就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|森 誠護

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 森 誠護 (Mori seigo)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :森 誠護
ローマ字 :Mori seigo
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :講師
研究室 :スポーツ学部A館3階
研究室電話番号 :093-693-3019(223)
研究室FAX番号
メールアドレス :seigo@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ  学生としての時間は、人生の中ではほんの僅かな時間です。1日1日を貴重な時間と認識し、充実した大学生活を送ってください。短い時間の中で、多くの人と関わり、多くの経験をし、多くの知識を得てください。そして大学生活をかけがえのないものにしましょう。
取得学位 スポーツ健康科学修士
学歴 福岡大学大学院 スポーツ健康科学研究科 コーチ学専攻 修士課程修了
専門分野 水泳、バイオメカニクス、コーチング
所属学会名 日本体育学会
日本水泳・水中運動学会
日本コーチング学会
日本バイオメカニクス学会
教育研究社会活動の概要 平成27年4月〜 日本水泳連盟 科学委員(〜現在)
担当授業科目 水泳、水泳指導法、コーチング各論、福原学、職業とコミュニケーション、スポーツ学演習T・U、卒業研究
学内における委員会活動等 【課外活動】
平成27年4月 九州共立大学水泳部 部長 兼 監督(〜現在)

【委員会活動】
平成28年4月 スポーツ学演習入門運営委員(〜現在)
平成28年4月 学部広報委員(〜現在)
平成27年4月 入学試験委員(〜現在)
社会貢献・国際連携等 【指導歴】
平成14年4月 福岡大学 水泳部 アシスタントコーチ(〜平成14年9月)
平成14年10月 福岡大学 水泳部 コーチ(〜平成20年3月)
平成20年4月 鈴鹿工業高等専門学校 水泳部 監督(〜平成27年3月)

【社会活動】
平成21年9月  アジアユースパラゲームス レース分析スタッフ
平成23年4月〜 日本水泳連盟科学委員会 レース分析スタッフ(〜平成27年3月) 
平成28年11月〜 北九州市民カレッジ(水泳愛好者のための水泳教室)講師

【資格】
平成18年10月 日本体育協会公認 水泳コーチ(〜平成20年9月)
平成20年10月 日本体育協会公認 水泳上級コーチ(〜現在)
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 学生の健康科学 共著 2016.2. 合資会社鈴木製本所 「第13章 救急手当」を執筆
(伊藤道郎、石川久美、内山了治、加藤貴英、鈴木操、高津浩彰、夛田博範、舩越一彦、麻草淳、森誠護、山本浩貴、山本道子)
学術論文 【査読有】Intra- and inter-rater reliability of isometric shoulder extensor and internal rotator strength measurements performed using a hand-held dynamometer 共著 2016.11. The Journal of Physical Therapy Science, Vol. 28 No. 11 最大外転位での肩関節伸展筋力測定と肩関節90°外転外旋位での内旋筋力測定の検者内および検者間信頼性を検討した結果,高い信頼性が示された.この結果から,本研究の測定方法は,簡単な技術で,筋力を評価することができる方法であることが証明された.
(Takenori Awatani, Ikuhiro Morikita, Junji Shinohara, Seigo Mori, Miki Nariai, Yasutaka Tatsumi, Akinori Nagata, Hiroya Koshiba)
学術論文 【査読有】ハンドヘルドダイナモメーターを用いた等尺性肩関節伸展筋力測定の同一セッション検者内信頼性ー盲検化された未経験者における検討ー 共著 2016.10. 理学療法科学 ハンドヘルドダイナモメーターを用いた肩関節最大外転位での伸展筋力測定法において、盲検化された筋力測定未経験者の同一セッション検者内信頼性を検討した。(粟谷健礼、森北育宏、篠原純司、森誠護、辰見康剛、永田聡典)
学術論文 【査読有】Same-session and Between-day Intra-rater Reliability of Hand-held Dynamometer Measurements of Isometric Shoulder Extensor Strength. 共著 2016.3. The Journal of Physical Therapy Science ハンドヘルドダイナモメーターを用いた最大外転位での肩関節伸展筋力測定の同一セッションと日間における検者内信頼性を検討し, 高い検者内信頼性を示した. (Takenori Awatani, Seigo Mori, Junji Shinohara, Hiroya Koshiba, Miki Nariai, Yasutaka Tatsumi, Akinori Nagata, Ikuhiro Morikita)
学術論文 【査読有】簡易型測定装置を用いた泳パワー計測の有用性 共著 2015.9. 水泳水中運動科学第18巻第1号 簡易型泳パワー測定装置を開発し、泳者がこの装置を牽引しながら泳ぐ時の速度を計測するだけで泳パワーを検出できるシステムの有用性を検討した。
(森誠護、下野晃、田口正公、田場昭一郎)
学術論文 【査読有】CFDを用いた簡易型泳パワー測定システムの開発 共著 2012.7. 日本高専学会誌第17巻(P57〜62) ビート板サイズで5段階に負荷を変換できる簡易泳パワー測定装置を開発し、CFD解析を用いて速度と抵抗力間の関係式を算出することで、本装置を牽引しながら泳いだ時の泳速度を計測するだけで泳パワーを計測できるシステムの有用性を検討した。
(森誠護、山口航平、近藤邦和、下野晃)
紀要 【査読有】簡易型泳パワー測定装置の改良と計測システムの検証 共著 2017.9. 九州共立大学研究紀要第8巻第1号 従来の簡易型泳パワー測定装置の問題点を考慮し、新たな装置を作製、検証を行なった。その結果、新装置は従来の装置よりもパワー値が低値を示しており、特に低速牽引時での安定性に問題があることが明らかとなった。
(森誠護、下野晃、尾関一将、田場昭一郎)
紀要 【査読有】競泳選手における簡易泳パワー測定法の妥当性 共著 2017.3. 九州共立大学研究紀要第7巻第2号 簡易型測定装置を用いて、3種類の負荷のみでの簡易泳パワー測定という簡易的な最大泳パワー推定法の妥当性について検討した。その結果、従来の測定で算出した値と差が見られず、簡易推定法の妥当性が示された。
(森誠護、下野晃、田場昭一郎)
紀要 【査読有】一流競泳長距離選手の高地トレーニングに関する一考察 共著 2014.3. 福岡大学スポーツ科学研究第44巻第2号 日本代表長距離競泳選手を対象に、高地トレーニング中の心拍数、乳酸値、経皮的動脈血酸素飽和度、血液検査及びBLa Testの結果などの様々なデータを収集し、これらがレース前の調整過程にどのような変化を示したのかを考察した。
(田場昭一郎、小島毅、森誠護、田口正公)
紀要 【査読有】競泳4泳法における泳速度と推進力,泳パワーの関係 共著 2014.3. 福岡大学スポーツ科学研究第44巻第2号 速度と張力を同期して測定できる牽引装置を用いて、最大泳速度、最大推進力、最大泳パワーを算出し、最大泳速度と最大推進力、最大泳パワーの関係から競泳4泳法の種目特性を明らかにした。
(森誠護、田口正公、田場昭一郎)
紀要 【査読有】トライアスロン時の心拍数変動と血中乳酸濃度に関する事例研究 2011.2. 鈴鹿工業高等専門学校紀要第44巻(p25〜30) オリンピックディスタンス・トライアスロン及びスプリントディスタンス・トライアスロンにおけるレース中の心拍数変動とレース後の血中乳酸濃度から各レースの運動強度を明らかにした。
(森誠護、友金明香)
紀要 【査読有】クロール泳におけるpassive drag、active drag、最大泳パワーの男女差の検討 共著 2004.3. 福岡大学スポーツ科学研究第34巻(p63〜72) クロール泳における男女の性差を水泳中の自己推進時抵抗、受動的抵抗、泳パワーから検討した。
(清水潤、田口正公、森誠護)
学会発表 競泳のスタートパフォーマンスとスクワットジャンプパワーとの関係 共著 2016.10. 第20回日本水泳・水中運動学会 大学競泳選手と対象に、スクワットジャンプパワーにおけるパワー発揮能力と競泳キックスタートパフォーマンスとの関係性について検討した。
(森誠護、姫嶋一輝、永田聡典、粟谷健礼)
学会発表 私のコーチング実践:九州から全国へ 共著 2016.9. 九州体育・スポーツ学会第65回大会 第5専門分科会関連・自主企画において講演を行なった。演題は「コーチングに活かす科学サポート」であり、実際のコーチング現場で実践している科学サポートの内容と今後の課題について講演を行なった。
学会発表 大学競泳選手における肩関節の等尺性筋力とプル泳パワーの関係 共著 2015.10. 第19回日本水泳・水中運動学会 大学生競泳選手を対象として陸上での肩関節挙上位及び外転位の等尺性筋力とクロール泳におけるプル泳パワーの関係性について検討した.
(森誠護、粟谷健礼)
学会発表 Semi-tethered Swimmingにおける負荷の違いがストロークパラメーターに及ぼす影響 共著 2015.3. 日本コーチング学会第26回大会 本研究では多段階に負荷を変換できる簡易型泳パワー測定装置を用いて、STSにおける負荷の違いがストロークパラメーターに及ぼす影響について検討する事を目的とした。その結果、各負荷におけるSTS時のストローク長は無負荷泳時と比べて有意に短くなっていた。また、ストローク深度には有意な差が見られなかったものの、キック深度は無負荷泳時と比べてSTS時で有意に深くなっていた。
(森誠護、寺本圭輔、村松愛梨奈)
学会発表 大学競泳選手における無酸素性パワーについて―牽引泳と自転車運動との関係― 共著 2014.11. 第18回日本水泳・水中運動学会 日常的に陸上トレーニングや泳パワートレーニングを実施している大学生競泳選手を対象に、クロール泳における泳パワーと自転車運動における無酸素性パワーとの関係性を明らかにした。
(森誠護、平野雅巳、田場昭一郎)
学会発表 簡易型測定装置を用いた泳パワー計測システムの検討 共著 2012.9. 第22回日本バイオメカニクス学会 簡易型泳パワー測定装置と自動釣型牽引装置をそれぞれ用いて、同一被験者の泳パワー測定を行い、比較することで簡易型測定装置の妥当性を検討した。
(森誠護、田口正公、田場昭一郎)
学会発表 簡易型泳パワー測定装置の開発 共著 2011.10. 第15回日本水泳・水中運動学会(於:日本大学) ビート板サイズの多段階に負荷を変換可能で、かつ負荷範囲の広い簡易型泳パワー測定装置を開発し、Active Drag Systemを用いて本装置の速度―張力間の回帰式を算出し、泳パワー測定への有効性を検討した。
(森誠護、下野晃、田口正公、田場昭一郎)
学会発表 CFDを用いた泳パワー測定システムの開発 共著 2011.8. 第17回日本高専学会(於:鈴鹿工業高等専門学校) ビート板サイズの多段階に負荷を変換可能で、かつ負荷範囲の広い簡易型泳パワー測定装置を開発し、CFD解析を用いて本装置の速度―張力間の回帰式を算出し、泳パワー測定への有効性を検討した。
(森誠護、山口航平、近藤邦和、下野晃)
学会発表 トライアスロン競技における心拍数と血中乳酸濃度からみた運動強度 単著 2010.3. 第21回日本スポーツ方法学会(於:早稲田大学東伏見キャンパス) オリンピックディスタンス・トライアスロン及びスプリントディスタンス・トライアスロンにおけるレース中の心拍数変動とレース後の血中乳酸濃度から各レースの運動強度を明らかにした。
学会発表 身体障害者水泳選手における泳動作特性について 共著 2007.11. 第11回日本水泳・水中運動学会(於:鎌倉女子大学) 身体障害者水泳選手の欠損部位や機能障害の程度によって、抵抗や推進力、泳パワーの違いを明らかにすると共に、身体障害者水泳選手と同様の動作制限をした健常者水泳選手の比較から身体障害者水泳選手の泳動作特性を検討した。
(森誠護、田口正公、田場昭一郎、生田泰志、寺田雅裕、陶山三千也、桜井誠一、小西暢子)
学会発表 4泳法における泳速度と推進力、泳パワーの関係 2005.12. 第9回日本水泳・水中運動学会(於:東京大学本郷キャンパス) Active Drag Systemにより測定した張力、速度から求めた最大泳速度と最大推進力、最大泳パワーの関係から4泳法の特性を明らかにした。
(森誠護、田口正公)
学会発表 クロール泳における男女の泳速度と推進力、受動的抵抗、自己推進時抵抗、泳パワーの比較 共著 2004.10. 第55回日本体育学会(於:信州大学) active drag算出法を用いて、クロール泳における男女の泳速度と最大推進力、受動的抵抗、自己推進時抵抗、最大泳パワーの関係を検討した。
(森誠護、田口正公)
学会発表 平泳ぎにおけるアシステッド泳の有効性 共著 2003.11. 第7回日本水泳・水中運動学会(於:慶応義塾大学鶴岡キャンパス) アシステッド泳が平泳ぎの泳速度変化の減少に寄与すると仮定し、画像分析から通常泳とアシステッド泳の比較及びアシステッド泳前後の通常泳の比較から、平泳ぎにおけるアシステッド泳の有効性について検討した。
(森誠護、田口正公)
学会発表 クロール泳における呼吸法の違いによる自己推進時抵抗・泳パワーの比較 共著 2002.10. 第53回日本体育学会(於:埼玉大学) Active Drag Systemを用いてクロール泳における呼吸法の違いによる自己推進時抵抗、最大推進力、最大泳パワーを比較し、検討を行なった。
(森誠護、田口正公)
その他 【報告書】平成 25 年度競泳ナショナル強化選手合宿(鈴鹿)における科学サポート 共著 2015.3. 水泳水中運動科学 Vol. 17 No. 1 競泳ナショナル強化選手合宿において科学サポートを実施し、その概要と結果について報告した。
(水藤 弘吏, 高橋 篤史, 村松 愛梨奈, 森 誠護, 松井 健)
その他 【報告書】身体障害者水泳選手の流体力学的特徴泳技術開発の試み 共著 2006.3. 平成18年度日本パラリンピック委員会 強化事業 障害者競技スポーツ科学支援事業 動作解析報告書 身体障害者水泳選手の欠損部位や機能障害の程度によって、抵抗や推進力、泳パワーの違いを明らかにすると共に、身体障害者水泳選手と同様の動作制限をした健常者水泳選手の比較から身体障害者水泳選手の泳動作特性を検討した。
(田口正公、桜井誠一、陶山三千也、小西暢子、田場昭一郎、森誠護、生田泰志、寺田雅裕)

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.