就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|田代 智紀

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 田代 智紀 (Tashiro Tomoki)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :田代 智紀
ローマ字 :Tashiro Tomoki
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :講師
研究室 :スポーツ学部A館305
研究室電話番号
研究室FAX番号
メールアドレス :tomoki@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ 大学は自らの興味・関心をとことん追求できる場です.卒業する時に「九州共立大学を選んで良かった」と思えるように有意義な大学生活を送ってください.共に頑張りましょう.
取得学位 修士(体育学)
学歴 筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻博士前期課程修了
専門分野 コーチング,ハンドボール
所属学会名 日本体育学会会員(現在に至る)
日本ハンドボール学会会員(現在に至る)
教育研究社会活動の概要 筑波大学 男子ハンドボール部コーチ(2012−2013)
九州共立大学 男子ハンドボール部コーチ(2014)
九州共立大学 女子ハンドボール部コーチ(2014)
九州共立大学 男子ハンドボール部監督(2015−現在に至る)
九州共立大学 女子ハンドボール部監督(2015−現在に至る)
担当授業科目 保健体育科教育法T・U・V・W,コーチングシステム論,卒業研究 等
学内における委員会活動等 教務委員会
社会貢献・国際連携等 【社会貢献】
つくば市ハンドボール協会理事(2013)
北九州市ハンドボール協会理事(2015−現在に至る)

【その他】
2013年度日本ハンドボール学会 学会大会賞 受賞
2015年度日本ハンドボール学会 学会賞 受賞
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
学術論文 実施経験のない筋力トレーニングの写真提示による鍛錬部位認識について:バックスクワットを例とした調査 共著 2016.7. 体力科学 第65巻第4号(p421-42) 本研究は,動的なレジスタンス運動のうち最も代表的もしくは一般的とされるスクワットを例に,スクワット実施経験のない若年者を対象としたスクワットによって鍛えられると思う部位の認識を調査することを目的とした.その結果,スクワット未経験者は,専門家のもとでトレーニングを実施した者と比べ,臀部や大腿部背面を鍛える認識が低く,体幹上部や上肢を鍛える認識が高くなったことから,初心者の運動指導には専門的な指導が重要であることを示した.
(大下和茂,萩原悟一,門間貴史,津野天兵,小泉和史,大山泰史,山口恭平,田代智紀,船津京太郎,有吉晃平)
学術論文 ハンドボールにおける卓越した指導者の指導力の熟達化に関する事例研究:高校・大学において全国大会で17回優勝している監督の語りを手がかりに 共著 2015.12. ハンドボールリサーチ 第4巻(p11−p19) 本研究では,我が国のハンドボール界を代表する卓越した1名の指導者(高校・大学において全国大会で17回優勝)のコーチングに関するライフヒストリーを事例として提示し,指導力の熟達化にとって重要な出来事や行動と,そこから得られた教訓を明示した.1対1の半構造化面接を行い,対話的に語りを構築し,その語りを質的に分析・解釈した.
(楠本繁生,田代智紀,會田宏)
学術論文 運動習慣を有する大学生の筋力トレーニング被指導経験とスクワットに関する認識との関係 共著 2015.12. 体育学研究第60巻(p539-550) 本研究では,大学生における専門家からのウェイト・トレーニング被指導経験の有無とスクワットに関する認識を調査することを目的とした.対象者は運動習慣(1回30分以上の運動を週2回以上,1年以上続けている者)を有する大学生に,ウェイト・トレーニングの指導を受けた経験,スクワットに関する認識,スクワットの実施頻度に関する質問紙調査を行った.
(大下和茂,萩原悟一,門間貴史,津野天兵,小泉和史,大山泰史,山口恭平,田代智紀,船津京太郎)
学術論文 ハンドボール指導者の熟達化に関する事例研究−新たなチームを立ち上げ全国大会常連校に育てた若手指導者の語りを手がかりに− 共著 2014.12. ハンドボールリサーチ第3巻,9-16 本研究では,チームの立ち上げから長期にわたる指導を経験している指導者,その指導者の指導を受けた選手,その指導者と共にチーム作りをしたコーチの3名を対象とし,指導者の熟達化の過程を具体的に明らかにした.(田代智紀,會田宏)
学術論文 セットオフェンスのデザイン 共著 2012.12. ハンドボールリサーチ第1巻 (p57−68) オフェンスを組み立てる際,3対3が重要な1つのユニットであると述べている.1つのきっかけからの様々な攻め方やポストの位置に応じた攻め方など戦術的な原則についても述べている.
(井上元輝,田代智紀,楠本祐平 他3名)
学会発表 ハンドボール指導者の指導観の変化をもたらす要因に関する事例研究 共著 2016.8. 日本体育学会第67回大会 (於:大阪体育大学) 本研究では,指導観の変化をもたらす要因について事例的に明らかにし,指導者の熟達化に資する知見を得ることを目的とした.その結果,変化をもたらす大きな要因は他のチームの指導者からのアドバイスや引退した選手が現役時代には見られなかった自由な発想にもとづくプレーをしたことであった.これらのことから,指導観の変化をもたらす要因には,チームに属していない人の影響が大きい可能性が示唆された.
(田代智紀,會田宏)
学会発表 卓越したハンドボール指導者の熟達化に関する事例研究-高等学校において複数回全国優勝した指導者の語りを手がかりに- 共著 2015.8. 日本体育学会第66回大会 (於:国士舘大学) 本研究では,25年以上高校ハンドボールチームを指導し,チームを7回全国優勝に導いた指導者の語りを手がかりに,指導者の熟達化のプロセスとその要因について事例的に明らかにした.その結果,選手のアイディアを容認することが,プレーに良い影響を与えること,チームの個の能力が低くなった時に,グループで攻めるという発想になり,選手のレベルに合わせた指導ができるようになったことがわかった.
(田代智紀,會田宏)
学会発表 ハンドボール指導者の指導観の変化に関する事例研究ー指導の転機を迎えた監督の指導を受けた選手の語りを手がかりにー 共著 2014.8. 日本体育学会第65回大会(於:岩手大学) 本研究では、指導者自身が「転機」と自覚した時期に指導を受けた選手1名の語りを手がかりに、ハンドボール指導者の指導観の変化について事例的に明らかにし,指導観の変化のモデルを提示した.
学会発表 ハンドボール指導者の熟達化に関する事例研究−立ち上げたチームを全国大会常連校に育てた若手指導者の語りを手がかりに− 共著 2014.2. 日本ハンドボール学会第2回大会 (於:駒沢大学) 本研究では,チームの立ち上げから長期にわたる指導を経験している指導者,その指導者の指導を受けた選手,その指導者と共にチーム作りをしたコーチの3名を対象とし,指導者の熟達化の過程を具体的に明らかにし,熟達化のモデルを提示した.
学会発表 ハンドボール指導者における学びの過程に関する研究−指導の転機に着目して− 共著 2013.8. 日本体育学会第64回大会 (於:立命館大学) 本研究では,チームの立ち上げから長期にわたる指導を経験している1名の指導者を対象とし,指導者の語りを質的に分析し,指導観の獲得過程を具体的に明らかにした.
学会発表 ハンドボール競技におけるペナルティスローに関する研究 共著 2013.3. 日本ハンドボール学会第1回大会 (於:駒沢大学) ペナルティスロー(PT)は,より確実に得点するシュートであるが,PTとその阻止に関する研究は少ない.本研究では,PTを打つシューターと阻止するゴールキーパーがPTの際にどのような駆け引きや動きを行っているのかを,日本学生レベル,世界レベルで比較し,明らかにした.
(田代智紀,山田永子,會田宏)
その他 【翻訳】 2013コーチレフェリーシンポジウム資料 共著 2013.3. (財団法人)日本ハンドボール協会 「2013コーチレフェリーシンポジウム」の資料である.これは国際ハンドボール連盟2012年シンポジウムの資料である.コーチ関連資料「Pressing training in defence」を分担翻訳した(全102ページ,担当13ページ).
(吉村晃,山田永子,田代智紀,栗山雅倫)

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.