就職・資格取得に強い、北九州の経済・スポーツの総合大学

九州共立大学

就職支援

トップページ > 就職支援 > 教員採用試験について

教員採用試験について

教員採用試験には公立学校の採用試験と私立学校の採用試験があります。

公立学校採用試験

都道府県および政令指定都市の教育委員会によって行われます。

(1)受験する各都道府県の日程を調べ、試験が重なっていない場合は複数受験しましょう。
(2)試験内容の把握
  1. 教養試験について:教職に対する基礎知識を問う試験です。教育法規、教育の方法や教育課程、学習指導要領、教育史、教育心理学、道徳教育、同和教育、中央教育審議会や教育課程審議会の答申など多伎に渡って出題されます。
  2. 一般教養試験:高校入試レベルから高校で学ぶ基礎的なレベルでの出題が多く、国語、数学、理科、社会、英語からまんべんなく出題されます。また芸術・体育に関する問題や情報処理に関する問題など多伎に及ぶため幅広い知識が必要になります。
  3. 専門教養試験:教科に対する専門的な知識、素養を評価する試験です。学習指導要領からの出題も多く、中学校、高等学校の試験は、高い専門性が求められるため、難易度も大学入試レベルから専門レベルへと高度になってきます。
  4. 論文試験:教職への考え方、意欲、文章表現力、論理力などを評価する試験です。テーマについては「教育時事的なもの」「文章を読んで意見を述べるもの」「教育とは何か?などについて記述するもの」などがあります。
  5. 面接試験:教職への資質能力を実際の人物を見て評価する試験です。近年は、人物試験を重視する傾向にあり、合否に大きく関わってきます。
  6. 模擬授業:教職において最も重要な授業力を評価する試験です。事前に指導案を作成し、テーマを決めて行う場合は、目標や展開、教材観、評価法、子供との関わり方などを総合的に見られ、試験本番にテーマが示される場合やロールプレイなどでは、それに応じた場面指導能力を見られています。
  7. 集団討論:集団の中での自己表現能力を試される試験です。試験では協調性が重視され、意見の出し方や受け答え方などが評価されています。
  8. 実技試験:中学校・高等学校の体育では高い技能が求められるため重視されています。種目を確認し早目に取り掛かりましょう。
(3)受験申込書の取り寄せ
各都道府県の教育委員会に問合せを行い、早目に出願書類を取り寄せましょう。
(4)受験申込
提出期間が教育実習期間中になることもあります。忘れないよう早目に提出しましょう。

私立学校採用試験

それぞれの学校独自の選考や、自治体によっては私学適性検査が行われます。私学適性検査の結果は各私立学校が教員採用時の「参考資料」として用います。学校独自に選考される場合、その時期は不定期ですから各自治体や学校に問い合わせるかホームページで確認してください。 講師からの採用が多く、正式採用には時間がかかるようです。採用形態をしっかり確認しましょう。

就職支援

キャリア支援課のご利用について
各種証明書について
就職活動中の手続きについて
履歴書(練習用)
よくあるご質問
リンク集
就職指導4つのポイント
キャリアサポートプログラム
公務員採用試験について
教員採用試験について
学内合同セミナー
(企業・公務員・教員)
インターンシップ
進路先一覧
新卒・未就職卒業者就職支援事業一覧
採用選考に関する指針
就職支援トップへ
共通教育機構
ページの先頭へ
九州共立大学 〒807-8585 北九州市八幡西区自由ケ丘1-8 このサイトの版権は九州共立大学に帰属します。 Copyright (c) Kyushu Kyoritsu University All Rights Reserved.