就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|山田 明

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 山田 明 (Yamada Akira)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :山田 明
ローマ字 :Yamada Akira
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :准教授
研究室 :スポーツ学部A館
研究室電話番号 :093-693-3403(274)
研究室FAX番号
メールアドレス :y-akira@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ 学問とは、自己の信念と社会に関する問題意識を常にもち、あらゆることを「問う」こと、その中から多くのことを「学ぶ」ことです。学生諸君、本学で大いに学問を深め有意義な人生を送って下さい。
取得学位 修士(教育学)
学歴 法政大学法学部法律学科卒業
福岡教育大学大学院 修士課程(教育学)修了
九州大学大学院 博士後期課程(教育学)単位取得満期
専門分野 社会教育学・生涯学習論・ボランティア論・スポーツ行政
所属学会名 日本生涯教育学会、日本教育学会、日本生活体験学習学会、日本社会教育学会、日本スポーツ社会学会、日本NIE学会、福岡県人権研究所
教育研究社会活動の概要 日本生涯教育学会 中国・四国・九州地区生涯教育実践研究交流会(実行委員)
日本生活体験学習学会(学会誌担当)
公益社団法人福岡県人権研究所(理事・研究部会担当)
担当授業科目 生涯学習と社会教育、社会教育演習、社会教育実習、地域スポーツ論、社会体育論、スポーツ社会学、スポーツ学演習T・U、卒業研究、福原学、職業とコミュニケーション
学内における委員会活動等 総合研究所 研究推進会議
九州共立大学 共通教育センター
九州共立大学・九州女子大学 共通教育機構(兼任) 九州共立大学共通教育機構シラバスコーディネーター
地域連携推進センター委員(紀要編集委員)
*学長特別研究費採択[2016年度2件:「ボランティア交流会(岡垣町)」「まちの魅力発見(岡垣町)」、2017年度2件:「岡垣学T」「人権意識調査(岡垣町)」]
社会貢献・国際連携等 NPOサービス・ラーニング・フォーラム(代表)
特定非営利活動法人縁パワー(理事)
国際交流サークル「この指とまれ」(会長)
北九州市民カレッジ講師
北九州市立年長者研修大学校講師
宗像市市民参画等推進審議会委員(宗像市社会教育委員を兼任)
宗像市民フォーラム委員
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 リベラシオン〜住民の人権意識と啓発の課題〜 共著 2017.6.1 公益社団法人 福岡県人権研究所 福岡県内60市町村と企業の人権啓発担当者及び教育関係者、研究者、運動体を対象にした人権講座のシンポジウムにおける主要なテーマについて整理した。人権意識を各種のデータに基づく多様な切り口から考察し、今後の人権教育・啓発の課題と展望を明らかにした。
著書 リベラシオン〜広瀬淡窓の人権思想と咸宜園教育〜 共著 2015.8. 公益社団法人 福岡県人権研究所 幕末の私塾、咸宜園(大分県日田市)は、身分・学歴・年齢を問わない三奪法をはじめ人権思想に根差した教育を実践した。この塾を開いた広瀬淡窓の人権思想を考究し、思想の系譜及び具現化としての教育手法を明らかにし、現在の教育課題に示唆を得た。
(原田博治、仮屋睦夫、西田静、朝治武、大西祥惠、山田明、林内睦二、関儀久、瓜生ひさこ、林力、石瀧豊美、木村かよ子、吉田到、深川弘輝)
"
著書 日本人類言語学会創立10周年記念論文集〜「市民性を問う」現代日本における市民論再考の視座〜 共著 2009.4. 日本人類言語学会 市民とは自由・平等のもと権利と義務の意識をもち、主体的社会参加を志向する自発的な個人・住民とされる。その資質及び能力である市民性の起源を欧米の歴史から繙けば、ラディカルな思想があり欧米と日本ではかなりの思想的相違が存在する。欧米及び日本における市民の歴史を振り返り、その本質を検討することで現代日本における市民論再考の視座を明らかにした。
(吉永光明、橋本健一郎、橋本満弘、山田明、樋口真己、新保哲、馬淵行雄、服部孝彦)
著書 人と言葉と文化〜日本における大学組織運営の改革に関する考察〜 共著 2007.6. 近代文芸社 我が国の高等教育機関における管理運営に関する課題について、社会的使命、将来ビジョン、学長のリーダーシップ、教授会の機能等が指摘されており大学改革の主要なテーマになっている。本稿では、大学経営論研究で著名なバーン=バウム博士(コロンビア大学教授)の論文「How College Work ~The Cybernetics Organization and Leadership~」を参考に管理運営論を検証した。
(杉元賢治、杉元秀樹、橋本満弘、服部孝彦、山田明、新保哲、木原誠、筒井正二郎、木原範泰)

著書 教育学講義〜教育の目的〜 単著 2015.4. 櫂歌書房 現在、見失われがちな教育の目的を不易と流行の視点から問い直し、功利主義的に傾きつつある教育の現状に警鐘を鳴らした。教育の目的を達成するため、人格の形成を優先すること、その指針として市民性を提案した。
著書 (改訂)NIEで町づくり〜高校生のサービス・ラーニング) 単著 2015.1. 鳥影社 前掲の著書の改訂版として、より見やすく、内容も理解しやすくすることを目的に、レイアウトの変更と表現の見直しを行った。
著書 NIEで町づくり〜高校生のサービス・ラーニング〜 単著 2013.12. SLF(NPOサービス・ラーニング・フォーラム) 高校生が主体的に参加したNIE(教育に新聞を)とサービス・ラーニング(米国型社会貢献学習)の協働による町づくり(「高校生発!地域活性化新聞プロジェクト2005〜2012」)を通して、市民性(シティズンシップ)涵養のプロセスと成果を検証。サービス・ラーニングの一般化への可能性を提言した。
著書 サービス・ラーニング研究〜高校生の自己形成に資する教育プログラムの導入と基盤整備〜 単著 2008.8. 学術出版会 本研究は、米国におけるサービス・ラーニングの検証と日本での実証研究を通して、その導入の意義と基盤整備について究明したものである。またサービス・ラーニングが、現代日本の高校教育改革における高校生の自己形成、例えば自尊感情の高揚や市民性(シティズンシップ)の育成など21世紀を生き抜く力を涵養する学習効果を有することを実証したものであるとともに、近年注目を集めている学社連携や自治体の青少年地域ボランティアの在り方にも示唆を与えるものである。
学術論文 福岡県岡垣町における大学と行政の地域連携プロジェクト2016‐2017 単著 2017.9.30 日本生涯教育学会 大学と自治体の地域連携事業協定に基づく事業を通して、大学・学生・自治体(地域)への波及効果及び課題を明らかにし、学生の市民性(シティズンシップ)の涵養や持続的なまちづくりにつながる見通しを拓いた。大学には「知(地)の拠点」として高い付加価値を生み出す機能強化が求められ、地域貢献から地域志向の大学へという社会的かつ教育的要請もなされている。大学・学生の知識や経験を活かした地域課題の解決や地域活性化への取り組みが期待される。本稿では、2016年度プロジェクトの中から地域活性化新聞「岡垣歴史新聞」発刊、「広報おかがき」(町誌)特集記事企画を振り返り、2017年度プロジェクトに向けて課題改善を目指したものである。
学術論文 大学と自治体の地域連携における学生の学び〜地域活性化新聞『岡垣歴史新聞』プロジェクト〜 単著 2017.7.30 日本生活体験学習学会誌第17号p23‐31 大学と行政(地方自治体)の地域連携協定に基づく社会貢献に関して、活動した学生にみられる学びの効果をシティズンシップ(市民性)の視点から明らかにした。九州共立大学と福岡県岡垣町の包括的地域連携協定が2015年に成立、テーマを地域活性化・福祉向上・生涯学習等とし、初年度である2016年は地域活性化新聞『岡垣歴史新聞』(郷土の魅力を再発見する歴史新聞)を企画した。学生の学びの効果については、自己アンケート、ルーブリック評価、インタビュー、自治体関係者及び住民の評価等から市民性の向上が認められた。地域の住民も地域活性化へのきっかけづくりや雰囲気づくりにつながったと評価した。学生は自己の成長を自覚したが課題も発見した。真の地域貢献活動とは地域住民による持続可能な地域活性化の支援にある。学生の地域貢献が住民の主体性にどう生かされていくかという課題を体得できたことも学生の成長である。
学術論文 NIEで町づくり〜高校生のサービス・ラーニング〜 単著 2015.9. 日本生涯教育学会(論集36P165‐173) 市民性を涵養する教育方法にNIE(教育に新聞を)とサービス・ラーニングがある。地域活性化新聞プロジェクトは2005年〜2012年に高校生が責任ある市民として町づくり(社会貢献活動)に参加したもので、本論文はそのプログラムの概要と学習効果を検証した。
学術論文 市民性(シティズンシップ)を問い直す 単著 2015.4. 公益社団法人 福岡県人権研究所教育部会年報2015P10‐11) 青少年の市民性(シティズンシップ)涵養をテーマに、日本における市民性、市民性に関する多様なアプローチ、青少年に身につけさせたい市民性の資質項目、市民性教育としてのサービス・ラーニング、人権・同和教育の視点でのサービス・ラーニング等を論点として考究した。
学術論文 活用型学力におけるNIEとサービス・ラーニング 単著 2009.3. 日本NIE学会(学会誌第4号P95‐96) 生徒には、新たな社会の創造を可能とする資質・能力、つまり、どのような社会情勢においても豊富な知識とその知識を生きたものとして活用できる力を身につけさせたい。本論文は、日本NIE学会のシンポジウムにおいて、活用型学力をつける実践例として、米国のサービス・ラーニングとNIEの活動を関連させる提案をまとめた論稿である。NIEを高校現場で普及させる課題としてNIEの学習が基礎学力や発展的学習の向上に繋がることを理論と実践の検証を通じて明らかにする必要性も指摘。
学術論文 高校生におけるサービス・ラーニングの学習効果に関する研究 単著 2007.3. 日本生活体験学習学会(学会誌第7号P39‐49) 本研究では米国のサービス・ラーニングを高校生に提供し、その実践から明らかになった学習効果を通して自己形成の見通しを検証する。高校生のサービス・ラーニングを支援するNPOが主催するプログラムに参加した高校生について自己形成に関する学習効果を検証するが、その際自己評価として事前及び事後のアンケートに基づく検定(多変量解析)や参加者の「振り返り日誌」を基に分析した。
学術論文 高校生のサービス・ラーニングにおける制度的枠組みの構築 単著 2006.9. 九州大学(飛梅論集第6号P143‐163) 現代の高校生は概して自信を持ちえていない。自尊感情が育っていなければ、学校生活や社会生活でも消極的かつ逃避的にならざるを得ない。そこに現代高校教育の根本的な課題が存在する。この課題に効果的だと考えられる教育方法に米国のサービス・ラーニングがある。日本の高校教育に導入する場合、教育課程の基準として法的拘束力がある学習指導要領の検討、すなわち制度的枠組み構築が必要となる。サービス・ラーニングを教育課程の中で、できる限り広範囲に導入する枠組みの構築を模索した。
学術論文 高校生に身につけさせたい資質としての市民性〜その社会的背景と教育的要請〜 単著 2006.3. 九州教育学会(研究紀要第32巻P141‐148) 高校教育改革への寄与を意図し、(1)主体的な社会参加の資質及び能力である市民性の涵養の必要性を社会的背景や教育的要請の文脈の中に求めること、(2)市民性の資質項目を具体的に検討すること、(3)市民性の涵養に関し、先駆的な事例を有する米国の教育政策から示唆を得ること、(4)米国の市民性教育として効果的であるとされ普及しているサービス・ラーニングを日本に導入すること、以上の4点の検討により高校教育が担うべき学習機会の提供を模索した。
学術論文 サービス・ラーニング理論の導入における一考察〜その学習効果と今日的課題〜 単著 2005.8. 日本生涯教育学会(論集24P1‐8)) 現代社会における教育の荒廃は、ある種の閉塞感すら感じさせる。文部科学省は、その処方箋として「21世紀教育新生プラン」を示し、その重点戦略として、多様な奉仕・体験活動で心豊かな日本人を育むとしている。そこで米国のサービス・ラーニング理論を参考にしたい。青少年の各種体験活動の欠損を是正し、教科学習の効果をも期待できるこの教育方法について、概念・学習方法・学習効果等を検討し、併せて質の高いプログラム開発とその導入における課題について基本的視座を示した。
学術論文 米国型サービス・ラーニングの導入における一考察〜その意義と今日的課題〜 単著 2003.3. 福岡教育大学大学院(修士論文) 米国のサービス・ラーニングの導入に関し、この教育方法の意義を踏まえながら日本型サービス・ラーニングを構築する理論的な枠組みを検討する。サービス・ラーニング研究が進んでいる米国を範とし日米比較の視点から考察するが、草創期以来のコミュニティの存在やサービスの土壌がある社会の米国と古代からの上意下達の社会や奉仕の歴史をもつ日本ではその歴史的かつ社会的背景に大きな相違がある。これらの点を整理することで日本型サービス・ラーニングの基盤形成に示唆を得た。
学術論文 サービス・ラーニングにおける体験学習としての効果〜国際交流ボランティア・プログラムにおける事後アンケートの分析を通じて〜 単著 2003.7. 日本生活体験学習学会(学会誌第3号P67‐76) 高校においては、2003年4月より新教育課程が学年進行で実施され、「総合的な学習の時間」をはじめ、ボランティア活動、インターンシップ等の体験学習の実践及び効果が期待されている。そこで米国型総合学習といわれるサービス・ラーニングをモデルとするが、ボランティア活動等の体験学習の重要性が指摘されている現在、時宜を得た教育方法であると考えられる。論者が実施した国際交流活動を事例として、サービス・ラーニングにおける体験学習としての効果について考察した。
学会発表 福岡県岡垣町における大学と行政の地域連携 単著 2016.12. 日本生涯教育学会 大学と行政(地方自治体)の地域連携協定に基づく事例を通して、大学・学生・行政(地域を含む)への効果及び課題を検討し、持続的なまちづくりや地域活性化の活動に繋がる見通しを明らかにした。
学会発表 若者の意識傾向と人権啓発への展望 単著 2016.10. 福岡県人権研究所 若い世代(20代)の意識傾向を複数の全国調査をもとに分析し、彼ら(彼女ら)の主体的な社会参加を促すための処方箋を描く。その際、社会で生きる上での基盤となる人権意識について、その啓発における具体的見通しも併せて示す。
学会発表 サービス・ラーニングにおける学習効果とマネジメントの課題 単著 2016.8. 日本教育学会 NPOサービス・ラーニング・フォーラムによる2002年から2014年までの実践活動に基づき学習効果及びマネジメントの課題について総括を行い、今後の効果的なサービス・ラーニング(社会貢献)プロジェクトの構築に向けてその見通しを示す。
学会発表 NIEで町づくり〜高校生のサービス・ラーニング〜 単著 2014.11. 日本生涯教育学会第35回大会 高校生が主体的に参加したNIE(教育に新聞を)とサービス・ラーニング(米国型社会貢献学習)の協働による町づくり(「高校生発!地域活性化新聞プロジェクト2005〜2012を通して、市民性(シティズンシップ)涵養のプロセスと成果を検証した。
学会発表 英国の市民性(シティズンシップ) 単著 2015.9. 公益社団法人 福岡県人権研究所  市民性(シティズンシップ)教育の先駆的な取り組みを、文化的多様性及びナショナル・アイデンティティの視点から整理した。
学会発表 「教育の目的」を問い直す〜市民性(シティズンシップ)教育を切り口に〜 単著 2014.6. 公益社団法人 福岡県人権研究所 データ分析に基づく現代的な「教育の目的」と近年、日本をはじめ欧米諸国で注目されている市民性教育との連関を整理し、その具体的な教育手法として米国発市民教育であるサービス・ラーニングを提案した。
学会発表 ニュージーランドに学ぶ現代日本の教育改革 単著 2005.5. 日本人類言語学会第6回学術大会(近畿大学産業理工学部) 日本とニュージーランドとの関係は、近年ますます政治や経済、さらに文化の面で密接になっており、教育分野においても多文化教育や言語教育の充実からの示唆をうけることが多い。そこで、本発表においてはニュージーランドの教育事情及び教育政策を参考に学校教育制度システム(学校制度や教育行政)・多様な就学前教育プログラム・進歩的な言語教育・良好な教員と生徒との関係・家庭、学校、地域社会の連携等の日本でも喫緊の課題を検討し、現代日本の教育改革への示唆を得た。
学会発表 高校生に身につけさせたい資質としての市民性〜その社会的背景及び教育的要請〜 単著 2004.11. 九州教育学会第56回大会(九州大学) 高校教育改革への寄与を意図し、(1)主体的な社会参加の資質及び能力である市民性の涵養の必要性を社会的背景や教育的要請の文脈の中に求めること、(2)市民性の資質項目を具体的に検討すること、(3)市民性の涵養に関し、先駆的な事例を有する米国の教育政策から示唆を得ること、(4)米国の市民性教育として効果的であるとされ普及しているサービス・ラーニングを日本に導入すること、以上の4点の検討により高校教育が担うべき学習機会の提供を模索した。
学会発表 サービス・ラーニングにおける「総合的な学習の時間」の活用〜学校と地域社会を結ぶサービス・ラーニング〜 単著 2004.8. 日本教育学会第63回大会(北海学園大学) サービス・ラーニングは、地域社会におけるニーズを前提とした教科と関連するサービス活動(ボランティア活動)を通しての市民性の涵養や学力の向上、さらには学社連携の視点から地域社会の再生及び創造を目指す教育手法である。本発表ではサービス・ラーニングの実践に際し、学校週五日制による土曜日や長期休業を利用したプログラム作成において、学校と地域社会をつなぐ学習効果の観点から「総合的な学習の時間」の趣旨を活用した取り組みを模索した。
学会発表 「学び」における「理解」と「わかる」の再認識 単著 2004.5. 日本人類言語学会第5回学術大会(近畿大学産業理工学部) 本発表において、教育全般における普遍的かつ根本的概念である「理解」や「わかる」という用語の再認識を通して、子どもたちの側に視点を移した「学び」の構築に繋がる検討をする。教育改革においては授業改革が重要な課題となり、「理解」や「わかる」という自己の内面や外部への表出における文化の創造性に関わる「学び」の機会の提供が望まれる。これらの「理解」や「わかる」という概念規定の再認識は、教育改革全般における原点としてさらなる議論の展開へと繋がる可能性をもつ。
学会発表 生涯学習社会における遠隔地学習の拡充〜米国における遠隔地学習(Distance-Learning)の示唆するもの〜 単著 2003.5. 日本人類言語学会第4回学術大会(近畿大学九州工学部) 生涯学習社会の進展を背景として、ライフ・スタイルの変化とそれに付随する青少年から成人に至る各世代の学習者のニーズを満たすことが緊急な要請である。その中でも学校通信教育(高等学校・短大・大学・大学院)や社会通信教育の遠隔地学習が中心となる。そこで、我が国における学習者のニーズを満たす学習機会の提供に関し、米国の遠隔地教育(Distance-Learning)よりその制度・学習方法・学習成果の社会的評価に関する示唆を得て、21世紀の生涯学習を検討した。
学会発表 サービス・ラーニングにおける教育的効果についての一考察〜福岡教育大学生の活動を通して〜 単著 2003.3. 日本生活体験学習学会第4回研究大会(福岡県立社会教育総合センター) サービス・ラーニングは、1960年代の米国において大学生の学びを地域社会に生かすことで始まった。その後、高校生から幼稚園に至るプログラムが開発され、現在では広く普及している。本発表では、福岡教育大学生によるサービス・ラーニングの実践を通して学習効果が認められた項目を整理した。具体的には、学習面での効果(問題解決学習・技能及び技術の向上)、精神面での効果(市民性・道徳性の向上)、地域社会についての認識、成就感の獲得、ボランティア活動の意義と必要性の理解等である。
学会発表 生涯学習とサービス・ラーニング〜米国における地域教育の示唆するもの〜 単著 2002.11. 日本生涯教育学会第23回大会(国立教育政策研究所) 米国のボランティアが活発な理由として、両親や周囲の人々が身近にボランティアをしている環境に育ち、幼少期から地域教育においてその活動機会が豊富に提供されていることが指摘される。換言すれば、日本においてはボランティアを取り巻く環境が整備されておらず、かつ「ボランティア」や「奉仕活動」という言葉にある種の違和感をもっていることも手伝ってボランティアが根付いていない。本発表では、これらの点において論者が実施したアンケート(中・高校生対象)及び福岡県宗像市の実態調査を参考に検討した。
学会発表 サービス・ラーニングにおけるサービスの概念(日米比較) 単著 2002.10. 日本社会教育学会第49回研究大会(北海道大学) 本発表ではサービス・ラーニングにおけるサービス(日本においては、ボランティア又は奉仕活動)の概念について、日米比較を通して、その歴史的・社会的・政治的・宗教的観点から整理した。それは、サービス・ラーニングという米国的教育方法を日本の教育現場に応用するにあたり、そのスムーズな導入に資すると考えるからである。また、日米両国のサービス(ボランティア)の現状を踏まえて、日本版サービス(ボランティア)の構築についての方向性も示した。
学会発表 サービス・ラーニングにおけるコミュニティの概念(日米比較) 単著 2002.5. 日本人類言語学会第3回学術大会(近畿大学九州工学部) 米国におけるサービス・ラーニングの普及の背景には、都市化の大きな進展と産業の高度化に伴う新しい価値様式が米国伝統のコミュニティ文化の性格と質を変えてしまったことに対する危機感にあったとされる。サービス・ラーニングの日本への導入にあたり、米国と日本における歴史・伝統・文化・社会の相違についての考慮なくしてその効果は期待できない。本発表では、その学習活動の対象となるコミュニティ (地域社会) という用語の概念をその歴史的経過を中心に日米比較を通じて明らかにした。
その他 現代日本の高校教育改革におけるサービス・ラーニングの研究 単著 2006.6. 九州大学博士論文構想発表会(九州大学) 米国のサービス・ラーニングの実証研究と日本でのサービス・ラーニングの計画・実践による成果の比較検討を通して、日本における青少年のサービス・ラーニングの可能性について究明した。この研究は、近年注目されている学社連携や自治体の青少年の地域ボランティアの在り方に示唆を与えるものである。
その他 生涯学習研究e事典(執筆担当)「アメリカのサービス・ラーニング」 共著 2005.9. 日本生涯教育学会編 「アメリカのサービス・ラーニング」について、以下(1)〜(5)の項目を整理した。
(1)定義、(2)キー・ワード、(3)説明:@サービス・ラーニングの歴史/Aサービス・ラーニングの学習効果、(4)課題:@サービス・ラーニングにおける根本的課題/Aサービス・ラーニングにおける現代的課題/B日本におけるサービス・ラーニングの普及への展望、(5)参考文献
その他 生涯学習研究e事典(執筆担当)「NIEで町づくり」 共著 2015.9. 日本生涯教育学会編 NIE(教育に新聞を)を活用した社会貢献活動(町づくり)の事例を通し、青少年に期待される市民性の涵養をテーマについて、その学習効果や課題を整理した。

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.