就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科/大学院 > 教員リスト|鄭 英美

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 鄭 英美 (Jung Youngmi)(スポーツ学部)

教員写真
教員氏名 :鄭 英美
ローマ字 :Jung Youngmi
所属学部 :スポーツ学部
所属学科 :スポーツ学科
職名 :准教授
研究室 :スポーツ学部A館
研究室電話番号 :093-693-3117(341)
メールアドレス :youngmi@kyukyo-u.ac.jp
オフィスアワー :木曜日 12:30 〜14:00
学生諸君へ 「成功情熱をもって行動に移した人のものになる!」、「You Can live Your Dream」あなたはあなただけの夢をかなえることができる。自分だけの目標を立てて情熱的に行動することが前提であること...
取得学位 体育学 博士
学歴 (韓国)釜山大学校大学院体育学科 博士課程 学位取得
専門分野 学校体育・ダンス・器械運動
所属学会名 韓国体育教育学会、韓国スポーツ教育学会、韓国体育政策学会、韓国エアロビック学会、韓国初等体育学会、学習者中心教科教育学会、韓国体育学会、韓国教育学会、教育哲学会、日本スポーツ教育学会、韓国教育思想研究会、韓国コーチング能力開發院、韓国女性体育学会、韓国Olympic聖火学会、九州体育学会
教育研究社会活動の概要 @スポーツ学系の学生達が外国との国際交流を通じて学ぶこととは何なのかについて研究する。
A日韓の中高保健体育授業の実態調査(問題の把握・改善方法探る)
担当授業科目 ダンス指導法、学校体育論、保健体育教育法、器械運動
学内における委員会活動等 スポーツ教育コース、教職課程委員会
社会貢献・国際連携等 大韓体育協会、エアロビックス体操協会金海会長、チアリーディング協会慶南会長
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 国家検定諸学校教科書 共著 2017.9.31 (株)飛上 小学校の教科書の表現運動領域の執筆
学術論文 韓日体育専攻学生のスポーツ交流認識のための調査研究 共著 2018.8. 韓国発育発達学会 本研究は、スポーツ国際交流の認識を検討することである。韓国と日本の大学生を対象に、両者のスポーツ交流の意識を比較する
学術論文 幼児体育教育関連教育課程における安全領域導入及び運営方策 共著 2018.3. 韓国発育発達学会 保育園や幼稚園の教育の中で幼児たちが安全ののびのびと活動ができるような場づくりは言うまでもないとても大事なことである。そこで本研究は、国の教育課程に示された安全領域で提示されている部分と実際の現場での運営実態やあり方について研究した。
学術論文 Effect of Autonomous Fitness Movement of Obese Middle-Aged Women to Improve Lifestyle-Related Disease Factors 共著 2017.12. 韓国体育科学学会 現在、韓国で大いに普及利用されているフィットネスクラブで自律的運動を介して肥満のある中年女性の生活習慣病関連因子である血中の抗酸化力、総コレステロールと中性脂肪の変化を観察し、生活習慣病の予防のための基礎的な資料を提示することに研究の必要性と目的がある。
学術論文 Effects of Group Exercise Program on Body Function and Oxidative Stress in Middle-Aged Women  共著 2017.12. 韓国体育科学学会 規則的な運動を通じて酸化ストレスを下げるための運動Group Exercise方法を探す、特に中年女性が長期的に行うことのできる運動で酸化ストレス除去を介し、抗老化をさせことによって健康の維持に役立つ、また、肥満予防のために身体機能が維持できるように、健康管理方法にGXプログラムの開発と基礎資料を提供する必要性に着目、研究を行った。
学術論文 幼児の唾液 α-アミラーゼ活性と運動の能力との関係 査読あり 共著 2017.9. 韓国発育発達学会 幼児期における子どものstress reactionに関する基礎研究として, 子どもの普段の環境の中で受けるstress 度を測定し, stress度の高低を把握することが重要な課題であると考え, 保育園の子どもの園生活における唾液中α-アミラーゼ活性値の日内変動について調査し,唾液中α-アミラーゼ活性値の多寡と子どもの生活習慣及び運動能力との関連について検討した。 査読あり
学術論文 Q手法を活用した小学校の予備教師の体操の授業についての認識の研究 共著 2017.8.31 韓国体育学会誌・韓国体育教育学会 本研究は、体操指導専門能力の獲得の可能な授業づくりのための基礎調査である。教員希望学生を対象に器械運動に対しての認識類型やそれぞれの特性について分析した。査読あり
学術論文 小学生の体育に対する認識が体操授業参加態度に及ぼす影響 単著 2014.5. 韓国体育教育学会誌 本研究は小学生が持っている体育に代する認識が器械運動授業への参加態度に及ぼす影響を分析するために全国の中学校1年生640人を対象にアンケート調査を行った。 二つの要因お互いの関係はすべての要因で情(+)の相関関係があった。
(鄭英美)
学術論文 学生選手の人格教育実現のための診断 共著 2013.11. 韓国体育教育学会誌 本研究は学生選手の人格教育実現のための診断にその目的がある。そのために人間の主観性を測定することのできるQ方法論を利用し怒りの表現タイプ及びタイプ別特徴を分析した。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 金淮勇)
学術論文 小学校器械体操授業運営に関する国内研究の動向分析 単著 2013.10. 韓国初等体育学会誌 本研究は小学校器械運動授業運営の活性化のために今まで行われた器械運動に関する研究の動向を分析してその結果を基礎とし器械運動授業関連研究方向を提示することに目的をおき、'小学校器械運動'関連論文61編を研究時期、研究主題、研究対象、研究方法に分類、分析した。
(鄭英美)
学術論文 韓国体操発展のための国際交流の必要性 単著 2013.5. 韓国体育教育学会誌 本研究は韓・日中・高体操選手122人と体操専門家25人を選定し、体操国際交流の実施現況及び効果を分析し、韓国の競技体操の発展に寄与できる基礎資料として提供することが目的である。
(鄭英美)
学術論文 中・高運動選手のスポーツ国際交流実施現況及び認識の調査 共著 2011.4. 韓国体育政策学会誌 本研究は中・高運動選手のスポーツ国際交流の実施現況分析と認識を調査し、より効果的なスポーツ国際交流を実施できる基礎資料を提供することが目的である。全国8つの体育中・高校学生の内、422人を調査対象にした。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 尹兩陣)
学術論文 棒高跳び選手の競技力向上のための体操的技術訓練の導入 共著 2010.9. 韓国コーチング能力開発誌 本研究は棒高跳び選手の競技力向上のために体操器具を活用した訓練方法提示及び導入の必要性を提示するために文献調査及び選手を対象にアンケート調査を行った。
(筆頭著者として執筆を担当した)
(鄭英美, 尹兩陣)
学会発表 小学生のライフスタイルと運動能力の関係 共著 2018.10. 韓国体育学会 本研究の目的は、小学生の生活習慣と運動能力の関係を調査することである。 子どもの生活習慣、運動への関心、参加度、運動能力を調査し、生活習慣と運動能力との関係や子供のライフスタイルの問題を明らかにする。
学会発表 教職希望学生における保健体育科「模擬授業」を通しての経験と学び 共著 2018.9. 九州体育・スポーツ学会 全ての教科等の目標及び内容について「知識及び技能」、「思考力、判断力、表現力等」「学びに向かう力、人間性等」の3観点に整理された。現行の学習指導要領で別観点として設定されていた「知識」と「技能」が一つの観点としてまとめられたことは、非常に大きな変化である。表現運動系・ダンス授業においても、ダンスの特性や表現の仕方などの理解と共に、ダンスの技能を身に付けられるよう、「知識」と「技能」を関連させて学習させることが重要となる。特にダンスの技能を高めるための「良い動き」の要素について、授業を行う教員が理解することは、授業を行う上で大切であり、教員養成系のダンス関連授業においても教授する必要があると考える
学会発表 乳幼児の主体と想像(創造)を育む保育実践―〜1,2歳児の「身体表現遊び」を通して〜 共著 2018.9. 九州体育・スポーツ学会 乳幼児期の子どもを観ていると,発達期特有のこの「からだ丸ごとの表し」の時期(とき)に,子ども一人一人がみつけたものや感じたこと,そして考えたことを,「身体表現遊び」を充分経験させたいと考える.
学会発表 日本の学校運動活動の定着過程と教育効果と満足度の分析 2018.8. 韓国発育発達学会 日本の硬いスポーツ底辺の源泉となった復活同意定着過程と小学校4年生以降部活動への参加が義務付けられていた教育課程の下で実際に参加した学生たちが感じる教育的効果と満足度の分析。
学会発表 よいダンス授業の条件 ― 5Gを中心に− 単著 2017.8. 九州体育・スポーツ学会 教員を目指している学生たちがどれだけ”よいダンス授業”の条件”認識していて、彼らが考えるよい授業と派内にかについて研究した。 ― 5Gを中心に−
学会発表 教員養成課程のダンス授業における技能評価力育成に向けての取組 共著 2017.8. 九州体育・スポーツ学会 ダンス分野が必修化され、学校教育の中には入っていたものの、正確な評価基準が設けられていないことで学校現場の教員たちは困っている。そこで、教員養成課程のダンス授業における技能評価力育成に向けての取組や誰もが評価できるダンス分野の評価基準を作ってみた。
学会発表 A Study on the Elementary Pre-teacher' s Recognition for the Gymnastics class through the Q methodology 単著 2017.6.24 韓国スポーツ教育学会 本研究は、体操指導専門能力の獲得の可能な授業づくりのための基礎調査である。教員希望学生を対象に器械運動に対しての認識類型やそれぞれの特性について分析した。

リストに戻る

学部・学科

経済学部
キャリアデザイン科目
総合教養科目
自由選択科目
シラバス
学部・学科トップへ

大学院

スポーツ学研究科
大学院トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.