就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

学部・学科

トップページ > 学部・学科 > 教員リスト|仲村 隆文

九州共立大学 教員リスト

九州共立大学 仲村 隆文 (Nakamura Takafumi)(経済学部)

教員写真
教員氏名 :仲村 隆文
ローマ字 :Nakamura Takafumi
所属学部 :経済学部
所属学科 :経済・経営学科
職名 :教授
研究室 :経済学部第一学舎2階
研究室電話番号 :093-693-3206(443)
研究室FAX番号 :093-693-3206
メールアドレス :takafumi@kyukyo-u.ac.jp
学生諸君へ 早い段階で目標を設定し、その目標に向かって努力していく事が大事です。特に、その目標は、他人が難しいと思っているようなものの方がいい。そういう目標を立てれば、実現しなくてもその目標の近くまでいき、結果として君たちの人生を進む上での力となるでしょう。そして、目標を立てる事により大学生活が、充実した有意義なものになると思います。「少年よ!大志を抱け!」です。
取得学位 経済学修士、商学修士
学歴 昭和51年3月 慶応大学商学部卒業
昭和51年4月 福岡大学商学研究科修士課程入学
昭和53年3月 福岡大学商学研究科修士課程終了
昭和53年4月 大分大学経済学研究科修士課程入学
昭和55年3月 大分大学経済学研究科修士課程終了
専門分野 財務会計
所属学会名 平成元年9月 日本会計研究学会(現在に至る)
平成6年9月 日本経営学会(現在に至る)
平成7年6月 中小企業学会(現在に至る)
平成17年12月 商業教育学会(現在に至る)
平成18年2月 経営教育学会(現在に至る)
教育研究社会活動の概要 九州北部税理士会に所属し、税理士会主催の税に関する無料相談会などに参加
担当授業科目 経済学部経営学科 簿記入門  会計情報特講A
経済学部経営学科 商業簿記T 経済経営入門
経済学部経営学科 商業簿記U
経済学部経営学科 会計監査論
経済学部経営学科 コース演習入門
経済学部経営学科 演習T
経済学部経営学科 演習U
経済学部経営学科 演習V
学内における委員会活動等 会計情報コース長
社会貢献・国際連携等
種類 著書・
学術論文の
名称
単著共著 発行年月等 発行所等 概要
著書 会計入門ゼミナール 共著 2002.10.1 創成社 同書第8章。キャッシュフロー計算書の概念、構造、作成要領について論述した。連結キャッシュフローの作成を行い、経営分析を各方面から検討を行い、企業評価方法を論じた。
著書 現代簿記概論 共著 1999.5.1 税務経理協会 同書第8章および13章。簿記理論と具体的な処理にかかわる問題のなかで、債権債務に関する勘定、個人企業、組合企業の資本金について論述した。
学術論文 以西底曳網漁業経営の現状 共著 1996.8.1 九共経済論集 東シナ海と黄海を漁場とする以西底引き網漁業は大規模な投資を行う企業型漁業として二艘一組操業を行い豊富な魚種を捕獲し最盛期には西日本一円で40万トン知覚の漁獲高を誇ったが、漁獲高は年々落ち込み近年著しい進展をみせている。中型、小型などの巻網漁業とは対照的になった。そこで、その原因を資源、労働力、経営問題に絞って検討を行った。
学術論文 法人税と個人所得税の統合 単著 1980.3.1 大分大学大学院経済学研究科 現在の我が国の税体系を考えるにあたり、どのような税体系が最も適しているかをカーター方式を中心に検討を加えた。その結果、現段階においては間接税の導入により、税の不公平感は緩和されるのではないかという指摘がなされた。
学術論文 減価償却への一考察 単著 1978.3.1 福岡大学大学院商学研究科  減価償却とは、企業が経営活動を継続していく場合、内部留保として必要不可欠なものとして考えられている。そこで、減価償却のなかでも、定額法と定率法の関係について具体的な事例を取り上げて検討を行い、企業の政策面でそれぞれが効果的に利用されるべきであるという側面が提案された。
紀要 歯科医師の実態と税務対策 単著 1990.8.1 九州共立大学紀要 嘉飯山地区における現在の歯科医師の数と今後の歯科医師増加による問題点を検討してみた。今後数年で歯科医師の過剰により経営上厳しい状況に置かれることが予想される点が明らかになった。
紀要 一人医療法人と個人医院の相続について 単著 1989.12.1 九州共立大学紀要 個人医院の経営においては、相続時において多額の相続税が生ずる可能性があるが、法人化によってその税額を抑えられる側面について検討を行った。その結果、法人化することにより税額を少なくすることが可能となる。
紀要 MS法人への一考察 単著 1988.12.1 九州共立大学紀要 病院経営の健全化のための法人化への移行の諸側面について検討を行った。取り上げた諸事例に分析により、ある程度の規模に達することで、経営効率の諸メリットが発生する点が明らかになった。

リストに戻る

学部・学科

経済学部
スポーツ学部
総合教養科目
自由選択科目
学部・学科トップへ
資格取得支援
就職支援
国際交流
図書館
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.