づくりとして適当であるかについて検討した。社会体育に先進的な取り組みをしている地域住民(30〜60歳台の男性169名)を対象に、身体活動に関するアンケ−ト調査及び推定最大酸素摂取量の測定を実施した。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(柏原卓幸、納戸習之、南和代、鈴木美栄子、進藤宗洋、山内美代子、桧垣靖樹、梨羽茂、田中宏暁、野田政治)
学会発表 泳法の違いで生じる呼吸法がEIBに及ぼす影響 共著 1991.10. 日本体育学会第42回大会(富山大学) 喘息治療に水泳トレ−ニングが利用されるが、運動誘発性気管支収縮(EIB)の程度は呼吸法の違いにより影響を受けるため、泳法の違いによる呼吸の仕方がEIB 発現に影響を及ぼす可能性がある。そこで入院治療中の喘息児童を対象とし、3種の泳法実施後の EIB程度を検討した結果、伏臥位バタ足顔付け呼吸泳法が最もEIB 程度が抑制されていた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(桧垣靖樹、薬師寺薫、大神賢一、梨羽茂、田中守、田中宏暁、進藤宗洋、冨樫健二、松本一郎、荒木速雄、西間三馨)
学会発表 持久的水泳トレ-ニングがExercise-induced bronchospasm(EIB)の改善に及ぼす影響 共著 1991.9. 日本体力医学会第46回大会(金沢市観光会館) 喘息児の水泳トレ−ニングが運動誘発性気管支収縮(EIB)の発現にどのような影響を及ぼすかについて検討した。入院治療中の喘息児童16名をトレ−ニング群8名と対照群8名に分け、水泳トレ−ニングの前後においてEIBの改善の程度を比較した結果、トレ−ニング群においてEIB改善の指標となるFEV1.0の向上が認められた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(大神賢一、進藤宗洋、田中宏暁、田中守、桧垣靖樹、梨羽茂、西間三馨、荒木速雄、冨樫健二、轟孝史)
学会発表 肥満児治療教室における形態・体組成および有酸素作業能の変化 共著 1991.9. 日本体力医学会第46回大会(金沢市観光会館) 乳酸第一変移点強度の心拍数を基準としたランニング・水泳トレ−ニングと栄養指導による肥満治療教室に参加した10〜11歳の男子10名、女子3名を対象とし、12〜20ケ月の治療の前後における形態的、体力的変化を検討した結果、発育を阻害することなしに肥満児童の体組成および有酸素作業能の改善が認められた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、田中守、桧垣靖樹、西内久人、山内美代子、清永明、田中宏暁、進藤宗洋)
学会発表 各種スポーツを定期的に実施している地域住民の最大酸素摂取量について女性に関する検討− 共著 1991.9. 九州体育学会第40回大会(熊本商科大学) 定期的にスポ−ツ活動を楽しんでいる者たちの運動実施方法が、健康づくりとして適当であるかについて検討した。社会体育に先進的な取り組みをしている地域住民(30〜60歳台の女性88名)を対象に、身体活動に関するアンケ−ト調査および推定最大酸素摂取量の測定を実施した。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、桧垣靖樹、山内美代子、南和代、鈴木美栄子、田中宏暁、進藤宗洋、柏原卓幸、納戸習之、野田政治)
学会発表 若年運動選手における心室遅延電位の検討 共著 1991.6. 日本循環器学会九州地方会(福岡大学) 若年運動選手で心室遅延電位(LP)と運動、心電図異常、心臓の解剖学的変化を検討した。対象は体育学部大学生512例(男性376例、女性136例)で運動に関するアンケ−ト聴取後、12誘導心電図、加算平均心電図法によるLPの検出、心臓超音波検査を行なった。若年運動選手の不整脈の頻度は少なくLPとの関連は有意ではなかった。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(諸江一男、木本和之、井上燈爾、小野美雪、奥慶子、荒川規矩男、梨羽茂、清永明、向野義人、進藤宗洋)
学会発表 発育発達期の肥満が左室形態・機能に及ぼす影響 共著 1990.9. 日本体力医学会第45回大会(福岡郵便貯金会館) 発育発達期の肥満が左室の形態・機能にどのように影響するかについて、超音波心エコ−図法を用いて検討した。肥満群と対照群の心臓のポンプ機能に差はなかったが、心筋の基礎収縮力を示す指標は肥満群が有意に低い値であった。従って、発育発達期の肥満においても成人にみられるような心臓の形態的・機能的変化が生じている可能性が示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、冨樫健二、芳賀脩光、松田光生、中谷敏昭、浅見高明、松浦義行)
学会発表 高齢者における心形態と左室機能 −活動群と非活動群の比較− 共著 1989.7. 日本体力医学会第86回関東地方会(筑波大学) 長期間、定期的に運動を継続している高齢者と日常ほとんど運動を行なっていない高齢者を対象として、超音波心エコー図法による安静時左心形態・機能について比較検討した。長期間の定期的な運動が、高齢者においても心臓の形態・機能に影響する可能性が示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(折笠敏、中谷敏昭、冨樫健二、梨羽茂、芳賀脩光、松田光生、小関迪)
学会発表 中年肥満者の減量が生体に及ぼす影響 共著 1988.12. 日本体育学会茨城支部会第19回研究発表例会(筑波大学) 比較的短期間の減食療法のみによる減量が生理的機能に及ぼす影響について検討した。対象は、規則的な運動習慣のない中年男子肥満者6名(年齢33〜46歳)であった。減量期間は3週間とし、1日の摂取カロリーを1600 kcalに制限した。減量の前後に、形態測定(体脂肪率)、血液生化学検査、血圧測定、心臓超音波検査及び運動負荷試験を実施した。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(梨羽茂、芳賀脩光、松田光生)
学会発表 中高年者の全身持久性の評価法に関する試案−800m急歩の検討− 共著 1988.10. 日本体力医学会第43回大会 有酸素性作業能評価時間として最小限を想定した800m急歩を試案し、運動強度及び心拍数応答の面から従来の1500m急歩と体力評価法としての適切性について比較検討し、中高年者の全身持久性についての新しい評価法を作成することを目的とした。800m急歩は、中高年者の全身持久性を、より安全に、より適切に反映し評価できることが示唆された。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(芳賀脩光、松浦義行、松田光生、浅見高明、山内真、富樫健二、中谷敏昭、梨羽茂、折笠敏、小関迪、植屋悦夫、小島龍平)
学会発表 超音波心エコー図及び有酸素的作業能からみた一流競技者の全身持久性 共著 1986.11. 日本体育学会第37回大会(筑波大学) 超音波心エコー図法による心機能と有酸素作業能としての最大酸素摂取量から、一流女子競技者の全身持久性について検討した。対象は、実業団に所属する一流女子競技者18名、及び大学女子競技者18名であった。左室内径および一回拍出量および心拍出量は、一流競技者が大きな傾向を示し、男子選手と同等の値を示すものもみられた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(芳賀脩光、松田光生、小関迪、植屋悦男、小島龍平、鵤木秀夫、瓜田吉久、梨羽茂、金久保宣)
学会発表 呼吸循環系反応からみた競歩の運動特性 共著 1986.11. 日本体育学会第37回大会(筑波大学) 長時間運動としての競歩の運動特性を、最大下運動強度における1時間トレッドミル歩行時の呼吸循環系反応から明かにすることを目的とした。一般青年男子競歩選手を対象として、最大酸素摂取量(VO2max)、フィ−ルドにおけるレ−スペ−ス歩行時の呼吸循環系反応、最大下運動強度での1時間トレッドミル歩行時の呼吸循環系反応を求めた。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(小島龍平、芳賀脩光、小関迪、松田光生、加藤洋一、植屋悦男、鵤木秀夫、瓜田吉夫、金久保直、梨羽茂)
その他 スポーツ科学へのアプローチ 共著 2002.4. 学術図書出版(全160ページ) 運動と健康の関係について、運動不足が身体に及ぼす影響と体力(有酸素能力)の必要性の面から解説した。健康づくりのための安全で効果的な運動の方法について、種目・強度・持続時間・頻度など具体的な例を挙げて解説した。(第6章 運動処方(Exercise Prescription:P75〜P109)について島屋八生氏と共同執筆)。〔共同研究につき本人担当部分抽出不可能〕(中嶋健、古園井昌喜、堀内担志、仲里清、島屋八生、梨羽茂、坂元康成、信田よしの)
その他 発育発達期の肥満が左室形態・機能に及ぼす影響について(修士論文) 単著 1990.3. 筑波大学大学院体育研究科修士論文抄録集12(P205〜P208) 発育発達期の肥満が左室の形態・機能にどのように影響するかについて、超音波心エコ−図法を用いて検討した。研究対象は、肥満群として合併症を有さない男子肥満児童24名(年齢13歳)と、対照群として同年齢の正常体重児童17名であった。発育発達期の肥満においても成人にみられるような心臓の形態的・機能的変化が生じている可能性が示唆された。

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.