就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|鄭 英美

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 鄭 英美 (Jung Youngmi)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :鄭 英美
ローマ字 :Jung Youngmi
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :准教授
研究室 :スポーツ学部A館
研究室電話番号 :093-693-3117(341)
研究室FAX番号
メールアドレス :youngmi@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ 「成功情熱をもって行動に移した人のものになる!」、「You Can live Your Dream」あなたはあなただけの夢をかなえることができる。自分だけの目標を立てて情熱的に行動することが前提であること...
取得学位 体育学 博士
学歴 (韓国)釜山大学校大学院体育学科 博士課程 学位取得
専門分野 学校体育・ダンス・器械運動
所属学会名 韓国体育教育学会、韓国スポーツ教育学会、韓国体育政策学会、韓国エアロビック学会、韓国初等体育学会、学習者中心教科教育学会、韓国体育学会、韓国教育学会、教育哲学会、日本スポーツ教育学会、韓国教育思想研究会、韓国コーチング能力開發院、韓国女性体育学会、韓国Olympic聖火学会、九州体育学会
教育研究社会活動の概要 @スポーツ学系の学生達が外国との国際交流を通じて学ぶこととは何なのかについて研究する。
A日韓の中高保健体育授業の実態調査(問題の把握・改善方法探る)
担当授業科目 ダンス指導法、学校体育論、保健体育教育法、器械運動
学内における委員会活動等 スポーツ教育コース、教職課程委員会
社会貢献・国際連携等 大韓体育協会、エアロビックス体操協会金海会長、チアリーディング協会慶南会長
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
学術論文 小学生の体育に対する認識が体操授業参加態度に及ぼす影響 単著 2014.5. 韓国体育教育学会誌 本研究は小学生が持っている体育に代する認識が器械運動授業への参加態度に及ぼす影響を分析するために全国の中学校1年生640人を対象にアンケート調査を行った。 二つの要因お互いの関係はすべての要因で情(+)の相関関係があった。
(鄭英美)
学術論文 学生選手の人格教育実現のための診断 共著 2013.11. 韓国体育教育学会誌 本研究は学生選手の人格教育実現のための診断にその目的がある。そのために人間の主観性を測定することのできるQ方法論を利用し怒りの表現タイプ及びタイプ別特徴を分析した。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 金淮勇)
学術論文 小学校器械体操授業運営に関する国内研究の動向分析 単著 2013.10. 韓国初等体育学会誌 本研究は小学校器械運動授業運営の活性化のために今まで行われた器械運動に関する研究の動向を分析してその結果を基礎とし器械運動授業関連研究方向を提示することに目的をおき、'小学校器械運動'関連論文61編を研究時期、研究主題、研究対象、研究方法に分類、分析した。
(鄭英美)
学術論文 韓国体操発展のための国際交流の必要性 単著 2013.5. 韓国体育教育学会誌 本研究は韓・日中・高体操選手122人と体操専門家25人を選定し、体操国際交流の実施現況及び効果を分析し、韓国の競技体操の発展に寄与できる基礎資料として提供することが目的である。
(鄭英美)
学術論文 中・高運動選手のスポーツ国際交流実施現況及び認識の調査 共著 2011.4. 韓国体育政策学会誌 本研究は中・高運動選手のスポーツ国際交流の実施現況分析と認識を調査し、より効果的なスポーツ国際交流を実施できる基礎資料を提供することが目的である。全国8つの体育中・高校学生の内、422人を調査対象にした。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 尹兩陣)
学術論文 棒高跳び選手の競技力向上のための体操的技術訓練の導入 共著 2010.9. 韓国コーチング能力開発誌 本研究は棒高跳び選手の競技力向上のために体操器具を活用した訓練方法提示及び導入の必要性を提示するために文献調査及び選手を対象にアンケート調査を行った。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 尹兩陣)

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.